人気ブログランキング |

<   2020年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧


今日は早朝ちょっとだけ小雨が降りました。

地面は一瞬濡れたけど・・・すぐに乾くくらい。

もうちょっと降らないかなあ・・・。



この周辺のリゾート(いや、バリ中同じかな)では

2月のお給料から50%のお給料だったり
5つ星リゾートがスタッフ解雇をしたり
小さなリゾートも仕事なし=給料無し

という厳しい状況

私が前に働いていたジャーマン系ダイビングショップも
1カ月で4日間勤務給料Rp. 500,000
という条件になったらしい。

他の小さなダイブショップより
給料無しより4日間でRp.500,000ももらえるならばいいじゃないかって思うんですけど

知り合いのガイドはこんなのは嫌だって辞めたらしい

どうするあてもないらしいので
正直、彼の考えていることはわからん

ごねたらどうにかなると思っているのかな?


要は真剣にはまだ困ってはいないってことなのかもなあ


この辺りは無職の人が多いけど皆家を持っているし
魚採って、その辺になっているパパイヤとって
困ったら誰かに米やトウモロコシを分けてもらう
薪があれば米も炊けるし魚も焼ける
灯りもとれる

なんというか・・・

まだ古き良きバリ?が残っている。
贅沢をしなければ生きていける環境がある。



多分お金に困っているのは銀行にお金を借りている面々

うちの子達も多分、バイクを買ったりしているので
ローンが残っているんじゃないかな:汗

ローンが滞ると担保の家などをとられてしまうらしいのですが
この状況なら政府が動いてどうにかなるんじゃないか・・・と思うのは甘いのかな。


今日はスタッフ達が待ちに待った給料日

今月は大木切りの毎日ですごく皆頑張ってくれたので
15日間勤務ですが100%のお給料が出ます。

サリダイブでは今月まで100%のお給料を約束しています。

しかし、ここまで先が見えないと・・・
来月からは少しやり方を考えなければいけないですね


彼らはサリダイブにとってとても大切な家族のようなスタッフ達
解雇は全く考えていません。私は。
こんなにいい子達手放す気なんて全然ないです。

私たちが貯金を切り崩して彼らの生活を守ることは
全然構わないし当たり前って思っているんですが

コロナが終わるまでどうにか彼らの生活が続けられるように
私たちのお金の出し方を少し調整したり工夫しなくちゃと・・

彼ら、昔のヘリと同じでお金をキープしておくって事知りませんから。


ヘリなんか車一台売るか?

なんて言っていますが、ゲストが来始めたら不都合だし

それは最後の最後・・・って言うか今時買うやつもいないと思う:苦笑


まあ、サリダイブ始めた頃を考えたら・・
借金だらけで住む家もなく
頼れる人も、もちろんスタッフも居なかった
シャワーも水、ガスも無くて料理らしい料理も出来ない
ヘルニアになっても病院にも行けず
やっと治ってこれからって時に
日本で津波があってゲストが来なくなったり・・・

缶コーラ一本買うにもためらう位お金に困ってましたけど

どうにかなりましたから:笑


そう思えば
今は家もある、頼れるスタッフもいる
燃費の良い車もあるし
病気も無くて健康
何しろ借金がない!

こんな気楽なことはありません。

どうしてもお金がなければ

初心に戻って

宿泊バウチャーを売ればいい!

あの時は建物がなくて信用だけで買ってもらったけど
今はちゃんとしたコテージがあるしリゾートとしての実績もありますから
買ってくれるゲスト様に心配をかけることもないです。

その時が来てしまいましたら宜しくお願い致します。

(まだ大丈夫です:笑)



とりあえず

皆が大木を切り倒して開拓した土地を利用して
(サリダイブの敷地内)

農作物が出来ないか試してみるつもりです。
土質が悪いので(水かも知れない:涙)苦労しそうです。

しかも結構広いから大変そうだ:汗


でもこれが本来のバリの生活なんでしょうね。



さあ、頑張るぞー!!






