人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧


依然としてうねりがとれず

風は無いのになあ・・・

今日ゲスト様チェックアウトでしばらくお休みになります。

お休みの間に海況が良くなることを祈ります。


先日ブログでも書きましたが花壇の工事が始まっています。

これが結構手際が良くて今日で5日目ですが
ダイブセンターの前はもう終わっちゃいそうな勢い

早く植える植物やいろいろ・・を買って来なければ:汗

雨期の間にちゃんと終わるかなって心配でしたがこの分だと楽勝です。


・・・と言うことで

数日メールの返信等遅くなりますのでご了承ください。




今日の水中写真は・・・・



この子も工事が上手:笑


c0211615_11040868.jpg

カニハゼ


一生懸命穴を掘って自分のお家を作ります。

そしてお家を作りながらご飯も食べているという…一石二鳥な奴

(砂ごと口に入れて濾しながら中にある有機物を食べて、エラから残りの砂だけを出しています)


サリダイブではいろんなポイントで観察できる普通種です。



最後にもう一回

メールの返信等遅くなりますのでご了承ください。





まだまだうねり治まりません・・・

風が吹いていないのでこのうねりがどこからやってくるのか本当に不思議


バリ島側のポイントも潜れるには潜れますが透明度との戦い的な感じです。



今日はゲスト様ラストダイブですが

うねりには関係なくて

いつも濁っているドロドロポイントにトライです。


正直、国立公園フィーがなければ毎日でもムンジャンガン行きたい感じです。


普通の海をご希望の場合は国立公園に行き
島影を潜れば全く問題ない状況

日程によるバウチャー以上に
国立公園フィー払って頂けるゲスト様は何度でもムンジャンガンにお連れします。
お申し出くださいね。




今日の水中写真は・・・・


透明度はあまり関係ない被写体

ホヤカクレエビ


c0211615_15192766.jpg

ホヤの中に住んでいる小さなエビ


ホヤの入り口にまずフォーカスを合わせて半押しのまま
置きピンで距離を詰めてエビが見えたらシャッターを押せばコンデジでも撮れますよ。

ホヤをつぶさないように注意!


一時より人気は無くなりましたが

まだ写真に収めてない方は是非リクエストして下さいね。








昨日はムンジャンガンへ

バリ島側のポイントに比べて大うねりの影響が少なかったようで
透明度も落ちていなかったそうです。

大うねりから3日目
(ラブハンラランは沢山のボートが壊れ翌日から閉鎖した)

初日はシークレットベイ
翌日はムンジャンガンとうねりから逃げていた訳ですが


今日はバリ島側のポイントへチャレンジ

透明度がどれくらい回復しているかが心配ですが

ゲスト様が笑顔で帰って来てくれるといいなあ・・・




今日の水中写真は・・・・


可愛い系



c0211615_12004850.jpg

キャンディーケーンピグミーゴビー

可愛らしさがにじみ出る写真:笑

(Kojiさん、作風変わりましたね:笑)



このハゼ去年位から個体数が多くなりました。


ヘリと話したのですが

観察出来る水中生物がなんだか最近特に変化してきています。


今まで見られなかったものが頻繁に見られるようになったというか・・・

多分、逆に今まで見られていたものが少なくなっているものもあるかも知れないですけど。
(あれ?このフレーズって数年前も書いた気がする)


水中は4年で一回りって言うけど確かにそんな気がしなくもないです。







昨日のダイビング

シークレットベイチームは透明度良かったけど水温が24度:汗

この時期に24度って・・・・低すぎる


・・・と思ったら


ボートポイントの水温も25度:汗

しかも透明度ドロドロ


究極の選択

透明度の良い24度か、ドロドロの25度。


私だったら・・・透明度の良い24度でショートタイムだなあ・・


皆さんはどっち?



今日はうねりがだいぶ小さくなってきたのでムンジャンガンへ

透明度・・大丈夫だろうか?




今日の水中写真は・・・・


ドロドロのリーフ&リーフ際の御三家





c0211615_12194804.jpg


ハウスリーフにも居ますが・・・

リボンリーフゴビー?オレンジリーフゴビー?

泥地と岩の隙間に住んでいます。

赤いお魚ってなんだかうれしくなりますよね。




c0211615_12203350.jpg


こちらもハウスリーフに在住

キリンちゃん(通称)

大きくても2.5㎝位

キリンの模様をしてるのが通称の理由

この個体お腹がピンク色でパンパン

卵が入っているのかな?



そして最後はリーフ際


c0211615_12465345.jpg

モエギハゼの一種

この写真は背びれの長いオス

メスはもっと背びれが小さくてズングリムックリです。



昨日の御三家と今日の御三家は頑張れば1ダイブで見られますが

透明度次第なのと・・・・

撮影速度次第。


水深は22m位の嫌な水深で

ゆっくり撮ってるとDECOが出て長~い箱型ダイビングになる可能性大。

狙いを絞って撮影するのがおすすめです:笑









昨日の晩はバリダンス鑑賞会でした。


鑑賞会が終わって耳をすますと・・・・・


ドッカ~ン! ドッカ~ン!


