<   2014年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今日からまたサリダイブ始動です。

・・・・と言いつつ

今日はクニガン(ヒンドゥー教のお祭り)でスタッフは半分お休み。
出勤者には休日出勤のお礼を出す予定です。
・・・って先に言ったら全員出てくるので自ずと出てくれたスタッフのみ
(その辺りはすでに知るものぞ知る特別手当:笑)

頑張った人には頑張った人と認めてあげないとね。

自分が雇われ人だった時にいろいろ悔しい思いしましたから:笑





今日の水中写真は・・・・オレンジヘッドピグミーゴビー

FUJI XQ1で撮りました。



まずは普通な感じで撮ったもの

c0211615_1125079.jpg





そして今流行らしい微妙な色合いで撮ったもの

c0211615_1135273.jpg



もちろんもっと薄い色に撮るのも自由自在なんですが

古い感覚の私だとこのくらいまでかなあ・・・




ただ綺麗に撮れるだけじゃなくて

同じ被写体を撮っても

撮る人によって違う色や明るさで撮れるのはいいですよね。



センスを磨かなくちゃ:汗
[PR]
ゲスト様がいないため買い出し等の出張中です。

メールの返信等遅れます。
ご了承下さい。


今日は大切なお知らせがあります。

6月のお問い合わせ分から少々値上げをさせていただくことにしました。

インドネシアのめざましい物価の上昇により電気代、食材なども軒並み値上げとなり
スタッフの給料もオープン当時の3倍近くになりました。そうでなければ米が買えない状況です。

毎年コスト削減を心がけ利益を設備投資しコンプレッサーや小型艇の導入をしたり
去年のガソリン代の44%の上昇などもポンコツ車を新車に替えることで値上げをせずに踏ん張り
食事代も料理法などで安い食材でご満足いただけるように工夫したり
税金10%も内税としてゲスト様には負担をかけないようにと・・・・
開設当時から極力値上げをしないようにと努力して来ましたが
さすがにコスト削減の方法がなくなったことで物価の上昇に追いつけなくなったこと
オープンから5年が経ち、建物なども補修が必要となったことなどが理由で
泣く泣く値上げに踏み切ることにしました。

今回の値上げはサリダイブ完成後初めての値上げです。
SARI DIVEを続けるためのコストですのでご了承頂きたいと思います。


6月の国立公園フィーの件がまだ見えてきませんが
便乗値上げと言うわけではなく以前より切り詰めていた必要分ですのでご了承頂きたいと思います。
(料金は国立公園フィーの結果を考慮の上、発表させて頂きます)

*5月迄にお問い合わせ頂いた分は据え置きの料金とさせて頂きます。
(国立公園フィー上昇分は現地にて請求させていただくかもしれません)


喉の奥につかえていたことを思い切ってブログに書きましたが
正直な所ゲスト様の反応が怖いです。

これからのSari Diveのためご協力をお願い致します。


今日の水中写真はぶっ飛び気味のアカネダルマハゼ


c0211615_0294798.jpg


私の頭も・・・今、ぶっ飛んでます。


経営って難しいです。
[PR]
今日は一日いいお天気でした:笑

そろそろ窒素抜きしようと思いつつ・・・
結局潜りに行ってしまいました。

イカンな・・・・

明日は・・・う~ん・・・またきっと行ってしまいそうだ:汗


平均水深3m50分DIVEだからきっと大丈夫:笑




今日の水中写真はオレンジダムゼル


c0211615_17442299.jpg


そろそろオレンジの色が薄くなってきた感じ・・・。



この子口の脇にも青い点があったのね~


コンデジでスズメダイは今まであきらめてたんですが

撮れちゃいました。

近頃のコンデジのオートフォーカスってすごいね。



FUJI XQ1 + INONクローズアップレンズで撮影
[PR]
午後になるとバリ島は雲に覆われています。

ムンジャンガン島は相変わらず晴天続きです。

この所一日一回雨が降るせいか、今年はあまり成長が早くなかった庭の木々が
今頃になってニョキニョキと大きくなっています。
Sari Diveはガーデナーが居ないのでゲストの居ない日は総出で草刈り&木の伐採
をしてもらわなくちゃいけない:汗

頑張れ~!スタッフ達!!

