カテゴリ:カサゴ・オコゼ・カエルアンコウ系( 33 )


先日告知しました 

10周年記念パーティ

4月9日 19:00~22:00 新橋BOXにて

お任せ料理 & 飲み放題 会費 6500円

まだまだ空きがございますのでお時間のある方ご連絡ください!



今、スライドショーを作っているのですが

とっても久しぶりなので何だかすごいことになっています。
自分は潜っていないので
ゲスト様に頂いた写真を約150枚ほど使ってます。

お楽しみに!






今日の水中写真は・・・・


ペーパーフィッシュ



c0211615_12505320.jpg

真っ白なハダカハオコゼです。

目の部分にあたった光が下側に反射しているのを見ると

ほんのこの子の目ってガラス玉みたいなんだなあって思います。



この真っ白いハダカハオコゼをいろいろライティングして撮った写真がこちら


c0211615_12505347.jpg


これってやっぱり白い子で薄い子だからこんな色に写るんですよね。

青いバックライト

頭の方からはピンクのライト

正面からは普通の白のライト

・・・って感じでしょうか?


なかなか奥が深いです・・・。







若い頃は一日中でも寝ていられたのに

この頃はずーっと眠たいのに寝られない

体が疲れていないのかな?

それともいろいろ考え過ぎかな?

何もできないってわかっている車の中だと5分で落ちるんですけどね。



海の中も海の中のことだけを考えていられる素敵な場所

素敵すぎてパラオのブルーコーナーの棚の上で居眠りしちゃったこともあったなあ・・・(マジです)

潜れるってことは心の健康にはとっても良いこと

出来たら体力つけなおしてまた潜れるようになりたい。



ブログを読んでいる皆様は
無理なダイビングなんてしないで
ずーっと潜れるように気を付けて下さいね。

潜れなくなって私のように後悔してほしくないです。




今日の水中写真は・・・・


久しぶりにキリンちゃん(通称)


最近はいろんなポイントで出没中です。

c0211615_11505287.jpg


海綿の中の泥だまりにもいますよ:笑


キリンちゃんの名前の由来は

その体の模様です。

先日ちょっとだけ載せたピョコタンは黒メインでいろんな白ブチがある感じですが
キリンちゃんの場合はすべての個体がこのキリン模様をしています。




こちらはペアです


c0211615_11305863.jpg


キリンちゃんってすごく小さいのですが

大きく写している写真が多いのでその大きさがあまり伝わっていないみたいです。


大きさは大きな個体でも2.5㎝位で

小さなソリハシコモンエビが大きく見えてしまう位なんですよ。


実際に見てあまりにも小さくて萌えてしまう方が多い

この可愛さは見たことある人にしかわからないだろうなあ・・・・



c0211615_11305247.jpg

全然フォトジェニックな魚ではないですが

観察すると

その小ささや不器用な動き方で癒されるお魚です。


こんな小さな体で一生懸命生きているなんてって感動しますよ。

(この辺はサトミピグミーシーホースも同じです←行方不明中)

捕食しようとしてる時なんて不器用過ぎて
自然に顔がほころんでしまいます。


是非虫眼鏡持参で見に来てください。








昨日の夜中は雷と土砂降りでした:汗

でも、今日の朝はちゃんと晴れています:笑



もともとストレスで太る私

いつもランチは残り物だけで済ましているのに

昨日はゴーヤチャンプル、焼肉をぺろりとたいらげた後にカップラーメン食べ
その後板チョコを2枚、そしてチョコレートクッキーを完食:汗
すぐに睡魔に襲われ昼寝
(普段はこんなに食べようと思っても食べられないんですけど)

起きた時に自己嫌悪に陥っていたのですが・・・

気が付けば顔のカユカユ病が見事に良くなっちゃっていました:笑



食べてストレス解消って本当にありなんだ!?



・・・って言うかやっぱり原因はストレス?

