<   2013年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

今日はムンジャガン島へ行って来ました。

透明度がいまいち。
まあ、小潮だったし仕方がないですね。
水温27~8度
水中は全然寒くないけど陸が寒いです。


ゲストさんも
『なんか避暑地に来たみたいだね』
と言っていました。

今、南半球は冬ですからね。



今日の水中写真はナデシコカクレエビ

c0211615_2283986.jpg


バリに来たばかりの時は綺麗なエビだなあ・・・って
ゲストに見せていたけど
だんだん見せていいのかわからなくなって来ました。



沢山居過ぎるし:汗


そんなふうに慣れてしまう自分ってやばいなあ・・・と思います。


初心忘れるべからず。
[PR]
今日は最後の休日

なぜかヘリが朝から芝刈りをしている。
スタッフは・・・座ってそれを見ている。

自分でやっちゃダメって何度言ってもわからんのよね。

リックがいれば割り込んででもスタッフ達がやることになるのですが
彼以外は言わないと動けない子なんだから教えないとイカン!


キッチンとハウスキーピングのこの放ったらかしようを見習ってほしい:笑
その御蔭で彼らは何を言わなくてもしっかり始動するようになったんだから。

ポイントだけチェックすればいいのになあ。

ま、もともと動いてないと気がすまないほうだし
まだ若いからしかたがないですね。



私はハウスリーフに動画用の新しいコンデジを持ってダイビング。

張り切って動画を撮ってたら・・・・
なんと全部で10分もないうちにバッテリー切れ


ひえ~・・・なんで?汗


夜にフルチャージしたはずなのに
ちゃんとチャージ出来てなかったのかな?


カメラが使えなくなるといろいろ出てくる

(ま、そんなもんよね)


出っ放しのイチモンジコバンハゼのYgとか・・・
ちびちびマンジュウイシモチの幼稚園とか・・・
かわゆいスズメダイモドキのYgとか・・・

しか透明度もよくなっちゃって


う~ん・・・悔しい:涙


明日からはゲストがいるのでハウスリーフの撮影はできないのに~!!!



撮影の難しいハウスリーフはカメラに慣れてから行けってことかな?




今日の水中写真は入院中のデジイチの写真

c0211615_17412375.jpg


そこら中にいるシロオビハゼだけど

シャコガイの上に乗ってればスペシャルよね。



明日はブルーな写真を撮らなくちゃ!!笑
[PR]
今日は新しいハウスキーピングの面接がありました。


若い!

なんと17歳。

笑顔が可愛い!愛想が良い。

とりあえず最低条件はクリア!

(でも、アグスと同じ臭がする・・・)



職歴・・・・土方1年、レストラン11日間、養殖場1ヶ月。

レストランはなぜ11日だけなの?と聞くと

バイクが無くて仕事の後遊びに行けなかったからと言う


?????


11日間で・・しかもそんな理由で辞めちゃうのかあ。
前の続ける能力のあるオジさんとはちょっと違いすぎるな
まあ、正直なところはあるのかも。
・・・と言うより若いから考え方がシンプル過ぎるのかな?


養殖場はなぜ1ヶ月?


暑いから



(う~ん・・・理由がシンプル過ぎる:汗)




なぜハウスキーピングになりたいの?


掃除が好きだから


(ま、決まって候補者はそんなことを言う)



今日は・・バイクで来た? 自分のバイク?


はい、自分のバイクで来ました。



ふ~ん・・・・じゃ、見せて。


あ、でも、ボロいバイクだから。



いやいや、ボロくても全く問題ないし。



・・・と言ってバイクを見に行く



60点。


汚くはないけど綺麗に掃除している感じは・・・ない。
本人は綺麗な服着ているんですけどね。




ま、若いし・・・・
どうにかなるかな。




学校はどこまで出てるの?



小学校



なんで中学校行ってないの?



勉強嫌いだから



親は?



親は行けって言ったけど自分で行かなかった。



親は仕事してる?


母は家でワルン(食堂)、父は水道会社の社員



(ふ~ん・・・なかなかいい暮らしをしているはず)


それなのに学校に行ってないなんて・・・自己主張の強い子かな。 
ちょっと危険な匂い。




いつも夜は何時に寝てるの?


