最近ムンジャンガンでローカルに流行っているもの


水中撮影


水中で写真を撮ることじゃないですよ


自分が水の中に居るのを撮ってもらう方の水中撮影です




これが結構ひどいんですよ


水深1m位のところにカクレクマノミの根を持って来てスタジオみたくなってます

(結構、日本人ガイドもこれに似たことやってますけどね:苦笑)


これがセッティングされたクマノミスタジオ


c0211615_14495829.jpg



ガイドが先にカメラを持って素潜りし

アシスタントがゲストを上から押して海の中に沈めてその瞬間を撮るというもの



周りの珊瑚は枯れてしまうか先っぽが踏まれて丸くなってしまっています。

大半が泳げないゲストなんで溺れかけたりゲホゲホするし

その撮影ポイントの周りの珊瑚はグチャグチャ

ガイドが率先して珊瑚に立っている状況



インドネシア人セルフィー好きなので

かなりの人数がそれをやる訳です。

待っている人も好き放題立っているし

まあ、なんというかプールみたいな感じ?




うちのボートマンがガイドに向かって

「珊瑚に立っちゃダメだよ」

と注意をすると


ガイドは


「皆、珊瑚に立っちゃダメだぞ!」


ってゲストに注意するんですけど自分は珊瑚に立ったままなんですよね:苦笑


あれ、きっと自分が立っているのは珊瑚じゃないと思っているのかな。

いや、ガイドだったらやってもいいと思っているのかな。




とりあえず

証拠写真撮ってやろうとしてカメラ向けると深い方に逃げるんで

一応、罪の意識?はあるんでしょうね。


せっかく水温が下がって元気になってきた珊瑚もあれじゃあ育たない・・・



デラワンも同じなんですけど

浅場の珊瑚はローカルスノーケラーで壊滅だけど

ダイバーが潜る水深はある意味無事なのが救われています。

彼がダイバーになったときはちょっと怖いかもしれない:汗




足のつかない場所は綺麗な珊瑚が残っていますが
足の着く場所はガレバになっています。

c0211615_14560349.jpg



c0211615_14564825.jpg




日本人も大昔通ってきた道だし(いや、今も?)
ここは彼らの国なので
率先して彼らに注意はしませんけど
(お邪魔している外国人には注意しますよ)

まあ、心は痛みます


昨日のスノーケリングゲスト様も結構怒ってらっしゃいました。



しかし

これだけはインドネシア人が自分達で気が付かないとどうにもならないですからね。

・・・というかインドネシア人同士が注意し合えばいいんじゃないかと傍観しています。



もちろん、うちのスタッフ達にはサンゴの大切さや
怖し続けていくことの問題をちゃんと教えますけどね。



マナーがダメダメですが
少しずつ海に興味を持ち出したインドネシア人たち

美しいサンゴを守ろうというものもそのうち出て来ると思います。

日本人がそうだったように




10年後のインドネシア


どうなっているのか楽しみですね。





[PR]


今日はムンジャンガンへ

私はスノーケラーゲスト様と楽しんで来ました:笑

ヤッパリ乾季のムンジャンガン好きだ!

(ローカルがサンゴの上に立っているのを見るのは悲しいけど)




サトミピグミーシーホースの続報!

昨日、ヘリがサトミピグミーシーホースの目で探してみた所

複数個体居るのが確定しました。


(見つからなかっただけでやっぱり居たんだなあ・・・)


これからもう少し本腰入れて探すともう少し出てきたりして:笑

・・・なんて、期待しちゃいます。

ああ・・今一度潜れるようになりたい:祈




今日の水中写真は・・・


ミニマッドゴビーことホムラモドキちゃん



c0211615_19484527.jpg

この子も昔よく見た懐かしい子だったなあ・・・

お盆の頃にはざっと5個体位出てましたけど
そう言えば今はどうなんだろう?

彼らの中のブームは終わっているみたい?汗



今年はこういう懐かしい出物が多いです。


初心に戻って頑張れってことでしょうね。きっと。




最後に

来年のGWの予約がだいぶ詰まってきました。

どうしようか迷っている方お早めにお問い合わせください!!