(日焼け止めかなと思ったけど日焼け止めはずーっとつけてないのに痒くなったので)



う~ん・・昨日の分、しっかり動かなくちゃ:汗汗





今日の水中写真は・・・・


今年は当たり年らしいカエルアンコウ

(このエリア、カエルアンコウはアクアリウムフィッシャーマンに捕られちゃってなかなか見られない)



先日載せたワイドで撮れるオオモンカエルアンコウの他にも

チビチビちゃんが結構出ています。


c0211615_12071441.jpg


完全に擬態しているオオモンカエルアンコウ?




c0211615_12063257.jpg
ピンク色が可愛いオオモンカエルアンコウ




大あくび中

c0211615_12072908.jpg

極小 カエルアンコウ。 
何カエルアンコウかがちょっと自信ない





人気物のクマドリ君ももちろん


c0211615_12060250.jpg

チビチビのシロクマ君



そして


中学生のキイロクマ君


c0211615_12064653.jpg




ヒラタカエルアンコウも



c0211615_12071488.jpg



こちらは・・・ベニかな?



c0211615_12071568.jpg


c0211615_12075322.jpg


最近はカエルアンコウもレア感が無くなって来ています。


こんなことはこのエリアでは本当に珍しい



あの大うねりが運んできたのかな?









カラカラです。

昨日まで乾季並みの風と雲がなくて青い空が続いていたために


どこもかしこも砂埃だらけ
ダイブセンターも朝・昼・夕の3回お掃除をしていますが
それでも食事の時にはなんとなく床やテーブルが白くなっています。


途中パラっとは降りましたがまだ乾季
今年はGWあたりから7カ月間降らない日が続いています。


これじゃあ目の病気にかかる人も多くなるよね。


庭も裏の畑も水やりが大変です。


早朝(5時半起床)、夕方(スタッフ帰ってから)私も水やりをしているのですが
とりあえずやり始めると2時間近くかかるので結構体力を使うらしく
昼間ガイドトレーニングで海に行ってスノーケル3本して
夜のチェックインが続いちゃったりすると
睡眠時間が足りないらしく思考能力がだんだんと無くなって行く・・・・

数分前に頼まれたことすっかり忘れてしまうというのがいくつかか重なったので
今日はムンジャンガンに行きたかったのですがお休みすることにしました。


もう年には勝てない・・・汗


ブログ書いたらさっさと休もう





今日の水中写真は・・・・・


じーっとしているけど寝てない子



c0211615_13073999.jpg

オオモンカエルアンコウ


のろまに見えるけど実は泳ぐの早いし(フルフィンキックじゃないとついて行けない位)

捕食の時の動きは魚の中で一番早いんじゃないかと言われているくらいです。


じーっとしているけど筋肉をほぐすためにたまにあくびをします。

今まで観察した子はあくびは2回続けてっていうのが多かった

つまり

1回あくびしたらもう一回あくびする可能性が高いので

1回目撮り損なってもカメラはそのままスタンバイしてて下さいね!







この頃バリに住む?外国人(特に白人系)の横行が目立つようになりました。

都会では今までもあったのかもしれませんが
田舎のこの辺りではそこそこ話の分かる節度のある白人ばかりだったので
気が付かなかっただけかもしれませんが。

マナーや常識が通じないのって
かの国の人だけかと思ったけど

やっぱりどの国にも居るんでしょうね。




実は今日シークレットベイのスタッフから電話がかかってきました


「助けてくれ~!ゲストがボート代を払わないって言うんだ!!」


・・・・・・はい?



だからってサリダイブに電話しなくたっていいじゃん!?

