カテゴリ:Sariメーキング話( 323 )

GWに間に合わせたかった新しいT-シャツがやっと出来上がってきました!


やっぱり1か月遅れ~笑


今まで期限までに出来上がったことがないので
思ったよりも早かった感じさえもします:苦笑



今回は色展開も2色のみ
男性用も女性用も無難な紺とグレーです。


今まではロゴのマンジュウイシモチにこだわっていましたが
ちょっと違う魚たちも入れてみました。



では発表~!


まずは女性用から


バックプリントは・・・・・


c0211615_16310867.jpg

ちょっとかわいい感じでしょ。
遠目で見るとざっくりしたかわいいハート模様



近くで見ると・・・・


紺色
c0211615_16424225.jpg

わかります?

Sari Diveの人気者大集合です:笑

よく考えたら白黒が逆転じゃん?っていう突っ込みは無しで。




グレー

c0211615_16460405.jpg

Sari Dive & Cottageの文字はネイビーだったんですが
やっぱり青?になっちゃった。

ま、かわいいからいいですけど。




表側はいつものサリダイブのロゴです。


c0211615_16344896.jpg

T-シャツのカットは一応今まで通り
首周りは大き目、ウエストはちょっと絞り目です・・・のはず:苦笑





男女兼用の方はさすがにこのバックデザインじゃ可愛すぎて

男性の手が出ないだろうなあ・・・ってことで


c0211615_16490610.jpg

ハートの模様は取り外しています。

ハート模様がないだけで随分印象変わります。


男女兼用はこんな感じ。

c0211615_16521370.jpg
c0211615_17090010.jpg



リピータ様ばかりなのでほとんどT-シャツ売れないし

枚数はあまり作っていません。

売り切れたら終わり。

増産しても同じものが出来てこないのが現状なので:苦笑


ってことで



早い者勝ちです!



お取り置きや発送は致しませんのであしからず。







今日の水中写真は・・・・



T-シャツのデザインにも入っているこの子



c0211615_17131443.jpg

レイドシュリンプゴビー


T-シャツのどの部分にいるのかわからんなんて言わないでね~!








[PR]
相変わらず今日も雲一つない快晴。

もうちょっと雲が出たほうが写真を撮っても絵になるのに・・・・



発展途上中のスパ

タオルの使い方や布の使い方
お花の飾り方や
ドアの開放の仕方、タイミング・・・・

いろいろとスタッフに教えているのですが


この頃忘れてしまっている
いや、忘れたふりをする?


ある意味普通のインドネシア人のスタイルなんですが
他のスタッフたちがほとんど一回で理解して
その後はきっちりやってくれるまたはそれ以上のことをしてくれるので
久しぶりになんというか・・・

懐かしい気分?


もともと他のスパでも働いていた子なので
基本的なことは最初から教えなくても良かった分

ちょっと慣れてきた今

ドアを開け忘れたり
花を飾るのを忘れたり
ファンを点けるのを忘れたり
音楽を点けるのを忘れたり
楽にマッサージできるようにオイルを多く使ったり

いや、忘れたというより
ゲストが少ないので、「ま、いいか」と妥協している感じがむんむん


注意すると・・・

ドアを開けるとほこりが入るから・・・
とか、花がなかったから・・・
風があるからいいと思った・・・
外がうるさくないからいいかと思った・・
ゲストの皮膚が心配だから・・・

と、言い訳をするんですよね。


ほんと普通のインドネシア人


キッチンや他の部門は先輩がいるのでそういうのが通じないって
肌で感じるせいか、新人でもそういうことやったりしないんですけど
(いや、やっても先輩がフォローしているのかな。)


スパは先輩がいなくて一人だけなので
インドネシア人的にいつもだったら省略できることはするのが当たり前みたいなところを
サリダイブは違うんだということを教えるのが私しかいないというか
(日本語が難しい:汗)

