カテゴリ:イソ・ベニ・ウミタケハゼ( 129 )


なぜかヘリが張り切っています。


サリダイブのプロモーションビデオを作るんだって


バックミュージックも自分のギターで入れるそうで夢中になってます。



忙しい忙しいって新人ガイド研修もなかなか進んでいないのに・・・ブツブツ



今までそう言うの全然興味なかったのにいきなりプロモーションビデオ?


何が彼を変えたのか?


どうやら聞いてみると


今年の3月に行ったデラワンのビデオをYou-tubeにアップしたら
妹さんに褒められてサリダイブのビデオも見たいってリクエストされたらしい。


お暇のある方は見てあげてください。視聴回数が増えると喜びます
  




でもそれって・・・仕事というより趣味だよね。



・・・っていうか今は新人研修の方が先だよね。


(って言ったら、サトミは俺がやることは全部否定するって怒ってしまった)



早く新人ガイドを育てることはヘリ自身のためになるのになあ・・・

なかなか真意を理解してもらえない。

やっぱり潜れない私がスノーケリングでやるべきなのか?

(それではヘリも育たないし・・・)



とりあえずビデオ早く作り終わって新人研修プリーズ!!


8月デビューの予定だったのに・・・・
年末年始に間に合うのか?汗

魚見つけられるだけじゃガイドになれないんだから!ブツブツ






今日の水中写真は・・



ジャ~ンプ!



c0211615_15331913.jpg

滅茶苦茶いい瞬間の


ベンケイハゼ



ピン甘なのはご愛敬:笑






[PR]


昨日ムンジャンガンに行ってきました。


季節風は無くなり


水面が鏡のようで水面を入れた写真を撮るにはとてもいい季節になりました:笑



…と書いておきながら





今日の水中写真もマクロ



普通の魚を背景を変えて撮った写真






ホヤに囲まれているセボシウミタケハゼ


c0211615_11364811.jpg

人気のスチュエーション!

今年はホヤがいっぱい出てるみたい:笑





そして


イタボヤに乗っているセボシウミタケハゼ



c0211615_11364895.jpg

ケヤリもありますね。

このサイケなイタボヤをアップで撮るか引いて撮るかで個性が出ます。






ガヤ & 貝に乗っているセボシウミタケハゼ


c0211615_11364803.jpg


貝が薄く空いているのでハゼも貝もリラックスしているのがわかります。

だからと言って夢中になって近寄り過ぎるとかゆかゆになります:苦笑





同じセボシウミタケハゼでも背景が違うと雰囲気が違いますよね。


今年は前年までと違ってちゃんと水温が30度を超えないでいるので
ソフトコーラルや珊瑚が生き返って来ています。

こういった写真を撮るのにはいい感じ:笑


普通種でも綺麗な写真をまったり撮りたい方!


チャンスですよ!






[PR]



今日の水中写真



ウミタケハゼ



ウミタケハゼだけだとあんまりレア感感じませんが

背景がいいとちょっと幸せ感じる被写体ですよね




赤系の幹のお花の中でお花見してます


c0211615_11460721.jpg








こちらはオレンジ系の幹のお花でお花見


c0211615_11461877.jpg


どっちがお好み?





昨日のムンジャンガン

透明度良いんですがなんだかちょっと白っぽいと思っていたら

あちこちで産卵祭りでした。



オキザヨリもなんだか騒がしかったし

シマハギなんて漫画の目みたいな目をして縞も太くなってました。


昨日はハウスリーフまずまずな透明度でしたが

今日の朝は滅茶苦茶すごく透明度わるかったです。

絶対に産卵濁り

先月までの産卵濁りよりすごいということは・・・

やっぱり雨期が近づいているってことですね。きっと



来月あたり幼魚がどばーっと・・・・出るかな:笑






[PR]


今日の水中写真


背びれハゼことオオゴチョウイソハゼのSP.


c0211615_09473427.jpg

今年はいろんなポイントで見られています:笑

個体数もそこそこ多め

上の写真のような背景がスッキリした場面をゲットするのはなかなか難しいみたいですが




ゲスト様の背びれハゼ写真を見ていて思わず


わお!