22時


(マジ?毎日?)




じゃあ、朝は何時に起きてる?


6時


(マジマジ?)



今、6時は明るい?暗い?


ちょっと明るい。



(あ。嘘ついた)





その後、見本を与えながら履歴書をその場で書かせた。


15分・・・・1時間・・・・1時間半・・・・


書くことなんて殆ど無いのになんでそんなに時間かかるのかな?


私は待ちきれず海へ



へり、書き終わったら終わりでいいから
嘘ついて無いか聞いておいて
それから・・嘘つきは雇わないよって言っといて



1時間潜って上がって来ると・・・・・まだ居た:汗



なんと・・・・読み書きはヘリの日本語程度。
自分で書いた字さえ読めない:汗



ヘリが例の質問をすると・・・・


『小学校は4年生までしか行ってない』

『夜は1時2時まで起きている』

『朝に起きたことはない』


一応白状した。


確かに嘘つきたくなるような事実だし
嘘をつく気持ちはわからなくないけど嘘は良くないよね。




う~ん・・・私的には不合格。


でも、他に候補者が居ないのと・・・
ピークが目の前に来ているのと・・・
何よりももう一人のハウスキーピングが気に入っているので
とりあえず3ヶ月研修生として通わせることに決定。

3ヶ月後に読み書きのテストもやると言ってある。



明日から早速来ることになったけど

さあ、何日続くか。

お盆の頃には居なかったりして:汗



ものになってくれるといいのだけど・・・・。
[PR]
今も神様は私の背中を押し続けます。

ダイビングと出会ってからコロコロと転がるようだった

会社を辞めてインストラクターへ

初めての海外での海の仕事はパラオ。
パラオでの丁稚契約が終わりを迎え帰国。
帰国して間もなくトントン拍子にマブールでの仕事が決まり
マブールをよんどころない理由で辞めたと思ったらデラワンへの話があり
デラワンのオーナーの横暴さに愛想をつかして辞めようと思ったときに
バリのワカショレアからのヘッドハンティング。
そしてワカショレアの上司と折が合わずいるとガワナリゾートからのラブコール
ガワナのマネージャーが変わり、新しいマネージャーと合わずストレスでもう駄目だと思ったときに
ゲスト様から尻を叩かれサリダイブ創設。

*参照:Satomiの思い出メモ
  マブール時代、デラワン時代 丁稚時代

今振り返ると、よくぞこれだけ次々とこの仕事を続けてきた。
しかも、どの仕事も大体5年のサイクルで次へのステップのきっかけがやってくる。
(バリはワカショレアとガワナで5年)


サリダイブは土地購入して会社も作り腹を据えて取り組んだ。
あれは・・・2008年のことだった。

これが自分の城だと思いながらも・・・・
いろいろな許可の取得、道の閉鎖、資金不足、近くのモスクの音、雨季のハウスリーフの透明度・・・・
正直なところ苦労だらけだったので何度も弱音を吐き、体を壊し
力を振り絞り直しながらやっと今のSari Dive & Cottageが出来上がった。

ゲストは少ないながらも最少人数で動ける優秀なスタッフにも恵まれ
沢山のリピーター様に囲まれ、時には厳しいアドバイスをいただき
まだまだ発展途上ではあるもののSari Diveのスタイルが出来上がりつつあります。

そんなSari Diveも出来上がって早いもので来年で5周年になる。


数年前のような苦労が無くなったことで

そろそろ左団扇を目指しちゃおうかな。
とか
5年も経ったしそろそろ他の海も潜りたくなっちゃった
とか
本当の私の場所はここじゃないかも
とか

生意気な言葉が出てきた私。
実は安心と慢心、そして守りに入っていたのだと思う。




そんな私に神様は気合を入れました。


バリ島北部国際空港建設計画
http://www.thebalitimes.com/?s=airport

まだ決定ではないのですが7月の半ばに発表されました。
サルナが亡くなった3日後のことで
状況をなかなか理解できなく(理解したくなく)
頭の片隅にはいつもあるのですがとにかくゲストが帰るまでは忘れようと必死でした。

