人気ブログランキング |

カテゴリ:共生ハゼ( 93 )


今日も青空が広がるバリ島西部です。

夜になると雨が降ります。いい感じ。


いろいろな国で入国制限がされているようですね。
日本人と言わずすべての国に対してみたいですが。


インドネシアは一部地域を除いてまだ制限はかかっていません。

中国・韓国・イタリアに居た人に関しては入国制限がありますが
日本人に対しては未だにスルーみたいです。
(日本人でも上記の国に2週間以内に行っていると入国は条件付きになります)

今ダイビングされているゲスト様がデンパサール空港に到着された時には
黄色い健康調査票?を書かされただけで何のチェックもなかったそう・・。

熱くらいは測っていると思ったんですが:汗

(知らないうちにチェックされていたのかな?)

都会の方は良くわかりませんが
この辺りでは特にコロナと騒ぐ人も少なく
なんというか・・コロナが冗談で通じる位な感じです。

田舎過ぎますからね:汗

外人のゲストも少なくてダイブショップはどこも開店休業状態

リゾートも15日出勤(半月働き給料も半月分)のところが出てきて
危機感がないだけに仕事を無くした人たちが外でボーっとしています。


昨日からインドネシアの学校も一斉休校となり(地域差あり)
サリダイブに研修に来ていた子達も研修休講!?だそうです。
(・・・って言うか全然学校なんか行ってないじゃんね:苦笑)

それで学校の先生が朝9時に挨拶に来ると言うので待ってたんですが
9時半になっても現れない。

10時過ぎて他の用事をしに出掛けようとしたらやってきた。

う~ん・・先生がこれじゃ生徒は時間守れない訳よね。

(寝坊で遅刻常習犯の研修生なので:苦笑)

・・・と呆れてしまいますが、

まあ、これがインドネシアってやつですね。


こんなに危機感無い人たちの子供が
学校お休みになっても家の中に居る訳ないって言うか
逆に出歩いちゃって収拾つかない気もします。

インドネシアでもコロナ陽性の人は見つかっているみたいだけど
重症者のニュースはほとんど聞こえてこないので
どうにかなっているんだろうなあ・・と思います。


日本もほとんどの方が治っているようですね。

FBで見た情報ですがで日本の本日のコロナ入院患者は11名しかいないというのを読んで
コロナにかかった延べ人数ばかり報道して大騒ぎですけど
これならば日本は他の国に比べるとコロナ政策に関しては
うまくやっているんじゃないかな?って思いました。



インドネシアはこれからどういう政策をしていくんだろうなあ・・・。


これからトイレットペーパーとか無くなったりするのかな?


(それは無いな。ローカルは使わないし:苦笑)






今日の水中写真は・・・・



久しぶりに登場のこの子



リラックスが大事_c0211615_16022377.jpg


ヤノダテハゼ


ヘリが知りもしないのに
「矢野さんのハゼ」とブリーフィングで言うたびに私はドキドキしてしまう:汗
君はあの矢野さんを知っているのかい??


ヤノダテハゼは英名でFlag tail shrimp goby

直訳だと旗・尾・エビ・ハゼ

尾びれが旗のように美しいエビと共生するハゼ

名前の通りにとても美しい尾びれをしています。


最初は尾びれも見えているんですけどハゼが緊張すると尾びれを穴の中に入れてしまって見えなくなります。

いかにハゼをリラックスさせたまま写真を撮るか(観察するか)が課題です。


このハゼ、この辺りでは普通種でとても沢山いるので
自分で見つけて勝負するのがおすすめ:笑

こいのぼりのようにホバーリングしているのも結構いますよ。


まだホバーリングをバッチリ写真に納めたゲスト様はいません。


挑戦者求む!!笑






久しぶりに太陽がギラギラのバリ島西部です。

波も無くていい感じ。

日曜日だからムンジャンガンはあきらめましたが
完全にムンジャンガン日和

明日もこの位の天気でお願い!神様!