と波の音がします:汗


夕方まで凪いでいたのに・・・・



深夜になっても波の威力は治まらず、外に出てみるとビーチに波しぶきが:汗

よくトランバンで大波ですっていうビデオで

波が背の高さ位まで飛んでいるのがありますけど

腰位までですがしっかり波しぶきが:汗



朝起きてみると白砂がビーチに打ち上げられていました。



いやあ・・ここがこれだと沖はすごかっただろうなあ・・・



今日は波裏になるドロドロポイントとシークレットベイに分かれてダイビングして頂いています。




今は・・波が治まったみたいですけど:笑





今日の水中写真は・・・・



ドロドロ系御三家



難易度低い順から:笑



c0211615_12465356.jpg

イエロータイルフィッシュ

水深約20m

この黄色い色がとっても良く目立つので少々の濁りでも観察可能!







c0211615_12465386.jpg

スミレハナハゼ

水深約20m

いる場所が大体決まっているのですが
気分屋さんでずーっとホバーリングしてくれる時と
目が合っただけで引っ込んじゃう時と・・・

周りに馴染んでしまう透明感ある色なだけに・・・指さされてもわからないゲスト様もいます。







c0211615_12465349.jpg
リボンゴビー

前の2種に比べるとちょっと離れたところに居るので透明度さえOKなら見られる可能性あり

集団でいる時もあります。


水深約22m


120%の泥なのでスキルがあまり良くない方だと

何も見えなくなってしまいます:汗


ご希望の方はフィンの使い方をしっかり練習して来てくださいね。











今日はムンジャンガンに行ってきます!!



今日の水中写真


ムンジャンガンとは全然関係ないけど:笑




c0211615_08401309.jpg

ピグミーパイプホース

もとい

ピグミーシードラゴン

もとい

レンベシードラゴン


ワンダイブで7匹とか・・・・異常発生中!!







今日も朝から良い天気です。

大潮なので透明度もだんだん上がってくる予感:笑

しかし、水温も下がっているらしい。

この時期にはとても珍しく26度

サンゴには優しいけどダイバーには優しくないね:汗






今日の水中写真は・・・・




ニョロニョロ



c0211615_15202756.jpg
マーシーズガーデンイール


結構大きくて堂々としています。


必ずペアでいるラブラブ夫婦のガーデンイールです。






今日は早朝雲が多めでしたが

出航時には気持ちいい青空が見られました:笑


雨乞いの効力が無くなってきたか?





今日の水中写真は・・・・


ハウスリーフにちゃんと居るらしいですよ。


c0211615_18085509.jpg

ブラックスピアシュリンプゴビー

黄化個体ですね。

結構大きめな個体に見えます。


波が入ってくると雨期のハウスリーフはかなり透明度が落ちますけど

泥好きな方なら大丈夫みたいです:笑








雨乞いの効果がもう薄れてきたのか

昨日は雨が降りませんでした。


今日はムンジャンガンなのでこのまま降らずにお願い!!




昨日、ガワナリゾートにいた時に一緒に働いていたガーデナーさんが来てくれた

先日ブログで書いた
いつの間にかロスメン2つ持ってて今リゾート建築中の彼です。


庭を見てもらったんですけど
土の入れ替えをしないと肥料とかではお話にならないらしい・・・

やっぱりね。

水質の件は土が変わればあまり問題なくなるらしいです。

裏の畑も土を入れ替えたらトマトやキュウリ、いろんな野菜が可能になるそう:笑

夢みたいだ:笑



ゲストルームの前が一番問題なんですけど
すでに出来上がっているガーデンを改良するのは難しいらしくて
とりあえず試験的にもダイブセンターに近い方から整えていくことになりました。

ゲストの皆様にはちょっと不自由をかけるかもしれませんが
庭は雨期にしか改良出来ないのでご協力をお願い致します。




今日の水中写真は・・・・



この子は誰だろう?


名前ありますか?


c0211615_11415561.jpg
風貌はヌメリテンジクダイになんとなく似ているんですけど

ヌメリってもうちょっと体にボツボツがあったような気がします。

それに体色が白黒にくっきり分かれているのもちょっと違う



c0211615_11415539.jpg

色彩異変か・・・


はたまたレアな子なのか


もしかして・・新種?


正直わかりません。


どなたかご存知の方教えて下さい。


夜も眠れません・・・・・嘘











昨日も午後から雨が降りましたが

今日の朝は綺麗な朝焼け&まん丸な虹が見えました:笑


今日は良い天気になるかな?



一度辞めて年末年始にヘルパー出来ていたシャリフが
先週よりSari Diveに再就職することになりました。

次回辞めたら再復活はさせないという約束付です。

もともと復活は認めない方針ですが
彼の場合は続けたくても続けられない理由があったので今回は特別です。
ただ、ピーク時にドタ休みする癖があるので(すでにこの前の年末年始を含め4回目)
それだけは・・・どうするかなあ・・。

アルタナは正月まで退職を保留にしていましたがやっぱり気が変わらず復活の見込みは無し。

とりあえず一人戻って来ただけでも助かりました:苦笑

シャリフはまだ研修終わってないので
これからヘリに頑張ってもらいます。




今日の水中写真は・・・


先日のシャリフのお手柄


c0211615_12050532.jpg


例によって彼はこれがレア物であるとかゲストが喜ぶものであるとかはわかっていませんでした


イッポンテグリの幼魚


ただ、小さいものが動いていたから教えた


と言う感じ



実は結構大きくなったいかにも幼魚的な物しかサリダイブではまだ観察例がなくて

このサイズが見つかったのは初めてなんです。




マブールなんていっぱいいたんですけどね。

それでもこれよりは大きかったと思います。



c0211615_12050539.jpg


泥交じりの砂地なので大き目の粒の方が砂粒です。
粒子を見て頂ければわかると思いますが

ほぼ砂粒サイズ

体の部分は向こう側が透けて見えるレベルです。




シャリフ君

目が良い事はお墨付きだけど

早いとこブリーフィングや魚の名前を憶えて

一人立ちしてほしいなあ・・・