今日はムンジャンガンへ行ってきました


数日前から透明度が悪くなったと聞いていましたが


ここまで悪いとは・・・


ワイドカメラを持って行きましたが結局ほとんどシャッター切らずでした。



ダイビングの方もワイドで攻めようと思っていましたが

透明度を考慮して結局マクロダイビングでした。



「ピグミーシーホースを独り占めで見たい」


とのお姫様のリクエストで

コマンはサトミピグミーシーホースを見せてました。



多分、ゲスト様的にはそのピグミーシーホースじゃなかったかもしれないですけど

サリダイブ的にはこっちですよね:苦笑

発見後、ワイドチームが続いたのでまだ数人しか見ていません。







今日の水中写真はムンジャンガンより


ムンジャンガンと言えばガーデンイール


ガーデンイールポイントのガーデンイールはスパゲティイールなんですが


他にも3種類のガーデンイールが住んでいます。



その中で一番観察が難しい子がこの子


c0211615_19515279.jpg

ニシキアナゴ


日本では結構有名?みたいですね。


ダイバー的には結構マニアな方だと思っていましたが。



撮影のコツは潮下からゆっくり近づくこと


このゴールデンな模様が豪華ですよね。






[PR]

今日は朝からシガラジャ(一番近くの都市)のイミグレーションに行ってきました。


顔写真を撮って指紋を取り、サインをするだけなんですが



私の前が顔の小さな白人の女性だったせいか

写真撮影の時に

「下がって、もっと下がって・・・もっと・・・」

って椅子が後ろの壁につくくらい後ろに下げられてしまった



そんなに私の顔って大きいですか???



そしてシャッターを押すとシャッター速度が3秒くらい:驚

いくらなんでもそれじゃ~ぶれちゃうでしょ??


撮影しているイミグレーションスタッフも

チッ

って舌打ちして設定直すんだけど


何度押しても3秒



そんなに私の顔って黒いですか?



もう、私が設定かえたほうがいいんじゃん?って思ったけど

変に出しゃばるといいことないと思って黙ってましたが

私の書類の写真絶対ぶれてる自信あり:苦笑



今日はとっても空いていたみたいで
イミグレーションの滞在時間最高記録でたったの10分間だった:笑




時間が余ったのでお気に入りの足マッサージに行き

お気に入りのレストランで(ローカルだけどうまい!)ご飯を食べて

お買い物もして帰ってきました:笑



いつもサリダイブに閉じこもりなので
ゲストの居ぬ間のいい息抜きでした。


さあ、明日からまたがんばるぞ!





今日の水中写真は・・・・


珍しくウミウシ行きます!




ピカチュウウミウシことウデフリツノザヤウミウシ


滅茶苦茶立派な個体!


c0211615_21161145.jpg
私、実はこのTHEピカチュウは見たことないんですよね。

ピカチュウ系は結構あるんですけど。

バリにもこの子・・いるんだなあ。





そしてもう一種



フトガヤウミウシ


c0211615_21164476.jpg

ガヤに停まっていることろは何度も見たことあるけど

地面を這っているのは初めてかも。



このエリアウミウシはすごく少ないので

ウミウシ好きな方にはちょっと寂しいかもしれませんが

詳しい方に調べて頂いた結果は

個体数は少ないけど種類はトランバンより多いそうです。


見つけるのは個体数が少ない分すごく大変ですが
苦労して見つけるのが好きという方は是非いらして下さい!?



(そんなマニアな方は普通居ませんよね:苦笑)






[PR]

今日もゲスト様はムンジャンガンへ

ワイドご希望のゲスト様なので毎日ムンジャンガン

丁度ここ2~3日大潮で満潮が昼くらいに来るので
ちゃんと潮を読めばワイドポイントに入れます:笑


今年は潮見表が全然役に立たない年なのでちょっと潮読みが厳しいですが
どうにか目の前の海を見ながら予定を立ててます。


ネットでちゃんと訂正の入るような良い潮見表・・・ないかなあ・・・



ムンジャンガンのワイドって
ヌサペニダみたくマンボウがいるとかマンタがいるとかじゃなくて

お魚いっぱいをサンゴと一緒に見るっていう女性的なワイド

大好きだったデラワンの男性っぽい迫力ワイドとは真逆な感じ
ほんとはデラワンのギンバラあり、マンタあり、カレントありのダイビングが好きだけど

写真を撮るとなると意外とこの静かな海って
ゆっくり構図が練れるし、写真映えするのでいい感じです。


なんていうか・・・フォトジェニックな海?


しかも魚の群れは浅場に出ることの方が多いので
スノーケリングでも見ることが出来ます。



今まであまり公表してなかったのですが

実はそんなスノーケルで撮った写真をインスタグラムに載せています。

私の大好きなワイド写真です。

もしよかったら覗いてみてください。





そして


インスタついでに



Sari Dive で見られたお魚たちをまとめたインスタもあります。



私がまだ潜れた頃に撮った写真もありますが
ゲスト様の撮った写真も使わせて頂いています。

マクロなお魚が中心です。

こちらの方がこのブログを見ている方には本命かも知れないですね。




あと、こちらはアップが滞りがちですが

Sari Dive & Cottageのアルバム代わりにしているインスタ


これはどっちかというと自分の覚書的なものなのでゲスト様にとっては面白くないと思いますけど:汗



*なんとなく思うところがあってどのインスタもFBには連動させていません。




インスタの宣伝みたくなっちゃいましたが

ワイド写真はそれが一番わかってもらえるかなと思ってとうとう公表してしまいました。






今日の水中写真は・・・・



ワイドじゃなくっていつものマクロ:笑


セビレハゼことオオゴチョウイソハゼのオス




c0211615_12502272.jpg

なかなか立派な背びれをしている個体ですよね:笑











[PR]

今日もいいお天気が続いています。

また南西の風が強めですがだいぶ湿気を含んでいる感じ

そろそろ・・・初雨が降るかな?