今日の水中写真は・・・・



やる気満々な背びれちゃん



お給料日_c0211615_14533118.jpg

オオゴチョウイソハゼ SP.


今頃この子達どうしているのかな

ダイバーが来ないから伸び伸びしているんでしょうね:笑




コロナでみんな本来の姿に戻っていく気がします・・


バリ島西部 Sari Dive & Cottage




今日も良い天気のバリ島西部です。

山の方は雲がかぶっているんですが
こちらには来ない・・・

そろそろ1回降ってくれるといいんだけどなあ



サリダイブには3人のセキュリティがいます。

一人は結構おじさん。

そのおじさんの足が何だかすごいことになっています。

まるでオコゼに刺されたかのように足首ちょい上位まで腫れ上がっている。

もちろん靴は履けません

特に痛くはないらしいのです。
ちょっと熱はもっているけど

そんな状態がもう1か月以上

病院には3か所行ってみたけど特に原因はわからずで
炎症止めのような薬をくれるだけみたいです

原因が治らないからか全く回復しません

本人もこんな足になる心当たりは全く無いようです。


この際だから休みなさいっていうのですが

ちょっと歩きづらいけどサンダル履けば痛くは無いからって休みません

毎日ちゃんと働きに来ます。

真面目なのはいいのだけど心配です。


日本だったらきっと原因解るんだろうなあ・・・・





今日の水中写真は・・・・


日本や他のダイブサイトでは普通のものかもしれないけど

この辺りではちょっとレア


日本だったら・・_c0211615_12293939.jpg

このぷくぷくなミズタマサンゴ!!

これだけ大きな水玉は珍しいです:笑


こんなに大きなミズタマサンゴのお家を見つけたバブルコーラルシュリンプ

君は滅茶苦茶幸せ者だ!!


STAY HOME





レア物は誰にとっても一緒じゃないんだよ:笑



バリ島西部 Sari Dive & Cottage





今日の良い天気のバリ島西部です。


女の子たちは日陰でマンジュウイシモチ作りだけど

男の子たちは日向で大木切りが続いていてちょっと可哀想


モスリムの子達は(ヘリも含む)ラマダンなので食事も水も飲まず頑張っています。

上手にお休みとる子もいますけどね。(多分、お察しの通りの子です)




話は変わって

ヘリのラマダンに合わせて
実はダイエットをしようと企んでおります。

一緒にラマダンが一番いいのかもしれないけど
この時期に水も飲まずに体を弱くしたら・・・・

コロナ君に来て!って言ってるようなもんじゃないですか

私もそれなりに歳ですからね。

とりあえず、水分は2L以上とります。



今日で・・・5日目?

体重は・・・減ってない:苦笑

ラマダンの前の白米食べてランチの炭水化物食べてた時の方が減ってた:汗


え~!?どうして??


一体私の体はどうなっているんでしょう。

夕食はおかずだけで量もそれほどないんだけど

もしかして水太りってやつ?


いやいや、もしかして腕立て伏せやったから筋肉ついた?

(・・・ナ、訳ないですね:苦笑)


そのうち効果が出るといいんだけど






今日の水中写真は・・・・



もう大きくなっちゃたよなあ・・・・



真っ黒になるころには_c0211615_12504497.jpg

オレンジダムゼル君

1カ月前に頂いた写真なので:汗


まだ真っ黒じゃないと思うけど

だいぶ腹黒い感じになっているだろうなあ。





真っ黒になるころには潜れているといいな。

バリ島西部 Sari Dive & Cottage




雲がない!バリ島西部です。

うん、ドライシーズン。



昨日の夕方桟橋に夕陽を見ようかと歩いて行くと

桟橋に洋服や靴、帽子などが脱ぎ捨ててあって
「なんじゃこりゃ」と横目に見つつ

桟橋の先端に向かって歩いて行くと・・・



な・・なにあれ!? 汗



多分水深的には膝位しかないところに泥だらけの大きな何かがが浮かんでいる・・
浮かんでいるけどなんか動いている!?


