人気ブログランキング |

カテゴリ:面白インドネシア( 132 )


良い天気のバリ島西部です。

山の方は雲が多め。


昨日の午後は雨が降りました!!

2日連荘で朝の水やりがなくて楽ちん

今日も降らないかな・・・・




Sari Dive & Cottageの裏庭の農園で育てているバタフライピー

日本人ゲストのお土産用にお茶にして売っていましたが
今はゲストが来る気配もなし・・・

・・・で、一か八か普通のバタフライピーのお茶をローカル向け?に作ってます。

普通のっていうのは花の額をつけたまま乾燥させたもの
手間がかからなくて簡単:笑
しかし豆臭さと言うか生臭さが残ってしまう・・・
(多分日本で普通に出回っているのもこのタイプ)


サリダイブにいらっしゃる日本人ゲストはクウォリティ重視なので
少しのお茶っぱで沢山のお茶がとれた方がいいということで
額の部分をとったものをお茶にして売っています。
(手間がかかるけど豆臭さが少なくておいしい)



インドネシア人はとにかく見た目の量!数字が大きくてしかも安いことに価値を感じる

だから額付きのマシマシバージョンはうってつけ


ちなみに・・・

普通のと日本人ゲスト用のを比べてみると・・・


1gで

額付きの普通のお茶 : 1~2カップ

日本人ゲスト用のお茶 : 4~6カップ

とれます。

値段は

日本人向け 5g = 15,000ルピア

普通の額付き 150g = 100,000ルピア

詳しく計算すると・・・日本人向けの方が割安なんだけど:汗 


でも、インドネシア人は普通の額付きの方を選ぶのは間違えなし!


・・・と言って

ネットでヘリが売っていたのが

やっと1つ売れました:笑


やっぱりローカルでも買う人いるんだなあ・・・・


ヘリ初売れで喜んじゃって50gサービスして200g送ってました:苦笑


ふと思ったんだけど

今こういうお買い物できるローカルって結構お金持ちで・・・
もしかしてクウォリティのわかる人なんじゃないかな?


いやいや、とりあえず最初は見た目が肝心

クウォリティは後出しで勝負ですね。


こう言うかけ引き・・・ヘリには出来るのだろうか。


(このビジネスはヘリに任せることにしています)






今日の水中写真は・・・


ニシキフウライウオ


売れた:笑_c0211615_14430257.jpg

まだ細い線が鰭の先っぽから出ている若い個体。

赤っていうのもうれしかった。


水深70㎝:笑

手伸ばしでシャッター切りました。





バリ島西部 Sari Dive & Cottage




今日21日はラキを迎えに都会に出ます。

でも、獣医さんにはまだ退院できるかわからないって言われています。

行ってみてまだダメって言われたら安いホテルで良くなるのを待つことにしました。

コロナ怖いけど・・・汗

だってもう手術から11日も経ってしまっている。
(11日も会っていない)


最初の説明では3~5日入院

傷の完治は10日間

って聞いてたのに


こんなことにもインドネシアンタイムかい??


一日入院が長引けば入院代も結構かさんでくるし

もしかして儲けるために入院引き延ばしているんじゃないか?

って珍しくヘリと意見が合いました。


ラキ救出作戦になるか?


・・・と言うことでメールの返信など遅くなります。


メールなんて来ないだろうけど:苦笑







今日の水中写真は・・・・



イワシの群れ



ラキを迎えに_c0211615_21240387.jpg

まるでダンスをしているようでした:笑


太陽の光でキラキラして

綺麗なんだよな~!!これが!




バリ島西部 Sari Dive & Cottage





今日も良い天気のバリ島西部です。

昨日の夕方雨が降りました:笑

結構降ったと思ったのですがカラカラだったせいか
木陰の部分はすぐに乾いちゃう感じ?

