<   2014年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今年も最後一日となってしまいました。

皆様のおかげで振り返れば本当にいい年でした:笑


よく考えてみれば・・・・

バリ島ヌサペニダの漂流事故やその影響でのドタキャン(場所は違うんですけどね)
ゲスト様水中でのくも膜下出血
いろいろ続いたせいか・・・ダイビング保険会社の撤退
ガソリンの大幅値上げ、国立公園フィーの値上げ(来年2月にまたあるらしい:汗)
物価が高騰する中、日本円払いのSari Diveは円安ですごい打撃をうけたり・・・
リックが急に辞めたいと言い出したり(→本人が取り消しました:笑)

大変なことも沢山ありました。


でも、何故か良いことばかりが思い出されます。

ジェットコースターのようにめまぐるしい一年でしたが充実感があります。


来年も充実した一年を送れますように
何があってもくじけずに頑張りたいと思います。




写真は昨日の夕焼け


c0211615_826441.jpg



この時期にこの夕焼けが見られるのもとてもラッキー



さあ、これから潜り納めと恒例の年越し行事です!




皆様も良いお年をお迎えください。
[PR]
典型的な雨季の天候となりました。

夕方~朝に雲が多く雨が降りやすく・・・・
昼間は太陽が出ます。

透明度はやはり落ちますが水温が高いので産卵などが多く行われています。

相変わらずカメラの不良やうっかり忘れ物などが続いていますが
事故がないのが何よりです。


良い年を迎えられるように・・・神様お願い!!


今日の水中写真はこの頃やたらと群れているこの子


c0211615_18211540.jpg


アカメハゼ

チビから大人まで一緒に群れています。

アカメハゼのアカメハゼ抜きをとってみたいなあ~・・・笑
[PR]
今日から年末年始のピークがスタートです。

一昨日まですごく天気が良かったのですが・・・

昨日の昼過ぎから大雨となり朝まで振り続きました。
おかげで昨日の朝はブルーだったハウスリーフがミルクコーヒー色です:汗

今は太陽が出てきています。

ここからお天気回復しますように:祈


今日の水中写真は


先週3回も通ったこの子


c0211615_11574311.jpg


一時期よりは増えました。
Babyが沢山いるのでこの後悪さをしなければ増えていくものと思います。

毎回書いていますが・・・

この子を観察するときのコツはいかに自分の気配を消して石になるかです。
気配があるときは逃げまわったり隠れたりしますが
自然に溶け込めば出っぱなしになりいろんな表情を見せてくれます。

観察方法を知らないガイドだと石やガレをめくったりしますが
そんなことをしたら見れたとしても一瞬で撮影など出来ません。

サリダイブではその辺り徹底させる努力をしていますが
ゆっくり観察するためにも
もし、そういったガイドにあたってしまった場合は
環境を壊さぬようにリクエストをお願い致します。
[PR]
クリスマス休暇のゲスト様のピークが本日で終了。

・・・・と同時に

雨に降られました:汗


う~ん・・・・やっぱり?



天気が良かった代わりに?いろいろなものが壊れました:汗
晴天と引き換えだったのかな?

ハウジングやカメラ、レギュレーター、ダイブコンピューター、時計・・・・
これだけ壊れるのって本当に珍しいです。

いや、そう言えば何年か前にあった気もする

時代はめぐるってやつですかね。



今日の水中写真はおチビさん


c0211615_17452441.jpg



レッドスポットブレニー

もとい

セグメントブレニー

浅場に行くとチョロチョロしてます。

個人的には・・・・

全身よりも顔だけ出している方が可愛いと思います。
[PR]
毎月1日に行っているこの企画
今回は特別にクリスマスです!!


・・・ということで
今回のお題は『海の中のクリスマス』



海の中はホワイトクリスマスならぬブルークリスマス

お花のようなコーラルやホヤのイルミネーションに囲まれて


メリークリスマス!


c0211615_1862520.jpg

ミラクルトリプルフィン
クリスマスの奇跡・・・・起こるかな?




そして

サリダイブからも


メリークリスマス!

c0211615_187629.jpg



このブログ記事は、次のブログとコラボしています。

カニ汁

「デジDive」ブログ

潜りたおし
[PR]
いいお天気が続いています。

水温も暖かく・・・透明度もGoodです!


このまま年末年始までよろしく神様!!



今日の水中写真はサクラコシオリエビ


c0211615_19201846.jpg



ケバケバが可愛い:笑
[PR]
今日からガイド3人出動してます。

私は・・・・変態マクロチーム!?