もう少しコンスタントにゲストが入るようになったらもう一人雇うからそれまで頑張って~!!



今日の水中写真は・・・・

ここの所ワイドワイドと言い過ぎたと反省。

そう、Sari Diveはワイドポイントでもマクロを撮らせるのが売りなのだ!?


・・・ってことで


マクロ行きます!



誰に見せても綺麗な魚だと言われる未記載種(であろう?)イソハゼの仲間



背びれちゃん(通称)



c0211615_17584124.jpg



ズームだとすご~く寄れるのでアップでどうしても撮りたくなっちゃうんですが・・・



私はちょっとだけ引いて

明日に向かって吠えているような背びれちゃんの方が好きだったりします。


c0211615_18143396.jpg



う~ん・・・やっぱり思考がワイド的なのかな?



FUJI XQ1+INONクローズアップレンズで撮影
[PR]
前のブログはかなり反響がありびっくりしています。

少なくとも自分のゲスト様だけにはわかってもらいたいなあ・・・と書いたのですが
多数の方の役に立てると思えばさらに嬉しいです。

今日はリックガイドでダイビングに行ってきました。
私は・・・浅場をチョロチョロしただけですが

この所雨が降るせいか深場の透明度がダメです。
(この辺りは地下水が吹き上がるようで・・・)
浅場は綺麗なんですけどね。

水温は30度
潜るには全くストレスありませんが珊瑚が少し可哀相な感じです。




今日の水中写真はシークレットベイより



噂話し中のネズミフグとボンボリカエルアンコウ

c0211615_17192598.jpg



何の噂だろうか・・・
なんかその目つき・・・もしかして私の事噂してる?




そして・・・・



オレンジ色の海綿に擬態しているつもりのベニカエルアンコウ


c0211615_17242365.jpg



FUJI XQ1+INON ワイドレンズで撮影




天邪鬼なSari Dive的には

シークレットベイはワイドが面白いのだ!!笑



c0211615_17251914.jpg



やっぱり好きだなあ~・・・ワイド:笑




ちなみにシークレットベイは先日

水温27度でした:笑
[PR]
時間が出来たら書いておかなくちゃと思っていたことです。

皆さん、海外保険ってどうされていますか?

毎回入っていらっしゃる方、日本で入っている保険が海外に適応する方
そしてクレジットカードに付帯する方・・・

いろいろいらっしゃると思うのですが

保険に入ってても必要な時に情報が知られていないと使えないのです。

皆さん、そういう認識ありましたか?


2月にあったバリ島ヌサペニダ沖での事故でもそうです。
保険に入っていてもその情報が知らされていないと本人が手続きをしない限り使えません。

Sari Diveの受付票には保険の情報を書き込んでいただく欄があるのですが
書くのが面倒で空欄のままや入っていないに印をつける方も多いです。

Sari Diveは事故100万円相当、救助400万円相当の保険に入っているので
私も今まで敢えて書き込みを強要しなかったのですが先日思いもよらぬことが起きました。



水中で脳梗塞


正確にはくも膜下出血です。



私とヘリが日本から戻ってきた数日後のことです。
荷物の片付けも終わっていませんでしたが何故か海に出たくて私も体慣らしに海に出たのです。

そこで見たのは・・・
1本目のダイビングの終わり頃水深5mで動かなくなったゲスト様と心配するガイド
私はその時ほぼ水面に居ました。

ガイドがOKサインで確認するとゲスト様はOKのサインを出します。
それ以外は魚を目で追っているようですがカメラも構えず全く動かず

セーフティーストップが終わりボートへゆっくりと自分で上がってきたAさん
ボートの椅子に座り他の方の見た魚の話を聞きながら

『水中ですごく頭が痛くなって・・・首がパンパンに張ってる・・・』と言い始めました。


大丈夫ですか。と声をかけると


『ダメかも・・・あっイタ・・・・・・』


と言ったまま動かなくなりました(座った姿勢)
何かピンと来ることがあり

気持ち悪くないですか。と聞くと

『気持ちは悪く無いです』

といった途端にAさんは嘔吐しました。



脳だ・・・


何故だか自分の心の中で断定できました。



Sari Diveに帰ります。皆さんごめんなさい。今日の予定は変更になります。

オキシジェン!オキシジェン!(酸素)


