なんか変



今日の水中写真


卵のお世話をするカクレクマノミの父さん:笑


c0211615_12021850.jpg

バリ島西部の水温は27度。

まだまだ水温は低いままなんですけどあちこちで産卵しているし
幼魚もいっぱい出ています。


なんか変。


実は数年前のエルニーニョの前までだと9月くらいまでは産卵関係皆無でした。




去年一昨年、ずーっと31度以上を保っていてサンゴは死滅
魚もそう言えば覇気がなかった感じですが
今年は通常の水温に戻って冷たいながらもやる気が出てきた?って感じですかね。

このまま水温を保ってもらって

魚も珊瑚も元気に復活してほしいなあ・・・




話は変わって

今年はこれまでのバリでの13年間とひとつだけ大きく違っているものがあるんですけど

潮見表と実際の潮の満ち引き

今までは多少誤差があっても前後3時間くらいまでだったのですが
今年は6時間以上違います。

潮見表の場所が間違ってんじゃないの?
という位違い過ぎちゃって全く参考になりません。

一体何が起こっているのかな?


前もって潮を見てポイントを決めておいても
数日前に実際の満ち引きを見て見直さないと全く違っていたりで予測不可能

マブール・デラワン・バリで19年以上しっかり潮を選ぶガイドを徹底していた私でも
ここまで潮見表が当てにならない経験がなかったのでなんだか地球が心配

単純に人為的ミス(潮見表の作成ミス)だと思いたいです。


しかし、最近のハウスリーフの抜群の透明度といい・・やっぱり何かが違う気がする。


良い方に変わっているならいいですけどね。



今日もバリ島西部は透明度も良く水温27度

快晴で風も控えめで波もありません。

これ以上ないという位のダイビング日和が続いています。


皆さん、今がチャンスですよ。




[PR]
by sari_dive | 2018-09-17 12:24 | 生態 | Comments(0)