関西や北海道が台風で大変だと心配していたら
北海道は大地震まで起きてしまって
バリに居ながらも日本の状況をとても不安に感じています。

災害に遭われた方達の一日も早い復興をお祈りしております。


もう何も起きませんように。





さて、今日の水中写真


エビカニまとめて行きます!



まずはカニ


c0211615_16044930.jpg

マルガザミ


ウデナガウンバチに乗っかっている子:笑
よく根元に隠れている子は多いけど乗っかっている子は結構レアかも






次はカニ・・・じゃなくてカニダマシ



c0211615_16034482.jpg

ウミエラカニダマシ

ウミエラにしっかりしがみついています。
ホストが綺麗だから絵になりますね。







次は・・カニに見えるけどコシオリエビ!


c0211615_16020422.jpg
昔はピンクスクワットロブスター

和名がついてサクラコシオリエビ

ピンク色が可愛いコシオリエビですが本当はこのケバケバな感じも名前に入れてほしかった~笑






ここからエビです。



ナマコに居るけど・・・ウミウシカクレエビ


c0211615_16031261.jpg

昔ウルトラマンエビって呼ばれてました。

ウルトラマン・・・知ってますよね。





最後に極小エビ


ホヤカクレエビ



c0211615_16023898.jpg

極小と言えど上の写真の個体はでっかい方

ホヤの入り口から上半身しか見えません。


本当の極小はこちら


c0211615_16041649.jpg

ホヤの入り口から全身が見えるサイズ


好みでしょうけど

私は小さい子の方が絵になるかな?って思います。



ホヤの色にかかわらずエビは入っていますが
写真撮影のしやすさは

半透明・青・・・あまり撮らないけど黒って感じでしょうか。

ホヤはつぶさずに撮って下さいね




明日はまたお魚ブログ:笑







[PR]


今日の水中写真


水中は早くもBabyシーズン来てるみたい

産卵もしてるしいろんな魚のBabyがいっぱい見られました。

・・・って事で


Babyちゃんたちの写真一挙公開!!



まずはBabyちゃんの前の卵ちゃん

セボシウミタケハゼの卵


c0211615_12241041.jpg

まだ産んだばかりかな?限りなく透明な卵:笑

お母さん?お父さん?が心配そうに見守っている感じが出ている写真です。




次は

まるで骨が泳いでいるみたい!?


c0211615_12202557.jpg

セジロノドグロベラのBabyちゃん

体がまだスケスケです:笑







次は上の写真より多分大き目の個体


c0211615_12194140.jpg

この子もセジロノドグロベラのBabyちゃんだと思うんですけど

どうかな?






カサゴ系もチビチビいますよ。


c0211615_12362803.jpg



シマヒメヤマノカミのBabyちゃん

変わったケヤリ?に寄り添っています。
・・・ケヤリだろうか?
こっちの方が気になっちゃうんだけど:苦笑

このドロドロ感は・・ハウスリーフ?





そしてこちらもハウスリーフ


c0211615_12371113.jpg
ハナミノカサゴのBabyちゃん

胸鰭のピンクの水玉が可愛い:笑







この子はゴマモンじゃないよ~!


c0211615_12200597.jpg
イソモンガラのBabyちゃん

もうちょびっと大きくなると青が出てきてもっとかわいくなります。






こちらは不明種


c0211615_12205980.jpg

多分・・・・ハゼ

一体誰のBabyちゃんなんでしょう?






定番ですが・・・・


c0211615_12214773.jpg
バンガイカーディナルフィッシュのBabyちゃん

なんだか出目金みたくてかわいい:笑






最後におなじみ

うんちくん


c0211615_12220829.jpg
かすかに模様が出てきたステージ

老眼にはきつい奴:苦笑





今年は乾季に入るのが早かった分

Babyシーズンも早いのかな?



スズメダイチェック早めにしなくちゃダ!!








[PR]



今日の水中写真


イエローな子


ちなみに不明種


c0211615_16292973.jpg

サリダイブ通称:レモンちゃん

ダルマハゼの仲間のようであごの周りには細かいひげがあります。

アカネダルマハゼにとてもよく似ていますが体が透明で
背骨のライン沿いに白い途切れたラインが入ります。

何かの幼魚かな?

