人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 23 )   > この月の画像一覧


最近、朝食の時間は長袖着用

部屋に戻ると暖かくてホッとします。

朝が冷え込むバリ島西部です。




裏庭でのプロジェクト
資材がどっかり納入されたのですが

その場所が4年間、種から大事に育てていたマンゴーの木の場所でした。



ひえ~・・・・


大切に育ててたのに~涙


ダイブセンターに戻ってヘリに文句言ったら大慌てで確認しに行き
なぜかニコニコして帰ってきた


なんと、膨大な資材で見えなかったけどマンゴーの木の部分だけ1m四方
ちゃんと開けて資材を置いくれていたそうだ。



え?まじ??~!!



喜んで裏庭に走って見に行くと


おじさん達が
「マンゴーは無事だよ!」って笑って教えてくれた。

私が毎日水やりしてたのを知ってわざわざ避けてくれたらしい:笑


しかし・・・・
マンゴーがある場所へは隙間が30㎝弱しか開いていないし
腕の長さ程奥まっているので水をあげるのは至難の業
そしてきっと太陽の光は届かない:汗


無事でほっとしたような・・・・
これじゃマンゴーの木が可哀想なような・・・・
複雑な気持ちですが

おじさん達のやさしさも感じられたし

とりあえず、早くプロジェクトが進んで周りの資材が無くなることを祈ります。

お礼にパパイヤでもプレゼントしようかしら!?





今日の水中写真は・・・・


ナメモンガラの幼魚  オキハギの幼魚


c0211615_14535489.jpg

誰ですか、ゴマモンガラじゃないの?なんて言っているのは

確かにちょっと似ていますが

ゴマモンガラよりもっと気品を感じませんか:笑


もう少し小さいともっとカラフルな感じなんですよ。


たまに見られるレア系の!?モンガラです。


見過ごしている方も多いかもしれませんね・・・・









今日も滅茶苦茶青空が広がっています:笑


昨晩‥と言うより夜中過ぎに空港到着のゲスト様

到着が1時間くらい遅れてSari Dive & Cottageに到着したのが朝の5時半:汗

空港での電話待ちをして・・・
到着時間にお迎えをしたので何だか寝不足でフラフラしてます。

昔はこれでもガイドしてたことを思うと・・・・
やっぱり若かったというか
無理しすぎてたっていうか

今はガイドも3人になったし
今日はブログを書いたら気兼ねなく思いっきり昼寝しちゃいます。

楽になったもんだ!笑



ちなみに・・フィリピンエアとっても安いみたいです。
往復で諸費用足しても47,000円だったそう
到着がちょっと厳しいけどお安いエアーお探しの方はいかがですか??
空港近くに一泊して観光しながら来るのもありですよ!!





今日の水中写真は・・・・



背びれちゃん(通称)


c0211615_11551478.jpg

オオゴチョウイソハゼのSP.


やっぱり背びれちゃんは黒抜きだねえ~笑





今日も良い天気:笑

南西の風が強く吹くので行き帰りがすごくバチャバチャしますが
潜る分には問題ありません。

水面休息は寒いのでウィンドブレーカーなどお忘れなく。


最近、体重は全然減っていませんが日々のランニングのおかげか
どうやら見た目は締まってきたらしく
キッチンの女の子が

「サトミさん、ちょうどいい。もうダイエットしなくて大丈夫」

と言ってくれるようになりました。

彼女たちは元の私の体型を知らないのもあるんですが

どうやらバリ島の女性からは私くらいのふくよかな体型が一番好まれるみたいです。


「今のサトミさんが理想の体型。サトミさんみたくなりたい」

と言われてうれしいような・・・
そんな言葉に甘えてはいけないような・・・

ちなみに男の意見としてヘリに聞いてみたら
痩せすぎない健康的な細身が良いそうです。
デラワンの頃の私位だって

男と女じゃ違うのね。
・・・って言うか男は単にそれぞれの好みなのかな。



自分としては
デラワンの頃とまではいかないまでも
バリに来た当時位の体型に戻りたい。


とりあえず、年末年始に着るクバヤ(14年前に作ったやつ)が
息を吸ってもパチンとホックがとれない程度まで締めるのが目標!
(痩せるのではなくて締める!胸も締まるかなあ・・・苦笑)




