人気ブログランキング |

カテゴリ:未分類( 134 )


青空がまぶしいバリ島西部です。

今日はチェックアウト&チェックインでダイビングは無し。

インドネシアビザなし最後の入国のゲスト様がチェックイン

一日違いでご旅行を諦められた方もいて
なんだか急すぎで可哀想です。

でも、インドネシアにコロナを広げないための処置だから仕方がないですよね。
イタリア・フランス・ドイツなどコロナが流行っていてバリに一番来る国からの入国を禁止し
感染者の少ない国からは健康証明書付きのビザにすれば
今まで以上に安全な場所にはなる訳だから・・・。


・・・と言うことで
今日から一か月インドネシア入国にビザが必要らしいですが
そのビザ申請の際に健康証明書というのが必要。

健康証明書?コロナにかかっていない証明書?だったら無理じゃん?

ってゲスト様と話していたのですが

領事館からのメールによると・・・


4.「健康証明書」

(1)「健康証明書」とは,駐日インドネシア大使館によれば,(ア)形式は自由,(イ)英文,(ウ)航空機旅行に適した健康状態で呼吸器の感染症(発熱、咳、のどの痛み、くしゃみ、呼吸困難)に罹患していない旨が記載され,(エ)インドネシア到着日前7日以内に日本国内の保健当局/クリニック/病院/検疫所が発行したもの,とされています。

(2)詳細は,駐日インドネシア大使館もしくは在大阪インドネシア大使館にお問い合わせください。



とのこと。
クリニックや病院で呼吸器の感染症になっていないことを証明してもらえればいいなら
少しはハードル下がったかな?なんて思いましたが
到着日前7日以内にとって・・それからビザの申請かあ
日程的にはかなりタイトですよね。
(まあ、そうじゃないと健康証明書の意味はないかも知れないけど)



とにかく
この措置をとったことで少しでも状況が良い方に進むことを願います。

GWまでにおさまるかな??

オリンピックやるってホント??汗





今日の水中写真は・・・・


擬態名人のハゼ



健康証明書_c0211615_11380490.jpg

レイドシュリンプゴビー


自分の上半身が黒いって知っててそこにいるよね?



背びれの青点、胸鰭の青ラインが密かに綺麗です:笑








今日もとても良い天気のバリ島西部です。


昨日も今日もコロナの話題で申し訳ないのですが

とうとうインドネシアでもいろいろと規制が入るようになりました。


日本人は入国禁止ではないのですが
前もってビザをとらなくちゃいけないようです。
健康保証書も必要みたい。

観光はハードルが高くなるというか
実質ほとんどの人があきらめるでしょうね。

とりあえず1カ月の措置と言うことですが
GWまでに終息するかなあ・・・:汗


と言うことで今日は領事館からのメールを貼り付けておきます。

手抜きブログ:苦笑


●3月17日,インドネシア政府は世界的な新型コロナウイルスの感染急増を受け,追加的な入国規制措置を発表しました。この追加的な措置は3月20日午前0時から実施されます。

●日本を含むすべての国に対する短期滞在の査証免除(BVK),入国時一時在留査証(VOA),外交公用査証免除が全ての国に対して1か月間停止されます。インドネシアに入国する場合は,事前にインドネシアの在外公館で目的に沿った査証を取得する必要があります。査証申請の際には,保健当局(Health Authorities)が発行する健康証明書(HealthCertificate)の提出が求められます。

●直近の過去14日間にイラン,イタリア,バチカン,スペイン,フランス,ドイツ,スイス,英国に滞在歴のある外国人の入国・トランジットが禁止されます。日本は直接の規制対象になっていませんが,これらの国々に直近の過去14日間に渡航した日本人はインドネシアに入国できませんので,ご注意ください。

●現行の中国,韓国に対する規制は引き続き維持されています(中国については,3月2日付,韓国については3月5日付の当館からのお知らせをご参照ください)。

●現在海外に滞在している暫定一時滞在許可(KITAS)および定住許可(KITAP)保持者の再入国許可が失効する場合は,法務人権大臣令2020年第7号に沿って手続きが行われます。詳細は下記を参照ください。