と、半分呆れながらヘリが電話で話をしているのを聞いていたのですが



どうやら・・・


スペイン人?のショップがピクチャードラゴネットを見るのに
ボートをチャーターしたけどオケラだったらしい。



実際にピクチャードラゴネットを見たことある人だったら

なんであんなにいっぱいいるのに見れないの???????????????・・・

って?マークが100個くらいつきそうな疑問かも知れませんが

本当にそう言うことってあるんですよ。

ガイドが見せ方知らないだけなんですけどね。



・・・で、


そのスペイン人のガイドが

「ピクチャードラゴネット見られなかったからボート代を払わない」

ってごねているらしい。



白人ってもう少し賢いのかと思ったけど
そうでもないのよね。


ピクチャードラゴネットが見られないのは
ボートのせいじゃなくてガイドのスキルの問題

ボートに乗ったんだからボート代払うのは当たり前。
ボート代にピクチャードラゴネット見学代金は含まれてないんだから:苦笑

(敢えて言うなら見学料金はガイドに払うものだからガイド代がタダだよね)


とりあえず

「ピクチャードラゴネット代じゃなくてボート代なんだから払ってもらえ」

ってアドバイスして電話切っていましたが


切る間際に

「ピクチャーがいるって証明しろって言われたら助けて!」

・・って言われたらしく



「俺に任せろ!」

と言っていました。


それを聞いてて
この頃年をとって性格が丸くなったと噂されている私は
うちには関係ないじゃん?って
ただ単に面倒くさいって思ってしまうのでした。
(昔だったら結構親身に相談にのってたと思う:苦笑)