大地が水を欲しています。


それでも久しぶりの雨だったので

今日の朝の畑の水やりはヘリと相談してお休みにしました。



私は久しぶりの朝寝坊を楽しみ・・・

ヘリもきっとそうだろうと思いきや

早起きしてなんと早朝セルフダイブに行った模様:汗

ヘリえらい!

YouTube用の水中ビデオが無くなっていたので
ダイビングに行きたいとは言ってたけど

まさかハウスリーフ!?しかも早朝とは!?
(確かにハウスリーフは早朝以外ビデオは難しいと思うけど・・・)

目的を持つと人は変わるもんですね。



バリ島西部では
コロナの影響で国立公園はもちろん、すべての観光地は閉鎖

海も閉鎖となっていたのですが

先週あたりから隣村では閉鎖要請されていたホテルやレストランが解禁

ムンジャンガンは閉鎖のままですがその他のポイントは解禁となったようです。


しかし・・・


いくら海や観光施設を解禁しても・・・・ね。

ゲストは基本的に帰国難民の外国人しかいないのでどうなのかな?

ああ・・・現地在住の外国人もいますけどね。


でも、バリ以外のインドネシアからはコロナチェック(結構高いらしい)をクリアしないと
入って来られないのでバリ島の中の人だけ

う~ん・・・施設や観光地をオープンしても何だか意味がないような気もします。


Sari Dive & Cottageのある村は観光施設も他にないので
特にホテルの閉鎖命令もなかったし海の閉鎖も言われてなかったので

閉鎖してると言うよりはゲストがいないだけの状況
いつでもゲストが来たら受け入れは可能なんですけど
オープンしててもゲストは来ないし:苦笑

根本的にコロナが落ち着いて
バリ島がオープンしないと意味ないのになあ・・・





今日の水中写真は・・・・


待ち遠しい感じのこの子



意味ないのになあ_c0211615_13335298.jpg

ホホグロギンポ


すごい浅場なのでこの子ならマスクとスノーケルだけでも撮れます:笑

逆にダイビングだとあまりお目にかかれない子です。





バリ島西部 Sari Dive & Cottage




今日は少し雲が多め

何となく湿気が多い気もする

雨降るかな・・・



バタフライピーの豆のスタッフ配給!?を始めてから結構経ちますが

どんなもんかな?と配給表を見てみると

面白いことがわかります。


配給と言っても希望者だけなので希望しないものはもって帰らない

欲しい子だけ持って帰った日付を記入し

欲しくない子は要らないという印にサインをする



そうするとですね。


持って帰るスタッフは半数位。


女性スタッフは全員喜んで持って帰るんですが

男性スタッフは年の若い順で4~5人だけが持って帰ります。


おじさん達は揃って「要らない」って言います。

持って帰らないスタッフの理由は

「食べたことがない」
「見たことがない」
「食べ方がわからない」
「料理の仕方を知らない」

自分で料理する訳じゃないと思うんですが・・

何というか・・・新しいものを受け入れられない感じ?


私だって同じで見たことも食べたことも食べ方もわからなかったけど
新しいものに挑戦してみようって言う気持ちがあっただけなんだけど・・・

そう言う気にはならないらしい。


日本人はいろんな国の料理を喜んで試して食べるけど
こっちの人達はそう言う機会ってほとんどないだろうし
今から見たことないものを食べるのは怖いというか面倒だと思うのかもしれないですね。


その点若い子達は(ガイドやハウスキーピングの子達)は
持って帰ったら母親がどうにかしてくれるって思って良く考えずに持って帰って得しているのかもしれない。
(料理する人が見れば、どんな料理かは検討つくでしょうし)