●健康証明書の内容含め,不明確な部分については,本措置実施前にできるだけ早く追って領事メールで御案内いたします。

 3月17日,インドネシア政府発表の追加的入国規制措置全文(仮訳)は以下のとおりです。

1.政府は,新型コロナウイルスの感染拡大の状況に関するWHOの報告を引き続き注意深くフォローしている。

2.新型コロナウイルス感染国の増加に鑑み,政府は,インドネシア国民に対し,不要不急な海外渡航を制限するよう強く求める。

3.現在海外渡航中のインドネシア国民には,航空便にこれ以上の困難が生じる前に,速やかにインドネシアに帰国することを望む。

4.いくつかの国は人の移動に制限を設けている。このため,全てのインドネシア国民は,Safe Travel Application(インドネシア外務省の海外渡航安全情報アプリ)の情報を引き続き注意深くフォローする,あるいは至近の在外インドネシア公館のホットラインに連絡することを求める。

5.全ての国からの訪問者・旅行者について,インドネシア政府は,査証免除(BVK),入国時一次査証(ビザ・オン・アライバル),外交・公用旅券の査証免除を1ヶ月間停止することを決定した。

6.このため,インドネシアに渡航する全ての外国人は,在外インドネシア公館において,目的に応じた査証を取得しなければならない。査証申請に際し,申請者は,各国の保健当局(Health Authorities)が発行した健康証明書(healthcertificate)を提出しなければならない。

7.これに加えて,以下の国には特別な措置を講じる。

まず,中国については,2月2日の外務大臣発表(https://kemlu.go.id/portal/id/read/1128/siaran_pers/pernyataan-pers-kemlu-tentang-update-pemulangan-wni-dari-wuhan-serta-kebijakan-pemri-mengenai-pendatangtraveler-dari-rrt )及び法務人権大臣令(2020年第7号)(https://www.imigrasi.go.id/uploads/14-15-07-PERMENKUMHAM_NOMOR_7_TAHUN_2020_TENTANG_PEMBERIAN_VISA_DAN_IZIN_TINGGAL_DALAM_UPAYA_PENCEGAHAN_MASUKNYA_VIRUS_CORONA.pdf )が引き続き有効である。

8.第二に,韓国の大邱広域市及び慶尚北道に対しては,2020年3月5日の外務大臣発表(https://kemlu.go.id/portal/id/read/1104/berita/indonesian-government-policy-on-the-development-of-covid-19-outbreak)が引き続き有効である。

9.第三に,過去14日間に以下の国を訪問した訪問者・旅行者は,インドネシアへの入国・トランジットを許可しない。

a. イラン

b. イタリア

c. バチカン

d. スペイン

e. フランス

f. ドイツ

g. スイス

h. 英国

10.第四に,全ての訪問者・旅行者は,インドネシアの国際空港に到着する前に,健康申告書(Health Alert Card)を記入し,空港保健所に提出する義務がある。

11.過去14日以内に上記の国々に渡航歴がある場合は,当該人物はインドネシア入国を拒否される。

12.第五に,上記の国々に渡航したインドネシア国民は,インドネシアに到着時,空港保健所で追加的な検査を受ける。

COVID-19の初期症状がある場合は,追加的検査を受け,政府の機関で14日間の観察に置かれる。

COVID-19の初期症状がない場合は,当該人物は,14日間の自主的隔離を行う。

13.インドネシアに滞在する外国の訪問者・旅行者の滞在許可が失効し,同許可を延長する場合,その手続きは法務人権大臣令(2020年第7号)に沿って行われる。

(本大臣令第5条によると,帰国するための航空便がない場合,(1)パスポート,(2)査証あるいは滞在許可,を添えて入国管理局に延長申請できるとされています。)

14.一時滞在許可(KITAS)・定住許可(KITAP)保持者,及び外交・公用滞在許可保持者で,現在外国に滞在し,再入国許可が失効する場合,その手続きは法務人権大臣令(2020年第7号)に沿って行われる。

(注:本大臣令第6条によると,(1)現地の保健当局が発行する新型コロナウイルス非感染証明書(英文)の提出,(2)インドネシアに入国する以前の14日間に新型コロナウイルス非感染地域に滞在したこと,あるいは,インドネシア政府による14日間の隔離を受ける用意があることを宣言すること,をもってインドネシア在外公館から再入国許可を取得することができるとされています。)

15.本措置は,3月20日0時(インドネシア西部時間)から効力を発する。

(当館注:当館管轄地域(バリ州,西ヌサ・トゥンガラ州,東ヌサ・トゥンガラ州)はインドネシア中部時間が適応されているため,本措置は3月19日23時から効力を発する。)