今日はコマンがガイド担当日

ブリーフィング見てましたがやっぱり違うなあ・・・

ちゃんとゲストの好みを聞きながらポイントを決めています。
一方方向のガイドじゃないって言うか・・・
その辺りが経験数の違いなのでしょう。

最近、レアもの発見率がサリフの方が増えてきて
ゲストがサリフ、サリフと言うようになったけど

そんなことは気にもせずにマイペースで自分の良いと思う事をやっていくコマン

見ていて安心感があります。

気の小さい子だと後輩が褒められると焦って後輩をいじめたりするんですが(昔の〇ックとか)
そんなことが全くないのが器の大きさを感じさせます。

自分のありのままに自信を持っているというか・・・
背伸びしないって言うか・・・


そう言えば
ヘリも〇ックやコマンがゲストに褒められると喜ぶ子だった。


歳をとっちゃったからか
今のヘリは注意するとムッとしちゃう頑固者になったので成長はイマイチですが
コマンはまだまだ吸収力があるのでいろんな意味で期待できます。


彼には長くガイドしてほしいなあ・・・


(もうちょっとダイエットしたら男前で人気でそうなんだけどな:苦笑)





今日の水中写真は・・・・



全開です。





背伸びかな_c0211615_11345243.jpg

ニチリンダテハゼ


鰭全開


ホバーリングの練習中かな?


それとも遠くの方を見ようと背伸びしているのかな:笑






曇り空のバリ島西部です。

お土産用のバタフライピーがなかなか乾燥しません:汗

お天気がいいと3日でいい感じなんですけど
今は5日くらいかかります。

ゲストも少なめなので先月の在庫でどうにかなると思っていたら

先週完売:汗

もう少し在庫増やしておけばよかった。

読めない・・・と言うか

いつも完売ばかりなので
ある意味生もの(オーガニック)なので在庫を増やさないようになんて言ってないで
じゃんじゃん作ればよいのだとやっと学びました。
乾燥させちゃえば長持ちするんだしね:苦笑

ヘリが畑をあと5畝作るって言ってたけど
それはやり過ぎのような気もするけど。
サリダイブは農業に転向するのかい??

(・・・っていう程、高く売ってないので儲けはほとんど無い:笑)

ゲスト様が喜んでくれればそれが一番!

もちろんマイナスじゃダメですけどね。




今日の水中写真は・・・・


おなじみのレイドシュリンプゴビー


ビビってる!?_c0211615_13142836.jpg

あれ?背びれが半分しか開いてなくて勿体ないな・・・・


・・・と思って他の写真を見ると



なんと!



ビビってる!?_c0211615_13142816.jpg


オニハゼに威嚇されてビビっているレイドシュリンプゴビーでした。


最初の写真の左側にもオニハゼの鼻先が移っています:汗


撮っている時はそんな場面だとは気が付かなかったらしい。

もうちょっと粘ったらすごいシーンが見られてたかも

(いや、ただ単に退散したかもしれないけど)


・・・と言うことで


またこういう場面に出会うためにまた挑戦しに来てくださいね!!








今日のバリ島はヒンドゥー教の方達のガルンガン

迎え盆です。

ヒンドゥー教のスタッフ達は朝早くから正装して家族を連れて
リゾートにあるお寺?にお参りをしています。

(基本的にサリダイブはモスリム経営(ヘリ)のリゾートですが
 ここはバリなのでバリのお寺を置いています。他の宗教をリスペクトするへリがえらい!)

