<   2018年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧


じゃらんじゃらんリサーチ


前日のパンリプランは下調べが足りなさ過ぎて物足りなかったので


翌日はネットでいろいろ調べてみました

平均滞在時間は長くても2時間半
意外と面白いらしい

じゃあ、これだ!

ってことでBali Bird Parkへ


ランチをとってから出かけたので到着は1時50分位。
遅くっても4時半には帰る感じとスケジュールを立てて見学開始!



入ったとたんにバリの象徴的な鳥

Bali starling(カンムリシロムク)


c0211615_14553470.jpg


バリ島西部・・・まさにサリダイブがいるエリアに生息する鳥なんですけど

数が激減したらしくなかなか野生のものにはお目にかかれません。

ここにはいっぱいいるじゃないかあ~・・・



と言いながら2時から始まるショーへ



c0211615_14553496.jpg


ここではメガネを渡されて3D・・・いや、4Dのビデオを見ました。

全部英語でしたが子供にもわかる位の簡単なストーリーでした



終わってから鳥の見学へ


ここの説明書きは日本語でも書いてあるのでわかりやすかったです。


c0211615_14553441.jpg



かごに入っている鳥ももちろんいますが

結構そうじゃないものも沢山います。



c0211615_14553446.jpg

飛んでいかないのかな?って心配になりますけど

そんなことはないみたい。

(羽が切ってあるってことはないです)



スタッフの人たちが鳥を腕に載せてくれたりして写真を撮ることが出来ます。


もちろん無料!


カメラを持ったスタッフも写真を撮ってくれますが
買うか買わないかはゲスト次第です。





園内はまるでジャングル


このエリアはボルネオらしい


c0211615_14553424.jpg

インドネシアなんだからボルネオじゃなくてカリマンタンにしなよって思ったけど

やっぱりインターナショナル的にはボルネオの方が有名だからね。



放し飼いが多いので鳥たちもストレスがあまりなさそうです。

ペリカン?も放し飼い


c0211615_14553389.jpg


近寄れるので携帯カメラでも十分綺麗に撮れます。

(すべての写真は、携帯カメラで撮っています)


そしてまたジャングル


c0211615_14553396.jpg


綺麗な鳥!!


c0211615_14553390.jpg

Java Kingfisher (ジャワキングフィッシャー)

この子は本来ジャワ島の子ですが、やはり西部バリでも見られるらしい

見たことないけど。汗

この写真は携帯用の望遠レンズ使っています。







人だかりがあるので近づいてみると・・・


c0211615_14553391.jpg



スタッフがリンゴらしきものをくれてヘリが受け取りました(無料です)




すると・・・




c0211615_14553401.jpg


キャー!二羽もリンゴを食べにやってきました




かわい~!!!って写真を撮っていたら




三羽目が飛んできた


c0211615_15141410.jpg




リンゴ無くなっちゃったら


c0211615_15141383.jpg

両手に頭の上:笑


どっかに出てそうなポスターみたいなポーズ?



こんな風に鳥と触れ合ったことがないので結構テンション高かったです。



ちなみに・・・私は鳥の足って痛そうなので遠慮していました。




枝の上にバリスターリー発見!


c0211615_15141374.jpg


って上を見て近寄って撮っていたら・・・




足元から視線を感じる




ギャッ!

c0211615_15141321.jpg


大きな蝙蝠がおいでおいでしてました:汗


メッチャ心臓ドキドキしました:苦笑





先を行くヘリに追いつこうとすると大きな鳥が立ちはだかります


c0211615_15141335.jpg


名前忘れた:汗


お散歩中だったらしい。


こんな風に園内ではいろんな鳥が自由に過ごしています。




水場に行くとフラミンゴも



c0211615_15141488.jpg

マジでピンク色だった。





3時からジョーがあると聞き急いで行ってみました


c0211615_15252499.jpg

野外のステージ?でもう始まっていました。


鳥のショーってどんなのかな?

って見ていましたが、思ったよりも面白かったですよ。





鷹匠じゃないけど鷹を呼ぶと・・・・



c0211615_15252516.jpg


ゲストの頭スレスレを通って鷹がやってきます。


ゲスト達からはキャーって声が:笑





青空からやってきた鳥


c0211615_15252437.jpg

何度か客席付近を飛んでサービスしてくれます



c0211615_15252401.jpg

こんなに自由に飛べるのに逃げて行かないのがとても不思議でした。


よほどここは居心地がいいのでしょうね。




最後にスタッフが合図をすると


c0211615_15252407.jpg

ちゃんとスタッフのところに戻ります。


えらいえらい!