こんなところに魚?いや、・・人?人だよね?:汗汗


と焦ってよく見てみると



急にムクっと起き上がった。



ぎょ!



起き上がったのは泥だらけの白人



そう、あの桟橋の先端でスノーケリングをさせろと
何度もやって来ている白人(昨日は一人だったけど)



私を見つけると



白: ハロー!ここを歩くのは大変だね。桟橋を歩けるといいんだけど



私:  それはダメ。



白: でも、ここに黒いものがある。これはウニ(ガンガゼ)だよね。 
  刺さったら危ないよね。
  もしかしてここにはオコゼなんかもいるんじゃないかな。
  とっても危ないから桟橋を歩かせてもらえると嬉しいんだけど。


私:  危ないからスノーケリングを止めたほうがいい


白: 僕はこの近くのロスメンに滞在しているんだけどやることがないんだ
   だから海で泳ぎたい。
   国に帰りたくてもインドネシアに帰らせてもらえないんだから。知ってるでしょ?


私: それは私も同じ。
  今は観光客が海水浴とかできないようにバリの海はクローズになっている
  外出自粛だからホテルに戻ったほうがいい



白: でも、あの人たちあそこで釣りしているじゃないか
   自分だってあそこに行きたい
   どうやって行ったの? 桟橋使ったんじゃないの?



私: あの人たちはローカルだから
   自分達でここを歩いて行った。



H: ここを歩いて?
   でも、危ないでしょ?
  あの人たちはどうやって歩いたの?



I: 知らない。
  とにかく危ないと思うならここでギブアップして帰ったほうがいい。



H: 桟橋つかわせてもらえない?



I: NO. あきらめてホテルに帰りなさい。




と、ひとしきり話した後私は部屋に帰ってしまったのですが

セキュリティに聞いてみると根性で桟橋の先端辺りまで行ったけど
暗くなってしまったので帰ってきたと言っていました。


桟橋の横を歩けば可哀想と思って許してもらえると考えたのかもしれないけど
世の中そんなに甘くない。

一人を許せば仲間を呼んでどんどん人が集まって来るに決まってる



退屈な気持はすごーくわかるんだけどね。
スノーケリングなんてしなくても生きていけるからね。


今はコロナを退治するほうが先なんだから。






今日の水中写真は・・・・


チュ!



わかるんだけどね_c0211615_13092867.jpg

メッチャ仲のいいカニハゼのペア



・・かと思いきや




わかるんだけどね_c0211615_13092888.jpg

お・・・親子?な訳ないな

年の差カップル:笑

(カップルって死語?)




仲が良いって思ったんだけど


ゲスト様の写真を見ていくと


喧嘩だった:汗


わかるんだけどね_c0211615_13092827.jpg

魚のキスって仲が良いより

十中八九・・・・喧嘩



魚が仲がいい時ってどうするんだっけ?


最近潜って無いから忘れちゃったよ:汗





早く海に潜れる日が来ますように!!



バリ島西部 Sari Dive & Cottage



朝は雲が多めですが昼には青空が広がるバリ島西部です。

雨・・・降りません

本当にもう乾季?




ゲストがいないのでスタッフは少人数出勤になっているのですが

男スタッフ達頑張ってます


10年物の木を毎日数本切り倒してます。


切るのは可哀想ですが
切らないと倒れてコテージなどに被害が出ちゃうので仕方がありません:汗


こっちの木は結構育つのが早いので10年でも立派な大木
まわりに塀だの花壇だのコテージだのあるので
やたらめったらに倒せない

細かい枝葉をとったら皆でミーティングして

ロープをかけて倒してもいい方向に倒れるように皆でコントロールしながら切ります。

なかなかこれが上手なのです:笑


切り倒した後の始末も結構大変

昔みたく薪でご飯炊くところも少なくなっているので丸太の始末を考えなくちゃいけない


ゲストがいる方がきっと仕事は楽ですね:苦笑



早くコロナ終わって~涙




今日の水中写真は・・・・


浮遊系ナイトダイブで見られたその他の方々


この時は正直不発だった・・・涙



ウミウシ・ヒラムシ昼間は少ないはずだけど・・・


その他の方々_c0211615_12544979.jpg

その他の方々_c0211615_12543523.jpg

その他の方々_c0211615_12544954.jpg



貝??