というコメントも頂きますが

成魚を見たことありません。


一体誰でしょう。





そしてもうひとつイエローな奴



c0211615_16372637.jpg

こちらも不明種

サリダイブ通称: キイロちゃん

潮通しの良い壁についているものとドロドロポイントに住む者がいます。

個人的な意見ですが

潮通しの良い壁についているものは
サリダイブ通称:ホソベニちゃん(実はイソハゼ系)の黄化個体じゃないかと思います。


ドロドロポイントのは・・黄色しかいないので本物!?キイロちゃん:笑

ちゃんと調べる方がいないので不明種のままです。


ちなみに上の写真は本物キイロちゃんです。





日本は大型台風が来ているようですね

今日帰国のゲスト様

ドキドキされながらサリダイブを出発されました。


無事帰国出来ますように!


そして日本の皆様もお気を付けください。









[PR]


今日の水中写真


今日はベラです。

動く魚は苦手という方は見るだけでもいかが?



このエリアで一番人気&個体数が多いのはこの子


c0211615_08204601.jpg
イエローフィンフラッシャーラス

いろんなポイントで見られますが一番浅いのは水深5m位

沢山いるし朝からバンバン開いています。

目移りしないようにシャッター押すのがコツ





次に

写真は残念ながら無いのですが

昨日までの昔居ないものが見られるようになった話のつながりで

ウィップフィンフェアリーラス


数年前まで


あそこで一匹見た!

とか

今日は見られなかった~涙

なんてレア度が高かったのですが
最近は結構安定して見られるくらいになりました。

イエローフィンフラッシャー位いっぱいになったらいいのになあ・・・

(そしたらどっちかが居なくなるかな:汗)







ポイントが限定されますがこの子も人気あります


c0211615_08172800.jpg

イエローフィンフェアリーラス

個体数が少なめで逃げ回るので気合が入ってないとなかなか撮れません。

しかも綺麗な珊瑚に居るので着底禁止です。







最後に

普通種過ぎて皆さん写真も撮らないですけど結構美しいですよ


c0211615_08210912.jpg

ラボックスラス


この子は地域によって色彩違いが結構ありますがバリ島は大体こんな色です。

黒いラインとか入りません。

綺麗でしょ?

いっぱいいるのでぜひ挑戦してみて下さい。





もちろん他にもいっぱいベラはいますが今回はこんな感じ





今日は久しぶりにムンジャンガンへついて行きます。


風が弱いといいなあ・・・笑







[PR]



今日の水中写真


以前見なかった魚が急に増えたという流れで・・



キャンディーケーンピグミーゴビー


c0211615_11564846.jpg


去年位までこの子は年に1回とかの割合でしか見られないハゼでした。

それが最近個体数が増え続け

そろそろ「普通種」と呼ばれるくらいになって来ています。

ペアで見られることもかなり多いです。



個体差も結構あり

上の写真は標準的な感じ?



そしてこちらは


c0211615_11570678.jpg

シマが太いタイプ:笑





この子の発色にとても似た子が

レッドブロッチピグミーゴビーなんですが



c0211615_12020383.jpg

生息域が違うからだと思うのですが個体数の増減はありません。





もしかして・・・

今までキャンディーケーンがいるようなところを探してなかったんじゃないの?



と思う方もいらっしゃるかと思いますが

そんなことはございません。



・・・というのも



背びれハゼ(オオゴチョウイソハゼSP)がいる場所とほぼ一緒だからです。


c0211615_12042911.jpg


ちなみに

背びれハゼ(オオゴチョウイソハゼSP)も今まで通り個体数増減なしで観察されています。




・・・と言うことでキャンディケーンピグミーゴビーに関しては

単に新参者という感じになるのかもしれないですね。



ここ最近こういった変化が目立つのは・・・

地球の変化なのか、単にバリが発展途上?な環境なのか分かりませんが


微妙な変化に目が離せない感じです。








[PR]