人気ブログランキング |

カテゴリ:共生しないハゼ( 56 )


昨日からまた南西の風が強くなっています。

埃が舞う季節だあ・・・



ムンジャンガンの南側のポイントは浅場が荒れて潜りづらくなります。

まあ、風波なので本当に表面だけだから
浅場のスズメダイとか狙わなければダイバーには問題なし

それよりも
上で待っているボートマンの方が大変です。
最近はフリースに毛糸の帽子かぶってます:汗

(実は私もスノーケリングなので大変:涙)

全体的に透明度は良いのでワイドな方は今がチャンスですよ。




今日の水中写真は・・・・



マングローブ


c0211615_12153184.jpg




近づくと・・・・・



c0211615_12153030.jpg

トビハゼアパート:笑

根っこにしがみつくトビハゼが見られます。

(この写真には3匹のトビハゼがついています)





もちろん水中写真も撮れますよ

(これは上の写真と別のポイントですが)



c0211615_12153119.jpg

光のシャワーがまぶしい!!


マングローブの下はホソスジマンジュウイシモチのお家:笑

人間を知らないのでじっと観察しているとイシモチたちがこちらの様子を見に来ちゃうんですよ。






この辺りのマングローブはサンゴ礁が近く海沿いにあるので透明度が高いです。

特に大潮の満潮時はお勧め!!

上の写真は小潮の時
小潮でもこれだけ撮れますが大潮だったら・・・きっともっと美しい。

ゲスト様と話していて気が付いたんですけど

マングローブを水中撮影するのにバリ島西部ってとっても条件が良い場所かも
これって売りですよね。

これからマングローブ売り出して行こうかなあ・・・

(SUPも購入予定だし:笑)



マングローブも浅場なので風が吹くこの時期撮影が難しくなりますが
いろんな向き、場所にありますので


是非トライしたいという方はリクエストを!!






今日もいいお天気

日本ってもしかして海の日の連休?

・・・そんなことは全く感じさせないサリダイブの客足:笑


遠いですからねえ・・・。


ショックなことが一つ

愛用していたスマホ用のワイドレンズのクリップが壊れた~:涙

一度は壊れたけどヘリがボンドとプラ板で直してくれましたが
今回は直せない部分。

あの部分だけって売ってないのかなあ・・・

う~ん・・・ネジ部分だけ携帯ケースにボンドで止付けちゃおうか:苦笑
意外とその方が邪魔じゃなくていいかも!?

壁にぶち当たると意外といい方向に物事が進むことが多い
時間が出来たら試してみよう






今日の水中写真は・・・・


ピコピコ


c0211615_11340111.jpg

ホムラモドキと呼ばれているMini mud goby

上の写真はオスの個体


胸鰭と背びれをピコピコ動かしながら歩くように動きます。





こちらはメスの個体


c0211615_11340191.jpg

背びれがオスの個体のように長く伸びていないのがわかります。


この子達がもうちょっと派手な色してくれてたらなあ・・・・

人気の被写体になるのに



でも、この動き方
ビデオだったら人気者なりそう:笑












今日は朝焼けは一度起きたけど二度寝しちゃいました:笑

10年間いろいろ頑張ったから
これからは少し肩の力を抜くことにしました。

ただでさえ不眠症なので眠たい時は寝る!
前まではそんな当たり前のこともなぜかできなかったんだよなあ・・・



昨日はシークレットベイへ

水温は25~26度 

普通のボートポイントより2~3度低いです。
これ以上下がるとピクチャードラゴネット減っちゃうから下がらないでほしい・・・祈
今はまだ沢山いるそうですよ。

ちなみに一昨日潜ったボートポイント(ムンジャンガン)は28度

昨年までに比べると冷たいですけどこの位が一番珊瑚に優しい理想的な水温です。

珊瑚の復活のためにもこの位の水温が続いてほしい!


・・・と言うことでウェットスーツのおすすめは
5mmワンピース+フードベスト
と言う感じです。

これに水面休息用のボートコートがあるのが理想的かな。




今日の水中写真は・・・・


カニハゼ



c0211615_12155090.jpg

ハゼ嫌いな方でもなぜかこのハゼだけは好きと言う方が多い

カニハゼと言うのは
背びれの黒い点がカニの目のように見えるから

そしてハゼ自体は前後に動くのですが
それがまるでカニが横歩きして見えるから

写真のようにこれだけ大きな個体だと

へ~・・・

って感じですが


小さな個体だと確かに目の部分だけが強調されていて
それが横に動くので

あ!カニ!!