ゲスト様がいない時に降ってほしいんだけど・・・

なぜって初雨の後は必ずカゲロウ?じゃなくて羽あり?みたいのの大発生があるのです。


バリ島名物!?なので
遭遇したことある方多いかもしれないですけど

うちみたく野外で食事する場合
(・・いや、バリ島のほとんどが野外で食事ですけど)

滅茶苦茶大変です。

食事の方は宵の口だけなので時間を遅らせればいいのですが

問題は・・・
お部屋の電気を点けっぱなしにして外出してしまうと
お部屋の中が悲しいことになってしまうこと。

これからの時期バリ島へご旅行のゲスト様は
お部屋の電気をすべて落としてお出かけすることをお勧めします:笑




今日の水中写真は・・


滅茶苦茶沢山います



ワイドマクロ



ならぬ



マクロワイドで撮った




ヨロイウオ




c0211615_14085169.jpg

キラキラしてとっても綺麗です:笑





[PR]
この頃バリに住む?外国人(特に白人系)の横行が目立つようになりました。

都会では今までもあったのかもしれませんが
田舎のこの辺りではそこそこ話の分かる節度のある白人ばかりだったので
気が付かなかっただけかもしれませんが。

マナーや常識が通じないのって
かの国の人だけかと思ったけど

やっぱりどの国にも居るんでしょうね。




実は今日シークレットベイのスタッフから電話がかかってきました


「助けてくれ~!ゲストがボート代を払わないって言うんだ!!」


・・・・・・はい?



だからってサリダイブに電話しなくたっていいじゃん!?

と、半分呆れながらヘリが電話で話をしているのを聞いていたのですが



どうやら・・・


スペイン人?のショップがピクチャードラゴネットを見るのに
ボートをチャーターしたけどオケラだったらしい。



実際にピクチャードラゴネットを見たことある人だったら

なんであんなにいっぱいいるのに見れないの???????????????・・・

って?マークが100個くらいつきそうな疑問かも知れませんが

本当にそう言うことってあるんですよ。

ガイドが見せ方知らないだけなんですけどね。



・・・で、


そのスペイン人のガイドが

「ピクチャードラゴネット見られなかったからボート代を払わない」

ってごねているらしい。



白人ってもう少し賢いのかと思ったけど
そうでもないのよね。


ピクチャードラゴネットが見られないのは
ボートのせいじゃなくてガイドのスキルの問題

ボートに乗ったんだからボート代払うのは当たり前。
ボート代にピクチャードラゴネット見学代金は含まれてないんだから:苦笑

(敢えて言うなら見学料金はガイドに払うものだからガイド代がタダだよね)


とりあえず

「ピクチャードラゴネット代じゃなくてボート代なんだから払ってもらえ」

ってアドバイスして電話切っていましたが


切る間際に

「ピクチャーがいるって証明しろって言われたら助けて!」

・・って言われたらしく



「俺に任せろ!」

と言っていました。


それを聞いてて
この頃年をとって性格が丸くなったと噂されている私は
うちには関係ないじゃん?って
ただ単に面倒くさいって思ってしまうのでした。
(昔だったら結構親身に相談にのってたと思う:苦笑)




また、先日は

ムンジャンガンで餌付けをしている白人チームにヘリが

ここは国立公園で自然を守るために餌付けは禁止ですよ


と注意したらガイドらしき白人が

「俺は11年もバリに住んでいる。これは自然じゃない!自然じゃないんだから餌付けして何が悪い!」

・・・って逆切れされて

こりゃダメだと思って国立公園スタッフを呼びに行ったらしい

国立公園スタッフもタジタジで全くダメだったらしいけど。


今、外国人のガイドってビザ降りない筈なんだけど
その人11年もバリに居るって今は何してるの?って思ってしまう。

ショップオーナーでこれだったらダメすぎる:苦笑




最後にもうひとつ

隣村にダイビングセンターを作ると息巻いていたドイツ人

テックダイブをやる人らしく4本のタンクと一緒に潜行したまま帰ってこず
数日後、水深100m(?警察が言うには。本当だろうか?)のところで発見

緊急に全ダイビングセンターに集合がかかり
ガイド無しでタンクだけ貸すことをしないように
やったダイブセンターは営業停止とのお達しが出されました。

・・・っていうか
彼は自分のショップ用に揃えたタンクだったんじゃないかと思いますけど




・・・と、最近やりたい放題の白人さんが結構目立ちます。


こんなことが続くと
やっぱり変な外国人にはビザを出しちゃいかんと思うよね。


年々イミグレーションがビザの資格をきつくしているのも理解できる気がします。

そうでもしなくちゃアホな外国人にインドネシアを滅茶苦茶にされてしまう

ただでさえちゃんとしてないのに:苦笑


シンガポールはシンガポール人以上の有資格者にしかビザを出さないように
そのうちインドネシアもなっていくのかもしれませんね。



なんだか愚痴みたいなブログになってしまった


いかんいかん・・・






今日の水中写真は



外人さんが大好きなでっかいカエルアンコウ



c0211615_21463820.jpg
オオモンカエルアンコウ



マクロ好きな日本人のゲスト様だと

目の上のたんこぶ・・ならぬ

目の上のタテジマヘビギンポの方が先に見えてしまうかもしれないですね:苦笑








[PR]