この計画が本当に進むと朝焼け夕焼けの見られるSari Dive自慢の桟橋は滑走路になります。

もちろんSari Dive & Cottageは空港の用地として取り上げられてしまいます。


高い山が迫り、季節風が強く吹き
国立公園から数百mしか離れていないこの場所に国際空港?と言うのは正直信じがたいことです。


平野が広がる田んぼと空き地しかない場所があるのになぜここを選ぶのか?
多分・・・これを決めたお偉いさんの家が空港になるのが嫌だから?
だから任期のうちに(~2018年)空港建設をGOしておこうと・・・


何しろ着工予定が2015年。

あまりにも急すぎてこの村も(この村がほとんど空港になる)パニック状態です。



私もしばらくパニック状態でどうして良いかわからなかった。
とりあえず、宿泊会員さんに連絡した後、冷静になって考えてみた。


1)インドネシアのお偉いさんにはもっと賢い人がいるかも知れない。
    =この計画がなくなる可能性もある

2)まだ決まっていないし最悪な事態がおきるとしても
  まだ1年以上はSari Diveを楽しみにお客様が来てくれるはず。
  そのお客様に手抜きのサービスにならないように最後までスタッフを奮い立たせなければいけない。
  飛ぶ鳥後を濁さず!!そして最後の花火だ!

3)今までだって急な展開には何度も遭遇している。
  慌てても、落ち込んでも何も始まらない。なるようになる。
  今出来ることを大事にして最悪の状況も考え次のことも考える。
  今回は自分だけじゃなくてファミリー(スタッフ達)の事を考えないといけない。
  それは経営者になると決めた時に覚悟したこと。
  それにまだ1年もある・・・その間に何かが見えてくるかも
  なんとしても乗り越えてやる!



少し落ち着いてから町への買出しついでに気晴らしを兼ねてバリ一周してきました。

そこで思ったことは・・・・

今までこの場所が気に入らなく思ったことが何回もある。
でも、他の場所に行ってみるとこんなにいい場所ってないかも
コーラン以外は静かだし、海も良いし、自由度もある。
何しろ朝焼けと夕焼け両方楽しめる場所なんて他にはない!
こんなのんびりした良いところを最初に選ぶことが出来た私ってラッキーだった。

何度もデラワンに帰りたいとか夢のようなこと言ってたけど
いざ、現実的に考えるとやはりこの場所が最高だ。

もし、Sari Dive創設を考えてたあの頃に戻れてお金が沢山あったとしても
今の私ならやはりここを選ぶと思う。

住んでいたから愛着が沸いたって言うのもあるかも知れないけど
だったらデラワン、マブールだって同じ条件。
それでもやはりここがいい。
ここが一番疲れたゲストを幸せに出来る場所です。


今回神様に気合を入れられて
やっとそんなことに気がつきました。


今後のことは正直検討もつきませんが
それに気がついただけでも私はこの一件意味があった気がします。


ありがとう!神様!

なかだるみしていた私の気持ちが引き締まった感じです。

この先空港になってしまう可能性も無きにしも非ずですが
残された時間を無駄にせずにスタッフと頑張って生きたいと思います。

そして立ち退きで家がなくなってしまうスタッフ達にも残せる物をなるべく多く残してあげたい・・・・。


皆さん、Sari Diveに遊びに来てください!!


そのうち行こうと思ってたのに・・・なんて言い訳にならないように出来るだけ早く

早ければ早い分、何度も楽しめるはず!?(ちょっと営業:笑)



・・・・なんて書いてて
空港中止になるかも知れないですが。

いや、中止になっても今の気持ちを忘れずにいなくては!!

神様からの気合を忘れるとバチが当たりますよね

ここは神様の島 バリなんだから。


[PR]
昨日の・・・いや、今日の朝3時ごろに買出しより戻ってきました。

こんなのSari Dive建設時以来です:汗
昔は週に2~3回こうやって資材を買い続けて運び続けてたんですよね・・・。
よくやったな。
それに比べると今は楽な生活してました。


おかげで朝焼け起きれなかった:涙


ブログも久々のアップとなってしまいました。
ファンが壊れて冷風器がないと使えないPCなのでブログアップが出来ませんでした。
(・・・・言い訳)

頭ボケボケですが使命感!?でブログアップします!


先日撮った写真。


ハウスリーフにてハタタテギンポのBaby

c0211615_1171214.jpg



どこにいるかわかります??