最初の頃はシングルだったスタッフ達も
今や奥様や旦那、そして小さな子供を連れて
家族総出でお参りにやってきます。

当たり前ですが子供が去年より大きくなってます。

一丁前にバリの民族衣装を着ているのが可愛らしい:笑

なぜかうちのスタッフの子は女の子より男の子の方が多いんですけど
男の子の正装ってミニチュアみたい

いや~・・・マジでかわいい。


孫って可愛いって言うけど
こんな感じなのかもなあ・・・。

(ちなみにスタッフ達は若い時に産んだ子供だったら同じくらいの歳)






今日の水中写真は・・・・


しばらく載せていなかったので

レイドシュリンプゴビー


ビュンビュンビュン_c0211615_12044902.jpg

背びれがビュンビュンビュンでかっこいい:笑


最近個体数が減ったと言っていましたが
まだちゃんと観察出来ています。

背景に馴染んでしまうハゼなので撮影は難易度高いです。





今日もとっても良い天気になっています。

昨日今日良い天気だから・・・・

そろそろバタフライピーにも水をあげないといけないな:汗


バタフライピーと言えば

1月のゲスト様には評判が良くて売り切れごめんになっていたのですが

最近ゲストが少ないのですご~くいっぱいあります:笑


保管するところが無くなったので最近は朝食後のお茶用に摘むだけで
あとはほったらかし。

種が欲しかったし丁度いいよね。

とヘリに言うと

真面目な顔で


「種はこういう花じゃなくて長細い豆みたいなやつの中にあるんだよ」


と答えた。


そう、前にも書いたかもしれないけど

ヘリは花から種になるという発想がない。

インドネシアではそういうの教えないのかなあ・・・?
(農家の子達は身をもって知るのだろうけどヘリのような都会っ子は知らないみたい)

以前も花が咲いて受精して実がなるという講義をしたつもりなんですけど
まあ、覚えていない:苦笑


前回は講義の後、花が必要だったので全部摘んでしまっていたので証拠(結果?)を見せられなかったけど
今回は摘まずにおいてあるので花が種になって行くのを見せられる:笑

きっとこれで私の言うことを信じてくれるだろう!

彼の場合は口で言い聞かせてもダメなので
体験させないと学ばないんです。

そして学んだら私に講義してくれます。

(あなたに教えたのは誰?って感じ:苦笑)


もう慣れたけど面倒くさいこの上ない:苦笑


講義聞きながら笑いをこらえるのが大変ですが
笑えるっていうのは良い事なのかも。






今日の水中写真は・・・・


ある意味背びれちゃん


男前?_c0211615_10575569.jpg

カスリハゼのオスなんですけど


なんか

滅茶苦茶背びれが長い:汗


もともと長い種ではあるんですけど

この子は特に長い


男前・・・・っていうのかな?







昨日の夜遅くにSari Diveへ戻って来ました。

車を降りるといい匂いが・・・


月下美人が満開


昨日は62輪

一昨日が3輪

今日も何輪か咲きそうです。


神様ありがとう!!





今日の水中写真は・・・・



こちらも満開


・・・・じゃなくて全開!



満開じゃなくて全開_c0211615_16512785.jpg

ヒレ全開のニチリンダテハゼ


ニチリンダテハゼのこういう姿見たことないです!


すごいなあ・・・


これって怒ってるのかな?



視線からすると・・・カメラかな:笑




おまけ

全開じゃなくて満開の月下美人


満開じゃなくて全開_c0211615_16571353.jpg










ちょっと山の方に雲が多めになったバリ島西部です。

滅茶苦茶気温も高いし

もしかして・・・・降るかな??




裏庭のプロジェクト

ここ数日電気のスイッチやコンセントの取り付けが入っているのですが

工事のおじさんが喫煙者


作業をしながら煙草を吸ってその吸殻を床のタイルに押し当てて消してからその場に捨てるんですよ。


唖然


しかも、床がフローリング風になっている部屋もあるのですが
そこでも同じことを!!

目を疑いましたよ。

模様がある分少々見えにくくなっているもののしっかり焼け焦げが出来てる

(傍にたばこが落ちてないとわからないって言えばわからないんですけどね:汗)


この人自分の家でもこうしているのかな?


工事中とは言えヘリが毎日掃除しているので

ローカルの家よりはかなり綺麗な状態。

この状態にそれが出来る神経がわからん!!