うちのラキ(犬)より偉い!!




他にも白頭鷲のショーも


まずは空中に投げた餌をキャッチする芸(いや、自然の行動?)やってました


その後


頭の上のお盆の上に餌を置いて・・・


c0211615_15252436.jpg


それを獲る芸。


お盆を持たされたゲストは結構怖いだろうなあ・・・

って思っていたら



今度は


c0211615_15252477.jpg
頭の上に直接置いた餌を獲らせてました


ひょ~!!

この女性、何が起こるか知らないし
鷲が来るのは後ろからだから笑っているけど

知ってたら卒倒するよね?


他人事ながらドキドキしちゃいました。


(このショーはの狙いはこれですよね:苦笑)




ショーが終わりまた園内見学


さっき飛んでた子かな?

違うかな?


c0211615_15410743.jpg

大人しく停まってました


スタッフの方が手に載せたい?って声をかけてくれたけど今回は遠慮:笑







道を歩いて行くとこんな場面に遭遇


c0211615_15410715.jpg

オスのクジャクがメスのクジャクに猛烈アタック!




メスが逃げようとすると

なぜかオスはお尻側を見せて対応


c0211615_15410722.jpg

なぜだろう?


それにしてもクジャクの羽が開いたお尻側を見るなんてあまりないことですよね:笑


かなりの時間やっていたので・・・



いえい~!!ピース!


c0211615_15410734.jpg

後ろ側に回って記念撮影:笑




オスのクジャクとツーショットー!


c0211615_15410687.jpg

この時点で3時半を過ぎていて
ゲストもまばらだったので結構自由に遊んでしまいました。




4時にまた違うショーがあるというので行ってみました





司会はこのミニスカお姉さん:笑


c0211615_15490010.jpg




ボルネオから来たという大きな鳥がスタッフの指示の通りに飛びまわります。


c0211615_15485924.jpg
(芝生にはその他大勢の鳥がたむろっている)





すぐそばの木に停まりました

c0211615_15485970.jpg

結構大きくて迫力あり!



他にも歩く大き目の鳥を餌付けしながら紹介してくれました。



全然話は違うのですが


私たちの隣に座ったお姉さん、ジャワ島ではちょっと有名な女優さんだったらしい


c0211615_15490077.jpg
(白いワンピースのお姉さん・・・って言っても子連れだったけど)




最後はなんだかハチャメチャな感じ:苦笑


c0211615_15490031.jpg
このショーが終わった時点で4時15分


よくアナウンスを聞いてみると4時半からもう一つショーがあるらしい



ってことで4時半のショーも見ることに


長くても滞在時間2時間半っていうGoogleの情報は
私たちには当てはまらないのかも:苦笑






ショーの会場に行ってみると・・・ショーのお姉さんは居るけど


ゲストが誰もいない:汗


結局


貸し切りショーとなってしまいました:笑



c0211615_15571152.jpg



貸し切りお姉さん


c0211615_15571115.jpg
がんばれ~!!お姉さん!



まずヘリが呼び出されて


「腕をこうしてください」


といって鳥の名前を呼ぶ



身構えるヘリ



c0211615_15571122.jpg


しかし、鳥はすぐそばに近づいているのに視線が遠い:笑

(写真の右の黒っぽいのが鳥です)


見えてないのか?




無事、ヘリの腕に着陸!?


c0211615_15571188.jpg

ホッとした表情のヘリ


結構大きな鳥だったから怖かっただろうなあ・・・




その後、鳥が殻付き落花生をどうやって食べるのかを

3人(私とヘリとお姉さん)で観察


c0211615_15571013.jpg

足と舌とくちばしを使って上手に食べてました:笑






そして今度は私が呼び出され・・・


「鳥は爪がいたそうだから嫌だ」


って言ったんですが


「大丈夫、手をお皿のようにして」と言われてすると・・・・



c0211615_15571076.jpg
手の上に鳥が寝てました:笑


キャ~!かわいい!!

チャラちゃん(猫)よりも大人しいです:笑



すると頭の上に・・・さっきの子が


c0211615_15571029.jpg

もう身動き取れなくて笑うしかない


頭・・・痛かったですよ。やっぱり:苦笑

顔がこわばってしまいます・・汗


この後ヘリもこれをやってもらってショーは終了!