実は泥地でこのブルーに抜けた幼魚の写真が撮れる時期ってこの辺りでは季節限定です。

ブルーに抜ける=透明度が良い=ドライシーズン=水温が冷たい
そして
幼魚=水温が比較的暖かい

と言うのが条件なので、2つの条件が合う今と秋口(日本で言う)のみとなります。


ドライシーズンだとジョーのハッチアウトの個体数も減っちゃうのよね。
透明度は良いんだけど


今日は体を休めたい・・・・。


無理だな。
[PR]
今日は一人のゲストさんとラランに行ってきました。

ゲストのガイドはヘリに任せて私はリックのゲスト役
見せてもらったものを写真に撮って後でその魚の勉強です。


どんな物を見せてくれるのか楽しみに潜ると・・・

最初に見せてくれたものが何やら白いハゼ
結構大きめなのが数匹固まっていたのでアオハチハゼかな?と思って近づいてみると・・・・

な・・・・なんと!

げげげ! マジ?

5cmは優にありそうな超巨大モエギハゼのSP

c0211615_19361193.jpg


撮り安いんだけどウロコも大きくって何だか透明感が全然ない:苦笑


撮り終わって周りを見ると・・・・


信じられない光景が:汗汗

こんなことってあり??って言うくらいのモエギハゼSPの群れ


少々ピンボケですがこの写真が一番その様子を表しているのでご覧下さい


c0211615_19421021.jpg


いや~・・・・ここまで来るともうその辺にいっぱい居るハゼと同じ扱い?

ちなみにここは水深22mです。

これから透明度がどんどん上がってくるに従い淘汰される物と思います。


モエギハゼSP狙いの方はすぐに来てくださ~い!!
[PR]
今日やっと会いに行けます。


自分の心に区切りをつけるためにもブログに書きます。



今回日本から戻った翌日からゲストがチェックインそしてフルブックと言う
Sari Diveには今まで無かったうれしい状況たったのですが
実は一度も会えていないスタッフが居たのです。


私が戻る2日前、彼は元気に仕事に出ていたのですが
戻った翌日から高熱を出し仕事を休み翌々日入院。

その際、『Sari Diveには今日から沢山ゲストが来ているんだから仕事に行かなければ』
と言うことを聞かず困っていた家族から電話がかかって来た。

ヘリが電話で
『ボス命令。病院に入院しなさい。体を治しなさい』
と説得しやっと入院したらしい。

入院した翌日の朝は回復に向かったのだか昼以降また具合が悪くなったらしい。
私は何となく嫌な予感がして
ピークの真っ只中でヘリも疲れていたのは知っていたけど

『ヘリ、私はゲストと一緒に居るからあなたはリックと一緒に彼に会いに行きなさい』

真夜中、2人を車で病院に行かせた。

夜中の2時近くに戻ってきたヘリは予想通り動揺していた。



翌日、海から戻ってくると今までに無くいろんな事件が起きた。


誰も居ないはずのコテージのブレーカーが落ちて復活不能
どうにか手を尽くして復活させるとすぐに水道管が破裂
スタッフが残業フル活動で水道管修理が終わると温水器が不能になり
部品を取り替えて復活させると2つの部屋の電気が落ち
とうとう観念して業者を呼ぶがなかなか復活できない。

『なぜこのフルブックの時に次々と起こるのか?』

と顔は笑顔を作りながらも泣きたい気分でいっぱいだった。


夕食までにはどうにか一段落してゲストさんと楽しく食事をしていると
ヘリに電話がかかってきた。

その表情を見てすぐに察しました。


高熱が出てからたった3日
彼は天国へ行ってしまいました。

原因は解らず



一瞬涙があふれてしまいましたがトイレに行って気持ちを落ち着かせて
私もヘリも何も無かったように大笑いして過ごしました。
折角楽しい休暇で来ているゲスト様に心配はかけたくないし
多分、彼もそう思っているだろうから。

あれだけのコテージの事件は
いつも彼に手入れをしてもらっていたコテージが何かを察したのかもしれません。


翌日はゲストの数も減ったので同じ宗教のヘリを丘番にし私とリックで海へ

Sari Diveを代表してヘリがお葬式に出ました。




彼の名前はサルナ

続ける能力の持ち主です。
(参考:見えない能力 http://saridive.exblog.jp/12540760/


Sari Diveに来る前までは日雇いの職にしか就けず
ここに来てハウスキーピングとしての研修を受け
続ける力を武器に立派に勤めていました。

掃除を終わらせると
『こんな綺麗な部屋に泊まってみたい』
と言うのが口癖で

サルナがそう思うならゲストもきっとそう思うよ。
サルナの掃除がすごく綺麗だってゲストが喜んでたよ!だから頑張ってね!

