人気ブログランキング | 話題のタグを見る
うちのラキ君。
ダイビングボートに乗って行くのが大好き
昨日もゲストがOKと言ってくれたので喜んでついて行った

ダイビングに行くの巻!_c0211615_14572730.jpg


桟橋を喜んで歩いて行くラキ。
雲ひとつ・・あるけど晴天
風もないしダイビング日より


ダイビングに行くの巻!_c0211615_14584686.jpg


ボートの舳先にアグス兄ちゃんと一緒に座るのがお決まり
日向でも日焼けしないのがラキの強み!?



ラブアンラランに到着。



1本目のダイブが終わると・・・

そうでした。
ゲストは雨男だった:汗
いきなり土砂降りに会ってしまった。


『ウェットは着たままの方が温かいですよ~』



は~い!

ダイビングに行くの巻!_c0211615_1501471.jpg


無理やりフードベストにサングラス:汗




冗談じゃ・・ねえよ:怒
ダイビングに行くの巻!_c0211615_1512654.jpg




怒って・・・るよね?



それでも雨は降り続き・・・・




じゃ、とりあえずスノーケリングってことで:苦笑

ダイビングに行くの巻!_c0211615_1524919.jpg



雨の間中皆のおもちゃになってしまったらしい:汗



動物虐待!?



やっとボートダイブが終わり
サリダイブへ戻ると・・・・晴天!

ダイビングに行くの巻!_c0211615_154269.jpg


ラキはぐったり


実はこの日降ったのはラブアンラランだけだった:汗



う~ん・・恐るべし雨男:汗


来年、ドライシーズンに是非来てほしいなあ:笑


お待ちしてま~す!!
それは夕方6:30に始まります。

世の中の光がすべて消え・・・・・
暗闇に包まれてしまう。

そして炊飯器さえも止まってしまうので・・・・

ごはんが半生炊きになってしまう:怒


そう、停電です。


リゾート暮らしの時はそれほど感じなかったのですが
ジェネレーターがない今の状態
もろにブラックマジックです:汗

なんだ?そのブラックかいな・・と思った方
期待しすぎですよ~:苦笑


随分前ジャワ島の大きな発電所?が火事になったとかで
持ち回り停電があると言うお知らせをもらっていたのですが
予定日に停電になることなく
忘れた頃に停電になる。

デラワン時代は毎日日中電気のない生活をしていたので
停電には慣れているつもりだけど
バリは夜の6:30~9:30と言う
と~っても嫌な時間に停電になるんです。

ゲストが居ない時は
あ~あ~。。。。。
で済むんですが、ゲストが居るとねえ・・・汗

今回のゲストは運が悪く
7日間ステイしている間の3日間停電:汗
ほぼ1日おきにブラックナイト。


一応・・・お部屋には小さいけど非常灯
ダイブセンターにも非常灯を用意していますし
水周りは電気を使っていないし
温水器も大きいのでシャワーに困りはしない。

時間的にも皆ダイブセンターにいる時間なので
クーラーも必要ないし・・
『ビール飲みながら星でも見ててくださ~い』
で、どうにかなっちゃうんですが


炊飯器が~!!!!!

炊きかけで止まっちゃうので鍋に移して炊いても
芯が出来ちゃうし
お粥は朝食べているので食べたくないし(私が)

このやろ~!!って感じです。

じゃ、早く炊けばいいじゃん?ってヘリは言うのですが
やっぱり日本人としては炊きたてご飯が食べたい:涙


いや、ここで書いたからどうなるってこともないんですが
せめて予定日を正確に知らせてほしい。
それに発電所事故からもうそろそろ一か月じゃん?
直らないのかなあ・・・・

と怒っても
・・・・ま、インドネシアだからね:苦笑



今日の夜
9連続目のシングルゲストがご到着です。

いつまでシングルゲストの記録伸ばせるかなあ~笑
昨日ララン3本勝負。

9時に出港

10時に私の電話が鳴る。
ヘリからだった


『サトミ!ロッカーに私のフィンとマスクとスティック
あるかチェックして!』


・・はあ?


『ロッカーにあるから・・コマン(新しいドライバー)に
ラブアンラランの港までバイクで持って来させて!』


・・・はあ?マジ?


そうです。仕事道具の忘れもの。
(・・・っていう私も何度か出航後とりに戻ったことがあるけど)
しかも、潜る間際まで気がつかなかったらしい。

ボートマンのリックとアグスが器材を載せることになっているけど
最終チェックをしないヘリもいけない。
ヘリ・リック・アグスは私に怒られるとわかっていたのでビクビク。
アグスにいたっては私の顔を見るなり
『ごめんごめんごめんごめんごめん・・・・・・』
逆にそんな言い方は日本語的に失礼だ!
とさらに叱られてしまった:苦笑

さあ、フィンとマスクを忘れたヘリ。
どうしたかと言うと・・・
1本目。マスクは予備があったので
なんと!フィンなし
ムーンウォークでガイドをしたらしい:苦笑

ま、ラランだったら流れもないから出来ないことないけど:汗

ゲストはゲストで1本目から一眼デジカメのメモリーエラー
昨日一日一眼デジカメは死亡:汗
コンデジ写真オンリーだったそう・・・・


何だかねえ・・・苦笑


そんな2人の報告では今かなり集まっているそうです。


これが!