今日の水中写真は・・・・


滅茶苦茶スリムなこの子


c0211615_16184616.jpg


通称:キイロちゃん

泥地に居る子です。

潮通しの良いところに同じような子がいるのですが
それは通称:ホソベニちゃんの黄化個体のように思います。

泥地では黄色の子以外は見たことないので
この子が本当の色かなあ・・・


(ちょっと日本語が変??)









今日はスノーケリングのゲスト様がいたのでお伴でムンジャンガンへ

空も海も青かったです。

透明度はイマイチでしたけど:汗


スノーケリングでグルクマの群れに遭遇したり・・・・
ボラクーダのトルネードの中に入れちゃったり・・・・

ゲスト様より私の方が喜んじゃったかもしれません:笑

やっぱり海は楽しい!



話は変わって

うちのガイド達はINONLE250とかLE350のライトをガイディングの際に使っています。

コンパクトで頑丈で明るすぎずスポットな感じがとってもガイド向き
しかも単三電池使用なのでとっさの電池交換も安心
スイッチとバッテリーを入れる場所が違うのもポイントが高い


お気に入りなのでいつも切らさないように
ガイドの人数+1本のスペアを用意しているのですが


6月の最初にサリフのライトが消灯できなくなり・・・
分解してみるとパーツが壊れていて修理不能
(ヘリのお古を使っていた)


4月に帰国したばかりなのに
こんな早い時期に壊れるなんて不安だなあ・・・

・・・って思っていたら

またしても破壊王のヘリがやってくれました

昨日のガイディング中にヘッドの部分(バッテリー入れるところ)が海中で外れたらしい:汗


本人は何もしてないのにヘッドがポンってとれたっていうのですが

見ていたゲスト様的には

なんかグルグル回してるけど大丈夫かな・・・って思ってたらポンってとれたそう

以前のもそうなんですけど

とにかくヘッド部分もスイッチ部分も無意識にグルグルと回す癖があるらしくて

そこから水没したりスイッチが壊れたり・・・・


10年間で4本のライトを壊した破壊王

(ちなみに私のは私・コマンが使用しても10年もちました)


今回は目撃者もあるのだけど
自分は絶対に回していないと言い張っています。
いつものことだけど・・



そして次はこのライトじゃないのにしてくれ!って言うのですが


次も何もその前にスペアもないし

しばらくあなたのライトはありませんがどうしましょう状態。


次のライトって簡単に言うけどそんな都合良く手に入んないんだから!!もう!


INONのライトならリピータさんに頼んで買って来てもらえるけど
他の使い勝手のいいライトなんてよくわからんし
バリ島で見つけられる自信もない。


そこで・・・・
皆様にアドバイス頂ければと思うのですが
よそのガイドさんが使っているライトってどんなのが多いですか?

大光量のものじゃなくてどちらかと言うとポインター用を希望です。

アドバイスよろしくお願い致します。


(破壊王の場合は安いのを何本も揃えた方がいいのかなあ・・・とも思いますが:苦笑)





今日の水中写真は・・・・


チビちゃん


c0211615_17385254.jpg

ローランドダムゼル

頭のブルーの線がめっちゃ可愛いです。

スズメダイだからチョロチョロ動くのでちょっと難しいですが

いっぱいいるので是非挑戦してみて下さいね。






今日は朝焼けは一度起きたけど二度寝しちゃいました:笑

10年間いろいろ頑張ったから
これからは少し肩の力を抜くことにしました。

ただでさえ不眠症なので眠たい時は寝る!
前まではそんな当たり前のこともなぜかできなかったんだよなあ・・・



昨日はシークレットベイへ

水温は25~26度 

普通のボートポイントより2~3度低いです。
これ以上下がるとピクチャードラゴネット減っちゃうから下がらないでほしい・・・祈
今はまだ沢山いるそうですよ。

ちなみに一昨日潜ったボートポイント(ムンジャンガン)は28度

昨年までに比べると冷たいですけどこの位が一番珊瑚に優しい理想的な水温です。

珊瑚の復活のためにもこの位の水温が続いてほしい!