[PR]


暑いです。


例年だと11月初旬?の暑さ

乾季の終わりで湿気が多い。だけどまだ雨が降らない

エアコンなしだとちょっと辛い時期です。

海は温かいし水面休息も暖かいのでダイビングには滅茶苦茶いい気候なんですけどね。



不思議なことに


乾季中しっかり水やりをしても成長が止まったままの庭木が一斉に!?
少しづつ新芽を出してきました。

雨も降っていないのに何に反応しているのだろうか?

湿気?

そして何度か書きましたが

マンゴーがトップシーズンを過ぎています。
(普通は10月~12月がシーズン)

不思議なことがいっぱいです。




先日の海でも乾季にはほとんどないプランクトン?が水面にいっぱいいたようで

手や首、顔を刺されまくって結構痛かった。

私たちには感じられない何かの変化で生物たちも行動を始めたのでしょうね。

ベラやニザダイなどの産卵も多く見られますよ。

そのため透明度は一時期より白濁しています。


何が彼らにとっての合図なんだろうか。


ほんと不思議です。






今日の水中写真は



お腹に卵をいっぱいつけたナデシコカクレエビ


c0211615_16042278.jpg

そのうちチビチビがいっぱい現れるんだろうなあ:笑


(あれ?そう言えばこの子達は産卵時期って年中の様な気がする:苦笑)








[PR]

久しぶりに昔の恋人に会いました:笑


会ったと言ってもゲスト様の写真なんですけど


昨日の夜、ゲスト様に


この魚って何ですか? 
コマンがピグミーパイプホースの時に見せてくれたんだけど
これってピグミーパイプホースじゃないですよね?


と聞かれて写真を確認



c0211615_16261115.jpg

ムムム!?


ピグミーパイプホースの寸詰まり?

いや、方向が悪くてそう見えるのか?






もっと違う角度の写真ないですか?





ありました!





c0211615_16284824.jpg

わわ!


わわわわわわ!



このモシャモシャ感、この赤い模様、凄く見覚えがある!

めっちゃ懐かしい姿だ。

夜な夜な通って生態観察したっけ

あの頃は若くって肉眼でも暗がりでもはっきり見えてたなあ・・・



c0211615_16282887.jpg

そう、このフワ~っと飛ぶ感じ、絶対あの子だ!!





サトミピグミーシーホース!!

Hippocampus satomiae)




苦節13年


とうとうバリにもサトミピグミーシーホースが:涙



まだ1個体だけなのでたまたま流れてきた一匹なのか
れともちゃんと生息しているのかは不明ですが

とにかく証拠写真Getです!



見つけたのは

昔見たことがあるヘリ・・・ではなく


やっぱりコマン。


しかも

いつものごとくレアものの意識がなく

ゲストにもサラッと見せたらしい。

極小だけどゲスト様があきらめずに撮ってくれてよかったよ。

そして、私に聞いてくれてよかった。



・・・じゃないと、お宝は埋もれたままだった:汗



もしかして今までも撮ってた方いません?




実はサトミピグミーシーホースは光が嫌いなので
デラワンの時は暗いターゲットライト限定
そして一人3シャッターまでと決めていました

そのような注意無しで昨日は撮影されていたと思うので
もう一回見られるかどうかはちょっと疑問ですが
今まで居るはずないって探す気がなかったヘリも
これからは居そうな場所をチェックしてくれるはずです:笑



昨日はドキドキしちゃって寝付けず・・・

寝付けないのに地震まであってさらに眠れず・・・

(パプアの前に2時45分ごろジャワでも地震があり、今回はここでも感じました)


眼の下真っ黒になったままシークレットベイに行ってスノーケリングしてきました。

(もちろんゲスト様はダイビング)


今日は良く寝れそうです:笑



まだまだこの海はリサーチが足りないですね。


ヘリやコマン、そしてアルタナに頑張ってもらいます:笑












[PR]


今年は4月から乾季になっているバリ島西部

もう7カ月間
地面が24時間以上濡れているって言うことがありません。
(数時間濡れるにわか雨は3回くらい降っている)


ムンジャンガンも荒野になっています。


そろそろ雨が恋しい


・・・って思いながら海の写真を見ていると


雨に見えちゃう


ヨロイウオの群れ



c0211615_11583032.jpg


大きなウミカラマツにヨロイウオが群れるポイントがあります。


ヘコアユじゃなくてヨロイウオ


尾びれがヘコっと曲がらない方です。




水深13m位らしい


スノ‐ケリングで写真撮るにはちょっと勇気居るかな:汗








[PR]