16.本措置は暫定的なもので,状況の変化に応じて見直しされる。

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】在デンパサール日本国総領事館 Konsulat JenderalJepang di Denpasar

Jl.Raya Puputan No.170, Renon, Denpasar,Bali, Indonesia

Tel: +620361-227628

Fax: +620361-265066

e-mail: denpasar@dp.mofa.go.jp

Web: https://www.denpasar.id.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

休館日:土・日、休日  開館時間:08:3012:0013:3016:00

「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

URL: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete





今日は風向きが反対

生暖かい北風が吹いています。

お天気崩れちゃうかな??



裏庭のプロジェクトだいぶ進んで来ました。

壁の部分は70%終了。

2か月ちょっとで
整地からやってこれだけ進んでいるってことは・・・
今年いっぱいくらいで完成できるかな?

そしたら10年越しの夢がやっと叶います。

「ゲストルームのようなところに住みたい」


10年間もの間
3mX4mの部屋の中にトイレもシャワーもあるという実質3mX3mの
激狭い部屋(オフィス)に住んでいるのですが

最近は湿気で壁がはがれてきたりして荷物を置く場所がなくなり
ベットの上に置かなくちゃいけなかったり・・・
ドア一枚の外はキッチン&レストランなので24時間プライバシーもゼロ

正直何度も気が狂うかと思いましたが
どうしても自分のためにお金を使うより
ゲストの快適さが優先だ!って言う考えが先立ってしまって
なかなか行動に移せませんでした。

今年10周年記念を迎えることが出来たのでちょっと吹っ切れたというか
やっと、やっと自分にご褒美で自宅(と言う名のゲストルーム棟・2階建て)
を建設することになりました:笑

まあ、今回も私は考えるだけで行動に移せなかったのですが
ヘリがどんどん勝手に進めてくれたので現実になった感じです:苦笑
(このパターンはSari Dive & Cottageを作った時と同じ
  私は考える人、ヘリは行動する人。丁度いい組み合わせなんです)


基本、ゲストルームの一部屋(ヘリと合わせて2部屋)分なので
フルブックの時はゲスト様ともっと近いところで過ごすことになりますが

24時間オフィス住まいと比べたらしっかり心休めるようになると思います。



新しい部屋・・・今からとっても楽しみです。

楽しみがあると少々嫌なことがあっても乗り越えられる気がする:笑





今日の水中写真は・・・・



ナカソネカニダマシ


二階建てハウス_c0211615_14325357.jpg

2階建てハウス:笑

ストロボの調子が悪くライトでの撮影

背景がさわやかな青抜きで綺麗ですよね。








今日も快晴です!



昨日チェックインされたゲスト様に

「ここらしいものを見てみたい」

と言われて

とても考えてしまいました。


西部バリらしいと言えばムンジャンガンの青い海=ワイドだし

サリダイブらしいと言えばオリジナルポイント(透明度悪し)=マクロ?

そのマクロだってアクアリウムフィッシャーマンに捕られてしまって
人気の魚や目立つものはいないし
妙にマニアな感じなのもばかり・・・・

そうやって考えてみると
わざわざワイドが有名な場所でマクロをやっているサリダイブって・・・
かなり非効率的なことしているような気もしてきました。

国立公園フィーが一気に上がった時
マクロに救われたところはあるんですけどね。


私はもう潜れなくなっているわけだし
ゲストの裾野を少し広げる意味でも
ダイビングの方向性も一度考え直してみないといけないなあと思いました。





今日の水中写真は・・・・


バンダブレニー


サリダイブらしさ?_c0211615_17001730.jpg

最近、シャコガイに乗っているのが

サリダイブでは流行り!?のようです。


う~ん・・もしかしてゴットハンド系かな・・・









昨日はムンジャンガンへ

バリ島側のポイントに比べて大うねりの影響が少なかったようで
透明度も落ちていなかったそうです。

大うねりから3日目
(ラブハンラランは沢山のボートが壊れ翌日から閉鎖した)

初日はシークレットベイ
翌日はムンジャンガンとうねりから逃げていた訳ですが


今日はバリ島側のポイントへチャレンジ

透明度がどれくらい回復しているかが心配ですが

ゲスト様が笑顔で帰って来てくれるといいなあ・・・




今日の水中写真は・・・・


可愛い系



可愛い系_c0211615_12004850.jpg

キャンディーケーンピグミーゴビー

可愛らしさがにじみ出る写真:笑

(Kojiさん、作風変わりましたね:笑)