・・・と言うことでウェットスーツのおすすめは
5mmワンピース+フードベスト
と言う感じです。

これに水面休息用のボートコートがあるのが理想的かな。




今日の水中写真は・・・・


カニハゼ



c0211615_12155090.jpg

ハゼ嫌いな方でもなぜかこのハゼだけは好きと言う方が多い

カニハゼと言うのは
背びれの黒い点がカニの目のように見えるから

そしてハゼ自体は前後に動くのですが
それがまるでカニが横歩きして見えるから

写真のようにこれだけ大きな個体だと

へ~・・・

って感じですが


小さな個体だと確かに目の部分だけが強調されていて
それが横に動くので

あ!カニ!!

って思う事がありました。


特に大人の目で見るとそんな感じです:笑


この辺りでは普通種でいろんなポイントで観察出来ます。







今日の朝は気温が21度まで下がりました。

ジャワ島の方の山ではー7度になって霜が降りたとか・・・


南半球のバリ島は冬!


陸に居る分にはとっても過ごしやすいですが

ダイビングからエキジットすると冷たい南風が吹いたりで冷えますので
ボートコートやウィンドブレーカーをお忘れなく!

あと、濡れたラッシュガードを着たままでいるのが一番寒いので
水面休息中は脱いでT-shatに着替えるか
着替え用のラッシュガードをお持ちになると良いと思います!

6月でこれだと・・・今年は結構冷える年になりそうですよ。




今日の水中写真は・・・・


頭がこんがらがっているのですが


去年位から出てきたヒカリイシモチの一種


c0211615_11363693.jpg

Blue-Eye Siphonfishと言うらしいのですが

全然目が青くなんかないんですけど・・・汗


この子は私がバリに来た当時まったく見かけなかったんですけど

去年あたりからいろんなポイントに出て来ました。


もっというと・・・


この子が今いる場所には他の?ヒカリイシモチが住んでいました。


2005年から2012年の2月くらいまではこの子が主流でした


c0211615_11362026.jpg
(2012年2月13日撮影)

この子の方がブルーアイだと思いませんか?
しかし名前はJebb's Siphonfishと言うそうです。

(昔は名前がわからなくてヒカリイシモチのSPとか青い目のテンジクダイって呼んでいました)



この写真が撮影された2012年がターニングポイントで


2012年の8月にはこんな感じに変化が現れました
(丁度最初の白化が起きた年)

c0211615_11362004.jpg
(2012年9月8日撮影)

この時は珊瑚も白化したし、水温とか何か違う原因で
一時的に目の色が青から黒っぽく変わったんだろうなあ・・・

・・って特に気に留めずにいたのですが

その後も目の青い色は薄くなっていき



2013年1月には白化が治まってきたのですが

c0211615_11362044.jpg
(2013年1月8日撮影)

ほぼ目の青くない個体ばかりになってしまっていました。


その後、個体数がすごく減って

2014年辺りはレア的にしか見かけなくなり・・・・


その後壊滅的な珊瑚の白化が起こりサンゴが無くなると同時に
どこを探しても見かけなくなりました。


2018年にサンゴが復活して現れたのが
最初の写真のBlue-Eye Siphonfishです。




実はそれがなんだか腑に落ちなくて頭の中がグルグルしています。



同じ場所に現れたのに全く違う種だけが復活って不自然な気がする。
違う種が混ざるにしても元々いた子が多少混じってもいいんじゃないかな?