って思う事がありました。


特に大人の目で見るとそんな感じです:笑


この辺りでは普通種でいろんなポイントで観察出来ます。







雨が降らなくなって早・・1カ月半?

毎日のように庭の植物にスプリンクラーで水をあげているのですが

葉っぱが黄色くなってしまっていたり
増えてはいるんだけど背丈がどんどん小さくなってしまっていたり

なんだか健康そうじゃない。

土は全面的に入れ替えたので土のせいじゃないと思うんだけど

・・・ってことは問題は水?

水質検査では問題は出なかったけど

毎日撒くにはアルカリが強すぎるのかな?

それとも日差しが強すぎるのかな?


せっかく庭も綺麗にしたからどうにか保ちたいんだけど

この問題はずーっと解決できないような気がする

専門家の方だとわかるのかな?


悩みはつきない






今日の水中写真は・・・・


ちょっとマニアだけど綺麗な子



c0211615_11290567.jpg

アデオオモンハゼ


尻びれが何とも言えなく美しいです。


図鑑で見ると青い尻びれの子が多いのですが
バリ島のこのエリアではこの黄色いバージョンが多めです。
(青い子もいます)

水深~1mの子なので水面休息中に観察出来ますよ。

写真を撮るのは難しいので目で観察するのがおすすめです:笑






長らくブログをお休みしました

昨晩・・・と言うかほとんど今日の朝にSari Diveに戻って来ました。


今年は10周年だというのに・・まだ今年も半年だって言うのに・・・

帰国を含めて3回も長期休暇をとってしまいました:笑

(…それだけゲストがいないってことね:汗)


10年間頑張ったから今年から頑張り過ぎないようにしようとは思ってたけど
こんなに頑張らなくてもいいのか?って疑問も感じる今日この頃・・・

明日から頑張ります!


予約メールお待ちしてま~す!!


ベストシーズン到来ですよ!
(ちょっと幼魚は少なくなるけど・・・)


バリ島西部は相変わらずカラカラなお天気が続いています。






今日の水中写真は・・・


ミニマッドゴビー


c0211615_17562208.jpg

ホムラモドキって呼ばれている子


ホムラハゼのように胸鰭をピコピコ動かしながら動くのがとっても可愛いです。

もうちょっと色が派手だったら人気でるのになあ・・・






相変わらず良いお天気が続いています。


やっとやっとSari Diveの開店休業が終わりました。

6月の潜り始め。

ラマダン・ハリラヤ開けての潜り始めです。

モスリムのスタッフ達は明日まで全員お休みにつきサリフがいないので
ガイドはヘリとコマン
ヘリもモスリムですけど責任者なので出動。


Sari Diveはヒンドゥのスタッフが70%モスリムのスタッフが30%なので
各々のセレモニーの時にはセレモニーじゃない方のスタッフが出勤して
セレモニーのスタッフはお休みがとれるようにしてあります。


デラワンの時は皆がモスリムだったから大変だったし
ワカショレアの時はヒンドゥのセレモニーだった時は大変だった

その時に学んだ宗教の多様性の必要性・・・バリだから可能です:笑
(まあ、ビジネスにって話ですけど)


いろいろ失敗したけど
いろいろ学んだなあ・・・

これからも失敗しながら学んでいこうと思います。






今日の水中写真は・・・・


昨日のモエギハゼの一種がいるような場所に居ます。(水深18m位)



c0211615_12521602.jpg

カグヤハゼ属の一種


この子は・・・小さいですよ~!

2㎝位でほぼ透明に近いピンク色なのでかなり本気で探さないと見つかりません。



ヒレ全開の写真がいまだに撮れていません。

誰か挑戦してみて下さい。

(DECOは出さないでね)






