カテゴリ:エビ/カニ( 128 )


今日も滅茶苦茶良いお天気です。

ちょっと北側から風が吹いているのが気になりますが・・・

夜には少し雨が降ってくれるので庭の水やりもしなくて済むし

いい感じ:笑



珍しく今、飛び込みゲストがいらっしゃいます。
(バックパッカーのゲスト様)

外国語堪能の方でいつもローカルのダイビングセンターで潜られるらしいので

「なぜサリダイブを選んだのですか?」

と尋ねたら

いろいろ調べてみたけど
細かく計算してみるとサリダイブが一番安かったから

との答えが


10年前はこの辺りで一番高い料金設定にしていたのに

設備を整えてコストを抑え
値上げをしないように努力していたら・・


あっという間にこの辺りで一番安いダイブセンターになってしまった:汗


どうりで貯金が増えないし!?
他のダイブセンターに比べていつも必死な感じ?

これはどうにかしなくちゃと思いつつ・・


今年は10周年のゲスト様感謝年


今年いっぱい値上げはしないで頑張ろうと思います。

(よほどのコスト値上げがあった時は仕方がないので値上げしますけど)


客観的に見てもお得なプライスです。
初めての方も・・・
もちろんリピータの方も・・・
是非Sari Diveに足を運んでください!!


久しぶりに商売っ気ありのブログですね。

(・・これって商売っ気あるのか?)






今日の水中写真は・・・・



昨日に引き続きエビ!


数年前までは年に1回見られるか見られないかと言うレア物でした。




c0211615_12065517.jpg


最近、アクアリウムフィッシャーマンの手が届かないところ現れたので

運の良し悪しはありますが結構多くのゲスト様に見て頂けるようになりました。




c0211615_12150090.jpg



かなり大きさの違うペアだなあ・・・


・・・って思ったら


実はチビがもう一匹いて合計3匹居るそうです。


三角関係かな?







今日はムンジャンガンへ行ってきました:笑


水温28~29度

水面系の私は31度くらいのところもあったと思う・・・。

透明度20mありましたね。多分

風も波もなくてとっても良いダイビング日和でした。


ただ、結構ゴミが(そう言えばプラスティックゴミは少な目で切り株とか)多くて

そのゴミについている小さな魚たちが結構面白かったです。


この時期にこの海況で潜れるのはちょっとラッキーかも





今日の水中写真は・・・・


実はサリダイブ創設以来2度目なんです。


c0211615_19425090.jpg


コールマンシュリンプ

カリマンタンにいた頃は結構常連だったんですけど

バリに来てから2度しか見ていません:汗

水深は23m位だったらしい


発見者はコマン

例によってゲスト様の写真を見るまで知らなかったパターン:苦笑






もうひとつ2度目の子


ちょっとばっちい個体ですが


c0211615_19450709.jpg

オリヅルエビ

私がまだ潜れた頃ゲスト様にお見せしたのですが
今のように知れ渡っていなかったのでちゃんと撮ってもらえなかったのが一回目

その後、ガイド達にこれがいるから見つけてと葉っぱかけても
なかなか信じてもらえなかったエビ


まあ、、シムランスも私がいると言っても
自分達で見つけるまでは信じてくれなかったですからね。
(今はほぼ普通種だという認識らしい)



・・・と言うことで今日は2度目のエビ達

リクエストで見られる確率は・・・低いかも。







あっという間に2月になってしまいました。

明日の夜ゲスト様チェックイン

サリダイブの整備が出来るのは明日の昼までなので大忙しです。


スタッフ達は明日で土方仕事が終了するのでホッとしてるかも!?



今日の水中写真は・・・・


ナデシコカクレエビ

お腹にピンクの卵がいっぱい:笑


c0211615_21551031.jpg


ナデシコカクレエビはこの紫色な感じが美しいエビです。

写真だとこの色がなかなか出せないんですよね。


お見事です。





まだまだうねり治まりません・・・

風が吹いていないのでこのうねりがどこからやってくるのか本当に不思議


バリ島側のポイントも潜れるには潜れますが透明度との戦い的な感じです。



今日はゲスト様ラストダイブですが

うねりには関係なくて

いつも濁っているドロドロポイントにトライです。


正直、国立公園フィーがなければ毎日でもムンジャンガン行きたい感じです。


普通の海をご希望の場合は国立公園に行き
島影を潜れば全く問題ない状況

日程によるバウチャー以上に
国立公園フィー払って頂けるゲスト様は何度でもムンジャンガンにお連れします。
お申し出くださいね。




今日の水中写真は・・・・


透明度はあまり関係ない被写体

ホヤカクレエビ


c0211615_15192766.jpg

ホヤの中に住んでいる小さなエビ


ホヤの入り口にまずフォーカスを合わせて半押しのまま
置きピンで距離を詰めてエビが見えたらシャッターを押せばコンデジでも撮れますよ。

ホヤをつぶさないように注意!


