<   2011年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今日はドロドロガワナベイでした。
一日中良いお天気でした。

1本目:ガワナハウスリーフ  ガイド:サトミ
いや~・・久々に濁ってました:苦笑
でもまあ、3m位は見えていたんですが
写真を撮りだすとゲストの周りだけ真っ白になってた:苦笑

キリンちゃんは4個体くらいでまあまあの出来
イレズミハゼのSP、ピグミーパイプホース
パロナエシュリンプなどをじっくり観察しました。


2本目:タイガン   ガイド:ヘリ
イエロータイルフィッシュ、ピグミーパイプホース
の写真は見せてもらったけど・・・
あとは何を見たのか不明

ここで一人がストロボの電池切れ:汗


3本目:V3  ガイド:ヘリ
シリウスベニハゼ、テイラーズガーデンイール
ニシキフウライウオ・・・・
あとは・・・・?

ここで一人がカメラの電池切れ:汗


4本目:ナイトダイビング(パールハウス) ガイド:サトミ
いろいろなエビ、カニ、カイカムリ
ギンポの寝姿、フグの寝姿、ミイイカ
ゼニガタフシエラガイ・・・・などなど。

今日もなかなか忙しいダイビングでした。

そして忙しいのにとうとうアグスのガイド研修を始めました。
(いや、正直無理とは思うのですが他に人が居ないのです:汗)
根性から叩きなおすつもりでやってます。
本人まだ『やってもらう』気持いっぱいですが
そのうち自分からやらなければアウトです。

昨日はスイミングとフィンキックを500mくらいづつやらせたのですが
正直、どちらも力任せでフォームがなってなかったので
今日はまず泳ぎ方講習。
クロールの腕の使い方と息継ぎです
おかげで私までまっ黒に日焼けしてしまいました。
無理に泳ぐのは疲れるだけですから
やはりそれなりのフォームを最初に教えないと
泳ぐことが嫌になってしまいます。
(それではトレーニングとは言えないですからね)
講習初日とはいえ、正直男のくせに根性無しだし
何度やっても出来ない:汗
こんなに親切な先生なのになあ~・・・

見ていたゲストさんが
『私も出来ない・・』と言うので軽くアドバイス。
ちょっとの動機づけだけでアグスなんかよりも
すごく綺麗なフォームになりました。
あとは息継ぎのコツを教えればいい感じ
若いアグスよりもずっと飲み込みがいいのは
必死さが違うのかな?

明日はラランに潜りに行く予定。
休憩時間はまた水泳教室:苦笑

ここ数年で一番日焼けしてます。。。。
[PR]
ムンジャンガン行って来ました。

とっても良いお天気でした:笑
ちょっと濁りっぽいけどまだまだ青い!
(写真)
c0211615_23245194.jpg

水温は28~9℃。温かいです。

1本目:POS1  ガイド:サトミ
バイオレットボクサーシュリンプが1匹しか居なくなってた:涙
しかも食べられたらしい殻?まで落ちていて・・・・はあ。
シマヒメヤマノカミの幼魚が滅茶苦茶沢山居ました。
二ライオコゼ?らしきものの幼魚も沢山
コマチテッポウエビ、クロボウズ?(ウミウシ)イチャイチャ中
シロブチハタの幼魚、カミソリウオ、フタイロハナゴイ
ニラミギンポ、ウオンハネガイ、タスジコバンハゼ、アカネダルマハゼ・・・などなど


