今日の水中写真


ヒカリイシモチの一種・ 不明種



c0211615_16513525.jpg

昨日のブログにも書きましたが

以前は見なかった魚が急に現れたという例のひとつ


数年前まではこのような場所には同じヒカリイシモチの一種でも青い目の子ばかりでした。

青い目の子をとってかわったように今はこの種類が住んでいます。


c0211615_16575307.jpg


ちなみに・・・


青い目の子は見られなくなってしまったので

あの子が変化してしまったのか

それとも追いやられてしまったのか

正直な所わかりません


う~ん・・とっても不思議


観察出来ていなかったのが悔しいです。




やっぱり潜れていたら減圧症必須だったな:汗

(・・って減圧症で潜れなくなったんだけど:苦笑)



かなりマニアな変化ではありますが

バリの海は刻々と変化しています。




今日から9月


なんだか1年経つのめっちゃ早いなあ・・・







[PR]


今日の水中写真



今日も普通じゃないポイントの深場22mから



カグヤヒメハゼのSPに交じって泳ぐこの子


c0211615_11493068.jpg


めっちゃ紛らわしい子達


他にも上の写真とは別種かもしれませんが

何となくピンクっぽい子もいます





c0211615_11490158.jpg


それで


この子は一体誰?


って話になり


図鑑で調べてみるとオグロクロユリハゼの幼魚が一番近い


きっと、オグロクロユリハゼだろう


・・って事になったんですが



この辺りのポイントで、オグロクロユリハゼの成魚・・・全然見たことないんですよね。


う~ん・・不思議



最近、流れ着いて来たのかな?


それとも他のハゼなのかな?




バリで10年以上海を見て来ましたが

未だに固定種が変動しています。

昔いっぱいいた魚がすごく少なくなったり

以前は見なかった魚がいっぱい出てきたり


水温や環境の変化もあるかも知れないですけど

マブールやデラワンってそんなんじゃなかった気がします。
(昔の方がしっかりログもつけて魚もよく見えていたので)


バリって(・・というか特にこのエリア)
まだダイビングとしては発展途上なんじゃないかなって思いました。


そんなだから私が潜れてたとしても・・・
やりがいあり過ぎてまた減圧症になる気がします:汗


このままドクターストップで
スノーケラーで居る方が身のためかもしれないですね。






話は変わって


何度も書いてきましたが


最近のハウスリーフとっても透明度良いです。


先月の様なムンジャンガン並みというのは少なくなってきましたが
まだまだ普通のポイント位の透明度を保っています。


ハウスリーフはギンガメアジやバラクーダもいるし
キリンちゃん、ブラックスピアーシュリンプゴビーやオイランハゼ、
リボンリーフゴビーにマンジュウイシモチ・・・・

足りないものは透明度だけって言われてた位だから

今はパーフェクトな感じです!



雨が降らないうちに
是非皆様に潜りに来てほしいです。


迷っているなら今すぐ来て~!!







[PR]


今日の水中写真


引き続き普通じゃないポイントの深場22m



c0211615_10211403.jpg

イエロータイルフィッシュ


ドロドロのポイントの中に住む目に刺さるような黄色い魚です。

大きさは・・・目で見て18㎝位だから14㎝位かな?

大きめなので100mmクラスのレンズだとはみ出してしまいます。



写真に撮るのに丁度良いサイズの幼魚も見られました。


本来、成魚と同じくまっ黄色なんですけど

今回はこんなツートンの子も


c0211615_10213859.jpg

魚は色だけじゃ分類できないていうのがめっちゃわかる気がする。

知らない人が見たら絶対違う魚ですよね。






昨日のブログ

賛同して頂けるゲスト様が多くて気持ちが楽になりました。


ありがとうございます。


これからも皆様の意見を取り入れつつ

理想に向けて頑張って行きたいと思います。


よろしくお願い致します。






[PR]


今日の水中写真


普通じゃないダイバー向けポイント深場・・・と言っても22m位



c0211615_12391564.jpg

フラッグテールダートゴビー こと スミレハナハゼ


日本などではかなり深いらしいのですが
このエリアでは20mそこそこで観察することが出来ます。

・・・と言っても泥ポイントなので透明度次第ですが:汗


今回は機嫌が良くてヒレ全開だったそうです:笑



写真には残せなかったらしいですが3~4㎝の幼魚も居たそうです。

この後のチームがゲットできるといいのですが・・・





話は変わって・・・・



「ボートを全面禁煙と致します。」


前からどうするべきか悩んでいたのですが

西表のサカナさんにボート禁煙の会?のお誘いを頂き決心がつきました。


タバコはダイバーにとって減圧症、また心筋梗塞の引き金になりやすい
吸っていない方も副流煙の被害を受ける
意外と煙草の煙は遠くまで届き
吸っていない人にとっては気持ちの良いものではありません。
(喫煙される方にはあまり感じないかも知れませんが・・)

それ以外にも

バリではボートの燃料にたばこの火がついてエンジン爆発という事故が
過去に何度も起きています。


安全、そして快適なダイビングを目指すサリダイブとしては
やはりそのポリシーは通すべきと思いました。


実はリピータの皆さまは意外に思うかもしれませんが
Sari Diveのスタッフはほとんどが喫煙者です。
(今はガイド3人自ら吸わなくなりましたが)
これまでもスタッフはボートの上で禁煙となっているので
ゲスト様の中にはスタッフに喫煙者がいるとわからなかった方もいるかもしれないですね。
実は今も休憩中、順番に陸に吸いに行っています。

私は煙草を吸ったことがないので喫煙者の気持ちがわからなかったのですが

確かにダイビング後の一服は美味しいそうですが
陸に上がるまで我慢できないものでもないみたいですし
陸へ上がって頂ければ自由に吸って頂いて構いませんので
これからはそのようにして頂ければと思います。

よく考えたらバリへ来る飛行機7時間は吸わないでいられるわけですし・・・これは言い過ぎかな?



喫煙者の皆さまのご理解を頂ければと思います。

宜しくお願い致します。











[PR]


今日の水中写真


深場ついでに・・て言っても水深18~22m位




ピンクダートゴビーっぽい魚


c0211615_11410875.jpg

なんかお腹に寄生虫ついてる!?

この子達数年あまり見られなかったんですが今年はいっぱい出てます。


全然話違いますが
本家ピンクダートゴビーにカグヤヒメハゼって名前がついたらしいですね。
カグヤヒメハゼSPって呼んでもいいのかな?





色味は体の向き&光の当たり方で変わって来るみたいです。



c0211615_11480658.jpg

斜めから見るとピンクというよりオレンジですね(後ろの子)




なかなかヒレを開いた瞬間の撮影が難しいのですが
今回、ゲスト様の写真に写ってました:笑



c0211615_11500760.jpg

思ったよりヒレは小さめ?


2~3㎝位のチビだったからでしょうか。




現在は滅茶苦茶チビが多いそうです。


これは1.5㎝位の子



c0211615_11520198.jpg
ここまで小さいとほぼ透明:笑

ピンクダートなのかわからない位ですね。




普通のダイビングショップは行かないポイントです。

そして

普通のダイバーだって判断した場合は連れて行かないポイント:汗



泥ポイントなので好き嫌いがくっきり分れます。


自分は普通のダイバーじゃないっていう方はリクエストをお願いします!!






[PR]