集まってますよ~_c0211615_11423188.jpg

(写真 Mr. Soma)

他に写真がなくてこの写真何度も出してるけど:苦笑
昨日はコンデジで10匹までは一枚に収められたらしいです。


カエルウオの群れ!シーズンですよ~



≪おまけ≫

Sari Cottageの朝ご飯

集まってますよ~_c0211615_1144868.jpg


超和食な毎日です。
お粥・卵焼き・オクラ(自家製)・野菜・果物。
(好きな方はインスタントのスープをセルフサービスで)
なぜ和食なのか?
それは私が作るから。そして・・パンは手に入らないから。
毎日お粥ですのでトッピング等持ち込み大歓迎です。

日本にいるときより体調が良くなる
とゲストからコメントいただいて
調子に乗っています:笑

でも・・外人ゲスト来たらどうしよう:苦笑
数日前、このゲストさん
『実は・・・雨男なんです』
と言ってチェックイン。

ここんとこずーっと雨降っていなかったし
草木が枯れて可哀そうだったので

『こちらこそよろしくお願いします。』

と雨をお願いした:笑

すると・・・翌日

なんと!降った:汗
夕方だけですが、それもこれまで見たこともない雨が・・・。

でも、1日だけ:笑

それでもこの辺りの草木は元気を取り戻し
うちの植木達もグンと伸びました。
ありがたや・・・・

雨季に入ってきたのかな?
この頃風向きも生暖かい北風に代わり・・・
夜も冷えなくなってきた。
・・・と同時に水温もかなり暖かくなっているらしい。


今日でゲストは・・・5日目
1日目:V3、タンジュン(近場ポイント)
    スキルチェック、カメラチェック、目慣らし

2日目:ガワナジェティ・タイガン・マギースコーナー
    キリンちゃん狙い、小物狙い

3日目:シークレットベイ
    ピクチャードラゴネット狙い、小物狙い
    *水温が上がり始めたのでバンガイの口内保育が多いらしい。
     ゲストは子供が親の口の中からこちらを向いている写真ゲット!

4日目:ガーデンイール・ブルーコーナー
    お決まり大物ワイドコース。
    一眼、コンデジともワイド装備。
なぜかゲストはコンデジの方がきれいに撮れたと拍子ぬけ:苦笑

5日目の今日、ラランへ3本勝負!
    初日でうまく撮れなかった背びれハゼを絶対にゲットしたいと意気込んで行かれました。


しっかし・・・暑い。


海に入りたいなあ~・・・。


(でも日焼けしたくないし:苦笑・・・・・な~んて)
ブラックマジック!?(超長文)

これは・・やれやれ:汗の続き話。
読んでもらうためと言うよりは・・・
自分の記憶のために書きます。


隠していた包丁を使っていたことがばれて
逆切れしたウグさん。
当り前ですが、私たちに見せる顔もなく・・・・

スタッフ達皆に
『誰が俺にボスと別れさせるブラックマジックをかけたんだ?』
とショートメールを送ったり
ストラップ職人を私のところに送り
『もし、謝ったらまた働かせてくれるか?』
と伺わせたりしていた。

そしてゲストが切れた日にとうとうウグの息子がやってきた。

息子はガワナのフロントオフィススタッフ。
今は若くしてスーパーバイザーに昇進したキレ者D君。

彼が持ってきた話がこうだ

『Sari Diveのスタッフで結婚していない男が
どうやらうちの父にブラックマジックをかけたらしい』


・・・・・・はあ?


キレ者のDが言うにはあまりにも???な話。

『うちの父よりも才能があるのに、昇進できなくて
父のポジションが欲しくなり
うちの父をボスと別れさせるブラックマジックをかけた。』


・・・・・はあ?



うちに居る未婚者の男は・・・アグス君だけ。
アグス君はこう言っちゃなんだけど社会人とは言い難く・・・

・5時になるのを首を長くして待ち・・時間と同時にバイバイダッシュ!
・最終日はゲストがチップを入れてくれたかをチップボックスの横で
横目でチェックしていて私に怒られたり・・
・一つの仕事を任せても責任逃れしたくて他の人が来るのを待っていたり・・・

まだまだ学生気分満々!
彼が昇進を狙ってブラックマジックかけるほどなら
私はうれしいくらいである:汗


『包丁のありかはアグスが父に教えたんだ』


・・・あ、そう?

