デラワン報告2

帰国中です。

19日にBOXで飲みます。
都合の良い方一緒に飲みましょう!



さあ、デラワン報告の第2弾です。


今回のデラワン訪問を決めた時

「潮が中途半端すぎる。あと5日早くか、5日遅くにしたい」

と思いつつ、仕事優先で日程を決定しました。

デラワン周辺のポイントは潮を読むのが勝負
読めるガイドならほぼ100%大物を見せられます。
逆に潮がダメだと確率はほとんどないというのが現実:涙

でも潮に合わせて遊びに行けないのはゲスト様と一緒
今回はゲストなんだからってことで日程を決定しました。



・・・で、
私の予想では大好きなマンタは初日だけがギリギリチャンスだった
しかも夕方4時過ぎに浮上。
(スノーケルで見るつもりだったので)

しかし・・その日は金曜日
レンタルボートが夕方には近くの港へゲストのピックアップに行かなくてはいけないということで
4時まで待てず:涙

結局マンタを見ることは出来ませんでした:涙
(ピックアップがなければボートレンタルは夕方まで可能らしい)


あ~ん!リベンジしてやる!


ただ、潮が悪いのでサンガラキのリゾートへ遊びに行けました:笑
(逆に言うと潮が良いと遊びには行けない)



c0211615_16411634.jpg

前日まで沢山のゲストがいたのですが

その日の午前中にチェックアウトしたらしく友人だったマネージャーにも会えず。残念。




島自体は相変わらず綺麗でしたよ。


桟橋が出来たという噂も聞いていたのですがリゾートにではありませんでした・・・

しかも・・・壊れていましたし:苦笑


数日後デラワン島でサンガラキのガイド?と話しする機会があったのですが
ゲストの80%は日本人らしいです。


すごいな


と思いつつ


逆にそんなにゲスト少ないの?


って心配になっちゃいましたが:苦笑





翌日は土曜日だったのですべてのアクティビティはお休みしました

土日はものすごい数のローカルゲストが島にやって来るので
海も陸もどこも観光客だらけ

あんなに人がいるデラワン島を見てびっくりっていうか・・・
本当にたまげました:汗

こんなに観光客がいるなら漁師なんてやってる暇ないよねって


日曜日はほとんどのローカルが帰途につくらしく
観光客はほとんどいなくて昔と同じデラワンでした:笑



日曜日にはカカバンへ行きました。


いや、本当はどうしてもマンタがあきらめられず・・・
数日間のハウスリーフの潮の上げ下げを見て朝にチャンスがないかと思いサンガラキへ
水面マンタを探してみましたが、
やっぱり現れずあきらめてカカバンへ行ったのでした


*驚くべきことにデラワンのどのサービスも潮見表を持っていなかったです。
 あんなに潮が影響するポイントが多いのに
 私もヘリもちょっと呆れてしまいました。






カカバン島は綺麗になってましたよ

・・・と言うか便利になってました。

私が働いていた頃は遠浅の珊瑚の上をヨタヨタしながら島に上陸しましたが

立派な桟橋が付いていました。

c0211615_17290706.jpg
デラワンダイブリゾートのオーナーが自費で建てたみたいです。
最初は有料だったそうですが今は無料で使えます。


いいとこあるじゃん。




こんなインスタ映えしそうなゲートも

c0211615_17314339.jpg


ジェリーフィッシュレイクへの道のりもすごく近くなってました。

あの頃は・・・めっちゃロッククライミング的で
ジェリーフィッシュレイクに行くの憂鬱だったのに・・・・
かけ橋が抜けて落っこちて怪我した人もいたのに・・・



c0211615_17333207.jpg

昔と違ってアイアンウッドで最短距離で道が作ってありました。

突然穴が開いて落ちる心配もなし!!



c0211615_17334917.jpg
直線で降りられるなんて感動!


ジェリーフィッシュレイクにも桟橋が掛けてありました。

c0211615_17341283.jpg


これなら観光客でも・・・
ビーチサンダルだけでもジェリーフィッシュレイクに行けます!

昔は週一回通うだけでブーツが1年もたなかったのに・・・


この日は朝早く着いたので白人さん一組しかゲストがいませんでした。





結構多くの人が入っているはずですが
ジェリーフィッシュレイクは相変わらず綺麗でしたよ。


クラゲの数は減っていません


c0211615_17424341.jpg

透明度もまずまず

c0211615_17430617.jpg

海草も相変わらずグリーンで綺麗

c0211615_17440751.jpg

ところどころに白いイソギンチャクのアクセント:笑


このアクセント君がクラゲを食べちゃうんですよ


お食事中


c0211615_17442260.jpg


お魚もちゃんと居ます


c0211615_17444678.jpg

これ、実はワイドレンズで撮っています。

近づいてもあまり逃げないんですよ

やはり外敵がいないからですかね



トサカハゼもワイドレンズ&スノーケリングで撮れちゃいます


c0211615_17451150.jpg

書くの忘れてましたがここはフィンが禁止です。

ですから本当に素潜り状態です。



湖の縁も相変わらず綺麗でした




c0211615_17571562.jpg



ここではサヨリも水面ではなくて水中を泳ぎます


c0211615_17573783.jpg

夢中になって1時間ほどスノーケリングしたのですが

気が付くと桟橋は近所のローカルゲストでいっぱい(日曜日なのでピクニックゲスト?)

ただ、やっぱりあまり泳げないらしく桟橋周辺で飛び込んだり浮かんだりしているだけ

しかも救命胴衣を着ている。下手したらマスクもしていない:苦笑


なんというか・・・


プール状態?


c0211615_18014867.jpg


ジェリーフィッシュレイクじゃなくたっていいじゃん??



・・・・なので
ちょっと泳げば昔と同じ環境がそのまま残っていました。

ちゃんと写真を撮りたいのであればフィン無しで泳げる練習は必要・・かも:笑





お腹が空いたので

ボートに戻りお弁当をもって最初の桟橋へ

あとは帰るだけだったのでビーチをスノーケリングさせてもらいました。



前からそんなに綺麗なリーフではありませんでしたが・・まあ、そのまま


ただ、バリには少なくなったパープルビューティが滅茶苦茶多かったのが感動


c0211615_18053892.jpg

昔の私にとってはこれが普通だったのにね:笑



そしてカスミチョウチョウウオも


c0211615_18055433.jpg

久しぶりに見ると感動な普通種でした。



潜れなくても十分楽しい一日。


潜れたらもっと楽しいだろうけど

もっとヨレヨレだったな:苦笑






[PR]
by sari_dive | 2018-04-17 01:26 | Comments(0)