ちなみに一度持って帰ったスタッフは
美味しかったと言って毎回持って帰るようになります。

女の子たちは私とヘリ用にいつも料理しているので
何の不安もなく喜んで持って帰って家でいろんな料理に挑戦しているらしいです。


スタッフ達の食費の足しに出来ればと始めた配給ですが
なかなか公平にって訳にはいかないんだなあ・・・と思いました。

配給を断れるくらいにまだ余裕があるってことなんでしょうけどね。






今日の水中写真は・・・・


カクレクマノミ


挑戦するかしないか_c0211615_15021934.jpg

珊瑚の隙間にあるイソギンチャクに住む子

イソギンチャクの色もイケてますよね:笑


まるで水族館のようです。


(いや、水族館が海を真似ているんですけどね:汗)





バリ島西部 Sari Dive & Cottage





少し雲がありますがまだまだ良い天気のバリ島西部です。

ラキの手術からもう3日

予定では退院と思ってたんですがまだみたい。

まだ傷口が乾いていないとか・・・


ラキはSari Dive & Cottageに来てこの方
いつも誰か一緒にいる状態だったから入院は寂しいだろうなあ・・・

隣の檻に前足が一つない犬がいたけど隣同士じゃ遊べないだろうし

逆にストレスで良くならないんじゃないかな・・・

って頭から離れない私ですが

飼い主のヘリは意外とあっさりしている


冗談でも

「ラキが居なくなったら新しいラキいいね・・・」

と言っちゃうのも私には信じられないし!?


インドネシア的にはそんなもんなのかもしれないけど。


恩ちゃんが瀕死になって私が泣いちゃった時も

スタッフに
「あそこに恩ちゃんそっくりの子猫がいたから連れてこようか?」
なんて言われたことあったし。


替えがきくもんではないんだけどなあ・・・

彼らにとってはペットはペットでしかないのかもね。


ラキ・・・大丈夫かなあ・・・






今日の水中写真は・・・・



なんか・・エキジットしづらい:笑



ラキ大丈夫かな・・_c0211615_13111768.jpg

ラダーにツバメウオの幼魚が:笑


気に入ってるのかな?


近づいたら・・・

怖がって逃げちゃうよね。


・・・って思ったけど結局写真撮った後移動してもらいました:笑






バリ島西部 Sari Dive & Cottage




ちょっと雲がありますが良い天気のバリ島西部です。

雨は降らないだろうなあ・・・


裏庭を整地するときに出た草を牛を飼っているスタッフ達が喜んで持って帰っていたので

いつものように畑用に牛糞をもらおうと声を掛けたら

どこも畑ブーム!?で牛糞が品薄なのだそう・・・

いつもは捨て場に困るほどあるって言ってたのに


この辺りの家は土地だけはありますからね。
自分の土地かどうかは別な話ですが。
(うちの土地も誰かのトウモロコシとバナナが植わっています:苦笑)


スタッフ達の牛糞マジであてにしてたんだけどなあ・・・

知らない間に木の葉や生ごみも全部ヘリに燃やされちゃったし
この前の満月に種を植えた子達はどうなるのだろう。

栄養無いけど頑張るしかないか・・・。


その点バタフライピーは水さえあげておけば元気なのが頼もしい:笑


栄養無しでもOKと言えば・・・・

月下美人

昨日は20輪咲きました:笑

今日は月下美人の天ぷらを晩ご飯に頂きます。

ヘリも大好物なので思う存分食べてもらおう





今日の水中写真は・・・・



イナズマヤッコがいる水中風景


牛〇が品薄らしい_c0211615_15045200.jpg

その先に何かが居そうな感じがたまらない


ああ・・・やっぱり潜りたいなあ


コロナ終わったら一回試しに潜ってみようかな。。。





バリ島西部 Sari Dive & Cottage






今日も良い天気のバリ島西部です。


先日の話らしいのですが


ラマダン明けにジャワ島からこの村へ里帰りした人(ドライバーの仕事をしているらしい)が
船着き場でコロナのチェックをして(チェックしないとバリに入れない)
自宅に戻った翌日どうやら熱が出たらしいのです。