2本目 :JAVAポイント  ガイド:ヘリ
いろいろ見たらしい・・・。

3本目:アンダーウォーターケーブ ガイド:ヘリ
ニチリンダテハゼ
ホシハゼのSPも群れ、ジョーフィッシュの群れ
カニハゼ、イエローフラッシャーラス・・・など

3本目に私はイチデジで出動。
いろいろ撮りました。
モニターで見るとフォーカス来ているようで
PCだと没なのがいっぱいです。はあ・・。
今日の発見は
もしかして近づきすぎるといくら絞ってもピンが薄くて
離れると結構ピンが厚くなるのかな?と言うこと。
ホントに一から実践勉強です:苦笑

c0211615_23285527.jpg

シロオビイソハゼがシャコガイの上に居て良い感じでした。

明日はいきなりドロドロダイブでガワナベイの予定。
しかもナイト!
リサーチはおあずけです。
[PR]
昨日も今日も良いお天気。

ハウスリーフの透明度も結構良かったし
水面もつやつやして!?ダイビング日和
c0211615_1345972.jpg

ハウスリーフにカメラ持って入りたかったのですが
うちの問題児(いや、もうパパだから問題人物?)アグス君
リックがシガラジャに買い物に出ちゃったもんだから
何をして良いかわからないらしく座り込んで携帯などいじっている。

仕方がないので今日は彼にお付き合いし
お仕事の指導。
彼の担当の庭の剪定作業
ダイブセンター正面の木の剪定作業
(これが結構きついんですよ。広いし:苦笑)
おかげて日焼けしちゃったよ:涙
へとへとに疲れたらしくギブアップしました。
はあ・・・こいつは本当にガイドになりたいのかな?
こんなんじゃ私の研修について来れるはずがないのに。

まあ、うちの落ちこぼれスタッフの話はこの辺にして


お隣のお隣のバンガローがまた他の人の手に渡ったらしい。
私がここに来てから3度目のオーナー
今回は1アール65ジュタ(59万円位)での受け渡しだったらしい
200アール近くあるので1千万円以上である。

ちなみに・・・
うちが購入した4年前は1アール7.5ジュタ(当時で8万円位)
現在この辺りの相場は1アール25ジュタである。

そう!新しいオーナーさん、約3倍の相場でのご購入
この値段ならレギャン辺りでも買えるんじゃないの?
と言う値段である。

しかも・・新しいオーナーはなんと日本人の女性らしい。

とりあえず・・・
知り合いがブローカーをやっていたので
値段交渉はそこに居る叔父さんではなく
オーナー本人としないといけないとアドバイスはしましたが
(だって叔父さん経由だと1アール80ジュタらしいし)
直接会いに来てくれれば道の話やモスクの話
そしてバリの葬式の話(毎回そのバンガロウの横で催される)
ここの土地の相場の話、土地は日本人名義では買えないって話も
教えてあげられたのになあ・・・。
そして
そこのバンガロウに執着している叔父さんの話
この叔父さんが今までのオーナーのお金を吸い取って破産させてる
本人であるってことも教えてあげたいけど・・
日本人オーナーさん、
叔父さんに見つからずにここに挨拶に来てほしいなあ~・・・

なんてここでつぶやいても無理でしょうけど。

皆さん。海外で土地を買う時は十分気をつけて下さいね!

今日の夕方にゲストチェックインです。


明日から潜るぞ~!!
[PR]
おとといはシガラジャの税務署へ
昨日はデンパサールの日本領事館に行って来ました。

パスポートは結局見つからず・・・
警察に書いてもらった紛失届と
バリの友人宅に戸籍抄本を送ってもらい
(うちはつかないけどちゃんとした住所があるとこはちゃんと着くことが判明!)
申請書、紛失届(日本の)、写真2枚を持って領事館へ

何か足りなかったらどうしよう・・・
とちょっと緊張していましたが受領していただけました。

ホッとして領事館のセキュリティPOSで記念写真。
c0211615_1144644.jpg

領事館の中のセキュリティさんはちょっと怖顔だったのに
写真撮っても大丈夫?と聞いたら
『OK!OK!』と快く受けてもらえて
最初ストロボ光らせてなかったので、セキュリティさんの顔が
黒く写っていたら
『もう一回ストロボ炊いて撮り直した方がいい』
ととても親しみ易い感じでした:笑
でも・・・
写った顔はやはり渋顔?