このハゼ去年位から個体数が多くなりました。


ヘリと話したのですが

観察出来る水中生物がなんだか最近特に変化してきています。


今まで見られなかったものが頻繁に見られるようになったというか・・・

多分、逆に今まで見られていたものが少なくなっているものもあるかも知れないですけど。
(あれ?このフレーズって数年前も書いた気がする)


水中は4年で一回りって言うけど確かにそんな気がしなくもないです。







新年あけましておめでとうございます。

今年もSari Dive & Cottageをよろしくお願い致します。




あけましておめでとうございます_c0211615_15271078.jpg

今日は朝から太陽がのぞき、良い初ダイビング日和:笑


私の方は・・・

昨日のガラディナーで燃え尽きてバッテリーが赤ランプ:汗

でも、とても盛り上がったし、これでしばらくプレッシャー無し!

・・と思ったら


ヘルパーガイド君が1名無断欠勤:涙

スパの女の子もなぜかお休み:涙


ひとつ終わったらまたひとつ

無限にプレッシャーは続いてくのであった:苦笑



とりあえず・・・30分位昼寝をして充電しよ~っと。





今日の水中写真は・・・・



目がさえるような色



あけましておめでとうございます_c0211615_15370844.jpg


スミレナガハナダイ


ヒレ全開です:笑










ゲスト様が帰って静かなサリダイブです。


静かだから子猫ちゃんの声が余計大きく聞こえる


チャラちゃんは今日の朝も一応帰ってきましたが
子猫ちゃんの声を聴いたとたんに落ち着かなくなり・・・

思わぬドアの隙間越しの対面

子猫ちゃんは最初は毛をさかだけながらも
食欲に負けご飯を食べていましたが

チャラちゃんはじーっと子猫を見つめたまま・・
時々シャーって唸っていました。

ドアを大きく開けたとたんにチャラがまた裏庭に逃げてしまった。


こんなんで
慣れてきたら・・・仲良くなれるだろうか?


しばらくは目が離せない感じです。




今日の水中写真は・・・・


サトミピグミーを綺麗に撮ってもらったのでその写真:笑


活発です!_c0211615_13050812.jpg



滅茶苦茶かわいい~!!



小さいだけで綺麗って訳でもないし白くてモサモサしているだけなんだけど

やっぱり背景って大事:笑

(この場合背景っていうより前なんですけど)

小さく写っているのも可愛さを引き立ててますよね





ゲスト様の写真を見てると

サトミピグミーは結構活発に動いているようですよ。


活発です!_c0211615_13050887.jpg



マメボヤの右側にうつむき加減でとまっていた子





ふわふわ~っと






活発です!_c0211615_13050757.jpg




マメボヤの上を飛んで・・・・





活発です!_c0211615_13050715.jpg


マメボヤの左側へ


こんな風に飛びながら時には口をパクパクしながら餌を食べます。



こんな小さいピグミーシーホースの餌って

絶対に目視じゃ見えないですよね。




ちなみに・・・

ライトを当てたりすると

活発度が増してしまい撮影どころじゃなくなります:汗





皆さん、いなくならないうちに

サトミピグミーシーホースに会いに来てくださいね!笑








今日の水中写真



エビカニ系行きます!



ホヤカクレエビのSP


エビカニ行きます!_c0211615_12324848.jpg
体に模様のないタイプです。

模様がないと寂しい感じはするけど・・珍しい。






次はバサラカクレエビ


エビカニ行きます!_c0211615_12335303.jpg

ウミシダを刺激しないように撮ればうまく撮れます。

一度でもウミシダ触っちゃうと暴れて撮れなくなります。






次はバブルコーラルシュリンプ


エビカニ行きます!_c0211615_12330190.jpg

お腹には卵

頭の部分には次の卵の素!?がいっぱい見えます。

この子はいっぱい子孫残すんだなあ・・・






次はシムランスの仲間


エビカニ行きます!_c0211615_12333463.jpg

毛もじゃじゃないタイプ

水深6mだったので私もスノーケリングで見ました:笑

今度は写真撮ってみようかな・・・






最後はコシオリエビの仲間


エビカニ行きます!_c0211615_12331826.jpg
赤い爪のケバい子ちゃん

いっぱいいるけど不明種です。






お盆休みも後半に突入!