と言うと

『ヘイ ボ~ス』

と右手を挙げ床を磨く姿が目に浮かびます。



この頃物忘れがひどかったり仕事にミスが出てきて
少し心配なところもあったのですが
土地を売ったそうでお金には困っていなかったと聞き
そろそろ隠居したいのかなと勝手に想像していました。

でも、Sari Diveへの忠誠心はまだまだ消えていなかった。

隠居するだろうから新しいスタッフ探さなくちゃ
なんて考えていた私はなんて残酷だったんだろう。

ごめんなさい。サルナ。


今日会ったら言います。

『お疲れ様。もう掃除はしなくて良いからね。
 天国で綺麗なベットに寝るゲストになりなさい』



天国のハウスキーピングが彼のような優秀なハウスキーピングでありますように。
[PR]
日本から戻ってきて連休のピークがあり
Sari Dive的にはにぎやかな日が続いてハッピーだったのだけど


その一方で思わしくないことが続いており・・・・汗

昨日はそれに輪をかけて重大な問題が起こった。


もともと不眠症だけど昨日はほとんど眠れなかった。


はあ・・・・


元気出してない知恵を振り絞らなければ。


私が面倒に思ったからかな・・・とか
私が某テレビ番組であんなこと言ったからかな・・・とか。


もうちょっと頭の中で整理が出来たらブログに書きますね。



今日の水中写真はシークレットベイよりゲストさんの写真

c0211615_1350546.jpg


長いことここを住処にしているミナミギンポ

引越しはしないのかな??
[PR]
連休が終わり一気に寂しくなりました。

正月・GW・お盆以外でこんなにゲストが居るなんて異例のことで
ちょっとパニックになりましたが、メンバーにも恵まれて
と~っても楽しい日々でした。

後半、冷たい風が吹き始めてドライシーズンらしくなってきました。

雨季にしかサリダイブにきたこと無い人には信じられないかも知れませんが
ハウスリーフも乾季仕様!?のブルー系となってきました。

今回、ワイドレンズでハウスリーフを撮っていただけたので
その写真をご紹介します:笑


まずは桟橋下。ブルーです。


c0211615_1241251.jpg


この写真を見て『あ~!あそこ』と思ったリピーターさんは
オイランハゼ探しをしたことがある方かも?



ギルバートカーディナルフィッシュで満員状態の根
c0211615_1274252.jpg


ここの珊瑚の下の泥地にはほぼ30cm平方に一匹以上の泥ハゼが居るハゼ地帯です。



c0211615_1211275.jpg


珊瑚の上にはヘコアユの群れが居たりします。



桟橋近くには・・・・

c0211615_147352.jpg

ツバメウオの幼魚がウロウロしています。
バラクーダの幼魚やギンガメアジの幼魚もいますよ。
透明度の悪いときは見えないけど:苦笑


連休がらみのゲストさんは今日で皆さんチェックアウトです。

寂しくなります・・・。
[PR]
そろそろ本格的にドライシーズンに入ってきたようで
冷たい南風が吹くようになりました。
水温は・・・28度くらい?水中のほうが暖かいかも?

でも、ハウスリーフはブルー!です:笑
今日もゲスト様早朝ダイブに行かれました。

これからどんどん透明度が上がっていきます。
ワイドな海が楽しみ!!


今日の水中写真はブルーなマクロ写真!?

青いチューブ型海綿に住むクシノハカクレエビ


c0211615_8235442.jpg


Sari Dive的には絞って出したりせずに自然な姿で撮って頂いています。

この写真はコンデジでの撮影。

ちょっとコツを掴めばコンデジだって撮れちゃうのです:笑


今日は青いムンジャンガンの予定!
[PR]