        ↓

Blue-Eye Siphonfishって名前はどこからついたのだろう?
もともとは青い目の個体がいたんじゃないかな?
もしかしてこの上記の2種って元々同じ種だったりしないのだろうか?

だったら、この偏りもちょっとうなずける気がする

         ↓

でも、同じ種だとしたら
なぜ同じ場所に現れるのにすべての個体が目にラインの入ったものになるのだろう?

         ↓

もしかして進化バージョン??

         ↓

いや、4年ぽっちで進化するはずもないよね
やっぱり別種なのかな?

         ↓

環境が変わると模様が変わるなんてこと・・・あったりして!?

         ↓

やっぱり考え過ぎかな。新しい種が急に現れて大発生したのかも

         ↓

でもそんな急に同じ種だけ大発生するものかな?
元の種も少し混じってもいいはずじゃん?

最初に戻る・・・



グルグルグルグル・・・・・

考え始めるとキリがないのでチョコレートを食べちゃうのですが ← あまり意味はない


とにかくバリ島の海はまだまだ変化が激しい海だなあと言う印象です。

マニア系なガイドにとってはやりがいのある海ですけど
ちゃんと大学に行ってお勉強でもしないと謎は解けない気がする。
(大学行っても謎は解けないかも知れないけど・・・)


私がわからないことをすべて調べようと思うと
あと50回くらい減圧症になっちゃいそうです。

かと言って
ローカルのガイドでは力不足なので

実力ある日本人の方に頑張って調べてもらいたいなあ・・・




なんか・・今日のブログは字の大きさがまちまちだ!?

特に意味はありませんのでアシカラズ




最近とても涼しくて過ごしやすいのですが

キッチンの女の子達が寒いと言って震えている時があります。


・・・そこまで寒いかな?


大げさだよ!って思うのですが

よく聞いてみると水シャワーを浴びるので
(正確にいうと水をすくって浴びる)
浴びた後滅茶苦茶寒いのだそうです。

そうだった!

私もSari Diveを作った当時、自分の部屋に温水設備が買えなくて
半年ほどバケツの水を浴びていた。

キッチンにコンロが出来てからはお湯を沸かして
バケツの水を少しぬるくして浴びていたっけ・・・

それでも体を壊してしまって
これではまずいってやっと温水設備を完備したんだった

(ゲストルームには最初から温水シャワーありましたけど)


彼女たちにお湯を沸かして浴びるようにアドバイスしたけど
インドネシア人だし家の人の手前、そんなことは出来ないんだろうなあ・・・・


ふと大変だった10年前を思い出してしまいました。


よく頑張った・・・私。






今日の水中写真は・・・・



そろそろシーズンかな


c0211615_16300760.jpg

ニシキフウライウオ


小さいオスも頑張ってます。


c0211615_16302062.jpg

ブラックウォーターダイブでも

チビッ子が結構出ているみたいですよ。









裏庭のパパイヤの木に滅茶苦茶沢山実がなっているのですが

オレンジ色になり始めると鳥?蝙蝠?に齧られてしまう:涙

木で完熟させたいのに・・・・


やっぱりひとつひとつ袋で包まないとダメなのかな?

(めっちゃ高いので無理~!)


そしてそして


裏庭で今工事をしているのですが

そのおじさん達もおやつ代わりにパパイヤをとってしまう:涙


インドネシアってそんなところ。


ちなみに


裏庭に生えていたジャングルのようだった木も

おじさん達が焚き火用に切って持って帰ってしまう

その噂を聞きつけてポリスまでも木を伐りに(もらいに)来る・・・

まあ、倒木の不安が自動的になくなるって思えばいいんだけどね


私有地が一般解放されている感じ?:汗


早く工事終わらないかなあ・・・




今日の水中写真は・・・・



レモンちゃん(通称)



c0211615_12383495.jpg

このサンゴだけに住むダルマハゼの仲間


何匹か住んでいるのですがその中にこんな個体が・・・



c0211615_12370444.jpg

下半身が黒!