昨日の夜はバリダンスパーティをしました。


今回はなかなか満室が続かなくて満室だ!と思うと
ダイビング後チェックアウトされるゲスト様も多く・・・

皆さんにお見せできなかったのが残念でした。




今日はボートマンがお休みをしたので

コマンがボートマン・ガイドと2役やってます。

アルタナにも早くボートライセンスとってやらなくちゃだ:汗



これからのガイドの子達には

ガイド・ボートドライバー・アシスタント・コンプレッサー・・・・

と、マルチで働いてもらえるようにするつもりです。


そうじゃないと・・・もうスタッフを増やすのは危険だから:汗


ゲストが増えれば問題ないんですけど・・
出来る限り日本人のみで頑張って行きたいと思っているので



これからも皆さん応援よろしくお願い致します!







帰国中です。

19日にBOXで飲みます。
都合の良い方一緒に飲みましょう!



さあ、デラワン報告の第2弾です。


今回のデラワン訪問を決めた時

「潮が中途半端すぎる。あと5日早くか、5日遅くにしたい」

と思いつつ、仕事優先で日程を決定しました。

デラワン周辺のポイントは潮を読むのが勝負
読めるガイドならほぼ100%大物を見せられます。
逆に潮がダメだと確率はほとんどないというのが現実:涙

でも潮に合わせて遊びに行けないのはゲスト様と一緒
今回はゲストなんだからってことで日程を決定しました。



・・・で、
私の予想では大好きなマンタは初日だけがギリギリチャンスだった
しかも夕方4時過ぎに浮上。
(スノーケルで見るつもりだったので)

しかし・・その日は金曜日
レンタルボートが夕方には近くの港へゲストのピックアップに行かなくてはいけないということで
4時まで待てず:涙

結局マンタを見ることは出来ませんでした:涙
(ピックアップがなければボートレンタルは夕方まで可能らしい)


あ~ん!リベンジしてやる!


ただ、潮が悪いのでサンガラキのリゾートへ遊びに行けました:笑
(逆に言うと潮が良いと遊びには行けない)



デラワン報告2_c0211615_16411634.jpg

前日まで沢山のゲストがいたのですが

その日の午前中にチェックアウトしたらしく友人だったマネージャーにも会えず。残念。




島自体は相変わらず綺麗でしたよ。


桟橋が出来たという噂も聞いていたのですがリゾートにではありませんでした・・・

しかも・・・壊れていましたし:苦笑


数日後デラワン島でサンガラキのガイド?と話しする機会があったのですが
ゲストの80%は日本人らしいです。


すごいな


と思いつつ


逆にそんなにゲスト少ないの?


って心配になっちゃいましたが:苦笑





翌日は土曜日だったのですべてのアクティビティはお休みしました

土日はものすごい数のローカルゲストが島にやって来るので
海も陸もどこも観光客だらけ

あんなに人がいるデラワン島を見てびっくりっていうか・・・
本当にたまげました:汗

こんなに観光客がいるなら漁師なんてやってる暇ないよねって


日曜日はほとんどのローカルが帰途につくらしく
観光客はほとんどいなくて昔と同じデラワンでした:笑



日曜日にはカカバンへ行きました。


いや、本当はどうしてもマンタがあきらめられず・・・
数日間のハウスリーフの潮の上げ下げを見て朝にチャンスがないかと思いサンガラキへ
水面マンタを探してみましたが、
やっぱり現れずあきらめてカカバンへ行ったのでした


*驚くべきことにデラワンのどのサービスも潮見表を持っていなかったです。
 あんなに潮が影響するポイントが多いのに
 私もヘリもちょっと呆れてしまいました。






カカバン島は綺麗になってましたよ

・・・と言うか便利になってました。

私が働いていた頃は遠浅の珊瑚の上をヨタヨタしながら島に上陸しましたが

立派な桟橋が付いていました。

デラワン報告2_c0211615_17290706.jpg
デラワンダイブリゾートのオーナーが自費で建てたみたいです。
最初は有料だったそうですが今は無料で使えます。


いいとこあるじゃん。




こんなインスタ映えしそうなゲートも

デラワン報告2_c0211615_17314339.jpg


ジェリーフィッシュレイクへの道のりもすごく近くなってました。

あの頃は・・・めっちゃロッククライミング的で
ジェリーフィッシュレイクに行くの憂鬱だったのに・・・・
かけ橋が抜けて落っこちて怪我した人もいたのに・・・



デラワン報告2_c0211615_17333207.jpg

昔と違ってアイアンウッドで最短距離で道が作ってありました。

突然穴が開いて落ちる心配もなし!!