ある意味彼女も大変なんですけど。



・・・で、昨日ヘリを通訳にして注意が入りました


8年前サリダイブの1年目の頃はゲストがすごく少なかった
一か月の間に2人しかゲストが来ないこともあった
でもその時来てくれたゲストに全力でサービスをすることで今のようになった

楽しんで帰ってくれたゲストがまたゲストを呼んでくれるの
少ないゲストだから「ま、いいか」と妥協して普通以下のサービスをしていると
そのゲストが「サリダイブは普通以下だ」と言う風に友達に広がって
結果、誰も来てもらえなくなる。

だから一人一人のゲストがとっても大切
一人だからいいやっていうのは絶対にダメ!
一人だけだったら特に大切にしないといけない

1人しかいないゲストが一人イマイチと言えば100%イマイチのサービスってことになる。
そうなったらもう誰も来ないよ。

逆に一人しかいないんだったら全力でサービスする
今のうちに気を抜かないでパーフェクトなサービスをしなくちゃいけない
一人なんだから思いっきりサービス出来るはずよね。
勤務時間全部使って準備をすればいいんだから

観光業のサービスの結果は翌年以降に出る

このまま忘れてばかりで大したサービスをしなかったら
来年もまだスパをする人が少ないまま。
そうなったらスパは必要ないってことになる

イマイチのスパでサリダイブのイメージが悪くなるくらいなら
スパとして社員は要らない
流しのテラピストで十分

そうならないように
ゲストの少ない今がチャンスだと思って
ひとつも気を抜かずに頑張って!



・・・と言う感じ


今がすべてのインドネシア人に
来年の話を含めてもピンとこないのはわかっているのですが
先のことを考えつつ仕事をすることを少し覚えてもらいと思って話したのですが
どこまで理解してもらえているかは正直わかりません:汗
学歴のない子なので理解は難しいと思います。


他の人にマッサージをするのが好きと言うだけあって
良い手をしているし彼女の天職だと思うので
このままサリダイブカラーにうまく染まって頑張ってほしいなあと思います。






今日の水中写真は・・・・


幸せの黄色いハゼ:笑



この子は・・・・ミジンベニハゼ?


c0211615_19450019.jpg

その後もいるのだろうか?




そして


レモンちゃんことダルマハゼの一種


c0211615_19464715.jpg
アカネダルマハゼじゃないですよ。








[PR]
今日は朝からずーっとゴロゴロ鳴ってるんですけど

雲が全く見えません!?

・・・なんで?

どう考えても雷の音なんですけど・・・・

違うのかな?




今日はボスの特権を利用して!?

ゲスト様がダイビングしている間
スパでマッサージしてもらいました。

ひいき目なしでやっぱりよそでマッサージするより上手だと思います!



到着したゲスト様に翌日の朝ごはんの時

「スパありますよ。ダイビングの後でもいかがですか?
  一時間Rp.150,000(約1300円)です。」

と一応お知らせするのですが
本当に嫌いな方は別にして・・
好きだけどなんとなく気が乗らない
という方が最終日近くにトライしてみたら
「もっと早くやればよかった・・・」
と後悔するパターンが意外と多いようので
とりあえず、ゲストが少ない6月までは
ウェルカムマッサージを試験的にやってみようかと思います。

足マッサージ15分無料 (到着初日&2日目のみ)

他に予約ゲスト様がいらっしゃる場合はそちらが優先で夕食後の20:00~可能
こちらで施術時間を決めてしまうかもしれません・・その方が現実的かな?
*1時間に延長する場合+Rp.100,000

飛行機に7時間乗ってその後車に時間乗って・・・浮腫みきった足に
ウェルカムマッサージってめっちゃいいと思うのですが
皆さん、どう思います?

だったら初めての方でも
最初の一歩、乗り気になってくれるんじゃないかな?