ってため息が出ちゃったのがこの写真





c0211615_09475508.jpg

背びれハゼの上をヒメニラミベニハゼ~ズが:笑

ヒメニラミベニハゼが2匹同時にホバーリングしちゃうってすごいことなのに

それを前ボケに使っちゃう決断力?がすごい!

普通迷っちゃってどっちにもフォーカスがない写真を撮ってしまいそうなのに。


めっちゃレアな前ボケ:笑





今日は青いムンジャンガンについて行きます。

風が吹いていないといいなあ・・・






[PR]


今日の水中写真


水深5mから観察出来るベニハゼ


c0211615_15543624.jpg
シリウスベニハゼ

控えめな赤い点々がとってもかわいいハゼ

この辺りでは一番多いベニハゼ
多すぎて岩の上がいっぱいで砂地に居る子もいます:苦笑

多すぎるがために希少価値がなくって素通りしてしまう方も多いですが
滅茶苦茶美人なハゼなので是非自分らしいシリウスベニハゼの写真を撮って下さい。



Babyシーズンに入って来たのでこんな子も

c0211615_15544771.jpg
小さすぎて体の中がスケスケで内臓見えちゃってます:笑

大きく育ってほしいなあ・・・・



最近気温が上がって来たのか・・・

湿度が上がって来たのか・・・

エアコンがないと暑くなってきました。

そろそろ雨期も近づいているということかもしれません。


ハウスリーフの透明度は相変わらず良いです。


庭木の葉が落ちて丸坊主になっている木もあります。


雨が降ってほしいようなほしくないような・・・



乾季・雨期ではなくてちょっとづつ降ってくれればいいのになあ。

と思う今日この頃です。







[PR]


今日の水中写真




c0211615_08423824.jpg

サリダイブ通称:シマシマベニちゃん

パジャマピグミーゴビーっていう英名が付いたらしいです。



よくストライプヘッドピグミーゴビーと間違えられちゃうのですが

ストライプヘッドは頭の部分がシマです。




このベニハゼ色彩異変が多いです。

特に種の特定で参考にすることが多い目の周りの色まで違っちゃうのが面白い


上の写真の子は目の周りの色が白ですが


こちらの子は黄色です。


c0211615_08430697.jpg

ね、違うでしょ?




体のシマの色も

赤 X 黄色

濃い赤 X グレー

・・・てな感じで全然違いますよね。



最近、サンゴが白化して&壊れて観察できる場所に限りが出てきて
皆様全員にお見せしづらい状況になっています。


内湾性の柔らかいサンゴに隠れていることが多いので観察しにくい子ですが

スキルに自信のある方は是非リクエストして下さい!





今日は青いムンジャンガンに行ってきま~す!!





[PR]



今日の水中写真


イエローな子


ちなみに不明種


c0211615_16292973.jpg

サリダイブ通称:レモンちゃん

ダルマハゼの仲間のようであごの周りには細かいひげがあります。

アカネダルマハゼにとてもよく似ていますが体が透明で
背骨のライン沿いに白い途切れたラインが入ります。

何かの幼魚かな?

というコメントも頂きますが

成魚を見たことありません。


一体誰でしょう。





そしてもうひとつイエローな奴



c0211615_16372637.jpg

こちらも不明種

サリダイブ通称: キイロちゃん

潮通しの良い壁についているものとドロドロポイントに住む者がいます。

個人的な意見ですが

潮通しの良い壁についているものは
サリダイブ通称:ホソベニちゃん(実はイソハゼ系)の黄化個体じゃないかと思います。


ドロドロポイントのは・・黄色しかいないので本物!?キイロちゃん:笑

ちゃんと調べる方がいないので不明種のままです。


ちなみに上の写真は本物キイロちゃんです。





日本は大型台風が来ているようですね

今日帰国のゲスト様

ドキドキされながらサリダイブを出発されました。


無事帰国出来ますように!