デラワン報告2_c0211615_17334917.jpg
直線で降りられるなんて感動!


ジェリーフィッシュレイクにも桟橋が掛けてありました。

デラワン報告2_c0211615_17341283.jpg


これなら観光客でも・・・
ビーチサンダルだけでもジェリーフィッシュレイクに行けます!

昔は週一回通うだけでブーツが1年もたなかったのに・・・


この日は朝早く着いたので白人さん一組しかゲストがいませんでした。





結構多くの人が入っているはずですが
ジェリーフィッシュレイクは相変わらず綺麗でしたよ。


クラゲの数は減っていません


デラワン報告2_c0211615_17424341.jpg

透明度もまずまず

デラワン報告2_c0211615_17430617.jpg

海草も相変わらずグリーンで綺麗

デラワン報告2_c0211615_17440751.jpg

ところどころに白いイソギンチャクのアクセント:笑


このアクセント君がクラゲを食べちゃうんですよ


お食事中


デラワン報告2_c0211615_17442260.jpg


お魚もちゃんと居ます


デラワン報告2_c0211615_17444678.jpg

これ、実はワイドレンズで撮っています。

近づいてもあまり逃げないんですよ

やはり外敵がいないからですかね



トサカハゼもワイドレンズ&スノーケリングで撮れちゃいます


デラワン報告2_c0211615_17451150.jpg

書くの忘れてましたがここはフィンが禁止です。

ですから本当に素潜り状態です。



湖の縁も相変わらず綺麗でした




デラワン報告2_c0211615_17571562.jpg



ここではサヨリも水面ではなくて水中を泳ぎます


デラワン報告2_c0211615_17573783.jpg

夢中になって1時間ほどスノーケリングしたのですが

気が付くと桟橋は近所のローカルゲストでいっぱい(日曜日なのでピクニックゲスト?)

ただ、やっぱりあまり泳げないらしく桟橋周辺で飛び込んだり浮かんだりしているだけ

しかも救命胴衣を着ている。下手したらマスクもしていない:苦笑


なんというか・・・


プール状態?


デラワン報告2_c0211615_18014867.jpg


ジェリーフィッシュレイクじゃなくたっていいじゃん??



・・・・なので
ちょっと泳げば昔と同じ環境がそのまま残っていました。

ちゃんと写真を撮りたいのであればフィン無しで泳げる練習は必要・・かも:笑





お腹が空いたので

ボートに戻りお弁当をもって最初の桟橋へ

あとは帰るだけだったのでビーチをスノーケリングさせてもらいました。



前からそんなに綺麗なリーフではありませんでしたが・・まあ、そのまま


ただ、バリには少なくなったパープルビューティが滅茶苦茶多かったのが感動


デラワン報告2_c0211615_18053892.jpg

昔の私にとってはこれが普通だったのにね:笑



そしてカスミチョウチョウウオも


デラワン報告2_c0211615_18055433.jpg

久しぶりに見ると感動な普通種でした。



潜れなくても十分楽しい一日。


潜れたらもっと楽しいだろうけど

もっとヨレヨレだったな:苦笑






今日はムンジャンガンに行ってきました。

青くはなかったけど先週の様などど濁りは無くなって


ちょっと透明度悪いかな?


位に回復してました:笑


水温は雨期にしては結構低めの27~28度

サンゴにとっては優しい温度です。





今日の水中写真は・・・・



チビッ子の方が人気がある

(どの魚もそうですね:苦笑)



イチゴパンツことマンジュウイシモチ


成魚も可愛いと思う_c0211615_18401512.jpg


Sari Dive & Cottagのロゴになっている魚です:笑



成魚はあまり人気がありません・・。


成魚も可愛いと思う_c0211615_18402891.jpg

確かにいかつい感じですけど


赤い目に青い口黄色い顔白と黒・・・


めっちゃカラフル:笑


ピエロ系?ですよね。




結構可愛いと思うんだけどなあ・・・