酸素の準備はいつも練習しているのでスタッフたちがすぐに用意してくれました。
私はレイキで少しでも悪化を防げるように手を当て続けました。

ゲストの皆さんも尋常じゃない様子にすぐに理解して頂け出来るだけ早くサリダイブに戻りました。



サリダイブの長い桟橋をAさんをリアカーに載せて移動させ
ダイブセンターに腰掛けさせ落ち着くまでレイキ続行
その間何度も吐き続けます。

少し落ち着いたところでウェットスーツを脱がせソファーに寝かせました。

その間に車に酸素を載せ寝床を作り病院へ連れて行く準備をしました。

*この辺りは僻地なので救急車を呼ぶのだけで最低1時間半かかるので
  自分の車で連れて行く方が病院に早く着けます。


ダイビングセンターはリック
キッチンはイロちゃん
コテージはアリス
この3人を呼び寄せ

『他のゲスト様をよろしく。あなた達を信じています』

と手を握って私は車に乗り込みました。



ヘリにはシガラジャの病院の方が近いからシガラジャに行こうと言われましたが
脳だったらシガラジャじゃ施設がないだろう・・・デンパサールならきっとある。
4時間半の道のりの危険性と病院の施設と質を秤にかけ
その判断の重さに泣きそうになりながら
思い切ってデンパサールの日本人スタッフの居るインターナショナルな施設のある病院を目指しました。


ダイビング直後なので山道を避け、静かな運転を心がけさせたのもあり
ノンストップにも関わらず5時間以上かかり病院に到着しました。
その間私はずっとレイキし続けました。

病院に着き、お医者さんに診てもらうと
これだけ時間経っているし脳ってことではなさそうですね
と言われましたがCTを撮るとしっかり出血が映っていて
くも膜下出血という診断でした。


あれだけの距離をあれだけの時間をかけてここまで生きて連れて来れたのは奇跡に近い
と言われた時は安心したのと同時に
ここまで連れて来たことの怖さも一気にやって来て心臓のドキドキが止まりませんでした。



それからが大変でした。


Sari Diveから有り金を現金で30万円程を握ってやって来たのですが
当たり前ですがそんなお金では脳の治療には足りません。

常識的に考えてクモ膜下出血は水中事故と言うよりは病気と言う捉え方にもなるため
Sari Diveの事故保険もすぐには使えず・・・パニック状態。

ゲスト様のダイビング受付票の保険の欄には保険なしと書いてありましたし
とりあえず緊急連絡先は書き込まれていたのでそこには連絡しましたが
やはり保険金のことはわからず

イチかバチかでゲスト様のクレジットカードを連れのゲスト様と一緒に1つずつ調べていきました。

当たり前なのですがクレジットカード会社は保険を使えない理由をとても丁寧に説明してくれます。
それなのに私ったら心の中で『時間がないんだからNoならNoで良いのに』・・・とイライラしたり
ドキドキとイライラで自分が自分でなかった感じです。

幸運なことに一つのクレジットカードの条件が当てはまり
そのカードの保険で治療を行えるようになりました。


この保険の件は病院の日本人スタッフの方たちにとてもお世話になりました。
日本人スタッフの方達がいなかったら保険も降りず治療も受けられなかったかも知れません。
つくづくこの病院を選んだことをありがたく感じました。


突然のことでご家族も事情がありすぐに来られないということで
私はAさんを放っておくことが出来ず8日間24時間態勢で付き添いをしました。

最初の数日はどんどん良くなり一度はトイレに行けるようにもなりましたが
その後他の症状を併発悪化し私だけでは面倒を見れなくなりICUへ

淚ばかりあふれましたが日本人スタッフの方に

『大西さんの判断、行動はパーフェクトだった。だからここまで生きて連れてこれたし
一度は回復に向かった。責任があるわけでは無いのに本当によく尽くした。
これからのことは大西さんがいくら頑張っても変えられることは出来ない
本当によくやったんだから自信持っていいよ。仕事にも戻って大丈夫。後は私達に任せて』