今日も良い天気です。

ゲストがいないと思ってボケボケしてたら何もしない間に
今日の夜からゲスト様チェックイン

変に時間があると思うと逆に何も出来ない気がする:汗

適当に少しずつ(週に2日とか)お休みがあるといいのになあ・・・

この辺りだけは会社勤めがうらやましい

でもきっと会社勤めだったら私みたいな不定期で長く休めたりするのがうらやましいんだろうなあ。

ないものねだりですね。






今日の水中写真は・・・・


モエギハゼの一種


日本に居るTHEモエギハゼではありません

ズングリムックリな子で水深は15m~深いところ

かなりお気軽に見ることだ出来ます:笑


c0211615_12222329.jpg
上の写真はメスだと思われるぽっちゃりな子


そして


オスは背びれが長めです。


c0211615_12222380.jpg
オスメス比はメスの方が多いかなあ・・・



水深はお気軽ですが

泥地なので透明度が良くないことと・・

泥をまかないテクニックが必要です。







今日はハリラヤ


モスリムのスタッフは礼拝が終わった後
それぞれ挨拶に来てくれました。

モスリムの方達は1か月の断食をすることで
ハリラヤにはそれまでにお越した過ちや悪いことを謝ることで許される
・・・と言うリセット的なシステムがあるそうです。

ある意味羨ましいなあ・・・


とりあえず


今日からコーランも通常に戻ります:笑




今日の水中写真は・・・・


ラブラブと言うよりはやる気満々


c0211615_16443689.jpg

ミニダートゴビーもといドワーフピグミーゴビー

オスが黒くなってやる気満々です。

すべてが真っ黒じゃなくて鰭は鮮やかなブルーなのが美しいですよね。






そしてダートゴビーつながりで


桟橋に居るベニツケサツキハゼ



c0211615_16471689.jpg

この子達も目の下に青く光る部分があります。

水中で目立つには青く光るって結構重要なことなのかもしれないですね。







昨日はお出かけして駐車場に停めていた車を当て逃げされた:涙

ワイパーに

「ぶつかったのは○○○○」

とナンバープレートを書いたメモが挟まっていた

多分、目撃してくれた方が書いてくれたんだろう・・・


一応駐車場の管理スタッフに事故証明?みたいなものを書いてもらったけど

警察に届けたところで相手が「お金持ってない~」って言ったら
泣き寝入りが当たり前だしそんな労力が無駄なような気がする

(前に経験あり。直してくれるどころか良くわからない理由でうちの保険で相手のバイクも直した)



日本のように皆が保険に入っていないですし常識が違いますからね。

自分の車を直す保険しか入ってないしお金持ちは貧しいものを助ける…みたいな。


ゲストが切れたら自分の保険で修理に出します。


まあ、これだけで済んで良かったと思わなくちゃ





今日の水中写真は・・・・


超泥ポイントのハゼたち


マニアすぎて良さがわからない方も多いと思いますが:汗



リボンゴビーと呼ばれているハゼ

c0211615_11030238.jpg


水深20m位

横から見ると結構大きなハゼなんですけど

真正面から見ると平べったくてリボンみたいだからそう言う名前がついているんだと思います。


う~ん・・・なんというか

マンボウみたいな感じ?

横から見ると丸いけど前から見ると細いみたいな!?



幼魚のシーズンらしく小さい子も沢山いたらしいです。


c0211615_11030275.jpg





そして  

この子は名無し


c0211615_11025296.jpg

サリダイブ通称: ヘリゴマ君

全然ゴマハゼなんかじゃないんですけど

思いついたのがゴマハゼでヘリが見つけたから勝手にそう呼ばれています。

気まぐれに移動するので難易度高め






こちらはちょっとだけ知名度高いかな?


モエギハゼ・・・の一種


c0211615_11025127.jpg

今はめっちゃチビチビらしいです。

まだ鰭も小さい:笑



泥地のハゼたちは

レアもの好きのマニアの方にはよだれものですが

普通のダイバーにはちょっと理解不能かも知れないですね:苦笑



地味だし。



こちらの超泥ポイントはご希望ある方しかお連れしていないので

ご希望の方は忘れずにリクエストを!!






依然としてうねりがとれず

風は無いのになあ・・・

今日ゲスト様チェックアウトでしばらくお休みになります。

お休みの間に海況が良くなることを祈ります。


先日ブログでも書きましたが花壇の工事が始まっています。

これが結構手際が良くて今日で5日目ですが
ダイブセンターの前はもう終わっちゃいそうな勢い

早く植える植物やいろいろ・・を買って来なければ:汗

雨期の間にちゃんと終わるかなって心配でしたがこの分だと楽勝です。


・・・と言うことで

数日メールの返信等遅くなりますのでご了承ください。




今日の水中写真は・・・・



この子も工事が上手:笑


c0211615_11040868.jpg

カニハゼ


一生懸命穴を掘って自分のお家を作ります。

そしてお家を作りながらご飯も食べているという…一石二鳥な奴

(砂ごと口に入れて濾しながら中にある有機物を食べて、エラから残りの砂だけを出しています)


サリダイブではいろんなポイントで観察できる普通種です。



最後にもう一回

メールの返信等遅くなりますのでご了承ください。