その他の方々_c0211615_12543572.jpg




ホヤ?


その他の方々_c0211615_12543504.jpg




イカ~!!


その他の方々_c0211615_12544990.jpg




ヒラメ?カレイ??


その他の方々_c0211615_12543578.jpg

その他の方々_c0211615_12543583.jpg





イソギンチャク?


その他の方々_c0211615_12544966.jpg





君は誰??


その他の方々_c0211615_12544963.jpg



浮遊系ナイトは不思議がいっぱい



バリ島西部 Sari Dive & Cottage








今日は久しぶりに雲が多め

降ってくれるかな?

空気カラカラで絞ったタオルが1時間で乾いてしまう程

コロナには湿度が高い方がいいって言うし


バリにコロナが少なかったのは

雨期で湿度が高かったのと
雨期なのに切り替え早くて晴天が続いてたし
太陽が近い夏だったから太陽光線が強かったのと
エアコンルームが少なくて密閉された空間があまりないからかなって思うんだけど

どうだろう?


この辺りだと壁がすだれっていう家も少なくない

すだれの壁のくせにテレビとでっかい音楽用スピーカーがある。

雨が降った次の日は

テレビやスピーカーから大音量が流れる

どうやら濡れて壊れていないか確かめているらしい:苦笑


おっと話がずれてしまいました。

壁がすだれってありえないってずーっと思っていましたが

今の状況だと有利なような気もします。



とりあえず

この辺ではまだコロナの声は聞こえてこず

スタッフ皆元気です。


日本の皆様も収束まで元気でいて下さいね。





今日の水中写真は・・・・


この子は誰だ?


壁がすだれ_c0211615_11311390.jpg
長い子だったそうです。

よく見ると結構カラフル??

目がカメレオンみたいだ:笑


心当たりのある方は教えて下さいね。





まだまだ知らない魚がいっぱいです。

バリ島西部 Sari Dive & Cottage



今日も良い天気のバリ島西部です。

ずーっとカラカラでスプリンクラー回り始めました。

風向きも南西だし乾季かな?


裏の新しいバタフライピーの農園

とうとう最初の1輪が咲きました:笑

早いなあ・・・・いい子いい子

今回は八重咲になるという大きく育つ種なので一番最初の種よりも収穫が多い。



畑は今までの倍以上の広さでSARI FARMって言っても嘘じゃない位広いんですが

ゲストの居ない今、こんだけの農園で花を作ってどうする?って感じがしないでもない:汗

数か月たった花をゲストに売るのもねえ・・・



よくよく考えた結果

バタフライピーの花の採取はゲストが来る見込みが出るまでちょっと保留して
豆にしてから食べようかと:笑

豆はきぬさや系の若いうちなら食べられるんだそうです。

野菜として収穫して自分たちの分以外はスタッフに配れば彼らも食費の足しになるし
豆だから栄養もあるだろうし

我ながらいい考え:笑

他の野菜も挑戦する予定もあるけどうちの土地じゃ失敗する植物が多いので
バタフライピーが一番確実です。


炒め物とか美味しそうだな・・・・






今日の水中写真は・・・・



漂流系ナイトダイビングより



この子はだ~れだ!



新しい発見_c0211615_11242200.jpg

結構大きな個体です。


真正面からの写真だとヒレが大きくて怪物系:笑




横から見ると・・・・


新しい発見_c0211615_11242154.jpg

スリムなボディ

意外と背びれは小さめ





下から見ると・・・・


(この辺からほとんどの人がわかるかな?)


