カテゴリ:共生しないハゼ( 47 )


依然としてうねりがとれず

風は無いのになあ・・・

今日ゲスト様チェックアウトでしばらくお休みになります。

お休みの間に海況が良くなることを祈ります。


先日ブログでも書きましたが花壇の工事が始まっています。

これが結構手際が良くて今日で5日目ですが
ダイブセンターの前はもう終わっちゃいそうな勢い

早く植える植物やいろいろ・・を買って来なければ:汗

雨期の間にちゃんと終わるかなって心配でしたがこの分だと楽勝です。


・・・と言うことで

数日メールの返信等遅くなりますのでご了承ください。




今日の水中写真は・・・・



この子も工事が上手:笑


c0211615_11040868.jpg

カニハゼ


一生懸命穴を掘って自分のお家を作ります。

そしてお家を作りながらご飯も食べているという…一石二鳥な奴

(砂ごと口に入れて濾しながら中にある有機物を食べて、エラから残りの砂だけを出しています)


サリダイブではいろんなポイントで観察できる普通種です。



最後にもう一回

メールの返信等遅くなりますのでご了承ください。





今日は朝から青空がのぞきました:笑

昨日がこの天気だったら良かったのになあ・・・・



今日で年末年始のゲスト様達がラストダイビングです。

今年は少しうねりが入っていたのでバリ島側のポイントがイマイチでしたが
ゲストの皆さまが今そこにある環境で楽しめる方達だったので
ガイドの方も乗りに乗ってガイドが出来たようです:笑


ああ・・これでシャリフとアルタナの心が変わってくれるといいのになあ・・・



今日の水中写真は・・・


超地味だけど意外と人気があった子


c0211615_14374549.jpg
通称:ホタテワ二ハゼ


マニアすぎてこの人気の理由は普通のダイバーにはわからないと思います:苦笑





c0211615_14385859.jpg

本当にハゼなの?なんて声もありました。


本当に変な魚。


絶対にフォトジェニックではないですけどね。









数日前までの洪水が嘘のように良いお天気が続いています。


空が青くてまるで乾季のよう・・・笑


透明度もきっと徐々に回復してくるはず!



今日はちょっとお知らせです。


年末年始のお客様へ

すごくインフォメーションが遅れてしまいましたが
(もうチェックインされている方もいるし:汗)

今年のガラディナーの料金が決定しました

お一人様 Rp,250,000 
(もし大雨でガムラン演奏が準備出来なかったら・・Rp. 200,000)

と言うことになりました。


今年も賞品獲得!張り切ってください!

・・・来たことない方にはわからない話題でスミマセン:汗






今日の水中写真は・・・・



どっちも一般的にはレア系



c0211615_12061275.jpg

モエギハゼの一種

水深14m位からいるところにはいっぱいいます:笑




そして



あまり騒がれたりしないのだけど



c0211615_12073560.jpg

アオハチハゼ


この子も一般的にはレア系だけど・・・・

この辺りには結構個体数がいてその他大勢扱い:汗

ハウスリーフにもいます。



レア系なんだけどなあ・・・・



そんな2種類がこんな風にいたら・・・


c0211615_12134493.jpg

見る人が見ると滅茶苦茶有難い感じ:笑


でも、色も地味だし


マニアじゃないとわからない有難さですね:苦笑








今日はムンジャンガンへ

私はスノーケラーゲスト様と楽しんで来ました:笑

ヤッパリ乾季のムンジャンガン好きだ!

(ローカルがサンゴの上に立っているのを見るのは悲しいけど)




サトミピグミーシーホースの続報!

昨日、ヘリがサトミピグミーシーホースの目で探してみた所

複数個体居るのが確定しました。


(見つからなかっただけでやっぱり居たんだなあ・・・)


これからもう少し本腰入れて探すともう少し出てきたりして:笑

・・・なんて、期待しちゃいます。

ああ・・今一度潜れるようになりたい:祈




今日の水中写真は・・・


ミニマッドゴビーことホムラモドキちゃん



c0211615_19484527.jpg

この子も昔よく見た懐かしい子だったなあ・・・

お盆の頃にはざっと5個体位出てましたけど
そう言えば今はどうなんだろう?

彼らの中のブームは終わっているみたい?汗



今年はこういう懐かしい出物が多いです。


初心に戻って頑張れってことでしょうね。きっと。




最後に

来年のGWの予約がだいぶ詰まってきました。

どうしようか迷っている方お早めにお問い合わせください!!










