人気ブログランキング | 話題のタグを見る

なかなかそれが難しい

ただいま新人ハウスキーピング君は一人で黙々と頑張ってます。

彼の場合は覚えもいいし監視しててもあまり意味はなさそうなので
今日からお掃除終了後の出来栄えでやり直しさせる方向の研修に切り替えです。

研修もその人の性格によってやり方を考えないと空回りするだけだしお互いが辛い。
いい方法を見つけるまでが大変です。


これはハウスキーピングに限らず全部のスタッフに当てはまることですが

インドネシア人は褒めて伸ばすのは基本
褒められない時の方法を個々に合わせて見つけるのが一苦労です:汗



私はダイビングガイドが本職でしたからローカルガイドを何人も育てて来ましたが
ほんと、皆性格が違うのでやり甲斐ありました。

ジョンは素直で真面目な大人の雰囲気(若かったけど)
ドドンは常に明るいムードメーカー(今は・・・どうなんだろう?)
アルネルは真面目で優しすぎて気が小さい(よくガイド中フリーズしてたなあ・・)
アンディはやる気満々でちょっとお調子者(そろそろ落ち着いてほしい)
ヘリは真面目一筋の恥ずかしがり屋(今は親父ギャグ連発)
たった今ガイド研修中のリックのは
見た目がとても優しそうで頼りがいがあり真面目でも意外と気が小さい

他にも今も続けている子、辞めちゃった子沢山いますが
大切なのは私のコピーを作るのではなくて基本は教えつつ
その子の性格に合った仕事のスタイルを考えてあげること

なかなかそれが難しいのですよね。


私自身ハウスキーピングやキッチンの仕事の経験は
Sari Dive & Cottageがオープンした年に自分でやってただけですから
他のホテルのやり方を見たことがないのでまだまだ試行錯誤中
そんな試行錯誤している先輩に研修されるスタッフはちょっと可哀相な気もしますが
ガイド研修の時のノウハウ(気持ちの持って行き方)を活かしつつ私も成長し
最終的には彼も一人前のハウスキーピングになってくれたらなあと思います。

なんだか理屈っぽいブログになってしまったなあ・・汗




今日の水中写真は

海の中で宝石のようにキラリと光るナデシコカクレエビ

なかなかそれが難しい_c0211615_12295613.jpg


背景にブルーを絡めるように撮るのがお気に入りです。


うちのスタッフ達もキラリと光る人になりますように!
by sari_dive | 2014-06-19 12:39 | Sariメーキング話 | Comments(0)