もちろんアグスは知っている。
バーベキューの時は使うし、後片付けは彼らの仕事。
知っていても使っちゃいけないってことも皆知っている。

とにかく、ウグさんのミスはアグスが原因と言うことにしたいらしい。


途中で突然Dの電話が鳴る。
ウグからだった。
内容は・・・・
『スピーカーおじさん(馬鹿でかい音楽を流す村人)が
今自分のところに来ていてウグが辞めるなら
また大音響で音楽を流すと言っているけどどうしよう?』
と言う内容だったとDが私たちに説明した。

何だかタイミング的?状況的?に胸に引っかかるものがあったが
どちらにしてもウグを受け入れる気はないことを伝え
息子と話していても埒が明かないので
話があるなら自分で来るようにと息子に伝え帰した。

数時間後ウグさん登場。

顔を見るなり
『アグスのことでずーっとイライラしていて
それでサトミに怒ってしまった。ごめんなさい』
と言う。


???なんでアグスでイライラして私に怒るの?
それってまたイライラしてたら
ゲストにだって怒っちゃうかもしれないってことでしょ?


『ごめんなさい』


どうして怒っちゃったのかな?


『ごめんなさい』


アグスに怒っているとなぜ私に怒っちゃうかが理解出来ないし
謝られても何の問題解決にもならないから理由を考えてくれない?


『ごめんなさい』


ごめんなさいの一点張り。

ヘリの通訳は遠まわしでポイントがぼやけるので
直訳出来るウグの息子をもう一回呼び直した。


同じように何度も急に怒った理由を聞くけど
ごめんなさいの一点張り。
それではやはり受け入れられないと言うと


Dが
『こんなに謝っているのに受け入れられないなんて
2人にはがっかりだ。あんなに父は手伝ったのに・・・』

と責める。

『ヘリがよそ者なのにやってこれたのは
自分の父がスピーカーおじさんだって他の問題だって
解決してきたからだ。いなくなったらどうなるか知らないぞ』

今度は脅し。

『父には仕事が必要なんだ。どんな仕事でも
アグスのアシスタントでもいいからやらせて欲しい』

・・・と最後は泣きつき。



じゃあ・・もうひとつ直してほしいんだけど
帰ってきたいならば、会社外の人に私の悪口や自分のことを
話さない方がいいと思うよ。

と私が言うと


『誰にも言っていない!言うもんか!神に誓う』


と言う。
しかし、ウグがストラップ作りの職人の家に
愚痴をこぼしに行った情報が職人と近所の人から得ていたので
そのことを話すと


『一度も行っていない。何で皆で俺を陥れようとするんだ!
俺は家から一歩も出ていないし、誰も来ていない!!』


と言う。


そうか・・・。ウグは嘘ついてないんだね?
皆が嘘つきなんだね?それじゃあウグさん・・可哀そうだね。
私も嘘つきが嫌いだ。・・・でも、ちょっと考えたい。


すでに夜中の2時を過ぎていたので
もう遅いし今、決断できない。もう少し考えて連絡します
と言い、帰ってもらった。



翌朝6:30。職人に電話。
新しい注文があるのですぐに来てほしいと言って来てもらった。
仕事の話が終わった7:30頃、職人の電話が鳴った。
ウグらしい。うちに居ることを伝えるとすぐに電話を切ったようだ。


ウグはよくお前の家に行くの?

『今週だけで3回来たよ』

ふ~ん・・・・

職人は嘘をつく理由もないのでこれが本当なんだろう。
しかも、ウグからの電話があったところを見ると・・
口止め電話よりもうちの行動が早かったってことだ。

ウグは何しに来たの?
私は嘘つきは嫌いだから嘘ついたら取引止めるからね
本当のこと教えて。

『サトミはたかが包丁で俺のことを怒ったってことを言いにきた
それで・・もう働いてやらないって言ってたけど
最後はやっぱり戻りたいって・・・
あとは・・・・グラックマジックを・・・・』

(実はこの職人、ブラックマジックもかけることができる奴らしい。)


ブラックマジックを私に?それとも他の人?