この時点でもう5時を過ぎてしまう



レストランの前で流行りの翼を発見


一応流行りに乗ってみました


c0211615_15571015.jpg

5時半近くになり、スタッフ達が鳥たちを集め始めたので

帰ることにしました。



・・・となまあ、結局3時間半、フルに楽しめたバリバードパークでした。



期待以上に楽しめました。


これはお勧めできると思います。


昼過ぎなら混んでいないし

ジャングルで日陰も多いので涼しいです。

入場料以外にお金がかからないのも良いと思います。



もう一回行くかと聞かれたら・・・


私は行きますね。

ヘリはわからないって言ってましたけど。





バリバードパークの巻


滅茶苦茶長文でしたが最後まで読んで頂きありがとうございました。



バリ観光の参考にして頂ければ嬉しいです。






[PR]

都会に出張中です。

・・・と言っても今回はいつもの買い出しと両替の他に

ヘリが何とかっていうダイビング関係の記念パーティに出るらしいので
その間は私はホテルでリゾート:笑

いやあ・・こんな贅沢な時間は初めてかも。


でも、結局インターネットがあるから仕事しちゃうんですけどね。


チャラちゃんに呼び出されることも、
スタッフのことを気にして見まわることもしなくていいので

溜まっているじゃらんじゃらんブログ
一気に書いちゃおうと思っています。


さあ、行きます!



先日、ウブドの近くにあるパンリプラン村見学に行きました。


ここは昔ながらのバリがそのまま残っている村で
世界でも5本の指に入るという美しい村・・・らしいです。

昔からのバリの姿をとどめている村で
車やバイクの乗り入れが禁止となっていて村の中は徒歩のみ

今時バイクが走ってない村があるなんてかなり興味津々でした。



その日は大きなセレモニーがある日だったみたいで
いろんなところで通行止め:汗


c0211615_12232520.jpg

それはそれで車の中からバリっぽい雰囲気を味わいました:苦笑



そんなこともあり思ったよりも遅い時間に到着。

3時半くらいだったかな?




駐車場代を払って中へ

今回は私もインドネシア人にみられていました:苦



ここが村の入り口です。


c0211615_12232599.jpg

とっても綺麗にしてあります。


中はどんな風だろうって結構期待が膨らみます:笑


村のメイン道路


c0211615_12232523.jpg

確かに綺麗!


バイクもいない!


しかし、あまり感動しない


なぜだろう?


なんだか・・・リゾートみたいな感じ?

村という感じがしないんです。



c0211615_12232584.jpg


お寺に向かうところの階段もかなり綺麗に整備されています。




お寺では記念撮影する観光客の方がいました


c0211615_12232695.jpg


結構外人さんよりもジャワ島からのローカルゲストの方が多かったように思います。





お寺の奥の方にBamboo Forestという表示があるので行ってみることにしました

c0211615_12232665.jpg


なんか、怖い

ってヘリがいつになく臆病になっていました。


確かに・・・何か出て来そうと言えばそんな感じ?