買い物をした後帰途へ

昨日は山道で帰りました。
ちょっと雲が多くて写真にはイマイチ。

そうそう。これ!

c0211615_117061.jpg

ただのペットボトルですが
実は山の上で飲んでいたペットボトル。
海沿いに来た時にふと見てみてら・・・・
こんなに凹んでいました:汗
チャンバー並ですよ。

これだけ気圧が違うってことですよね。
ダイビング後の山越え・・・怖い怖い!

近道だからって山道で帰るのはやめましょうね。


今日は5回分の洗濯後
そろそろ
庭の木の剪定。
雨が降り始めたからのびるのが早い早い:汗
晴れているうちにやっつけたいと思います。

しっかし・・・暑いのだ。
[PR]
今日は朝方少し曇っている感じでしたが
すごく良いお天気になりました。
c0211615_23155124.jpg

これが・・・
滅茶苦茶暑い!!

しかも・・・
朝から停電で(実は今も)エアコンは使えないし
こりゃもう潜るしかなく・・・
ハウスリーフのリサーチに行きました。

張り切ってイチデジを持ってエントリー
水中でモニターが見られることを確認し
よし!行くぞ!

しかし・・透明度がひどい:涙
よく考えたら昨日雨が降ったんだっけ。
でも、せっかく潜ったんだから写真の練習

・・・と思ってシャッターを切る。

モニターでチェック


暗い:汗

露出を開けて・・いや、十分開いてる
じゃあ、シャッタースピードを・・いや、これ以上は遅く出来ない
なんで~??

もしや:汗

空シャッターを切ってみる。

カシャ。

でも、ピカッと光らない:汗

ストロボのスイッチは・・・入ってる:汗汗


ひえ~!!


なんと今日は内臓ストロボを開くのを忘れた:涙


そう言えば・・・
エントリーしたとたんエキジットして
桟橋を走るゲストを何度も見たことがある。
私も負けじと走った:苦笑
リックが私に気が付きタオルを持ってきた。
この状況=タオルが必要
と言う方式が彼的に成り立っている所がなんとも微妙な気分である:苦笑

本当はやりたくなかったけど
桟橋でハウジングを開けて内臓シャッターを開いてセッティング。
無事にダイビング再会:汗

結局潜りなおしはしたものの
透明度が悪すぎて撮れそうな物は浅場のみ
結局スズメダイやチョウチョウウオのBabyを
練習台にするしかなかった。
c0211615_23174817.jpg


c0211615_23205516.jpg


まあ、今日の一番の収穫は・・・・
『陸で一律の操作ができるまでエントリーはするな』
と身をもって学んだと言うことでしょうか。

しっかし・・・

ゲストさんの失敗を滅茶苦茶見ていても
やっぱり自分で経験しないと学べない物ですね:苦笑

『他人のふり見て 我がふり直せ・・・ない:汗』


エキジット後も停電が続いていたので
陸撮の練習。
イチデジもコンデジもバッテリーがなくなるまで
撮りました。
当り前だけど・・・
やっぱり写りはデジイチの方が綺麗ですね。
[PR]
今日は朝から曇り空。
お昼にはにわか雨が降りました。
ずーっと暑かったけどだいぶ涼しくなった感じです。
(それでも28℃はあります)

今日もハウスリーフに行って来ました。

初デジイチ!

初めての感想
陸上では『こんなの絶対海の中で持てない~汗』なんて
言っていたのですが、意外と軽い:驚
着底しないと駄目だと思ってたけど中世浮力でも結構いけるかも?
あと、陸上よりシャッター押す時に手がぶれないので
フォーカスが合いやすい気がしました。

今日の失敗は・・・
モニター表示するボタンがハウジングに入れた時に不具合があったらしく・・・
シャッターは押せるけど、水中でチェック出来なかった:汗
・・・で、正直どんな写真が撮れているか心配でしたが
陸上でのデータ?を元にして大体で撮ってみました。
写り方は試すことが出来なかったので
とりあえずピントを合わせて撮る練習。
同じ被写体で露出だけを変えて撮ってみた。
フィルムカメラみたい?苦笑
ハゼ・エビ・カワハギ・共生ハゼ・・・
最後はスズメダイやハナダイにも挑戦。

