人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ひとりごと

今日からSari Dive始動です。

先日の国立公園入場料値上げの公布があってから
チケットを買いに行かせるのがストレスになりました。

20000ルピアのチケットがある日突然250000ルピアになるとすると
いくら持たせてチケットを買いに行かせればよいのか・・・汗


今日、買いに行かせたら値上げ反対の看板が立っていたそうです。
そして・・・
どうやらチケットは出来上がってしまったらしいが8月までは施行を待つようです。

さすがに情報は交錯していて
今日入って来た情報では

入場料は200000ルピア/Guest
ムンジャンガン島にパーキングする場合は100000ルピア/Boat
ボートエンジン1つにつきチャージ100000ルピア/Boat
他にもいろいろチャージがあるようです。


はあ・・・・。


うちは安全第一で2エンジンだから200000ルピアだし
水面休息時間に桟橋に停めると100000ルピア

これじゃシングルゲストの場合安く見積もっても
500000ルピアを国立公園に支払わないといけない:汗


う~ん・・・・


値上げ前で一日約2万円の売上?があった国立公園
これからは一日30万円以上になる。


ボロ儲けだ。


こんな事を考えていても状況が変わるわけではないとわかっていても
頭の中がこのことでいっぱいになってしまいます。

トラベルエイジェントさんにはすでにメールでお知らせしましたが
個々のゲスト様には今日からメールでお知らせする予定です。
お知らせが一応間に合う・・・・そう思えば
ピークシーズンのまっただ中でなかったことを喜ばないといけないですね。




この一連の騒動を見ていてひとつ思い出した出来事があります。


それはマブールの時のシパダン入島制限


あの時も毎日普通に潜っていたシパダン島に決まった人数しか潜れなくなることであたふたしたのでした。
SWVはゲスト数が多かったので期間中に1度だけでもシパダンに行けるように
スケジュールの采配をほぼ徹夜でしたことがありました。
(特にあの時はお金を払っても人数枠がなくて行けない状況でしたから)

そうしたことでシパダン島はちょっと憧れの特別トリップと言う設定となりました。
始まった頃は違和感ありありでしたが、今となってはそれが当たり前になってるようですし
きっと、ムンジャンガンもそういう風なものになって行くんだろうなあ・・・と思います。
そこまでのカリスマ性がムンジャンガンの海に・・・あるのかはわかりませんが
お金を払えば行けると言う意味では丁度いいのかもしれません。

あんなにシパダンに頼っていたマブールのリゾート達が今でも生きていることは
シパダンの海の素晴らしさもあるけれど
歯を食いしばって次のことを考えたリゾート達の頑張りもあると思います。

あの制限の後
ゲスト様を退屈させないように船着場に近い制限のかかっていないポイントのリサーチが進み
新しいポイントが次々と出来ました。


私の居たSWVではシパダンに頼り過ぎないマクロなダイビングも売りにしていたおかげで
入島制限がかかった後も他のリゾートに比べるとそれ程苦労はしなかったように思います。

今のSari Diveも同じでゲスト様の大半はマクロ好きなダイバー
ムンジャンガンへの依存もあまり高くない。

ラランをとられてしまったのはちょっと辛いですが
まだまだリサーチしていない場所が沢山残っています。


だからきっとサリダイブは大丈夫。


と、昔を思い出しながら自分を勇気づけています。


何だかひとりごとみたいなブログになってしまった・・・汗





今日の水中写真はサリダイブ近くのポイントから


ひとりごと_c0211615_12404878.jpg


ウミエラカニダマシ
お腹に真ん丸な卵を守っています。

こう言う可愛いステュエーションはサリダイブの近くの方が多いんだから!


なんて強がりを言ってみる:笑
by sari_dive | 2014-07-18 12:52 | 自分話 | Comments(0)