と慰めて頂き
GWの最初のゲスト様がいらっしゃる前日にSari Diveに戻りました。


その後GW半ばにクレジットカードの保険も足りなくなってきたと連絡があり
Sari Diveの入っている保険会社にもう一度話をすることになりました。

クモ膜下出血はダイビングアクティビティ中に起こったと言うことを
全面に押し出した診断書を病院側で出してくれたこともあり
Sari Diveの入っていた保険の方も降りることとなりました。

手術はせずに入院だけでしたがトータルで250万円ほどかかったのではないかと思います。
(手術となったらもっとかかっていたでしょう)

GW明けにはAさんは車椅子でご家族と一緒に日本へ帰国され
今は専門の病院で治療を続けています。


今回のことは大変な出来事でしたが
いろいろなラッキーが重なりAさんは命が助かったのだと思います。


1)いつもだったら荷物整理を優先にするはずの私がその日は海に出ていた。
2)何故か脳梗塞の症状の知識があり確信を持て対処できた
3)近いシガラジャの病院で自分の責任を終わらせることよりも
  危険を承知で治してもらえる遠い病院を選ぶ勇気を振り絞ることが出来た。
4)日本人スタッフのいる病院をすぐに調べることが出来た。
5)水中での出来事だったのでガイドや私がすぐに気がつけた。
6)水中での出来事だったのでサリダイブの保険が降りた。
7)どこまで役に立ったかは確信できないけどレイキを知っていた。


5),6)に関してはダイビング中に起きた時は『なんで水中なんだ』と神様クレームしたかったけど
お部屋で倒れてしまったら発見が遅れたかもしれないし
倒れて頭を打ってしまったかもしれない
さらに・・・お部屋だったら絶対に保険は降りなかったことを思えば
正直生きた心地はしませんでしたが水中で起きたことは
私にとってもゲスト様にとってもとてもラッキーなことだったと思いました。



実はマブール時代にも水中で気胸になったゲスト様の搬送経験があります。

http://satomimantarey.blog.so-net.ne.jp/2006-06-01

あの時の経験があったからこそ水中での発症を見た時に
あの時よりは冷静に判断出来る強さがあったのだと思います。

前回現場での対処を経験し今回はその後の病院での手続き等を経験することになりました。
これはこれからダイブサービスを経営していく上でとても貴重な経験となりました。

海外在住の自分の保険も見なおさないといけないと思ったし
Sari Diveの受付票の保険の欄の空白の危険性もしっかりゲスト様に説明するようになりました。
僻地の危険性を踏まえた上での安全第一のダイブセンターを作っていきたいと思いましたし
私に頼り過ぎないSari Diveのシステムを考える良いきっかけにもなりました。


こんな訳で

帰国から戻ってGWを通しすごくいろいろありました
GWの準備も殆どしていなかったのにどうにか乗り越えることが出来たのは
施設に不備があったり私がトンチンカンなことをしても
暖かく見守ってくれたご理解あるゲスト様のおかげだと思っています。

本当にありがとうございました。



・・・・今年のおみくじがダブル大吉だったのは

起こってしまう出来事は仕方がないとして
それにしっかり向き合い対応することが出来良い結末で終わったこと
そして次のSari Diveの方向性が見えて来たと言うことだったのかも知れないですね。


神様に感謝です。





PS...

Aさんの連れのゲスト様に


『マブールの時と言い・・なんでいつも私にはこう言うことが起こるのかな・・・・』


とぼやいてしまった時に


『サトミさんなら助けられるからって神様がサトミさんを選んだんだと思う』


と慰めて頂いたのですが


・・・出来ればもうこういう事では選ばれたくないなあ・・・と思ったのでした:苦笑





ということで長い長いお話にお付き合い頂きありがとうございます。

皆さん、保険は大事ですよ~

そして入っているだけじゃダメですよ~

と言うお話でした。


チャンチャン
[PR]
昨日の夜一休みから帰ってきました。

GWから頑張ったご褒美にスタッフたちにはボーナスを
(ガルンガン(お祭り)ボーナスの他にGWボーナスとして)
そして自分達にもご褒美を買ってきました:笑

実は私の部屋には沢山本などがあるのですが
置く場所がなくて全部机の上に積み上げてありました。
(ゲストスペースには本棚いっぱい作ってるくせにね~)

帰国中に何かで

『机の上の煩雑さと頭の中の煩雑さは比例する』

・・・というのを読んだ途端に私の事務力の無さはきっとこれだろうと
気になって気になって仕方がなかったのです。

今まで自分の物を買うことはほとんどなかったのですが
今回は自分へのご褒美で本棚買いました!!笑

やっほ~!


