今日もいいお天気

雲がどんどん少なくなっています。


アグン山の近くの住民の方たちがこの辺りにも避難しに来ています。

・・・と言うよりも

この辺りは大昔誰も住んでいなくて
前回の噴火の時に移り住んだ人ばかりなのでもともとあの辺りに住んでいたファミリーばかり
この辺りの知人を頼ってきているみたいです。

アグン山関係の情報は23日からほとんど変わりばえなく・・・
この状態が長く続くのは大変だなあと思います。


トランバンにも支店?があるミンピリゾートは
トランバンで予約を受けていたゲストがすべてミンピムンジャンガンに移動となったらしく
フルブックだそうで大変そう。
普段ダイバーが少ない小さいダイブセンターだから
大勢のダイバーゲストでどう捌いていいのかわからないとガイド達が嘆いていました。
トランバン辺りのガイドさん雇ってあげたらいいのに・・
って思うのは私だけかな?




今日の水中写真は・・・・


ハゼが続きます。


ハウスリーフの人気者



c0211615_08444960.jpg

ブラックスピアシュリンプゴビー

今年は結構多めだし

透明度がいい日が多いので皆さん見てますよ。



c0211615_08442869.jpg

お隣さんはカスリハゼの女の子:笑



ハウスリーフは所狭しと泥ハゼが住んでいます。


ハゼ好きのゲスト様!お待ちしてます!!









[PR]
今日はムンジャンガンへ行ってきました:笑

ちょっと雲が多めで暗くなることもあったけど

ムンジャンガンブルー

気持ちいい海でした。



ゲスト様は3名ですが

ワイドチームとマクロチームに分かれてダイビング

私は一人ぽっちスノーケリングチーム

浅場もとっても綺麗でした。




今日の水中写真は・・・・


オイランハゼ


サリダイブではオイランハゼ観察ポイントがざっと4つ


そのうちの2か所のオイラン君をご紹介



まずはハウスリーフ


c0211615_18321605.jpg

ハウスリーフのオイランハゼは小さめで105㎜レンズでも丁度いいサイズ
そのせいかちょっと色彩が薄め
早朝セルフダイブでしかチャンスがありませんが
意外と寄れるしある意味自分の好きなだけ粘れます。
早朝でもホバーリングしていることはあるみたいですよ。




そして次は



シークレットベイ

c0211615_18354897.jpg

シークレットベイのオイランハゼはでっかいです。
でっかいから色も濃い
ただ、下手すると105㎜では入りきらないので60㎜位がお薦め

問題は・・・エントリー際に居てそこに引っかかるとポイントまわれないし
じゃ、最後にってなるとタンクが軽くて浮いちゃったりで
何かを犠牲にしなくちゃいけないんですが・・・・


他の2つのポイントは今のところスノーケリングで見るポイントになってます。

お好みであればもちろん早朝からボート3本までオイランダイブも可能:苦笑
(メンバーが揃えばですけど)


オイランハゼ好きの皆さまお待ちしてます。






[PR]
今日はドライシーズンにしてはとても雲が多いです。

このまま一雨来ると庭のお花たちも喜ぶんだけど・・・・



今日はゲスト様一人なので
ヘリ君ゲスト様に譲って頂いたデジイチをもってダイビングに出かけました:笑

S5proは扱え切れなかったのに
今度のは大丈夫と言う根拠のない自信

帰って来てどんな顔しているかが楽しみです:笑




今日の水中写真は・・・・


長らくブログに出していなかったような・・・


昨日と同じく中堅の魚です。


c0211615_11522484.jpg


メタリックシュリンプゴビー

白い砂地に居ると結構露出が難しいのですが
バッチリ美しく撮れてます。
鰭も全開だし
あとは尾びれまで見えていたら・・・パーフェクト!
いや、エビも見えたら・・かな。

しかし・・・美しいハゼだなあ~




もう一種

個体数多すぎてガイドも見せるの忘れちゃうこの子




c0211615_11421227.jpg

ヤノダテハゼ

オレンジっぽいラインが他のダテハゼとは違う雰囲気を出しています。
テッポウエビがカラフルなのもいいですよね。


普通種もこういう風に丁寧に撮ると

美しいなあ・・・って思います。





[PR]
ちょっと雲が多いですがダイビング日和が続いています。

シルバーウィークのゲスト様達がチェックアウトされて
ちょっと寂しくなったSari diveです。


バリ島東部のアグン山が噴火したとかしないとか・・・
正直なところ、ここじゃ遠すぎて正確な情報も入ってこない
結局FBとかネットでの情報だけなので日本にいる皆様と同じくらいのことしかわかりません。

ある程度信用できそうな情報で解っていることは

アグン山の近くの村では避難が始まっている
噴煙があり小さな石?が山の東側には降っている
空港は風向きが違うので何も問題が無い
トランバンで今も潜っているショップはある

そこまで。

この情報だって実際見たわけじゃないので100%ってことではないです。


同じバリ島ですが
Sari Diveのある西部エリアは火山から遠いので全く問題なしです。
なんというか・・・
箱根で火山活動があったけど東京に噴火の影響がなかったし羽田から飛行機は飛んでいた
・・・みたいな感覚だと思ってください。
(実際は箱根~東京より遠いと思うんですけど)
長引くと風向きが不安定になるので心配ですが
もうしばらくは季節風が守ってくれると思います。





今日の水中写真は・・・・


中堅の被写体達

誰もがリクエストするような魚じゃないですけど
見せられると結構はまっちゃうという子です。



まずはピグミーパイプホース

c0211615_17040194.jpg
ピグミーシードラゴンとかレンベシードラゴン?と呼ばれているようです。
成魚は3本の赤い棘が生えてきます。
幼魚は棘もなく膨らんでいるところもないので腰の曲がった白いヨウジウオみたいな感じです。



次は




ソフトコーラルの中で擬態しているこの子


c0211615_17045033.jpg
リトルファイルフィッシュ

写真で見るより本物の方が可愛さ百倍です!






最後におまけ


見てもゲスト様がなかなかやる気になってくれない子


c0211615_17051278.jpg

沢山いるし、透明だしイマイチ刺さってもらえないエビ

クリアクリーナーシュリンプ



結構ちゃんと撮るときれいなエビなんですけどね。

目なんて真珠みたいだと思いませんか?








[PR]
風は強いですが良いお天気です:笑

普通のボートポイントは水温28度


昨日のシークレットベイは24度:汗

結構冷えています。



24度と言う水温を聞くと行きたがらないゲスト様多いですが

水温が低いときれいな緑色の海藻が出て

フォトジェニックなポイントに早変わりします。

*去年は水温が下がらなくて緑にならなかった・・・。


もちろんワイドもそうなんですが
マクロも(Sari Dive的にはBigマクロと呼んでいるけど)とっても綺麗ですよ。




例えばボンボリカエルアンコウ


c0211615_11083932.jpg

写真の個体は小さめの個体ですが

30㎝もあろうかと言う大きな個体や白い個体複数出るようになりました。

集結するのも時間の問題?

(集結するのか集結させられるのかは疑問・・・)






そして


一見コブシメなカミナリイカ


c0211615_11095074.jpg

砂に潜っていることが多いのですが

甲の周りのピラピラの際に青いラインが入るのが特徴

甲も少し丸っこい気がします。



いつもは灰色の砂が背景だけど

このグリーンが背景って撮影意欲増しませんか??


めっちゃ寒いですけどね:苦笑












[PR]