こうなるととってもヨゴレダルマハゼにとっても近い

ヨゴレダルマの幼魚って最初から黒い子もいたよなあ・・・・


もしかしてレモンちゃんってヨゴレダルマハゼの黄化個体??

・・・じゃないかい?って思ったりなんかして


そう言えば

バリに来た頃は結構ヨゴレダルマハゼ見てた気がするけど

レモンちゃんが出だしてからあんまりヨゴレダルマハゼ見てなかったなあ・・・


そう言う不思議なことがまだまだバリ島には多い気がする。


そろそろバリに来て14年になるけど

まだ生物の周期は一回りしてないというか

まだまだどんどん変化しています。


バリは結構普通なようでマニアな海なのかもしれないです。







カンカン照りが続くバリ島西部です。

今日は風もなく本当にダイビング日和



昨日からナイトダイビング強化週間・・・ではないのですが
ナイトダイビングを毎日リクエストのゲスト様がいらしています。

ブラックウォーターダイブ

今流行っている浮遊系?のナイトダイビングです。


うちはそのための大光量のライトとかは全く用意していないのですが
今までいらしたゲスト様によると結構出物が多いらしく
「尋常じゃない。絶対に売りだしたらいいですよ」
って言われています。
でも・・ナイトダイビング自体さえもまだまだ需要が少なくて:汗
なんとなくそのままにしたままです。


今回は口コミでブラックウォーターダイブをやりたいといらっしゃったゲスト様

ガイド達は最近ナイトダイビングと言えば浮遊系ばかりやっているので
浮遊系はだいぶ慣れてきたようなのですが
(そのうち普通のナイトダイビングを忘れてしまうのではと不安:苦笑)


昨晩、ナイトダイビングから帰られたゲスト様に感想を聞くと

「すごくおもしろかった!あの子達結構やるじゃない!」

とご満足なご様子

さぞ色々出たんだなあ・・と帰って来たガイドに聞くと

「ちょっと面白かったけど、少なかった」

と言うので、まだまだこれから新月に向かえば増えていく予感

やっぱり出物が多い方なのかなあ・・


ちゃんとした!?ライトを買ったりしたら
もっとすごいのかもしれないけど・・・


とにかく、もう少し需要が出て来てからですね。


‥と言うことで
今の時点で浮遊系ご希望の方はライトご持参でリクエストをよろしくお願い致します。






今日の水中写真は・・・・


背ビレビュンビュン系


c0211615_12323744.jpg

レイドシュリンプゴビー


なぜかあるポイントに大発生中です。

こちらもリクエストして下さいね。






雨が降らなくなって早・・1カ月半?

毎日のように庭の植物にスプリンクラーで水をあげているのですが

葉っぱが黄色くなってしまっていたり
増えてはいるんだけど背丈がどんどん小さくなってしまっていたり

なんだか健康そうじゃない。

土は全面的に入れ替えたので土のせいじゃないと思うんだけど

・・・ってことは問題は水?

水質検査では問題は出なかったけど

毎日撒くにはアルカリが強すぎるのかな?

それとも日差しが強すぎるのかな?


せっかく庭も綺麗にしたからどうにか保ちたいんだけど

この問題はずーっと解決できないような気がする

専門家の方だとわかるのかな?


悩みはつきない






今日の水中写真は・・・・


ちょっとマニアだけど綺麗な子



c0211615_11290567.jpg

アデオオモンハゼ


尻びれが何とも言えなく美しいです。


図鑑で見ると青い尻びれの子が多いのですが
バリ島のこのエリアではこの黄色いバージョンが多めです。
(青い子もいます)

水深~1mの子なので水面休息中に観察出来ますよ。

写真を撮るのは難しいので目で観察するのがおすすめです:笑