7月以降は様子を見て続けるか・・
不具合があるようだったらシステムを考えるか・・・
あまりにも失敗だったらやめちゃうかも。

継続できることを祈ってくださいね。


スパも皆さんが喜んでいただける備品のひとつと言う考え方で
赤字覚悟で施設を作りテラピストを雇ってます。
(契約社員とか流しのテラピストではなく正社員です)

せめて月々のコスト分くらいトントンになるように
ゲスト様に利用してもらえるようにしなくちゃ:汗


・・・と言うことで
よろしくお願い致します。






今日の水中写真は・・・



1月にBabyちゃんだった

黄色いクマドリカエルアンコウ



c0211615_18343933.jpg

すっかり大人になっちゃいました。


誰ですか?汚いなんて言ってるのは!?


この子青春真っ盛り!カエルアンコウ的には結構イケているのかもですよ。




良い相方に出会えますように:笑






[PR]
朝はいいお天気でしたがやはり午後からは曇りがち・・・


まだまだ雨季。



GWとは思えないほどのんびりムードなSari Diveです。

ボートマンが一人病欠してますが
全然問題なし。



そして以前ブログに書いたことある

年末年始から働いていた
笑顔のかわいい泳げないガイドトレーニングスタッフ

辞めました・・・と言うか首になりました。


長文です。半分愚痴なので時間のあるかたは読んでください。



泳げないとかダイビングスキルの問題ではなく・・・・

性格的な問題です。



一応3回警告のチャンスを与えていましたが
あっけなかったです。



最初の警告は

ゲストの多い時に先輩スタッフに仕事をオーダーされ
それが気に入らずボート出航前に突然帰ってしまった


他人にオーダーされるのも嫌だし
自分から仕事をするわけでもないようだったので
私的にはもうガイドトレーニングの資格は無しだったのですが
ヘリの前ではとても良いスタッフだったようで
どうしてもヘリはガイドトレーニングを続けたいとのことで続行

ただし、私からも条件を出し
200m泳げるまではダイビングのトレーニングはしないという条件付き



1か月後意外と早く泳げるようになりダイビングトレーニングとなりました。



ダイビングアシスタント(と言うか後追い)をやらせたときのことです。

アシスタントはゲストよりも10分先に上がって
ボートアシスタントするのが仕事なのですが


浮上地点からフォローカレントでボートに来られるの状態だったので

「そのまま泳いで(・・と言うか流れて)ボートに上がって!」 

との私の指示に従わず

なぜか沖にむかって泳ぎだした




「どうしたの?ボートに上がりたくないの?」


の私の掛け声にマスクを外しながら


「疲れたから泳げない!」


こちらのボートの方も見ずに大きな声で怒鳴り
沖にいる他のボートマンと何かを話していた



ははあ・・・
きっとボートでピックアップしてくれってことだろうね。


と思ったので


トレーニングガイドのためにゲストを差し置いてボート動かす訳ないじゃん。勝手に浮いてろ!

日本語でつぶやきつつ


ボートマンに無視するように伝えました。



当たり前のように彼はボートの横、沖側を流れて通り過ぎていきました。


程なくしてフォローカレントで浮上してきたゲスト様達がボートに流れ着き浮上





ガイドしていたヘリ


「アシスタントはどこ?」



「疲れたからってそのままあっちに流れて行ったよ」



と伝えると目が点(もともと小さいけど:笑)



ボートアシスタントがいないので
ヘリは焦ってボートに上がり器材の引き上げを始めた



アシスタントガイドはそれを見て
ヤバいと気が付いたらしく結構なアゲンストカレントを泳いで戻って来た



な~んだ。やっぱり泳げるんじゃん。



とりあえず、ゲスト様はこの状況に気が付いていなかったので
何も言わずにそのままサリダイブに戻った



ゲスト様が部屋に戻った後本人を呼び出した。

この日の担当は

私は怒り役、ヘリは聞く役

(ちなみに普段はヘリが怒る役、私はニコニコ聞いている役)



ヘリ:一体どうしたの?