そしてそして・・

ヘリの部屋には仕事机がなく・・・地べたに座って仕事をしてました。
私も最初はそうしてましたがヘルニアになった時にたまらず机を買ったのですが
ヘリは自分は元気だからといってずーっと机なしでした(5年間も:汗)
今年はヘリも腰を痛めたしやはり机が必要ということでヘリ専用の机を買いました:笑

2人共狭い部屋に(ゲストルームは滅茶苦茶広いのにね~:苦笑)
大き目の家具がひとつ入るので朝から大変な騒ぎで大掃除しました。


いや~~~~さっぱりした:笑


2人共あの環境で5年間もよく頑張った!

特にヘリは大変だったと思います。
これからはもう少し楽に仕事していこうね。



今日の写真は


大掃除してもらっているモヨウフグ


c0211615_2226128.jpg


コガネシマアジのYgまでついていて

なんだか人気者でした。


明日はプロジェクトB!


ゲストがいない時のほうが忙しいのです:笑
[PR]
帰国から続いていた怒涛の日々が終わりました。

今日から数日ゲスト様が切れるので
自分にご褒美で都会に出ます:笑

スタッフもガルガンがあったりでしばらくは自分のこと。


メールの返信等遅くなりますのでご了承下さい。


ブログもちょっとお休みします。


今日の写真はポケ~っと一休み中のスリーラインブレニーです。


c0211615_1130596.jpg

FUJI XQ1で撮影


では、行ってきま~す!!
[PR]
昨日の投稿にいいねが沢山ついてるんですが・・・

(いつもは全然つかないのに)

それってどう受け取って良いのかな:苦笑

ま、値上げがいいねって言う人は居ないと思うので応援してくれていると思っておきます:笑



他の現地サービスのスタッフと合うとこの話になります。

そりゃーそうだよね。

こんなこと本当だったら大変なことだもの・・・・



どうかなくなりますように:祈






今日の水中写真はゴールドスペックジョーフィッシュの3兄弟!?


c0211615_1934611.jpg


ノーストロボです。

特にノーストロボにした理由は無いんですけど

スイッチ忘れてたかな~?




そして・・・・・


c0211615_1945139.jpg


ジャンプもバッチリフォーカス合っていい気分。

FUJI XQ1で撮影



デジイチでマニュアルで撮るより絶対楽な気がする・・・・汗
[PR]
ちょっと憂鬱な書類が回ってきました。

西部国立公園事務所からの書類なのですが・・・

6月1日から入場料の値上げしますと言うもの

目を通すと・・・・

(Sari Diveに関係有るもののみ抜粋)

入場料:Rp.250000/PAX ← 今まではRp.20000 なんと12倍以上:汗

ボート入場料(エンジンの大きさ40~100まで):Rp.100000/Boat  ← 今までは無し

ダイビングアクティビティ料:Rp.25000/PAX ← 今までは無し



もし2名のゲスト様だった場合

一人あたりの国立公園コストがRp.300000以上:汗
今までRp.20000だったのが15倍ですよ

・・・って日本の方が聞いてもピンと来ないかもしれないので

今までの料金は約200円
6月1日からの料金は約3000円


ありえないでしょ~???

しかもあと半月しか無いのに~???

コレだけアップするとさすがに短期間と言えども自腹は切れないから
ゲスト様に値上げを承諾してもらわないといけない:淚


ありえないと思うんだけど・・・
もし本当だったらどうしよう:汗

全ては6月1日にならないとわからない。


随分前のカメラフィー1日100ドルよりましか?
(結局この辺りのダイビングセンター有志で阻止したのでなかったけど)



この書類がデマでありますように・・・



c0211615_19441360.jpg




頭痛が痛い~・・・じゃなくて頭が痛い~!!
[PR]