竹の森


結構見事でした



c0211615_12232653.jpg

これだけなんですけどね:笑






普通の村ですから野良犬?もちゃんと居ます。


c0211615_12232589.jpg

犬がいるだけでちょっと村らしく感じる:笑



犬好きなヘリは近づこうとしましたが


ううううう・・・・


って唸られて退散:笑


c0211615_12232566.jpg

観光客慣れしている訳じゃないのね。




休憩所も綺麗でしたよ


c0211615_12232596.jpg

ゴミ箱もちゃんと分別ごみになってました。




家の前の花壇はそれぞれ綺麗でまさにリゾートのガーデンという感じ


逆にそうじゃない壁的な花壇の方が私は目新しくて(普通っぽくて?)いいなあって思いました。


c0211615_12414918.jpg

c0211615_12414943.jpg

こういう壁に這う植物ってSari Diveのエリアじゃ夢の夢


雨が降るエリアじゃないと出来ないですよね。



観光客がこぞって入る門があったので入ってみました


c0211615_12414973.jpg





どうやら村にある植物を育てている場所みたい


c0211615_12414867.jpg





その中にインスタ映え狙った構造物が


c0211615_12414804.jpg


ヘリが座っても疲れたおじさんが休憩しているようにしか見えない:苦笑



・・・と言うことで


まだまだ元気な私も撮ってもらいました



c0211615_12414966.jpg



沢山あったんですが、ほんとにインドネシア人ってこういうの好きで

皆で記念写真撮ってたり
カップルはラブラブ写真(見るのも恥ずかしいやつ)撮ってました。




じーっと下を見つめるヘリ

c0211615_12414886.jpg


多分、栽培中の観葉植物なんですが

置き方がすごくオシャレ

ヘリもこういう風にすればサリダイブのガーデンもいいカモって
真剣に見入っていました。




普通に村人も住んでいる村なので

当たり前ですが子供たちが道で遊んでたり、
おじいさんおばあさんが座ってたりします。

(写真は撮らなかったけど)

ネットで調べると家の中も見せてもらえるようですが
今回は家の中までは入って行きませんでした。

入って行ったら少しはリゾート感?は消えたかもしれないですけどね



走り回っていたニワトリと戯れるヘリ

c0211615_12414930.jpg

そんなヘリを見て観光客が笑ってました:苦笑





30分位で一通り見て車の方に戻ることに



途中の花壇には色とりどりの植物が育っていてとっても綺麗です。


c0211615_12414911.jpg


思ったのですが

バリのリゾートって逆にこの村をお手本にしているのかも?

たしかにミンピリゾートなんてこんな感じですよね。




本格的バリリゾートに泊っている外国人のゲストからすると

いつものリゾートと似てるって感じるだけであまり感動は無いかなというのが感想


逆にバリに遊びに来て安いホテルに泊まるローカルにとっては

目新しいでしょうし、

何しろ自分たちの村(町)に比べてとっても美しい場所に住んでいる人がいる

というのは結構カルチャーショックなのかもって思いました。



長期滞在や何度もバリに来ていて観光も行きつくした方で
時間がちょっと余った観光客にはお勧めですが

そうでない方には敢えてお勧めしないかな・・・っていう場所でした。



翌日はもう少し刺激のありそうな場所を観光しました。



滅茶苦茶長くなるので次のブログへ



お楽しみに!!







[PR]


最近、植物栽培にはまっています。


裏庭の勝手に生えてきたパパイヤから始まったのですが

ドラゴンフルーツ、マンゴー3種、ドリアン、アボカド、バニラ、パッションフルーツ
グアバ、ジュルックバリ(多分ボンタンに近い)、バリレモン、
勝手に生えてきた柑橘系、日本からやってきたマイヤーレモン・・・・

マンゴー3種とジュルックバリ、バリレモンは苗を買いましたが
その他は種から頑張っています。
(マイヤーレモンは挿し木)

しかし、土が悪いからか・・・なかなかうまく行きません。

ドリアンはほぼ瀕死状態:涙

きっとアボカドも種の栄養が無くなった時点でダメになる予感:涙

マイヤーレモンは生きていますが大きくならない:汗

ドラゴンフルーツもほとんど変化なし:汗


残りはとりあえず成長をしている感じはします。
インターネットを参考にして頑張っていますけど
どう見ても成長は遅い・・・


ならば土を買って栽培してみようと思い
今月からはゴーヤ、ミニトマト、ナスの種をまいてプランターで栽培をしています。

しかし

土はクリアできているはずなのにうまく行きません。

トマトとナスはすぐに芽は出るんですけど
双葉から本葉が全く出てこず黄色くなって枯れてしまいます。

悪いのは水なのかな?



ゴーヤだけは意外と頑張っているので

3株を地植えに、2株をプランターにしてみたのですが


なんと、プランターは滅茶苦茶デカくなっているのに地植えがダメです。

(ちなみに地植えは土を入れ替え、牛糞など混ぜて3週間前から用意したもの)


一体何なんでしょうね。


ヤッパリ…土?

牛糞の混ぜた量が足りないのかな?

(固形肥料・・どっかにないかしら?バリに売ってたら教えてください)


でもプランターは元気ってことは
入れ替えた土の外側から何か悪い成分でも入って来ているのかな?


滅茶苦茶農業を勉強したい気分


誰か栽培に詳しい方潜りに来てくださ~い!!