コロナチェックの結果はまだわからないので
ここから2時間くらいの都市にある病院へコロナかも知れないと診察へ
そこでもコロナチェックをしたらしい

その日は自宅待機と言われたので一旦家へ帰ったらしい

そしたら翌日、

防護服を着た人たちが彼をピックアップに来たらしく

たいそうな騒ぎとなりました:汗


「宇宙服来てる人が来たー!」

とか、

「宇宙人が来たー!」

とか、

いや、君達テレビで見てるでしょ?って思いましたが
これがローカルの人達の茶目っ気らしい。


それにしても嫌な感じだなあ・・・
ご家族はうつってたりしないんだろうか?


・・・って心配してたんですが


結局、ボート乗り場でやったテストも、病院でやったテストもネガティブだったらしく

2日後には帰って来ていました。


どうやら普通の風邪だったらしいです。


いや~・・・とうとう身近に来たかって思いましたが

ネガティブで良かったです:笑


そして、怪しい場合は宇宙人がピックアップに来ると言うこともわかったし

思ったよりはちゃんとしてるかもって思いました。

(もっといい加減だと思ってました。反省)



ハリラヤ終わった後くらいからバリ島も少し新規患者数が増え始めました

まあ、死亡者は5名(うち2名は最初の外国人)のままだし
かかっている人より回復者数の方が多いので少し気が楽です。





今日の水中写真


宇宙人が来た_c0211615_13540213.jpg


オックスアイスカッドの群れ


ムンジャンガンの桟橋の下についていたのですが


いつもある日突然姿を消します:涙



どうやら漁師が網をかけてしまうらしい


この桟橋の十数メートルのところに国立公園スタッフの駐屯所があるんですけどね


ちゃんと見張ってくれませんか?






今年は観光客いないから漁師さん捕り放題かな:汗



バリ島西部 Sari Dive & Cottage




今日は朝から良い天気になりました:笑

あ・・・そう言えば今日の朝焼けアップするの忘れたな:苦笑



昨日のブログのヘリのおできのことなのですが

あのブログを書いた後、あるゲスト様からメッセンジャーで

「写真を送ってください。知り合いの皮膚科の先生に診てもらうから」

というとっても有難いご連絡を頂き

熱で寝込んでいたヘリの足の写真を撮って送りました。



結果

やっぱり、ねぶいちや粉瘤なんかではなく

蜂窩織炎でした:汗

虫刺されや小さな傷からばい菌が入って化膿していく症状


どうりで熱が出るわけだよ:汗



ヘリに

「日本のドクターは粉瘤じゃなくてばい菌が入って化膿しているって言ってるよ」

と言いながらインターネットの蜂窩織炎の画像を見せた

「放っておくとこんな風になるんだって。熱が出てリンパが腫れてどんどん痛くなるらしい。
 抗生物質を飲まないといけないらしい。先生が良いって言う抗生物質があるから飲む?」


(あくまでも日本のお医者さんがそう言っていると言い聞かせることが大事:笑)


すると、それまで「大丈夫。粉瘤だから」と言い張っていたヘリに変化が


「抗生物質なら多分インドネシアの方が強いのがあるはず
 粉瘤じゃないなら今から医者に行って診てもらう。薬もらってくる!」


思い立ったら即行動!・・・のヘリ

寝込んでいたくせに車を運転して医者に行ってくると言うので
私じゃ役に立たないけどついて行くことに・・


病院行くのすごく怖いなあと思っていたのですが
どこもガラガラ。
いつもは患者さんがいっぱい待っているのに誰も居なかった


一軒目

受付でどこが悪いの?と聞かれたヘリ

「これなんだけど粉瘤かな?って思ってたんだけど・・・」

と言ったとたんに看護婦に

「粉瘤なら緊急じゃないから明日の朝来て」

と一発で断られる:苦笑


熱があるって言いなさい!って言っても

「今日はダメだって。明日だって。なんか診るの嫌みたいだから行きたくない。」

と言ってあきらめるヘリ

意外と弱気



近くにもう一軒あるのでそこへ移動


受付に行くとおじさんが出てきて

「今、ドクターマッサージしてるから駄目。」

と断られる

こんな時にマッサージかよ。。。


ヘリはここで抗生物質をもらう気満々だったのがダメだったので
かなりガッカリ
あきらめて日本の抗生物質を飲むって言うかな?って思ったのですが


「スリリットまで行く!」(車で小一時間かかるところ)