今日の水中写真


ホムラハゼ・・・に似ているミニマッドゴビー



c0211615_09494908.jpg

お盆のゲスト様の大喜びを見てから

これはゲストにウケる!と学んだガイド達

高確率で見せ続けています。



c0211615_09500879.jpg

ゲストにウケるのはもちろんこの魚自体でもあるのですが


ブリーフィングもウケる:笑



実はSari Diveで利用している図鑑には

このミニマッドゴビーの載っているページにホムラハゼも載っていて



「今日はこの魚を見に行きます!」


とそのページを見せると



ゲスト様が必ず



「え~!!本当?~!!」



と喜びの声をあげるので



すかさず


「こっちじゃなくてこっち~!」


と言ってゲスト様の反応を見るのが楽しいらしい。




・・・あ。彼らのネタをばらしてしまった気がする:汗





このブログを読んだ優しいゲスト様

カラオケの合いの手だと思って

わざとらしいくらいの喜びの声・・お願いします:苦笑




昨日のコマン(昨日のブログ参照)

とても心配している私を横目に

ブリーフィングの時
先日のミスを謝ったあと
ちゃんとこのギャグ?を笑顔でゲスト様にやってのけてました。


やっぱりコマンは強い。


これからが楽しみです。










今日の水中写真


モエギハゼの一種なんですけど・・・

ちょっとした発見:笑


まずはオスメスの写真



メスと思われる写真


c0211615_12025384.jpg

このハゼの特徴なんですけど

THEモエギハゼに比べるとずんぐりむっくりな体形

お腹の部分はぼってり感あり

背びれも短め



そして


オスと思われる個体


c0211615_12030496.jpg

メスに比べるとスリムなイメージで背びれが若干長め

喧嘩をした後らしく尾びれはボロボロ



写真を見てわかると思うんですけど

オスメスの違いがはっきり判る感じじゃないんですよ。

なんとなく・・・そうかな?って感じ



・・で、他のゲスト様に頂いた写真でちょっと面白い写真


おそらくオス2匹でメスの取り合いじゃないかという場面なんですけど


c0211615_12181039.jpg

奥のオスの背びれがめっちゃ長いですよね。

(手前のは閉じちゃってるんですけど)


そして



c0211615_12182571.jpg
今度は奥のオスが背びれ閉じちゃってるんですけど

真ん中のオスって背びれ大きいけど長くない:汗




最後にオス二匹の写真

c0211615_12183930.jpg

体の大きさは同じくらいなのに背びれの大きさ・長さ・形がかなり違います。


これって・・・

背びれの大きさではオスって決めることが出来ないってこと・・ですよね。


個体が大きくなれば長くなる訳でもないので


う~ん・・・背びれって個体差なだけですかね。





・・ということで



このハゼの背びれは個体差で大きくなったりならなかったりする。


そして


やっぱりオスメス見分けるのは難しいってことが発見!


(それは発見じゃないって声が聞こえそう・・・苦笑)




そして残った疑問は


メスでももしかして背びれの長い子が居たりするのだろうか?

そして

全体的に背びれの長い子が少ないってことは

背びれの長い子より短い子の方がモテるのだろうか??
それとも背びれの長い子の方が淘汰されやすいのだろうか?




なんかそうやって考えると面白くないですか?




自分が潜れないのでゲスト様の写真でこれからも考察していきたいと思います。


・・・って事で



皆さんSari Diveに来ていっぱい写真撮って下さいね!!









今日の水中写真



今日も普通じゃないポイントの深場22mから



カグヤヒメハゼのSPに交じって泳ぐこの子


c0211615_11493068.jpg


めっちゃ紛らわしい子達


他にも上の写真とは別種かもしれませんが

何となくピンクっぽい子もいます





c0211615_11490158.jpg


それで


この子は一体誰?


って話になり


図鑑で調べてみるとオグロクロユリハゼの幼魚が一番近い


きっと、オグロクロユリハゼだろう


・・って事になったんですが



この辺りのポイントで、オグロクロユリハゼの成魚・・・全然見たことないんですよね。


う~ん・・不思議



最近、流れ着いて来たのかな?


それとも他のハゼなのかな?




バリで10年以上海を見て来ましたが

未だに固定種が変動しています。

昔いっぱいいた魚がすごく少なくなったり

以前は見なかった魚がいっぱい出てきたり


水温や環境の変化もあるかも知れないですけど

マブールやデラワンってそんなんじゃなかった気がします。
(昔の方がしっかりログもつけて魚もよく見えていたので)


バリって(・・というか特にこのエリア)
まだダイビングとしては発展途上なんじゃないかなって思いました。


そんなだから私が潜れてたとしても・・・
やりがいあり過ぎてまた減圧症になる気がします:汗


このままドクターストップで
スノーケラーで居る方が身のためかもしれないですね。






話は変わって


何度も書いてきましたが


最近のハウスリーフとっても透明度良いです。


先月の様なムンジャンガン並みというのは少なくなってきましたが
まだまだ普通のポイント位の透明度を保っています。


ハウスリーフはギンガメアジやバラクーダもいるし
キリンちゃん、ブラックスピアーシュリンプゴビーやオイランハゼ、
リボンリーフゴビーにマンジュウイシモチ・・・・

足りないものは透明度だけって言われてた位だから

今はパーフェクトな感じです!



