ラキの尻尾

誕生日のお祝いメールありがとうございました:笑
またまた歳をとってしまった。

お祝いの都会へのトリップのはずが・・・
宿はロスメン水シャワー・・・汗
(もちろんエアコンなんてない)
それにやっぱり大忙しでケーキどころじゃなくって
昼ごはんは16:00になり・・・
夕ごはんは道沿いのワルン(屋台)と言う
いつもと変わらぬ出張に終わってしまった。

それでも新しいバックをプレゼントにもらいました:笑
100000ルピアのピカピカバック:笑
今までローカルも欲しがらないボロボロバックだったから
なんだか金持ちな日本人!?になった気分で嬉しかった:笑
(1000円で喜べる私ってやっぱり安い女かな?)


話は変わって・・・

うちのラキ君に異変が起こった:汗

いや、起ったのではなく・・起こされた?

ゲストが居る間に起きたことなのだけど
ある日突然、ラキの尻尾が短くなりました。
要は・・・切られた:汗


昔、恩ちゃんも尻尾の先っちょを骨ごと切られて
血みどろで帰ってきたことがあったけど
それとは話が違うみたい。

・・と言うのも、切られたのは毛の部分だけで
本人は全く気付いていないし:苦笑



ラキ君の尻尾は私にとってはとっても魅力的で
先っぽだけが可愛らしく白かったんです。



c0211615_1233106.jpg



暗闇では尻尾の先っぽだけがピコピコと動いて見えて
キャ~!!と言ってしまうくらい可愛かった。


ところがバリでは犬で尻尾の先っぽが白いのは
とてもいたずら好きというか・・悪い犬の象徴らしく
飼い主の中にはこの白い部分をちょん切ってしまう人もいるらしい:汗

私はとても気に入っていたのでもちろん放置:笑


ところが大きくなったこの頃
いたずらが過ぎたのか・・悪い子だったのか・・・?
誰かが見かねて白い部分を切ったらしいのである。


誰だろう?


ラキを嫌いな村人ではない。

だって村人が近付こうものならラキはすごい勢いで吠えるし不可能。
誰かラキが安心して近づける人である。
それに・・・申し訳なく先の部分だけを丁寧に切るところなんて
ラキを可愛がっている証拠である。


私もヘリもスタッフの誰かだと思っている。

だってスタッフの休憩所にいつもはないハサミがあったし:苦笑

切っても私たちが気がつかないと思ったのかなあ~??


その辺の証拠隠滅出来ないというか・・抜けているところが
憎めない彼らである。


ちなみにヘリがスタッフに聞いてみたところ

全員が『知らない』と言ったそうだ。

ただ、1人だけが一生懸命切られた理由について
何度もヘリに語りたがったらしい。

ま、子供のいたずらみたいなものですね:笑
(骨ごと切ったら許さないけど)

白い部分を切られたラキ君。
大人しくなる気配もなく・・・・苦笑
昨日の夜もラキ君はココナッツの苗をボロボロにしました。:汗

これで切った彼も迷信だってわかったかな?


部屋の写真を今頑張って撮っているんですが・・・
うまく撮れない:汗

明日辺り初公開出来るといいんだけど:汗
[PR]
by sari_dive | 2009-10-01 12:33 | 面白インドネシア | Comments(0)