また、先日は

ムンジャンガンで餌付けをしている白人チームにヘリが

ここは国立公園で自然を守るために餌付けは禁止ですよ


と注意したらガイドらしき白人が

「俺は11年もバリに住んでいる。これは自然じゃない!自然じゃないんだから餌付けして何が悪い!」

・・・って逆切れされて

こりゃダメだと思って国立公園スタッフを呼びに行ったらしい

国立公園スタッフもタジタジで全くダメだったらしいけど。


今、外国人のガイドってビザ降りない筈なんだけど
その人11年もバリに居るって今は何してるの?って思ってしまう。

ショップオーナーでこれだったらダメすぎる:苦笑




最後にもうひとつ

隣村にダイビングセンターを作ると息巻いていたドイツ人

テックダイブをやる人らしく4本のタンクと一緒に潜行したまま帰ってこず
数日後、水深100m(?警察が言うには。本当だろうか?)のところで発見

緊急に全ダイビングセンターに集合がかかり
ガイド無しでタンクだけ貸すことをしないように
やったダイブセンターは営業停止とのお達しが出されました。

・・・っていうか
彼は自分のショップ用に揃えたタンクだったんじゃないかと思いますけど




・・・と、最近やりたい放題の白人さんが結構目立ちます。


こんなことが続くと
やっぱり変な外国人にはビザを出しちゃいかんと思うよね。


年々イミグレーションがビザの資格をきつくしているのも理解できる気がします。

そうでもしなくちゃアホな外国人にインドネシアを滅茶苦茶にされてしまう

ただでさえちゃんとしてないのに:苦笑


シンガポールはシンガポール人以上の有資格者にしかビザを出さないように
そのうちインドネシアもなっていくのかもしれませんね。



なんだか愚痴みたいなブログになってしまった


いかんいかん・・・






今日の水中写真は



外人さんが大好きなでっかいカエルアンコウ



c0211615_21463820.jpg
オオモンカエルアンコウ



マクロ好きな日本人のゲスト様だと

目の上のたんこぶ・・ならぬ

目の上のタテジマヘビギンポの方が先に見えてしまうかもしれないですね:苦笑










今日の水中写真


最近早くも幼魚系が出始めています。

水温低いままなんですけどね。


・・・と言うことで


極小カエルアンコウ


c0211615_21555693.jpg

まだ着底したばかり・・・と言うか

写真を撮っている時もふわふわ漂っちゃうサイズだったらしい


こんなの良く見つけたなあ:汗






そしてこちらも普通だったら極小クラス


c0211615_21553308.jpg

一枚目の写真見ちゃったらでっかく見えちゃうけど

これでも1~2㎝の個体だと思います。



この子達がちゃんと育って捕まらずにいてくれたら

この辺りってカエルアンコウパラダイスなのになあ・・・


無いものねだりしても仕方がないですね:苦笑





今日からゲストが数日いないので

都会に買い出しに出ます。


メールの返信等遅くなりますのでご了承ください。









今日の水中写真



滅茶苦茶・・・擬態中:笑



c0211615_22433656.jpg


オオモンカエルアンコウ


かれこれもう一年近くこの辺りに住み着いています


友達もいます


c0211615_22442283.jpg

メスは滅茶苦茶お腹が大きいですね:汗

産卵かなあ・・・




いっぱい子孫を残してちょうだいね。


そしてアクアリウムフィッシャーマンに捕まりませんように:祈








今日は青いムンジャンガンへ行ってきました。


本当に青かった:笑


c0211615_22492650.jpg

風もなかったので水面がツルツルで

海の中が丸見えでした:笑


こんな日にムンジャンガンに行けてラッキー!

私はどうせ風が強くて写真なんて写せないと思って
中途半端なバッテリーしか持って行かなくて
途中でバッテリー切れ

滅茶苦茶後悔しました:涙

いや、だからコンディションが良かったのかもしれないですね。



今日の午後Sari Diveのボートの後ろにつけてきたボート2艇

白人さんがいっぱい乗っててガイドは合計3名

こんなポイントに珍しいなあ・・って思ったらガイドが

「このポイントはマクロダイブできるか?」

と聞いてきました。



ボートマンが

「うちのゲストはマクロゲストだからこのポイントに入っている」

というと、安心してエントリーしていきましたが



どのくらいの魚をマクロというのだろう?

まさか・・・オオモンカエルアンコウとか?(マクロとは・・言わないよね:汗)


どちらにしても魚を知らないガイドじゃ
ムンジャンガンのどのポイントもマクロダイブ無理じゃんね。



あの方たちどうなったのだろうか?





し~らないっと。




マクロ好きだったらダイビングセンター選ばないとね。









今日の水中写真



c0211615_11310285.jpg

オオモンカエルアンコウ X 2


ゲスト様は最初手前の子が見えなくて1匹だと思っていたそうです:笑



そうそう

オオモンカエルアンコウとかコブシメとか・・・

普段マクロをやっている方には大きすぎてなかなか見えてこないことありますよね。



一生懸命指さされたカエルアンコウの目のあたりを探していて

目をじーっと見てたら

この点の感じ見覚えあるなあ・・・
まるでカエルアンコウの目みたいだ・・・

って改めて視野を大きくとってみると


おお!カエルアンコウだった!


・・・みたいな:笑




マクロダイバーあるあるですね。





体調がすぐれずずーっと寝ていたんですが

昨日の夜辺りから起きて座っていられる時間が長くなってきました。

今日は朝ごはん食べてからずーっと起きていられているのでもう大丈夫:笑


丁度ゲスト様も今日チェックインされるので間に合いました!


・・・と思ったら


洗濯機が壊れた~:汗


修理不能っぽい:涙


何しろ9年選手!


もう買い出しには間に合わないし
2台あるのでこのピークシーズン1台で乗り切ります。

(その昔はずーっと一台だったし)

ハウスキーピングは試練だなあ・・・







あと、私が寝込んでいるうちにダイブセンターの雰囲気が変わりました


c0211615_12383791.jpg


わかりますか?

リピータさんだったらピンと来るかも?