今日の水中写真は


テンスの幼魚




c0211615_12424830.jpg


そうそう、この子が住んでいるような砂地な感じだと

結構トマトとかジャガイモ育つのよね・・・

(デラワンは完全に砂だったけどよくミニトマトが育ってたなあ・・・)


と完全に思考が農業な今日この頃・・汗



ダイバーの読者を無視した内容のブログでスミマセン・・・







[PR]

今日はムンジャンガンへ行ってきました


数日前から透明度が悪くなったと聞いていましたが


ここまで悪いとは・・・


ワイドカメラを持って行きましたが結局ほとんどシャッター切らずでした。



ダイビングの方もワイドで攻めようと思っていましたが

透明度を考慮して結局マクロダイビングでした。



「ピグミーシーホースを独り占めで見たい」


とのお姫様のリクエストで

コマンはサトミピグミーシーホースを見せてました。



多分、ゲスト様的にはそのピグミーシーホースじゃなかったかもしれないですけど

サリダイブ的にはこっちですよね:苦笑

発見後、ワイドチームが続いたのでまだ数人しか見ていません。







今日の水中写真はムンジャンガンより


ムンジャンガンと言えばガーデンイール


ガーデンイールポイントのガーデンイールはスパゲティイールなんですが


他にも3種類のガーデンイールが住んでいます。



その中で一番観察が難しい子がこの子


c0211615_19515279.jpg

ニシキアナゴ


日本では結構有名?みたいですね。


ダイバー的には結構マニアな方だと思っていましたが。



撮影のコツは潮下からゆっくり近づくこと


このゴールデンな模様が豪華ですよね。






[PR]

今日は朝からシガラジャ(一番近くの都市)のイミグレーションに行ってきました。


顔写真を撮って指紋を取り、サインをするだけなんですが



私の前が顔の小さな白人の女性だったせいか

写真撮影の時に

「下がって、もっと下がって・・・もっと・・・」

って椅子が後ろの壁につくくらい後ろに下げられてしまった



そんなに私の顔って大きいですか???



そしてシャッターを押すとシャッター速度が3秒くらい:驚

いくらなんでもそれじゃ~ぶれちゃうでしょ??


撮影しているイミグレーションスタッフも

チッ

って舌打ちして設定直すんだけど


何度押しても3秒



そんなに私の顔って黒いですか?



もう、私が設定かえたほうがいいんじゃん?って思ったけど

変に出しゃばるといいことないと思って黙ってましたが

私の書類の写真絶対ぶれてる自信あり:苦笑



今日はとっても空いていたみたいで
イミグレーションの滞在時間最高記録でたったの10分間だった:笑




時間が余ったのでお気に入りの足マッサージに行き

お気に入りのレストランで(ローカルだけどうまい!)ご飯を食べて

お買い物もして帰ってきました:笑



いつもサリダイブに閉じこもりなので
ゲストの居ぬ間のいい息抜きでした。


さあ、明日からまたがんばるぞ!





今日の水中写真は・・・・


珍しくウミウシ行きます!




ピカチュウウミウシことウデフリツノザヤウミウシ


滅茶苦茶立派な個体!


c0211615_21161145.jpg
私、実はこのTHEピカチュウは見たことないんですよね。

ピカチュウ系は結構あるんですけど。

バリにもこの子・・いるんだなあ。





そしてもう一種



フトガヤウミウシ


c0211615_21164476.jpg

ガヤに停まっていることろは何度も見たことあるけど

地面を這っているのは初めてかも。



このエリアウミウシはすごく少ないので

ウミウシ好きな方にはちょっと寂しいかもしれませんが

詳しい方に調べて頂いた結果は

個体数は少ないけど種類はトランバンより多いそうです。


見つけるのは個体数が少ない分すごく大変ですが
苦労して見つけるのが好きという方は是非いらして下さい!?



(そんなマニアな方は普通居ませんよね:苦笑)






[PR]

今日もゲスト様はムンジャンガンへ

ワイドご希望のゲスト様なので毎日ムンジャンガン

丁度ここ2~3日大潮で満潮が昼くらいに来るので
ちゃんと潮を読めばワイドポイントに入れます:笑


今年は潮見表が全然役に立たない年なのでちょっと潮読みが厳しいですが
どうにか目の前の海を見ながら予定を立ててます。


ネットでちゃんと訂正の入るような良い潮見表・・・ないかなあ・・・



ムンジャンガンのワイドって
ヌサペニダみたくマンボウがいるとかマンタがいるとかじゃなくて

お魚いっぱいをサンゴと一緒に見るっていう女性的なワイド

大好きだったデラワンの男性っぽい迫力ワイドとは真逆な感じ
ほんとはデラワンのギンバラあり、マンタあり、カレントありのダイビングが好きだけど

写真を撮るとなると意外とこの静かな海って
ゆっくり構図が練れるし、写真映えするのでいい感じです。


なんていうか・・・フォトジェニックな海?