アシスタント:浮上地点がすごく遠くて泳ぎつけなかった


サトミ:その前に何か言いたいことないの?
   

アシスタント:・・・・・・・・。
     
       ボートがピックアップに来てくれな・・・



サトミ:あの状況でピックアップに行くわけないじゃん。
    ゲストだって流れ着く場所なのに、
    なんでアシスタントをエンジンかけてわざわざピックアップすると思うの?
    サービスしてほしけりゃお金払いなさい。
    泳げないあなたを泳げるようにしてあげて潜れるようにしてあげて
    仕事も出来ないのに一人前の給料まであげて
    なんでゲスト様以上のサービスをあなたにしなくちゃいけないの?

・・・と、一気にまくし立てた




その後、なぜサトミの言うことを聞かなかったのかと
ヘリが優しく聞いていたけどまともな謝罪もなく
子供のようにぶーたれていました。


そして最後に


ヘリ:もうサトミはお前のこと教えたくないって言っているけど
   お前はまだ若いし、これから努力しながら大人になれば
   ガイドになれるかも知れないと自分は思っている
   どちらにしてもお前の努力次第。
   お前がまだやりたいなら自分は教えてあげたいと思っているけど
   どうする?


と、ヘリが言うと



アシスタント:頑張ります。



と言うので
先輩や目上の人のアドバイスはしっかり聞くことを条件に
私はもう一度目をつぶりました。

失敗するのも痛い目を見るのもヘリにとっては勉強のうちだから。





その翌日


スタッフたちがヘリのブーツがないと報告に来た


皆の話を聞くと・・・



昨日、ボートから器材を引き上げる際にブーツが落ちて
スタッフの一人が海に飛び込もうとした際に

例のアシスタントが

「そのままにしておけ」

と言ったそうだ

スタッフはアシスタントだけがウェットスーツを着ていたので
彼が拾ってくれるのだろうと思って拾わなかったらしいが
朝になって確認すると無いままだったので報告に来たらしい。