それだけやったらまたまた90分越えているかと思いきや・・・
なんと50分:汗
そうそう、いつもピンを合わせる為に
時間がかかって長くなる訳だから
ピントが自由ってことはダイビング時間は・・
短くなるってことだ:驚

で、記念すべき最初の水中写真
c0211615_15263659.jpg

さすがに構図が滅茶苦茶:笑
とりあえず写ってたって感じですね。
ゲストさんが良く
『PCで大きくしてみたら卵が写ってた~!』
って言うんですが、まさにそれ!
写ってましたよ。卵
ガイドしてたら見えるのにね:苦笑


桟橋下のマッシュルームコーラルに居る
c0211615_15344787.jpg

ニセアカホシカクレエビ
この子はさすがに目にピンを合わせるのに一苦労。
ファインダー覗いても全体が見えないって言う
意味がちょっとわかった気がしました。


桟橋横の珊瑚に居るケラマハナダイ
c0211615_1554254.jpg

チビッ子なのでそれ程動きませんが
動く被写体はそれなりにエキサイティングしました:苦笑


モニターが見えなかった時点で今日の報告は写真抜きか?
と思ったけどどうにかお見せできる物が撮れて良かった。
次回はちゃんとモニターチェック出来るか確認してから潜りたいと思います。

ゲストが来るまであと5日。
それまでにパスポートの申請もしなくちゃいけないし
あと何日練習出来るかな??
[PR]
今日は昨日スタッフが直した桟橋のハシゴのチェックで
ハウスリーフを潜って来ました。

10時過ぎだったのですでに濁りが入っていましたが
まあ、そこそこ見えました。

水温は28℃。
フードベストは要らない感じです。

今日は久々のハウスリーフだったので
まずは様子を見るつもりでコンデジだけで入りました。


迂闊にも泥を撒きあげてしまったので残念な写真ですが
c0211615_22122183.jpg

チビッ子ムレハタタテ?がいっぱい居ます。
しかも寄ってくる:驚
寄って来るから慌てて巻きあげちゃった:苦笑
修行が足りんなあ~



そしてやたらと目についたのはホヤにウミタケハゼ
c0211615_22145219.jpg

この写真だと小さくて見にくいと思いますが
この狭い場所にある4つあるホヤのうち
3つにハゼがついているんですよ。
他の場所のホヤにもやたら大きいのがついていたりで
これはデジイチでじっくり撮りたいですね:笑



そしてそして沖の根にはこの子が居ました。
c0211615_2216423.jpg

7月に手前のチリチリ珊瑚の所にぐっちゃり居たはずの
ギルバート君改めブルーフィンカーディナルフィッシュ?
(個人的にはブルーラインにしたいけど:苦笑)

ちなみに今は手前のチリチリ珊瑚にはテンジクダイはほとんどいません。
捕まえられちゃったのかな:涙


明日も出来たらリサーチに行きたいと思っています。
デジイチかな?
う~ん・・もう一日体慣らしするべきか?
そう言ってるうちにゲスト来ちゃったりして:汗
[PR]
私だけがパスポートを落としてバタバタしていますが
他はゆっくり平和な時間が流れているサリダイブです。

レインシーズン突入したようで
数週間前のような抜けるような青空は珍しくなってきました。
うっすら雲のかかった感じ?
山の方は雲に覆われていますが
海の方は午後すぎまでは青空です。

気温は30℃近く湿度もそこそこ高いので南国のようです。
(先月までは南国じゃなかったと思う)