しかも魚の群れは浅場に出ることの方が多いので
スノーケリングでも見ることが出来ます。



今まであまり公表してなかったのですが

実はそんなスノーケルで撮った写真をインスタグラムに載せています。

私の大好きなワイド写真です。

もしよかったら覗いてみてください。





そして


インスタついでに



Sari Dive で見られたお魚たちをまとめたインスタもあります。



私がまだ潜れた頃に撮った写真もありますが
ゲスト様の撮った写真も使わせて頂いています。

マクロなお魚が中心です。

こちらの方がこのブログを見ている方には本命かも知れないですね。




あと、こちらはアップが滞りがちですが

Sari Dive & Cottageのアルバム代わりにしているインスタ


これはどっちかというと自分の覚書的なものなのでゲスト様にとっては面白くないと思いますけど:汗



*なんとなく思うところがあってどのインスタもFBには連動させていません。




インスタの宣伝みたくなっちゃいましたが

ワイド写真はそれが一番わかってもらえるかなと思ってとうとう公表してしまいました。






今日の水中写真は・・・・



ワイドじゃなくっていつものマクロ:笑


セビレハゼことオオゴチョウイソハゼのオス




c0211615_12502272.jpg

なかなか立派な背びれをしている個体ですよね:笑











[PR]

今日もいいお天気が続いています。

また南西の風が強めですがだいぶ湿気を含んでいる感じ

そろそろ・・・初雨が降るかな?


ゲスト様がいない時に降ってほしいんだけど・・・

なぜって初雨の後は必ずカゲロウ?じゃなくて羽あり?みたいのの大発生があるのです。


バリ島名物!?なので
遭遇したことある方多いかもしれないですけど

うちみたく野外で食事する場合
(・・いや、バリ島のほとんどが野外で食事ですけど)

滅茶苦茶大変です。

食事の方は宵の口だけなので時間を遅らせればいいのですが

問題は・・・
お部屋の電気を点けっぱなしにして外出してしまうと
お部屋の中が悲しいことになってしまうこと。

これからの時期バリ島へご旅行のゲスト様は
お部屋の電気をすべて落としてお出かけすることをお勧めします:笑




今日の水中写真は・・


滅茶苦茶沢山います



ワイドマクロ



ならぬ



マクロワイドで撮った




ヨロイウオ




c0211615_14085169.jpg

キラキラしてとっても綺麗です:笑





[PR]
この頃バリに住む?外国人(特に白人系)の横行が目立つようになりました。

都会では今までもあったのかもしれませんが
田舎のこの辺りではそこそこ話の分かる節度のある白人ばかりだったので
気が付かなかっただけかもしれませんが。

マナーや常識が通じないのって
かの国の人だけかと思ったけど

やっぱりどの国にも居るんでしょうね。




実は今日シークレットベイのスタッフから電話がかかってきました


「助けてくれ~!ゲストがボート代を払わないって言うんだ!!」


・・・・・・はい?



だからってサリダイブに電話しなくたっていいじゃん!?

と、半分呆れながらヘリが電話で話をしているのを聞いていたのですが



どうやら・・・


スペイン人?のショップがピクチャードラゴネットを見るのに
ボートをチャーターしたけどオケラだったらしい。



実際にピクチャードラゴネットを見たことある人だったら

なんであんなにいっぱいいるのに見れないの???????????????・・・

って?マークが100個くらいつきそうな疑問かも知れませんが

本当にそう言うことってあるんですよ。

ガイドが見せ方知らないだけなんですけどね。



・・・で、


そのスペイン人のガイドが

「ピクチャードラゴネット見られなかったからボート代を払わない」

ってごねているらしい。



白人ってもう少し賢いのかと思ったけど
そうでもないのよね。


ピクチャードラゴネットが見られないのは
ボートのせいじゃなくてガイドのスキルの問題

ボートに乗ったんだからボート代払うのは当たり前。
ボート代にピクチャードラゴネット見学代金は含まれてないんだから:苦笑

(敢えて言うなら見学料金はガイドに払うものだからガイド代がタダだよね)