と言う:汗


行ってあいてなかったらどうするの?
具合悪いんだからもうやめて帰ろう。
明日の朝、また病院行こう

と言ってみたけど

もう行くと決めてしまった彼には私の声など届かない:苦笑


小一時間かけてスリリットの病院に到着

前に1人けがで診てもらっている人がいましたが

今度はちゃんと熱があると言ったようで
直ぐに診てもらえました。

直接に手当らしいものはしてもらえませんでしたが

抗生物質と熱を下げる薬、そして消毒液?のようなものを
薬屋で買ってつけるようにと指示をもらいました。


帰ってすぐに薬を飲み・・・

寝る前に薬を飲み・・・

朝薬を飲んだら元気になったようで
歩き回っていました。

まだ本調子でないのか無駄に歩き回ります。
(ちょっと具合が悪い時の方がアクティブな奴なので)

歩き回りもしないで寝込んでいた昨日はよほど具合が悪かったのでしょう。



調子がどうなのか聞くと

体の節々が全部痛かったのが無くなった
熱もないみたい
足のおできはちょっと痛いけど・・なんか他にも痛い場所があるみたい
鼠径部のリンパが昨日は腫れて痛かったんたけど今日はちょっと痛いだけ

・・・昨日はおできが痛くて熱があるだけって言ってたのに

他にもいろいろ悪かったんじゃん?
ちゃんと言ってよ~!!


まあ、何にしろ良くなって来て良かったです:笑


声をかけてくれたゲスト様と診て頂いたお医者様にはほんと、頭が上がりません。

本当にありがとうございました。

心配してコメントして頂いたゲスト様も
本当にありがとうございました。


あのままヘリが言うとおりに放っておいたらと思うと

胸が痛くなります。


自分がこう思ったら人の意見が聞こえない癖
どうにかしないとこういう時、周りはどう判断してよいか分かりません・・

でも
「日本のドクターが言っている」
と言うキーワードはかなり良く効くというのが
今回わかったので上手に利用しなくてはと思います。


蜂窩織炎のせいで彼のラマダンは継続不可能になってしまいました。

ゲストが来ない今年が全部続けるチャンスだったので
ガッカリしているようですが仕方がないですね。

あと2日、世間ではラマダンが続きます。





今日の水中写真は・・・・蔵出し スノーケリング写真



水深60㎝のスパインチークアネモネフィッシュ


日本のドクター_c0211615_11271203.jpg

めっちゃ明るくていいところにいてくれました:笑


この写真は腕だけ伸ばしてファインダーを見ずにシャッターを押しています。

いい感じのポーズが撮れるまで何枚シャッターを押したことか:苦笑


残念ながらこの子達はローカルスノーケラーの餌食となってしまいました。

浅かったからね:涙





誰も行かない今、サンゴも魚も元気なんじゃないかな:笑

バリ島西部 Sari Dive & Cottage




今日は朝から曇り空でバタフライピーの収穫が終わったとたんに
小雨が降り始めました。

今もちょっと降っています。

雨期の雨っぽくは無いけど
雨が降っているので嬉しいです。


ちょっと心配なことがあるのですが

一週間前からヘリのすねに大きなおできが出来ました。

九州の方ではネブイチって呼んでいたのですが
ネットで調べると・・粉瘤?
(この2つが同じなのかは判断付かず:汗)