そして日本の皆様もお気を付けください。









[PR]



今日の水中写真


以前見なかった魚が急に増えたという流れで・・



キャンディーケーンピグミーゴビー


c0211615_11564846.jpg


去年位までこの子は年に1回とかの割合でしか見られないハゼでした。

それが最近個体数が増え続け

そろそろ「普通種」と呼ばれるくらいになって来ています。

ペアで見られることもかなり多いです。



個体差も結構あり

上の写真は標準的な感じ?



そしてこちらは


c0211615_11570678.jpg

シマが太いタイプ:笑





この子の発色にとても似た子が

レッドブロッチピグミーゴビーなんですが



c0211615_12020383.jpg

生息域が違うからだと思うのですが個体数の増減はありません。





もしかして・・・

今までキャンディーケーンがいるようなところを探してなかったんじゃないの?



と思う方もいらっしゃるかと思いますが

そんなことはございません。



・・・というのも



背びれハゼ(オオゴチョウイソハゼSP)がいる場所とほぼ一緒だからです。


c0211615_12042911.jpg


ちなみに

背びれハゼ(オオゴチョウイソハゼSP)も今まで通り個体数増減なしで観察されています。




・・・と言うことでキャンディケーンピグミーゴビーに関しては

単に新参者という感じになるのかもしれないですね。



ここ最近こういった変化が目立つのは・・・

地球の変化なのか、単にバリが発展途上?な環境なのか分かりませんが


微妙な変化に目が離せない感じです。








[PR]



今日の水中写真



こ・・こんなところに・・・



c0211615_22590016.jpg




シャコ貝の外套膜の内側に(日本語合ってます?)ショウブハゼがが潜んでいます。


よく外套膜の外側についているハゼの写真は見るけれど


こんな内側に潜んでいる子は見たことがない

・・・というか

こんな子普通には目に留まらないです。


撮影してたら入っちゃったらしいんです:苦笑


滅茶苦茶ラッキーでしたね。






ほぼピークシーズン終了!


だからなのか・・!?
今日は風が止まって暑いくらいの日でした。


ハウスリーフはムンジャンガン並みに綺麗だったらしいし

ボートで行ったポイントもブルーな海だったそうです。



そして、リクエストに挙がっていたホムラモドキの大人

昨日は1個体、今日は2個体出ちゃいました


やっぱりそんなものなのかなあ・・・


と言うことで


リベンジお待ちしております!!



明日はお一人残ったゲスト様と青いムンジャンガンへ行く予定!

風がないといいなあ・・・






[PR]


今日の水中写真


もう一つの背びれちゃん



c0211615_12003672.jpg
オオゴチョウイソハゼSP.ではなくて

アカホシイソハゼの背びれちゃんバージョンです。


顔に赤い点々があるのですぐに見分けがつきます。




一般的にアカホシイソハゼはこんなに背びれは長くないんですけど

このエリアではたまにこのバージョンを見かけます。



それにしても立派な背びれ



c0211615_11592660.jpg

正面からこんな感じに撮ると背びれの長さが引き立ちますよね。

顔の点々もかわいらしい:笑





昨日はピークシーズンの初日

毎回初日ってカメラの水没やら不具合が多いんですよね。


・・・で、今年もありました。



なんとビューファインダーが水没:汗


カメラは全然大丈夫なのですがファインダーだけ水滴が入って曇ってる




・・で、夕食後なんだかんだと解体が始まり

ほぼパーツだけの状態まで解体してしまいました。

(工具はサリダイブのティースプーン:苦笑)


皆でビューファインダーの仕組み?をお勉強


組み立てで手こずりハラハラしましたが

最終的には解体・組み立てを何度も繰り返し



今日は元通りになって(早朝ダイブで異常なし)海に行かれました。すごい!


やればできるもんですね:笑


なんかひとつ僻地での知恵が増えたっていうか

話のネタが増えた気がする:笑




ほぼ10年物のビューファインダーだそうで

ダメだったら買うからいい!ってやったことなので


良い子の皆さまは真似をしない方がいいと思います。







今日は何事もなく終わりますように!


いや、良い事がいっぱい起こりますように!!





[PR]