ゲストの居ないサリダイブでは
居る時よりもスタッフは重労働:汗

昨日までは壁がはがれていたところの補修。
(もちろん客室も)
セメントを塗って修理しても時間がたつと剥がれてしまうので
天井材を張ることにしました。
ダイブセンター内は大きなボードでしたが
外回りの分が足りなかったので継ぎ接ぎになってしまいました。
c0211615_1743643.jpg

これはこれで芸術的で良いかと:汗



今日は朝から桟橋のハシゴの修理です。
去年の11月に新しい物をかけて私がチェックしたときに
1段の幅が広すぎて却下したものの・・
直す暇がなくて結局1年駄目出しのままでした。
ゲストさん上るの大変だったろうなあ・・汗
c0211615_17652.jpg

1段につき約10cm低くしたので
今度はBC背負ったまま女性でも上がって来られると思います。
(今までは私もヒーヒー言いながら上がっていた)

ハウスリーフのリサーチの予定が
ハシゴの工事でやる気がなくなり・・・
(160mぬかるみをBC背負って歩く根性がなかった・・)
明日におあずけとなりました。

・・・で、今日は陸撮の練習。

S95でワイドを・・・
そしてこちらでマクロを

c0211615_1773369.jpg


そうなんです!イチデジデビュー!!

BOXの久海さんの御厚意で譲って頂いたのです。
(レンズは自前です:笑)

久海さん!本当にありがとうございます!!
ご期待に添えるよう頑張ります!!

実は・・・ハウジングもあり・・
ストロボも日本で中古を買ったのと現地で譲ってもらったのとで
2灯揃ってしまいました:汗
(野本さん予約したのどうしよう?ヘリの分にするかな?)

そう!水中も撮れるようになると言うことです。
ゆっくりと練習して行きたいと思っています。
デジイチカメラに関しては皆さんの方が先輩ですので
いろいろとアドバイスいただけたら良いなあ・・なんて。

減圧症にならないように気をつけなければ:汗汗


しばらくはゲストも居ないので
明日からは練習の成果を
ブログに載せて行きたいと思います。

お楽しみに~!!
[PR]
サリダイブに戻って来ました。

パスポートのことをゆっくり思い出してみたら・・・
やっぱり落としている線が濃くなってしまいました。
送迎車を待って居る時にウェストバックが全開になっていたのを思い出しました。
その時
『今日はさっきパスポートも落としたし、
知らないうちにバックも全開だし
一体私どうしちゃったんだろう・・気をつけなくちゃ:汗』
と反省したことまで思い出した。

そう思いながらパスポートをチェックしなかった時点で
やはり私はどうかしてたんだと思います。

今日一日探してみますが多分・・・ないだろうなあ・・・。


気分を変えて昨日のチャンバーの話。
『写真撮ってもいいよ~』と言ってくれたので
皆さんの知らない世界?
『これがバリのチャンバーだ!』をリポートします。

まずはバリで減圧症になった場合の話。

バリでチャンバーはたった一つだけです。
サンラー病院にしかありませんので
皆さんは絶対にここに来ることになります。

ちなみに・・・
外人でここに来るような緊急な減圧症の場合
目玉が飛び出るほどの料金がかかります。

1回:US$4500ドル

今でこそ円が高いのでお得感はありますが
それにしても日本円にしたら35~6万円です。

そしてもっと驚いてしまうのが
その支払い義務が果たせると言う証明がない限り
どんなに重症でも入れてもらえません。
カードは駄目なので現金、または保険のみ!
どんなお金持ちでも現金で$4500は持ってないでしょう?
・・・ということは保険が頼りとなります。

ちなみに・・・

私はDAN JAPANに入っていました。
日本人は私が初めてだったらしく同じDANでもDAN JAPANは
前例がないとのことで確認に結構時間をとられました。
今まで日本人で減圧症になった方はこのシステム?にビビって
帰国を選んでいたらしいです。
でも・・飛行機に乗って帰るなんて・・・勇気がありますねえ:汗