化膿して芯が出れば治るって記憶しているのですが

すねも腫れていますが足首の方まで腫れ上がり
昨日からヘリは熱も出しました。

昨日までずーっと断食していたから水分も足りないし体力も落ちていたのだと思うのですが

本人曰く、前にも出来たことが何回もあり
毎回熱を出すのだそうです。

しかし・・

私としてはおできが化膿して熱を出すってちょっと怖い:汗

昨日無理やり芯を出そうとして失敗し大泣きして
今日の朝私が畑に行っている間に芯らしきものを出したらしいのですが
どうやら近くにあと2つ芯があるみたいって言っている。

医者に行くように言っていますが

医者に行っても抗生物質と痛み止めをくれるだけだし
いつも自分で治すし
今はコロナが怖いから病院には行きたくない

の一点張り

確かに今その弱った体で病院に行くのは怖いなあって思うのですが

おできが化膿して熱って:汗

日本じゃ考えられないけど
インドネシアだとそう言うものかな・・汗


私も手持ちに結構抗生物質やら炎症止めがあるのですが
それをヘリにあげて良いものか迷っています。

芯を出すまではダメらしいので
今化膿を止めたりしてたら長引くだけかな・・と


ご存知の方いたら教えて下さい。


一応レイキは毎日当てています。






今日の水中写真も・・・・蔵出し スノーケリング写真



大きなおでき_c0211615_11344651.jpg


ムンジャンガンの浅場

こんなに美しい藻場がありました。

これ、ずーっとある訳でなくてシーズンものなんです。

ずーっとあったらジュゴンとか来ちゃったりして:笑


しばらく行っていないので今もあるかはわかりません。

小魚の保育園があったりして結構ぼーっと浮いているには良いところです:笑





やっぱり緑は好き


バリ島西部 Sari Dive & Cottage





今日は朝から曇ったり晴れたり

雨期に戻った感じです:笑

今日も降るといいなあ・・・




昨日のバタフライピーの収穫の時の話なんですが


ヘリが突然


「サトミ!これ見て!!

バラフライピーの豆って花から出来るみたいだよ。」


と言って豆に枯れた花が付いているものを見せてくれました:笑



あれだけ

「花をとったら豆が出来ないから花をとらないで」

とか

「ほら、花をとらなかったら豆が出来てきたでしょ?」

とか

何度もその件について教えてきたつもりだったんですが


昨日やっと彼の中で

「豆は花から出来る」

と言うのが理解できたようです:苦笑


理解したら私に教えてくれるのは昔から変わらない:笑



いつもは

「それ、誰が教えたの?」

って聞き返すのですが

毎回答えが


「自分で発見した」


と言うので

今回は誰が教えたの?って聞きませんでした:苦笑


少しずつでも賢くなるのは良い事だ!

一度理解すれば応用力はある子なのでこの件に関しては
もう教えなくても大丈夫じゃないかな。


こんなことばかり書いていると

ヘリってホントアホじゃないの?って思う方いるかもしれませんが

確かにアホな部分はあるけど

他の人よりも素晴らしい部分も沢山あるんですよ。


なんというか・・・


日本人にはないもの


人間力?生命力?と言うのかな?


学力があるに越したことはないですが

勉強だけじゃ学べないものを持っているインドネシア人って多いです。


それがわかって理解できるならインドネシアが心地いい

理解できない人は・・やっぱり日本が合っているんじゃないかな。






今日の水中写真は・・・・蔵出し スノーケリング写真




自分で発見_c0211615_14080986.jpg


シークレットベイの桟橋下


今はエントリーポイントが変わっちゃったからこの桟橋に行くのが一苦労

しかもプレイランドみたいになっちゃっているので

もう行くダイバーはあまりいないんじゃないかな?


いいポイントだったのになあ・・・。





全然シークレットじゃないポイントになっちゃって残念


バリ島西部 Sari Dive & Cottage