一時より人気は無くなりましたが

まだ写真に収めてない方は是非リクエストして下さいね。







昨日の夜月下美人が咲きました:笑

昨晩は48輪

今晩も少し咲きそうなので50輪以上です:笑


何年か前の80輪には届かないけど十分豪華。

そして豪華なだけじゃなくて気品があります。

香りもただよって・・お届けしたかった。




月下美人の撮影終了くらいからお天気が崩れて
今日はモクモクな雲がいっぱいです。


波は無いので良いのですが
やっぱり少しお日様ほしいです。





今日の水中写真は・・・・


月下美人に似た気品のあるこの子

(香りはありませんが:苦笑)


c0211615_12151696.jpg

かなり大きいらしいですよ。

アクアリウムフィッシャーマンに捕まらずに頑張っていてくれています。

バリ島西部はこのエビの出荷地でありながら
ほぼ根こそぎとられちゃうのでダイバーがお目にかかれるのはかなりレアな感じです。

沢山の方に見てもらえますように。




おまけ


携帯電話で撮った月下美人


c0211615_12181030.jpg

近頃の携帯って本当にすごい・・・・。








今日は朝のうち曇りな感じなお天気でしたが

午後になってアチ~!ていう位に太陽が照りつけています。

風は暖かい北風

これだけ暑いと雨もやって来そうな予感。




今日の水中写真は・・・



甲殻類


まとめていきます!


小さい順


c0211615_15595977.jpg

フィコカリスシムランス

毛もじゃなエビ





c0211615_15595957.jpg

ムムム・・・・この子誰?






c0211615_15595916.jpg

黄色いワレカラモドキ

悪者感が半端ない:苦笑







c0211615_15595991.jpg


ナガレモエビ系
なんか久しぶりに見た気がする。(ゲスト様の写真で)






c0211615_15595999.jpg

ムチカラマツエビ

背景が美しい~!!笑







c0211615_15595824.jpg

コガラシエビ

なんでコガラシなんだろう?






c0211615_15595989.jpg

アカエビ系?

ナイトでよく見る子です。





最後


ぶっちぎりで大きい



c0211615_15595947.jpg

モンハナシャコ


この子の目は動画向き:笑






マニアックで人気種の甲殻類ばかりじゃないけど


一応甲殻類もいますよ:笑




このエリアは魚類の方が得意です。














昨日、小雨が10分位降りました:笑


カラカラで埃っぽかったのですが少しマシになりました。


でも、地面が全部濡れるほどではなかったので庭や畑の水撒きは続いています:汗



そしてこの時期に珍しく水温が急に下がっています。

先一昨日が29度~30度

一昨日は26度。

昨日は27度。

いずれもボートポイント。

サンゴにはいいですけど暖かいつもりでいらしたゲスト様は寒そうです・・・。



昨日からコマンが復活(多分)

今日はナイトダイビングまで頑張ってもらいます。

その代わり?にヘリが体調不良:汗

いつもの鼻炎&微熱です。

この2人は本当にいつも不調が多い。

どうしてだろう・・・。


アルタナはスリムな割に力があるし体が強い
きっとガイドに向いているのだと思います。

私も若い頃は病気なんてほとんどしなかったし3か月ぶっ続けで潜ってもピンピンしてた。

インドネシアにはそういう子いないんだなあ・・・って
あきらめていましたがいるところにはやっぱり居るんだなって思いました。

彼にはSari Diveの希望の光となってほしい。


早くアルタナを一人前にしてくれ!ヘリ





今日の水中写真は・・・・



ソフトコーラルの根元に隠れていたマルガザミ



c0211615_12370835.jpg
このスポット的ライティングが

隠れていた感満点!


