人気ブログランキング |

風は強いですが良い天気が続いています。

水温は27~28度

水面休息がとっても寒いそうです。



ゲストにサリフがガタガタ震えていると毎回聞かされているので

サリフに「寒いならフードベストを着なさい」

と言うのですが

水中は寒くない

と言って聞きません。

シークレットベイの時も(水温23度)フードベストを着ません。

どうしたものか?

陸が寒いならジャケットを着なさい

と言うと持っていないという

以前に配布したフリースは無くしたらしい:怒

「配布したのじゃなくてもいいから
 寒いなら自分で対策して風邪ひかないようにしなさい」

と言っても

大丈夫

と言って震えています。



そうやって君はピーク時になると病気でお休みするというのを
何度続けてきたことか・・・・



言うこと聞かないし仕方がないので今までのウェットスーツを取り上げて
おニューのウェットを着せました。

これで水中の保温が出来るから水面休息も楽になるでしょう


今日は震えていませんように・・・祈



なんか私

まるで体温調整が自分で出来ない小さい子供のお母さんみたいだ・・・汗






今日の水中写真は・・・・

毛ガニ風な子達



c0211615_12210211.jpg

怪しく青く光る産毛がいっぱいの

アナモリチュウコシオリエビ

20年くらい前はロボコンってニックネームで結構人気ありましたが
そう言えば最近見ていなかった気がする



そしてもう一種



c0211615_12203085.jpg
全身毛だらけのサクラコシオリエビ

こちらも10年くらい前まではピンクスクワットロブスターって呼ばれていましたよね。




どちらも毛ガニ風ですが

コシオリエビ・・ですので腰が折れているエビの仲間です。







風が強いですが良いお天気が続いています。

水温は27~28度

ハウスリーフの透明度もなかなか良い日が続いています。


今日からゲストが5名になったので
(サリダイブにとっては5名は大人数:笑)

ワイドチームとマクロチームの2ボート


それぞれ楽しんでくれるといいなあ・・・



今日の水中写真は・・・・


昔、ウルトラマンエビって呼んでいたこの子


c0211615_11525919.jpg

ウミウシカクレエビ

この写真もそうなんですけど

ウミウシよりもナマコに乗っていることの方が良く目撃されます。

ちなみに黒いナマコに乗ると全体が赤黒くなり模様が無くなっちゃいます。

どうやらホストに合わせて体色を変化させるらしいのですが・・・

どう見ても目立ってますよね。

黒ナマコの時だけなのかな?






風が強めですが良いお天気です。


今、ヘリの友達の紹介で香港人の親子のゲストがいらしています。

お父さんの方はマクロの一眼レフ?をお持ちで
大きなストロボと大光量のライトをつけているし

好きな被写体はガラスハゼとのことだったので

ヘリ的にはSari Diveのゲストと同じものを見せても大丈夫

と気楽に考えていたようですが・・・・


やっぱりちょっと違うようです。


子供も一緒に潜っているからと言うのもありますが

個々の被写体が小さすぎるし・・・・

レア過ぎてそして撮影が難しすぎてゲストも戸惑っているよう。


もっと普通な感じの
ウコンハネガイとか、ケヤリとか、ウミウシとか・・・が合っている気がする
ご本人たちも食事の時にそんな話をしていたし ←ヘリは聞いたことを忘れている:苦笑


Sari Diveはカメラ上級者向けの
逃げるお魚の被写体が多いので普通の外人には難しい。
外人さんにはもっと大きくてカラフルで動かない優しい被写体を見せるようにしないと

と私が口うるさく言っていたのを今身に染みて感じているんじゃないかと思います。

今回の香港ゲストは私は口を出さない約束なので

「このポイントでいいかな?」

っていつになく聞きに来ますが(いつもは口を出すと怒り始めるのに)

香港人のゲストに関しては自分で決めなさいって突き放しています。

彼にとってはいい勉強だと思います。

(以前のオーストラリアのゲストはヘリ担当だったのに結局私に任せっぱなしだったけど・・)


ゲストと話をしたり
ネットなどでいろんなページを見て

そのゲストが好みそうなポイントや魚を思いつけるのは
ある意味ガイドとして重要なスキル

これからはヘリ達が自らそのスキルを身に着けて選べるようになってほしいと思います。


そしたら私は左団扇だな:笑




今日の水中写真は・・・・



最近‥と言うかちょっと前から外人さんにも人気があった被写体


フィコカリスシムランス


c0211615_14280127.jpg

極小の被写体ですが

その風貌からか・・・

動かないからか・・・・

いろんなところで見かけるようになった被写体だからか・・・


日本人もそうですが外国人にも撮ってもらえる被写体になったようです。




見れば見るほど不思議なエビですよね。






午後になるとちょっと雲が多くなりますが
太陽はちゃんと出ています:笑


ゲスト様からのメールで知ったのですが

最近大きめの地震があったんですね。インドネシア

私は都会に買い出し中だったのですが車に乗っていたからか全く感じず・・・
サリダイブでも何もなかったそうです。

・・・と言う状況ですのでご心配なく


どう考えても
インドネシアに居る私達よりも日本に居る方達の方が
いろいろ情報知ってるし心配している方が多い気がする。


話は変わって

そろそろお盆の準備をされている方も多いと思うので・・・

気温 29度位
水温 27~28度 (シークレットベイは22~24度)
南西の風強めですので水面休息中の保温に注意

朝晩冷えます。(気温22~24度・湿度が低いので寒く感じます)
寒がりの方は長袖の羽織るものを用意してください。

日本はすごく暑いようですが
こちらは南半球で冬です。
油断して風邪などひかないようにして下さい。



今日の水中写真は・・・・


昨日一昨日とちゃん付けの魚が続いたので

もう一回ちゃん付けの魚(正式名称がない、またはなかった魚)



レモンちゃん



c0211615_16374022.jpg
顎のあたりに細かいひげのようなものがあるのでダルマハゼの仲間だと思いますが

他のダルマハゼよりひげは目立ちません

体は半透明な感じで体側に白い点が並びます。

アカネダルマハゼではありません。


ハゼの学者さんに調べてほしいなあ・・・
(日本にもいるらしいので)





ちょっと風が強めですが今日も良い天気:笑

先月はお姫様とお殿様のゲスト様ばかりでしたが

そろそろピークシーズンが近づいてきました。


ずーっとマンツーガイドだったので
大人数(4名)のガイドだと調子が崩れちゃうんじゃないかな・・・

とりあえず

皆元気で楽しく仕事が出来ますように!

そしてゲスト様に元気をお裾分けできますように!!





今日の水中写真は・・・・・


前のブログがSari Diveで見られる人気の魚のひとつ

背びれちゃん(通称)だったので




今日も人気の魚のひとつ


キリンちゃん(通称)


c0211615_12134170.jpg

体長・・・1~2.5㎝のオコゼ系のお魚です。

体の模様がキリン模様だったことからキリンちゃんと言うニックネームがついています。


普通のダイバーが潜らないような場所に住んでいるので

なかなかハードルは高いですが
(リクエストされないと連れて行かない)

行けば大体98%の方が観察出来ます。


写真のイメージより随分小さいので

本物を見て感動される方多いです。



限りなく擬態しているので大人の目には優しくありませんが

ダイバーの中でも限られたダイバーしか見たことの無い魚ですので
(図鑑にも乗っていないし他所での発見例もない)

レアもの好きな方は挑戦してみて下さい。

他所ではレアですがここではレアではありません:笑