2018年 02月 01日 ( 1 )

今日は朝から天気悪いです。

波も午後にはやはり大きくなりあまり治まっていません。

あと2日で好転してほしいなあ・・・・



ちょっと前にご飯の炊き方でぼやいたブログ書いたんですが



まあ、その続きみたいなことがありました。


一昨日のご飯がまたべったりだったので

「このご飯、誰が炊いたの?」

と聞くと、先日とはまた違う子


「固すぎましたか?」


との答えに


「いや、柔らかすぎ」


自分が炊いた水加減も覚えてないんだ・・・


・・・と言うことで
夕方の炊飯の時に、先日は私の話を無視してた子と一緒にご飯の炊き方を教えた

教えたって言っても水加減だけですけど。




お米2カップに水はどれだけ入れるの?



の質問に



この位?



と2カップ分のお水を入れた。



う~ん・・・・合っているけど合ってない。



同じ体積分の水を入れるという原理は合ってるけど
これじゃ同じ量じゃない。


お米を洗った後しっかり水を切って2カップ分の水を入れればOKだけど
お釜の中に沢山水が残った状態で2カップ入れれば水が多くなってしまう

要はその時の水切り状態で炊き加減が変わってしまうという事。

お米をボールなどで洗わせてざるにあげてから2カップ分の水を入れればパーフェストだけど
そこまでの手間を続けてやってくれるとは・・・思えない:苦笑


・・・で、


まあ普通にお釜にあるメモリに注目



このメモリって何のためにあると思う?




知らない。




このメモリって、ここまで水を入れればいいって言う目安なんだよ
2カップのお米洗ったらここの2のラインまで水を入れる。
5カップのお米洗ったらここの5番目のラインまで水を入れる。
ちゃんと平行にして左右両方とも同じラインになってなくちゃダメよ。


・・と言うと2人とも驚いて顔を見合わせていた



そう、実は彼女たち炊飯器でのお米の炊き方知らなかったんです。

いや、厳密にいうと知ってたけど要領の良い炊き方を知らなかった。

(説明書読ませたはずなんですけどね:苦笑)


昔、よく停電が起きていた頃、
炊飯器が使えなくても上手に鍋でお米を炊けていた子達ですが

それだけに便利な炊飯器の機能を使い切れていませんでした。



彼女たちが帰った後、連絡事項ホワイトボードを見ると


「炊飯器の水加減:2カップの時は2のラインまで、3カップの時は3のラインまで水を入れる」


・・・としっかり書き込まれていました。



こりゃ、今更だけど3人揃ったら
砥ぎ方、浸水、炊飯、蒸らしの講習でもするかな:苦笑



今まで9年間、知らずにやってたのがすごい。

私はごはん食べない方だしゲストもご飯まで食べる方が少ないので
今まで気が付きませんでしたが
日本米のおかげで気が付いてラッキーでした:笑

とりあえず、

今日の晩御飯は・・お正月のゲスト様に頂いた納豆で納豆ご飯にでもして確認します:笑





今日の水中写真は・・・


丁度いいサイズの大物…じゃなくてオオモン:笑



c0211615_11092886.jpg

3㎝位かな。

ホストは細うどんくらいの青い海綿です。


メッチャ目立ちすぎじゃん?


自然光だと赤みが消えるからもうちょっと馴染んでるのかな?


ずっとこのままのサイズだったらいいのになあ・・・









[PR]