・・・と注意してみても

忘れた頃にはまたやっているので

さすがの私もいちいちイライラしてしまうと精神衛生上良くない。


作業は見ていないに限る!



日本と比べちゃいけない。

それこそバリの田舎者の親父さんの素行を私が今更変えられると思っちゃいかん。

その不合理さを受け入れるのがここで生きていくコツ・・・・と

自分に言い聞かせる毎日

とにかく早く工事が終わってほしいよ。




はあ。ぼやいてしまった。






今日の水中写真は・・・・



吠えかけのギンガハゼ



私も吠えたい_c0211615_14523493.jpg

君は何に吠えようとしているのか??







ちょっと雲が多めですが良い天気のバリ島西部です。


今日は陸仕事がひと段落したら
ガイド達はリサーチダイブに出るそうです。

新しいポイントだとか。
マニア系だけじゃなくて普通のダイバーも潜れるところ

年末年始前にひとつでも使えるポイントが増えると
ポイントアレンジがしやすくなるので頑張ってほしいです。



話は変わって

先日FBの方には載せたんですけど

またまたSari Dive & Cottage で販売していたビンタンビールが原価割れだった。

(今回はゲスト様からの指摘じゃなくて自分で気が付いた:笑)

スーパーマーケット :33,800ルピア
サリダイブ    :32,000ルピア(しかも税込み価格)

値段を見た時ため息しか出なかった・・・

巷では税込みだと40,000ルピアでも安い方だという情報も:汗


はあ、またやっちゃった・・・



Sari Dive & Cottage はダイビングとコテージが売り
その他のところでお金を儲けたいと思っていないので
ビールもジュースもお土産も・・あまり利益をとっていない。

だから物価の変動が激しいインドネシアだとすぐに原価を割ってしまうんです:汗

そして

仕入れ=ヘリ
入金=私

の担当なのでどちらかが連絡&作業を忘れてしまうとこういうことが起きます。
(私もヘリも滅茶苦茶忘れっぽいからね:汗)


こんなこと書いていると
インドネシア
どこまで値段が上がっていくのか・・・
日本の皆様はとても心配だと思うのですが

冷静に考えてみたら・・・

10年前:Rp. 25,000 (当時のレート1円=約Rp.85)= 290円
今年 :Rp. 33,800 (今のレート1円=約Rp.128)= 264円


レートの変動も激しいので
日本円に戻してみると意外と安くなっていたりするのです!


それに気が付かなかった・・・いや、気が付いてはいたけど

ダイビングと宿泊もなるべく安くと思っていたし
ゲスト様にお得なルピア表示をと思っていたし

数字が上がる=値段が上がるイメージをゲスト様に与えたくないって思っていたので

ほんの少しづつしか値上げをしなかったSari Dive & Cottage は
気が付いたら設備やサービスはこの辺りではレベル高い方のリゾートなのに
料金は安い方のリゾートになっていました:汗


そんな素人ビジネスでよく10年続けられたと思います。反省。

(・・ご想像頂けるかと思いますが貯金はほとんどありません:汗)


すべては良いゲスト様に恵まれ
何度も通って頂けていたたからだと思っています:笑

ありがとうございます。



来年からもしっかり営業を続けていくため
頑張っているスタッフにもそれ相当のお給料をあげるため

来年GW後より素人ビジネスをリセットする意味で値上げを致します。
値上げといってもルピアでの値上げですので
先に書いたレートのからくりもありますしご理解いただけると思います。

ダイビング、宿泊以外ではあまり儲けない
現地でのオプショナルではあまり儲けない
という方針は今まで通りです。

(もちろんGW前にいらっしゃった方が10周年記念価格だし滅茶苦茶お得です)


これからもSari Dive & Cottageを宜しくお願い致します。





今日の水中写真は・・・・




そう言えばあまりブログに載せたことない



ヒレナガネジリンボウ



またやっちゃった:汗_c0211615_11263141.jpg



日本のものより小さめでシャイです。

日本より撮影しづらい(順番待ちは無いですけど)のもあり
あまりおすすめ度は高くないですが
個体数は沢山いますのでゆっくり狙ってみたい方は是非リクエストを!!