雨が降らないうちに
是非皆様に潜りに来てほしいです。


迷っているなら今すぐ来て~!!









今日の水中写真


普通じゃないダイバー向けポイント深場・・・と言っても22m位



c0211615_12391564.jpg

フラッグテールダートゴビー こと スミレハナハゼ


日本などではかなり深いらしいのですが
このエリアでは20mそこそこで観察することが出来ます。

・・・と言っても泥ポイントなので透明度次第ですが:汗


今回は機嫌が良くてヒレ全開だったそうです:笑



写真には残せなかったらしいですが3~4㎝の幼魚も居たそうです。

この後のチームがゲットできるといいのですが・・・





話は変わって・・・・



「ボートを全面禁煙と致します。」


前からどうするべきか悩んでいたのですが

西表のサカナさんにボート禁煙の会?のお誘いを頂き決心がつきました。


タバコはダイバーにとって減圧症、また心筋梗塞の引き金になりやすい
吸っていない方も副流煙の被害を受ける
意外と煙草の煙は遠くまで届き
吸っていない人にとっては気持ちの良いものではありません。
(喫煙される方にはあまり感じないかも知れませんが・・)

それ以外にも

バリではボートの燃料にたばこの火がついてエンジン爆発という事故が
過去に何度も起きています。


安全、そして快適なダイビングを目指すサリダイブとしては
やはりそのポリシーは通すべきと思いました。


実はリピータの皆さまは意外に思うかもしれませんが
Sari Diveのスタッフはほとんどが喫煙者です。
(今はガイド3人自ら吸わなくなりましたが)
これまでもスタッフはボートの上で禁煙となっているので
ゲスト様の中にはスタッフに喫煙者がいるとわからなかった方もいるかもしれないですね。
実は今も休憩中、順番に陸に吸いに行っています。

私は煙草を吸ったことがないので喫煙者の気持ちがわからなかったのですが

確かにダイビング後の一服は美味しいそうですが
陸に上がるまで我慢できないものでもないみたいですし
陸へ上がって頂ければ自由に吸って頂いて構いませんので
これからはそのようにして頂ければと思います。

よく考えたらバリへ来る飛行機7時間は吸わないでいられるわけですし・・・これは言い過ぎかな?



喫煙者の皆さまのご理解を頂ければと思います。

宜しくお願い致します。













今日の水中写真


深場ついでに・・て言っても水深18~22m位




ピンクダートゴビーっぽい魚


c0211615_11410875.jpg

なんかお腹に寄生虫ついてる!?

この子達数年あまり見られなかったんですが今年はいっぱい出てます。


全然話違いますが
本家ピンクダートゴビーにカグヤヒメハゼって名前がついたらしいですね。
カグヤヒメハゼSPって呼んでもいいのかな?





色味は体の向き&光の当たり方で変わって来るみたいです。



c0211615_11480658.jpg

斜めから見るとピンクというよりオレンジですね(後ろの子)




なかなかヒレを開いた瞬間の撮影が難しいのですが
今回、ゲスト様の写真に写ってました:笑



c0211615_11500760.jpg

思ったよりヒレは小さめ?


2~3㎝位のチビだったからでしょうか。




現在は滅茶苦茶チビが多いそうです。


これは1.5㎝位の子



c0211615_11520198.jpg
ここまで小さいとほぼ透明:笑

ピンクダートなのかわからない位ですね。




普通のダイビングショップは行かないポイントです。

そして

普通のダイバーだって判断した場合は連れて行かないポイント:汗



泥ポイントなので好き嫌いがくっきり分れます。


自分は普通のダイバーじゃないっていう方はリクエストをお願いします!!








今日の水中写真


Sari Dive的には深場の子


深場って言っても水深15~25m位ですけど



c0211615_12182456.jpg

モエギハゼのSP.

この子はオスの個体


そして

ずんぐりむっくりなのが・・・メス

c0211615_12184436.jpg
いかにもお腹に卵が入ってそうですよね。


ちゃんとペアにもなっているし


c0211615_12201235.jpg


例年だとこの時期幼魚がいっぱいなんですけど

今年は結構個体が大きいものが沢山だったらしいです。



c0211615_12203215.jpg

沢山いる中に一匹だけホシハゼの一種が写っているんですが

この割合でみられるので

ついホシハゼを撮ってしまう方いますが

一応一般的にレアなのはモエギハゼSPになります:笑




あ、そうそう

お盆のゲスト様は綺麗な写真を撮るのが目標のゲスト様ではなくて

魚の種類がわかるように図鑑的な写真を撮るのを目標としているゲスト様です。


・・・と言うことでしばらく


サリダイブで見られる魚たち


というブログが続きますのでお楽しみに!!