『サトミじゃない。アグスに。
でも、断った。それはいけないって説得したけど
あまり納得していなかった』


これだけ聞けば・・・十分。

アグスがブラックマジックをかけたのではなく
アグスの若さと才能?に嫉妬したウグがアグスにかけたかったのだ
だから職人の家に行ったことを隠したかったわけだ。


謝りながらも嘘をつき、自分の仲間にブラックマジックをかけようするとは・・
もう謝ろうがなんだろうが受け入れはしないと決めた。

夕方全体ミーティングの後、連絡しようと決める。


夕方。全体ミーティング。

ウグの処分を皆に報告する。
この日丁度よくアグスはお休みだったので
アグスにはブラックマジック騒ぎを知らせずに済んだ

すると・・・・

アグス以外のスタッフがどうやらその日ウグの家に
一人一人順番に呼びだされて尋問?されていたらしい。
そしてアグスのブラックマジックでこうなったと
説明、説得され、アグスを一緒に懲らしめないか?と言われたらしい。

前回のミーティングで何でも報告する勇気を持とうと
皆に誓わせていたからか、ちゃんと隠さず報告してくれた。


しっかし・・ウグはますます救いようがない。


その夜、解雇を言い渡すためにウグとDを呼んだ。

・・・が、その日は来なかった。


翌朝、アグスがウグの家に入って入って行くのをリックが発見。

すぐに私たちに報告。
ヘリがDに電話をかけると・・・
『理由はいいから結果だけ教えてほしい』
と言う。
解雇だと言うと、
『アグスがここに来ている。父とは和解した
何も問題ないと言っている』

アグス自身は何も知らない訳だから和解も問題も何もない。

私が電話を代わり
Dと話をしたいと言うと
『もう解雇と決まった訳だから話しても無駄じゃないか?
自分も仕事があるから時間がないし。』
と言う

無駄ならどうしてアグスを呼んでいる?
アグスと話す時間があるのに私と話す時間がないのか?
すぐに行く。

『アグスはすぐ帰るから』

あ、そう。じゃ、関係者だけで話せるね。

と言って電話を切りウグの家に向かった。



ウグの家に行くとアグスはいなかったが
職人が居た。

解雇の理由を説明したい。
と言って私とヘリ、Dは家の中へ。

ウグが嘘をついたこと。裏で企てをしたこと。
これからの危険性・・・・・を話すと

『どちらしにしてもサトミとヘリにはがっかりした』

と言う。


あなたはたった今1回ガッカリしただけでしょうけど。
私達はもっと長い間、もっと沢山のことでがっかりしている。
最後も信じようとチャンスをあげたけど
謝る時も嘘つきながらのウグに心底がっかりした。
君は少しは頭が切れると思って信用していたけど
あなたにもがっかりした。
スピーカーおじさんの電話。あなたが企てたでしょ?


『そんなの知らない』
(・・といいいつつ目が泳ぐ)


それにウグは何度も職人の家に行ってるじゃない?


『そんなことない。職人が丁度いるから一緒に話を聞いてみよう』


と言って職人を呼ぶ。
Dは職人にこの1週間のことを話させた。

さすがに口止めされたせいか
うまくウグの訪問を避けて説明。でも・・・・
「Dが電話で呼んだから2回この家に来て・・・」
と言うのを私は聞き逃さなかった。

そう、ウグが家に来たことは口止めされたけど
自分がここに呼ばれたことは口止めされてなかったので
状況が呑み込めていない職人は正直に話してしまったのだ。


うう・・・(私の泣きマネ)
D?あなた職人とは全く話していないって言ってたよね?
職人はあなたに呼び出されて2回ここに来たと言った。
私はあなたを信じていたのに。
裏切ったね?嘘ついたね?ウグだけだと思ったら
あなたも一緒になって私たちを嵌めようとしたんだね?
ガッカリしたよ。
本当にがっかりしたよ。
あなたの数百倍がっかりしたよ。

話したくもない。

と言って部屋を出て門から外に出ようとしたとき
ウグが親切にしてやったのに不孝者と罵った。


『わ~!!!!!』(私の馬鹿でかい泣き声)

『なんで嘘をつく?なんで嘘をつく?
真面目だと思ってたのに、信用してたのに
なんで嘘をつく?私はがっかりした嘘つきは嫌いだ~!!』


と近所の人が見に来るくらいに大きな声のインドネシア語で泣き叫びながら
しゃがみこんだ。

『お父さんみたく思ってたのに~!!なんで嘘ついた???』


ウグは慌てて私の肩を抱きながら
『違う・・ごめんなさい。泣かないで・・・』
と言いながら車に連れて行き・・・

ヘリがエンジンをかけ・・・・撤収。


ウグ事件は2つの村中の噂になっていたので注目度満点。


最後に腕が反対に曲がってもなかなか泣かなかった
日本人女が『嘘つき~』と言って泣いたとなれば
もうSari Diveには手出しが出来ない。
何かあればすぐに彼らのせいになってしまうだろう。

心配していた
スピーカーおじさんの大音響ミュージックも
今のところないし。
ウグさんの噂話も聞こえてこない。

このまま・・・終わるといいなあ・・・。


あ、でも、
ブラックマジック・・・かけられちゃったりして:汗


長文最後まで読まれた方。お疲れさまでした。

私もとうとう嘘泣きの出来る女になってしまいました。
会社や社員を守るためとは言え・・・・

あ~やだやだ:汗