新しい発見_c0211615_11242272.jpg

カメラ目線:笑



ウミテングって思った方多いと思いますがちょっと違う

確かウミテングって腹びれ?が足みたくなっていて歩いてた気がするけど
この子は足みたいのは見当たらないな・・・。
写ってないだけかな?


この子はウミテングよりレア度高めの・・・・


新しい発見_c0211615_11242158.jpg

ヤリテング!!


ウミテングもそうでしたが

ヤリテングも夜になると中層を泳ぎ回るんですね・・・。

普通にナイトダイビングしてたらそういう発見無かったと思います。



ヤリテング・・・近くにもいるんだな:苦笑





まだまだ新しい発見きっとある


バリ島西部 Sari Dive & Cottage





今日も良い天気のバリ島西部です。

そろそろ乾季なのか?


ガルーダインドネシア航空が5月いっぱいバリへの直行便運休すると発表がありました。

ガビ~ン

そうだろうなとは思っていたけど

やっぱりショックはショックですね。


はやいとこコロナ君、収束に向かってください。



そんな中、
昨日も白人さんチームがマスクもせずに
うちの桟橋に来ました。

観光施設はどこもクローズしているし
海も禁止になっているし

ここの桟橋だったらスノーケリング出来ると思ったみたいですが

ここは観光施設だし、私んちだからってお断りしました。

かなりぶーたれてました:苦笑

観光地に来て何もできない気持ちもわからなくはないですが
自分のお国もそうだと思うけど
今はバリも観光どころじゃないから。

しかもマスクもしてないってありえない。

最近はローカルでもマスクしてないとポリスや警備員にペナルティとられるようになっているくらいなのに。

そんな時はきっと「金払えばいいんでしょ?」って言ってそうだ。

前回も桟橋に白人が来た時
ヘリにそう言って交渉して来たらしいので

ヘリも断固断ったらしいですが。


インドネシアのルールに従えないのなら帰国すればいいのに

「外出自粛してないインドネシア人もいる!」

なんて言い訳ももう呆れてしまうよ。
悪い人に見習っても仕方がないじゃん?





今日の水中写真は・・・・



これはSTAY HOMEと言うよりは


三密??



呆れしまうよ_c0211615_14185097.jpg
ヨコエビの仲間達


この中にコロナが一人いたらアウトだな:汗




肉眼では無理な世界・・・・






マニアすぎる・・・

バリ島西部 Sari Dive & Cottage




良い天気のバリ島西部です。

少し沖からうねりが入ってますが

ゲストがいないから気になりません:笑



毎日切って切って切りまくるを続けています。

今まで裏庭?(というのだろうか?)がジャングルのようになっていましたが

ジャングルじゃなくなってきました。



ラントロという木があるのですが

この木はとても成長が早くて葉は牛の餌になります。
木もマキに使えるので意外と役に立っていたのですが・・・

生命力強いみたいで種をまき散らしどんどん生えていくので
あっという間にジャングルのようになってしまって
手を付けられない状態でした

早く成長するからかとても弱い木で
雨期になると自分の葉枝に雨がたまりその重さで倒れたり
乾季も風の強い日に倒れたりするので
結構危ない。

牛の餌や火を燃やすときのマキに役に立つし
裏庭使う予定もないしと
今までは伸ばしっぱなしでしたが

最近は牛を飼うスタッフも減ってきたし
マキを使う家も無くなってきたので
少しづつ切っていくことにしました。

(と言っても沢山あり過ぎて全部切れる気はしない:汗)


伐採していくと・・・

シャカトウ(シルサックの小さい版みたいな果物)の木が何本も生えていたり
マンゴの木も頑張ってたり
パパイヤに至っては十数本:笑

今までラントロに隠れて陽の光を浴びてなかった子がいっぱい

いきなりこの日差しに当たると葉焼けしてしまうんじゃないかと心配ですが
とりあえず全く陽の光が当たらなかった頃よりは順応がうまくいけば健康に育つのではないかな。

果物が採れる庭
憧れてるのでかなり嬉しいです。


元気に大きくなってくれますように!!



