人気ブログランキング |

今日も快晴です!



昨日チェックインされたゲスト様に

「ここらしいものを見てみたい」

と言われて

とても考えてしまいました。


西部バリらしいと言えばムンジャンガンの青い海=ワイドだし

サリダイブらしいと言えばオリジナルポイント(透明度悪し)=マクロ?

そのマクロだってアクアリウムフィッシャーマンに捕られてしまって
人気の魚や目立つものはいないし
妙にマニアな感じなのもばかり・・・・

そうやって考えてみると
わざわざワイドが有名な場所でマクロをやっているサリダイブって・・・
かなり非効率的なことしているような気もしてきました。

国立公園フィーが一気に上がった時
マクロに救われたところはあるんですけどね。


私はもう潜れなくなっているわけだし
ゲストの裾野を少し広げる意味でも
ダイビングの方向性も一度考え直してみないといけないなあと思いました。





今日の水中写真は・・・・


バンダブレニー


c0211615_17001730.jpg

最近、シャコガイに乗っているのが

サリダイブでは流行り!?のようです。


う~ん・・もしかしてゴットハンド系かな・・・








昨日からまた南西の風が強くなっています。

埃が舞う季節だあ・・・



ムンジャンガンの南側のポイントは浅場が荒れて潜りづらくなります。

まあ、風波なので本当に表面だけだから
浅場のスズメダイとか狙わなければダイバーには問題なし

それよりも
上で待っているボートマンの方が大変です。
最近はフリースに毛糸の帽子かぶってます:汗

(実は私もスノーケリングなので大変:涙)

全体的に透明度は良いのでワイドな方は今がチャンスですよ。




今日の水中写真は・・・・



マングローブ


c0211615_12153184.jpg




近づくと・・・・・



c0211615_12153030.jpg

トビハゼアパート:笑

根っこにしがみつくトビハゼが見られます。

(この写真には3匹のトビハゼがついています)





もちろん水中写真も撮れますよ

(これは上の写真と別のポイントですが)



c0211615_12153119.jpg

光のシャワーがまぶしい!!


マングローブの下はホソスジマンジュウイシモチのお家:笑

人間を知らないのでじっと観察しているとイシモチたちがこちらの様子を見に来ちゃうんですよ。






この辺りのマングローブはサンゴ礁が近く海沿いにあるので透明度が高いです。

特に大潮の満潮時はお勧め!!

上の写真は小潮の時
小潮でもこれだけ撮れますが大潮だったら・・・きっともっと美しい。

ゲスト様と話していて気が付いたんですけど

マングローブを水中撮影するのにバリ島西部ってとっても条件が良い場所かも
これって売りですよね。

これからマングローブ売り出して行こうかなあ・・・

(SUPも購入予定だし:笑)



マングローブも浅場なので風が吹くこの時期撮影が難しくなりますが
いろんな向き、場所にありますので


是非トライしたいという方はリクエストを!!






最近朝晩お天気良しですが
お昼ごろにちょっと雲が多くなっています。

ワイドダイバーにはちょっと残念なお天気かな・・・

プロジェクトのおじさん達には優しい気候だ



裏のプロジェクト

今日は2階部分にセメント流し混む作業

ヌガラから来たというセメント流しチームが来ています。
男性もいますが砂や小石を運ぶスタッフは全員女性

何度も何度もセメント練りの機械にバケツに入れた砂や小石を運んでいます。

バリの女性は強いなあ・・・

トランバンの女性と言い、本当に感心してしまいます。



裏庭でのプロジェクトを始めたのが6月初め
ジャングルになっていた木をすべて切り倒し更地にして
土台を作って鉄筋の柱を立てて鉄筋を敷いてセメント流しまで

・・まだ1カ月半しか経っていない

なんかすごい急ピッチです。

インドネシアらしくない

今日の夕方には全部終わるそうなので数日したら2階部分に登れそう:笑

眺めいいだろうなあ・・・楽しみです。




今日の水中写真は・・・・


ポリプ満開



c0211615_14141768.jpg

バルギバンディピグミーシーホース


この写真のすごさ
解ってくれる人どのくらいいるのかな?

ピグミーシーホースを写すことだけが目的みたいな写真が多い中で

これだけポリプ満開な写真はかなり貴重です。

ちょっとでも触ったらポリプつぼんじゃいますからね


ピグミーシーホースやウミウチワに敬意を示さないと撮れない

とっても自然で優しい写真です:笑








今日も快晴のバリ島西部です。



海の日の連休

ゲストがいない年の方が多いのですが
今年は一人ゲストがいます!!(自慢にならない:苦笑)


ちょっと話は変わりますが
今年の7月はゲストが少ないのですが
お休みがない。

なぜかと言うとここから一人(または1組)のゲストがずーっと続くのです。

一日も離れず、一日も重ならず
スケジュールが1,1,1,1,1,1,1,1,1,1,1、・・・と続きます。

3日間ゲストが入っていないところに
次の予約がぴったりその日程だったりで:笑

もしかしてうちの予約表がどこかでチェックされているのだろうか?
・・って面白おかしく感じてしまう程


10年前にサリダイブを始めた時もそうだったのですが

本当にうまく重ならず、離れずゲストが毎日1名づつ続くのです。

その上10年前の時は
その一名づつが独身男性、次のゲストが独身女性、その次のゲストが独身男性・・・
と交互に続いていたのを見て

「日本は出会いがないって言うけど本当なんだなあ・・・」

って感心したことを思い出しました。


そう考えると本当に面白いです:笑


時々一人だと申し訳ないからって予約を悩む方いらっしゃるようですが
一人の方が来ないとサリダイブ倒産してしまいますので
気を遣わず皆さんいらして下さいね。

シングルゲストのお財布に優しいサリダイブですから:笑





今日の水中写真は・・・・


限りなく擬態系


c0211615_12145195.jpg

ミラクルトリプルフィン

トリプルフィンなので背びれが3つある子です。



上の写真のように被写体だけにライトが当たっていればわかるのですが

全体にストロボが当たっていると何が何だかわからない魚です。


見るだけなら背びれがジュリ扇のように(死語ですね。このブログ読んでる方ならわかるかな)
ヒラヒラしているのでちょっとわかる。

そう考えると昨日のホムラモドキ同様ビデオ向きかな?







今日もいいお天気

日本ってもしかして海の日の連休?

・・・そんなことは全く感じさせないサリダイブの客足:笑


遠いですからねえ・・・。


ショックなことが一つ

愛用していたスマホ用のワイドレンズのクリップが壊れた~:涙

一度は壊れたけどヘリがボンドとプラ板で直してくれましたが
今回は直せない部分。

あの部分だけって売ってないのかなあ・・・

う~ん・・・ネジ部分だけ携帯ケースにボンドで止付けちゃおうか:苦笑
意外とその方が邪魔じゃなくていいかも!?

壁にぶち当たると意外といい方向に物事が進むことが多い
時間が出来たら試してみよう






今日の水中写真は・・・・


ピコピコ


c0211615_11340111.jpg

ホムラモドキと呼ばれているMini mud goby

上の写真はオスの個体


胸鰭と背びれをピコピコ動かしながら歩くように動きます。





こちらはメスの個体


c0211615_11340191.jpg

背びれがオスの個体のように長く伸びていないのがわかります。


この子達がもうちょっと派手な色してくれてたらなあ・・・・

人気の被写体になるのに



でも、この動き方
ビデオだったら人気者なりそう:笑