〈ヒント〉

すぐにペンキがはがれちゃって毎回ペンキ塗りが大変だったんですよ



なんだかバリっぽいというよりカリマンタンっぽいデザインになっちゃいましたが:笑



イメチェンできたかも。











今日の水中写真


c0211615_15504855.jpg

ハウスリーフに住んでいるらしい

赤いオオモンカエルアンコウ

アクアリウムフィッシャーマンから大人気!?
赤いカエルアンコウはかなり高く売れるらしいです:汗

見つからずに長生きしておくれ・・・・





昨日からヘリの友達家族が来ています。

トランバンのホテルのプールで遊びすぎて疲れていたのか

到着時はバッテリー切れを起こしていた3人の子供たち
夕方になったら元気になって

ジェンガだのトランプだののゲームで遊びだし
夕食を食べたら桟橋に星を見に行ったきり帰ってこないなあ・・って思ったら

電池切れでヘリ達が部屋まで移送:笑



今日も朝からどこかにお出かけの予定だったけど

桟橋の周りで遊んだり、磯遊びをしたり、ラキと遊んだり、
リゾート中を駆け回りお出かけ拒否

結局お昼ごはんも食べに行かないと言いう:汗
キッチンスタッフ帰した後だったので急遽ナシブンクス(お弁当)購入


ここは何にもないんだけど
意外と子供たちにとってすごく楽しい場所らしい

両親は余計な出費がないし
子供たちが勝手に遊んでくれるので楽だったみたいです。


プールがある訳じゃないけど
意外とうちってファミリーとかもいけるのかな?

・・・と、新しい発見。

日本人の子供だとちょっと勝手が違うかな。

でもこの子達もまだ小さいのにみんな自分のスマホを持ってたり
エアコン付きの部屋でしか寝たことがないお金持ちの子達です。
(パパ(ヘリの友達)がめっちゃ金持ちらしい:汗)

今日はクタにホテルをとっているということで
先程出発しました。


人の良いヘリは友達と一緒に旅行・・というよりはドライバー役で
結構ヘトヘトになっていましたがあと数日お付き合いするそうです。


・・・と言うことで

ヘリはあてにならないので

明日はコマンとアルタナでリサーチダイブに行かせます。

せっかくのチャンスなのに何もしないのは勿体ないですから。



私も潜れたらいいのになあ・・・。








今日の水中写真


久しぶりに登場



c0211615_18572529.jpg

通称:キリンちゃん

体の模様がキリンだからそう呼んでいます。

一般的には超レア物に入ると思いますが
このエリアではあるポイントに行けば(あ。ハウスリーフにもいますけど)ほぼ見られる魚です。

体長は・・大きくて2.5㎝位?

泥地に住んでいてこのキリン模様が滅茶苦茶馴染んでいます。

世界一!?の泥ポイントなのでこの子を見るのにはある程度のスキルが必要です。

ハウスリーフで見つけられるようになったら

あなたもSari Diveマスター!!笑





昨晩、久しぶりにアグン山で割と大きめの噴火がありました。

現地よりもバリクパパンやロンボクに住む人からの情報で知りました。
なかなか現地からの情報は無くて・・
もしかして制限しているのかもしれないですね。

ここで入ってきた情報によると

風向きが良いのでデンパサール空港はずーっと通常通り

ロンボクの空港も通常通り

逆にジャワ島にあるバニュワンギの空港が閉鎖
(火山灰が海をぐるっと回ってジャワに落ちているみたいです。ムンジャンガン方面には灰は降ってないのに。不思議)

バリの観光地も通常どおり

もちろんSari Dive & Cottageも通常通り:笑



今ゲスト様がいらっしゃるんですけど明日チェックアウト

この分だと飛行機キャンセルの心配はなさそうなので安心しています。



そして明日からSari Diveはまたもや長~いゲスト無しDAY。

火山にヤキモキしなくて済むように神様がゲスト無しにしたんでしょうね。きっと

私も飛行機どうなるか?ってヤキモキするくらいなら
ゲスト様も楽しい休みなのにそれ以上にヤキモキするだろうし
心配あるうちはゲスト様いなくても仕方がないって思っています。

今回は火山も大きく空気抜きしたみたいだし
早いとこ終息してくれたらいいなあ・・・



さあ、今出来ることをがんばろ~っと!