今日の水中写真は・・・・


ずーっとエビ続きなので今日もエビ!


STAY HOMEです。


ホヤカッコイイエビ_c0211615_14563068.jpg

ホヤカクレエビ

この体の大きさのエビにこのホヤだったら

のびのびと過ごしていけそうですね:笑




おまけ

ヘリのビデオ
こちらもホヤカクレエビ

ヘリのビデオ

お出かけしようとするホヤカクレエビをホヤが阻止するシーン:笑




やばい!?ヘリのブリーフィングの

ホヤカッコイイエビ

が頭から離れなくなっちゃった:汗


バリ島西部 Sari Dive & Cottage



タグ:

昨日とは打って変わってカンカン照りのバリ島西部です。


暑い!!



今日は日曜日

昔から曜日感覚無い方だけど
ゲストが来なくなってますます曜日がわからなくなりました:汗


新居に移ってからゲストも来なくなったので

十年間ずーっとと言うかほぼ24時間?過ごしていた
オフィスにいる時間がとても少なくなりました。

以前はインターネットとずーっとにらめっこで
何もしていないようでずーっと仕事をしてた感じですが
今は一日に数時間コンピュータの前に座るだけ

あとはスタッフの内職の様子を見たり
庭の整備を手伝ったり

もしかしてこれくらいが普通の人の仕事のスタイルなのかもですね。



コロナでストレスあるはずなんだけど・・・

最近は体調が良くなってきました。
もう10年以上手の親指の爪が横じまに波打っていたり
親指、人差し指の爪が伸びなかったりしていたのですが
(少し伸びたとしても折れちゃう)
真っ直ぐと伸びるようになりました。
爪の付け根に白く半月?みたいのも出てきたし:笑
(ずーっとなかったのであれは子供にしかないものかと思っていた)

髪の毛もウェーブがかかって来てたので
年とるとこうなるのかなって思ってましたが
最近、昔と同じストレートに戻った:笑


お酒を飲んでたので基本的に朝も昼も夜も炭水化物はとらない方でしたが
最近はある事情で(昨日のブログ参照)
毎日ランチが炭水化物:苦笑
夕食もご飯を少し食べるようになったのですが

なぜか体重が減りました:笑

(ランニングもしばらくしていないのですが減った)


生活のスタイルが変わったからか

すべてが良い感じに:笑

もしかしてうつ病気味?って思ってたけど心も今は元気!
頭の中も随分スッキリしてきました。


コロナストレスあるはずなのに・・・。


ダイビングのことが何もできないってわかってから
何か新しいことに挑戦したくてワクワクしてます。


私って変かな?


逆境の方がやる気が出る性質なのかもしれない。

今までも逆境があるたびに成長してきたし。


今回のコロナは今までの何よりもスケールが大きい逆境なので
乗り越えられるか不安ですが
体調が戻り精神が元気になればどうにかなる気がします。


このブログを読んでいる皆さんも
自粛生活大変かと思いますが

コロナが終わった時を想像しながら一緒に頑張りましょう!



GWご予約して下さっていた皆様
これまで予約を取り消さずに最後まで望みを持たせて頂きありがとうございます。

ダメだなと思っていても、最後まで来てくれようとしてるゲスト様がいるってことだけで心が強くなれました。

以前にメールを送らせて頂いた通り
入国禁止・フライトキャンセルなどの措置でキャンセルの場合予約金は1年間繰り越しとさせて頂きます。
早くコロナ騒ぎがおさまりお会いできる日を楽しみにしております。




今日の水中写真は・・・・



昨日に引き続きウミシダに住むエビですが



変わり種



変わり種_c0211615_14424002.jpg

コマチテッポウエビ

お世辞にもフォトジェニックとは言えない:苦笑

でもペアでこんな風に撮れるのはすごいと思います。


撮影風景は想像したくないな・・・




ウミシダだけでもいろんな生物がいます。


バリ島西部 Sari Dive & Cottage