ダイビングのようなダイビングじゃないような・・・・・
浅すぎて潜水時間1分とか:苦笑

そう言うの好んで頂ける方が居ると私もやり甲斐がでてきます:笑

天候・海況が良いので浅場もなかなかよい感じ
水温も29~30度あります。



今日の水中写真は・・・・・


久々に見ました。


c0211615_17175975.jpg


ベンテンコモンエビ

このエリアはクリアクリーナーシュリンプとソリハシコモンエビ
そしてミカヅキコモンエビは沢山いるのですが
この赤点が多くてきれいなベンテンコモンエビは殆ど見かけません。

バリに来てからまだ3回めくらいじゃないのかな?

レア度80%くらい?


マブールやデラワンでは沢山居たのであまり気にしませんでしたが
これだけ少ないと見つけると嬉しくなります:笑


まだいるかな??
[PR]
ゲスト様がいらっしゃってから雨が降らずでダイビング日和が続いています。

雨季に雨を降らせないなんて・・・かなりの晴れ男?

おかげで道の工事も順調に進んでいます。


今日に至っては今の時間まで青空が広がっていて


夕焼けタイムが楽しみです:笑


久しぶりに真っ赤になって欲しいなあ・・・・。




今日の水中写真は真っ赤なこの子


c0211615_1737018.jpg


イレズミハゼの一種
Priolepis vexilla

以前はボートポイントで見て頂いていましたが

今はハウスリーフに結構な個体数がいるらしく
浅いし、選べるし、粘れるし・・・で
セルフサービスなお魚となっています。

これからの雨季はちょっと大変かも知れないけど:汗

(ボートポイントでも条件は同じです)

ドロドロを上手に潜れて撮れる上級者向けのお魚です。
[PR]
今日の朝は雲がいつもより少なめでしたが

お昼ごろからすごい入道雲が:汗
お山の方はずーっと真っ暗でゴロゴロ鳴っています。

しかし今日も雨は降らず:笑

神様!!道の工事が終わるまでもう少しだけお願いします!!


道の工事の様子を見に行ったら・・見覚えある顔が
この道の閉鎖をする原因になった通行止めをした家族が働いていました。
結局和解できずに他の道を作ったので
彼らの家の前につながる道工事は永久に無くなっちゃったわけで
通行料を稼ぐことがもう二度と出来なくなっちゃうからこの工事ありがたくないはずなのに

ヘリと一緒に顔を見合わせてしまいました。

一体彼らは何を思って手伝っているのだろう?

イマイチ理解に苦しむところ

単純に・・・仕事が欲しかっただけかな?
それとも
このまま家の前を通る道を閉鎖?されるのが怖いのかな?

私もヘリもそんなこと全然考えてないんですけどね。




気分を変えて



今日の水中写真


珍しくウミウシです。


c0211615_17392115.jpg


Noaldaの仲間?


このエリアすごくウミウシが少ないところで

すご~く珍しいウミウシなんですが


ウミウシに興味が無い人が多く・・・・

無欲の勝利ってやつです。

ご本人勝利したとは思ってないみたいで
ウミウシがフレームからはみ出しているし:苦笑




話は変わって

今日は丘番だったリック
休めばいいのに午前と午後にハウスリーフにリサーチに行って
前回より小さいヘアリーフロッグフィッシュ見つけてました。


君をハウスリーフの王様と呼ぼう;笑
[PR]
今日からサリダイブ始動です。

天候は朝が晴天。
午後から曇り・・・雨が降りそう
夜は降る日と降らない日と
と言う典型的な雨季の天気になって来ています。


都会に出ている間に少しは進めると言っていた道路工事

予想の通りに全くひとつも進んでおらず:笑
そして今日から始めると言っていたけど今日も何もありませんでした。

まあ、今年中に終わってくれれば良いかな?
(工事自体は多分4日もあれば終わる量)




今日の水中写真はピグミーシーホース


c0211615_171477.jpg


昔はツルリンピグミーと呼んでいたけど
しっかりHippocampus deniseと言う名前がつきました。

他の場所でも見られるのでそれほどリクエストのない魚でしたが
リクエストされれば見に行くこともあります。

ライトを当てると後ろを向いちゃうので
できるだけ当てずに撮るのが理想なんですが・・・・


ここでちょっと豆知識

ストロボ光は魚の脳では時間が短すぎて眩しく感じない子たちも多いそうなのです。

まぶたのない魚達 + 眩しく感じない = 強い光をもろに目に受け続ける

という事になり白内障になってしまうこともあるそうです。

特に大人しくて小さな魚はストロボ光を間近で受け続ける訳ですから
白内障率高そうですよね・・・。


そう考えると眩しいとわかって避けることのできるライト光の方が実は優しいのかな?



海にお邪魔する私達人間は

そういった事も少し考えて優しい撮影をしてあげたいものです。
[PR]