とりあえず

「ピクチャードラゴネット代じゃなくてボート代なんだから払ってもらえ」

ってアドバイスして電話切っていましたが


切る間際に

「ピクチャーがいるって証明しろって言われたら助けて!」

・・って言われたらしく



「俺に任せろ!」

と言っていました。


それを聞いてて
この頃年をとって性格が丸くなったと噂されている私は
うちには関係ないじゃん?って
ただ単に面倒くさいって思ってしまうのでした。
(昔だったら結構親身に相談にのってたと思う:苦笑)




また、先日は

ムンジャンガンで餌付けをしている白人チームにヘリが

ここは国立公園で自然を守るために餌付けは禁止ですよ


と注意したらガイドらしき白人が

「俺は11年もバリに住んでいる。これは自然じゃない!自然じゃないんだから餌付けして何が悪い!」

・・・って逆切れされて

こりゃダメだと思って国立公園スタッフを呼びに行ったらしい

国立公園スタッフもタジタジで全くダメだったらしいけど。


今、外国人のガイドってビザ降りない筈なんだけど
その人11年もバリに居るって今は何してるの?って思ってしまう。

ショップオーナーでこれだったらダメすぎる:苦笑




最後にもうひとつ

隣村にダイビングセンターを作ると息巻いていたドイツ人

テックダイブをやる人らしく4本のタンクと一緒に潜行したまま帰ってこず
数日後、水深100m(?警察が言うには。本当だろうか?)のところで発見

緊急に全ダイビングセンターに集合がかかり
ガイド無しでタンクだけ貸すことをしないように
やったダイブセンターは営業停止とのお達しが出されました。

・・・っていうか
彼は自分のショップ用に揃えたタンクだったんじゃないかと思いますけど




・・・と、最近やりたい放題の白人さんが結構目立ちます。


こんなことが続くと
やっぱり変な外国人にはビザを出しちゃいかんと思うよね。


年々イミグレーションがビザの資格をきつくしているのも理解できる気がします。

そうでもしなくちゃアホな外国人にインドネシアを滅茶苦茶にされてしまう

ただでさえちゃんとしてないのに:苦笑


シンガポールはシンガポール人以上の有資格者にしかビザを出さないように
そのうちインドネシアもなっていくのかもしれませんね。



なんだか愚痴みたいなブログになってしまった


いかんいかん・・・






今日の水中写真は



外人さんが大好きなでっかいカエルアンコウ



c0211615_21463820.jpg
オオモンカエルアンコウ



マクロ好きな日本人のゲスト様だと

目の上のたんこぶ・・ならぬ

目の上のタテジマヘビギンポの方が先に見えてしまうかもしれないですね:苦笑








[PR]


休暇より戻って来ました。


明日よりSari Dive始動開始です。


こちらに戻って来る途中、山では少し雨が降っていましたが

やっぱりこちらはカラカラ状態

いつ雨が降るのだろうか・・・


庭の草花たち

いや、近所の畑はもっと雨が待ち遠しいんじゃないかな。


ちょっとでいいから降ってくれるとありがたいんだけど




今日の水中写真は


バンガイカーディナルフィッシュ


・・・のBaby



c0211615_21465210.jpg


いい感じのところに居ますね:笑



最近バンガイカーディナルフィッシュが滅茶苦茶増殖中です



c0211615_21475604.jpg




ミヤコイシモチも一緒に増殖中:笑



c0211615_21491821.jpg


シークレットベイは緑の季節だし

ワイドがおすすめ:笑









[PR]

今日から数日間

都会出張 & 休暇となります。

メールの返信等遅くなりますのでご了承ください。


休暇では今回も行ったことないバリの観光をしてくる予定です。

ブログに載せられるように沢山写真撮って来ますね!






今日の水中写真



滅茶苦茶沢山います


c0211615_00352395.jpg

実はこれ

スノーケリングで撮った写真


青い海に青いお魚(ササムロ?)


結構感動ものですよ



本当にいっぱいいます



c0211615_00355826.jpg


ずーっと見ていても飽きないです。(私は)



これって私がダイバーだったからなかな?


ノンダイバーの人ってこういう場面に出くわすの好きだろうか?


怖いかな??


初心を思い出せない今日この頃・・・・








[PR]