そして光の方を向いているのも

希望の光を見つめているようで

物語のある写真になっている気がする。



そんな風に思うのって私だけかなあ・・・












暑いです。


例年だと11月初旬?の暑さ

乾季の終わりで湿気が多い。だけどまだ雨が降らない

エアコンなしだとちょっと辛い時期です。

海は温かいし水面休息も暖かいのでダイビングには滅茶苦茶いい気候なんですけどね。



不思議なことに


乾季中しっかり水やりをしても成長が止まったままの庭木が一斉に!?
少しづつ新芽を出してきました。

雨も降っていないのに何に反応しているのだろうか?

湿気?

そして何度か書きましたが

マンゴーがトップシーズンを過ぎています。
(普通は10月~12月がシーズン)

不思議なことがいっぱいです。




先日の海でも乾季にはほとんどないプランクトン?が水面にいっぱいいたようで

手や首、顔を刺されまくって結構痛かった。

私たちには感じられない何かの変化で生物たちも行動を始めたのでしょうね。

ベラやニザダイなどの産卵も多く見られますよ。

そのため透明度は一時期より白濁しています。


何が彼らにとっての合図なんだろうか。


ほんと不思議です。






今日の水中写真は



お腹に卵をいっぱいつけたナデシコカクレエビ


c0211615_16042278.jpg

そのうちチビチビがいっぱい現れるんだろうなあ:笑


(あれ?そう言えばこの子達は産卵時期って年中の様な気がする:苦笑)









関西や北海道が台風で大変だと心配していたら
北海道は大地震まで起きてしまって
バリに居ながらも日本の状況をとても不安に感じています。

災害に遭われた方達の一日も早い復興をお祈りしております。


もう何も起きませんように。





さて、今日の水中写真


エビカニまとめて行きます!



まずはカニ


c0211615_16044930.jpg

マルガザミ


ウデナガウンバチに乗っかっている子:笑
よく根元に隠れている子は多いけど乗っかっている子は結構レアかも






次はカニ・・・じゃなくてカニダマシ



c0211615_16034482.jpg

ウミエラカニダマシ

ウミエラにしっかりしがみついています。
ホストが綺麗だから絵になりますね。







次は・・カニに見えるけどコシオリエビ!


c0211615_16020422.jpg
昔はピンクスクワットロブスター

和名がついてサクラコシオリエビ

ピンク色が可愛いコシオリエビですが本当はこのケバケバな感じも名前に入れてほしかった~笑






ここからエビです。



ナマコに居るけど・・・ウミウシカクレエビ


c0211615_16031261.jpg

昔ウルトラマンエビって呼ばれてました。

ウルトラマン・・・知ってますよね。





最後に極小エビ


ホヤカクレエビ



c0211615_16023898.jpg

極小と言えど上の写真の個体はでっかい方

ホヤの入り口から上半身しか見えません。


本当の極小はこちら


c0211615_16041649.jpg

ホヤの入り口から全身が見えるサイズ


好みでしょうけど

私は小さい子の方が絵になるかな?って思います。



ホヤの色にかかわらずエビは入っていますが
写真撮影のしやすさは

半透明・青・・・あまり撮らないけど黒って感じでしょうか。

ホヤはつぶさずに撮って下さいね




明日はまたお魚ブログ:笑









今日の水中写真


昨日まで地味なハゼたちが続いたので

今日は綺麗なエビ



c0211615_14001771.jpg

シムランスの一種でしょうか。

鮮やかな緑色に白い縁取りのとってもかわいい子

こういう子だったら一般受けもするよね。

あまり動かないし:笑




このシムランス水深6mだったので私もスキンダイビングで見に行きました:笑



コマンがゲストに何かを見せていたのでスキンダイビングで近づき
ゲストの撮っているものを遠目で見たけどわからないので

コマンのボードを取り上げ

「シムランス?」

と書いたら


これは違う。こっち

という感じで私の腕を引っ張ってそこに連れて行こうとするので



息がそろそろ持たないってば~!



ってジタバタしましたが

しっかり目視で確認できました:笑

ワイドレンズだけだったので写真撮影はしませんでしたけど



もちろん大人の目には優しくないサイズですが

遠目でも目立つ子だったので逆に確認できたって感じ:笑

(遠くは良く見えるのよ~!)




本当に綺麗なエビでした:笑