そしてそして・・・1度で治療が終わらない場合
2度目は$3500、3度目は$2500・・・とかかるらしく

いや~・・かからないに越したことありませんが・・
無理なダイビングがお好きな方はこんなことも
覚悟してダイビングしないとですね:汗

念のために大丈夫だと勘違いされている無理なダイビングの例を出しておきますね。
・DECOを消して浮上するダイビング
(消さないダイビングは勿論駄目です)
・DECOギリギリのダイビングを何度も続ける
・No DECOでも同じ深度に長く居るダイビング(浅場も同じ)
・浮上速度が速かったり水面休息中にスキンダイビングをする
・深場からDECOを出さないために一気に浅場に移動する
・山道利用(特にバリは山道が近道なので・・・)
・・・と書きだすといろいろありますが
この辺りはイントラの方でも勘違いされている所ですので
ご自身のダイビングを自ら振り返ってみたほうがよいです。
もし、心当たりがあるようでしたら正直いつなってもおかしくはありません。
なっていないのは正直、運が良いからなのです。
$4500の覚悟が必要なのだと心に留めたほうがいいかも。


話がそれてしまいましたが・・・
なるべくしてなってしまった減圧症。
バリではここサンラー病院でチャンバー治療を受けることになります。

チャンバーを見たことがないと言う方の為に・・・

c0211615_15314985.jpg

これがチャンバーです。
ライトなどの発火する可能性のある物はチャンバーの外についています。
(丸い窓の外に丸い蛍光灯がついている)
中には飲料水と本以外は持ち込み不可能。



c0211615_15332964.jpg

こちらが装置のついている面。
再圧員が圧力の調整や空気の入れ替えなどを行います。
小さな小部屋付きの丸いドアがついていてここからチャンバー内に
飲み物や本などの小さな物が受け取りができるようになっています。



c0211615_15355658.jpg

正面から見たところ
外ドアとチャンバー部屋の間に別室があり、
緊急時にこの部屋の圧力を調整して
人の出入りができるようになっています。



c0211615_15403769.jpg

入口はこんなに小さい。
ちゃんと歩けない人だと入れるのに一苦労だと思います。
腰痛の時も正直大変だったもん:汗
チャンバーに入る人は皆こう言う服を着させられます。



c0211615_15432397.jpg

チャンバー内
寝ると・・2名分。
座ると6名くらいが1度に入れるようになっています。
正直座って寄りかかると壁が丸いので態勢がつらいです。



ちなみに・・・
バリクパパンにあるチャンバーも同じタイプでした。
東京医科歯科大はこれの何倍も大きくて快適です:笑

快適とは言えど・・・
入らないに越したことはないですね:汗


話が長くなってしまったので・・・
チャンバーのリポートは昔のブログ
サトミメモの方をご参照ください。

http://satomimantarey.blog.so-net.ne.jp/2006-03-08

http://satomimantarey.blog.so-net.ne.jp/2006-03-12-2

http://satomimantarey.blog.so-net.ne.jp/2006-03-13

(自分で言うのもなんですが・・サトミメモは読むと止まらなくなります:汗)




・・・と言うことで

これからもゲストに怒りキャラと言われようが
安全ダイビングを続けようと思います!!
[PR]
毎月1日に行っているこの企画
今回のお題は『顔面』

毎回毎回今回のお題は難しいと嘆いている私。
今回は意外と簡単だと思っていたのですが・・・・
簡単なだけに普通っぽい物しか思い浮かばない:汗



顔面・・・



顔面・・・



顔面はやっぱり何かの顔面の写真?

それは普通すぎてつまらんだろうと思うけどひねろうにも・・汗



顔面・・・・




顔面・・・・





カタカナにすると・・ガンメン・・・




・・・・・   あ!






つぼ型ガンメン?










c0211615_2073640.jpg


いや、これを言うなら顔面型海綿だし。




く・・・苦しい・・・・




このブログ記事は、次のブログとコラボしています。

カニ汁

「デジDive」ブログ

潜りたおし
[PR]