そして


背びれがビュンなところも挑戦してみて下さい


またやっちゃった:汗_c0211615_11263188.jpg

前にしなる背びれってなかなか難易度高めです:笑


背びれの硬さ?は個体差もありますけどね。






山側に少し雲が見えるようになってきたバリ島西部

でも相変わらずお天気良し!



ずーっと料金設定でいろいろ考え中。

ヘリの

「給料20%アップなんだから料金20%アップ」

って言うのも意外とありじゃない?

って言ってくださるゲスト様の声も聴きつつ・・・

まだ決めかねています。

月曜日までには決定しなくちゃ!!


ご存知の方多いと思いますが

金計算・・・弱いんです。私。

そして貧乏性。


ああ・・・ずーっと平のガイドのままで居たかった:涙







今日の水中写真は・・・・


最近数が減ってきている



ツンツン_c0211615_12345597.jpg

レイドシュリンプゴビー


背びれのツンツンがとってもかっこいい子です。



あるポイントに沢山いたのですが

最近、ポイントの様子が変わってきたらしく
個体数が減っているらしいです。


その分、他のかわいい子がやってくるといいんだけどなあ・・・笑



PS.
年末年始にキャンセルが出てピークシーズンには珍しく一部屋空いています。
まだ行先が決まっていない方ご予約お待ちしております。




相変わらず雨も降らず良い天気が続くバリ島西部です。

風向きが少し怪しくなってきました。
波が出るかな?

そして雲もサリダイブの裏の山まで来るようになりました。

そろそろ・・・今期初の雨降るかな?




先週・・ブログにも書きましたが

お正月に1部屋空きが出ました。

1週間経ちましたがまだ空いてますよ~!
もう行き先が決まっている方の方が多いかもしれませんが
もし決まってない方でサリダイブにという方!
是非よろしくお願い致します。


ありがたいことに助け舟も出ました:笑

先週のブログを見たユーツアーさんより

中部地方の方だったら
ガルーダでジャカルタ経由バリ行き
年末年始の座席持っています!

とのご連絡を頂きました。

中部地方の方!年末年始のバリ行きチケット手に入りますよ!



あ、もちろんサリダイブに来てほしいですが
他のダイビングショップさんや観光でも使えるチケットでしょうから
気になる方は問い合わせてみて下さいね。

バリ島の年末年始チケットって観光客がいる分他のダイブスポットよりもシビアですからね:汗



・・・・また人が良すぎるってリピータさんに怒られそうだ:汗







今日の水中写真は・・・・


ちょい泥地のハゼたち

クサハゼ編


まずはデラワンの頃No2と呼んでいた

マジェスティックシュリンプゴビー
(図鑑によっては違う名前で出ています)


違い過ぎる_c0211615_12495009.jpg

背びれにオレンジが入るのとほっぺの模様が線状?なのが特徴

すごく沢山と言う訳ではないけどそこそこいっぱいいます。



そして




マブールの頃ヨシハゼと呼ばれていた

スパンクレッドシュリンプゴビー
(図鑑によっては違う名前で出ています)


違い過ぎる_c0211615_12495560.jpg

背びれに黒い点があるのとほっぺの模様が水玉模様なのが特徴





そして最後にこの子


違い過ぎる_c0211615_13000554.jpg


小さそうなので・・・多分幼魚ってことでしょう。

背びれに黒点ではなくって縁取りになってます。

顔の模様を見ると水玉模様に見えるのでスパンクレッドなんでしょうけど

これだけ背びれの模様が違うと素人が見たら別種にしか見えませんよね。


確かに魚って成魚と幼魚で色や模様が違うものって沢山いるけど
・・・って文句書いてもしょうがないけど:苦笑