これを知ったヘリがとうとう激怒


自分のブーツと言う事ではなくて
これがゲスト様のものだったりしたら取り返しがつかない事が我慢できなかったらしい


その日は例のアシスタントはお休みをとっていたので
出勤しているスタッフたちが必死に探してブーツは見つかったのだけど
それでもヘリの怒りは収まらず。



彼の同期生が心配してなぜそんなことしたのかと
昼休みに会って理由を聞いたらしいのだが

「あれは自分じゃなくてA先輩が落としたから先輩の責任だ
  俺たちが海に入ってまで拾うことないだろ?」

と答えたらしい。


しかし、全員にもう一度状況を聞くと実際のところそのA先輩はその場にいなくて
アシスタント本人ともう一人のスタッフが落としたものだった。


落とした器材を拾わない無責任さだけではなく
スタッフ同士助け合う気持ちもなく
他人に責任を押し付け
平気で噓もつけるようだ


その一部始終を聞いて
今まで唯一の味方だったヘリもとうとう呆れてしまい



首と言うことになった。



4月上旬のことだったのですが
今後の村での評判も考えて2つの選択を与えた

*すぐに退職で給料半分支給

*月末まで働いて1か月分の給料支給

この状況でここで働き続けられる神経の奴っていないだろうと思ったのですが
彼はなんと月末までを選びました。


その選択を聞いて
ヘリもSari Diveで働けるような性格ではなかったことを

さらに納得


・・・と言うことでGW半ば4月30日に退職となりました。




スキルのないものはつけてあげられるけど

性格が合っていないものと嘘つき、怠け者はどうしようもありません。



幸せなことに今までいいスタッフ達に恵まれていますが

スタッフ数も多くなると
やはりこういった子達が入ってくる確率も高くなるなとしみじみ感じました。



ヘリも見かけやうわべの行動だけで
スタッフを判断しちゃいけないといういい勉強になったと思います。



彼の退職を聞きつけてすでに3名の応募がありましたが・・・


しばらくはゲストも少ないし

このままで頑張ろうかなと思う今日この頃です。



はあ。すっきりした。






今日の水中写真は・・・・


スノーケリングで見た青い景色



c0211615_19493820.jpg



青い海を見ているだけで癒されるのだ・・・・笑






[PR]
今日も良いお天気になっています。

ムンジャンガン日和:笑


今年のGWはゲストが定員割れ:汗

困ったなあ・・と思っていたのですが

お盆に向けて小さい方のボートを改造して大きくする予定で
GW明けに造船所?に申し込みをしていたのですが
すでに造船所では持ち込み待ちだということで

きっとこれは神様が早めに始めろと言ってるんだ!

今日から小さいボートを造船所に預けることにしました。



小さいボートを作った当時は
ゲストが少なくて1名とか2名ばかりだったので
とにかくガソリンを食わないように小さめのボディ
安全のために2エンジンで作りました。

完成してみるとこの辺りで一番早いボートになりました:笑


その数年後
大きな木のボートの故障が多くなってファイバーボート変えることになり
大きいボートと言うことで3エンジンにしてみると・・・

さらに早いボートとなりましたが
3エンジンだからガソリン食うよなあ・・・・と思っていたら


なんと!小さな2エンジンと燃費がほぼ同じ
人数を載せても力があるせいかあまり変わりません


だったらゲスト様の居心地を考えても大きな方がいいんじゃないか
と言うことで、今回の改造計画となりました。


8月には完成している・・・はずですが
インドネシアなので間に合わないこともあるかも:汗
(その時は近くのスピードボートをレンタルする予定!)



すべての利益をまたしても設備投資してしまうことになりますが
これはもう・・・性分ですね:汗

そろそろ自分の老後のお金も貯めていかないといけないんでしょうけど・・・

ゲスト様が居心地の良いリゾートにするのが私の喜びだから仕方がないです。






今日の水中写真は・・・


ナイトダイビングの続きで


いろいろなエビ達




c0211615_13184554.jpg

う~ん・・・アカエビ属の一種かな?

目がとっても綺麗です:笑





c0211615_13220656.jpg
エンヤサラサエビ





c0211615_13241502.jpg
コガラシエビ

昼間このエリアではあまり見られないので
いないんじゃないか?なんて思ってましたが
夜になるとちゃんと出てくるみたい。

心なしか昼間よりやっぱり赤い気がします。



夜は甲殻類でいっぱいです。




エビカニ好きは是非ナイトダイビングを!









[PR]
今日もいいお天気:笑


ゲスト様が少ないからでしょうか!?



昨日の夜はトンパンを作りました。

*トンパンとはライスで作ったケーキでインドネシア人がお祝いの時などに作ります。


c0211615_11105468.jpg

還暦祝い:笑

大きな唐辛子を切り抜いてKANREKIと赤い文字をキッチンスタッフが作ってくれました:笑

彼女たちの創造力には私も感動します。マジで。




今回は還暦記念旅行でSari Dive & Cottage を選んで頂きました:笑

実はリピーター様なんですよ。
しかも奥様はノンダイバー

そんな記念旅行にSari Dive & Cottage を選んでいただけるなんて
本当に光栄です!!


いつまでも元気にダイビング&スノーケリングを楽しんで下さい!!





c0211615_11195342.jpg










[PR]
今日は風の音で目が覚めました。

風はイヤ

でも波はもっとイヤ

・・・波がないだけマシですね。


空は今日もグレーのままです。
雨期とは言え、お日様出なさすぎ。


今日まで天気悪くていいから明日から晴れてください:祈

そして透明度も良くなってください:祈

波もたたないで~:祈

・・・そんな都合良く行かないよね。



雨ばっかりなので庭の木がすごい勢いで成長しています。
切ってやらないと折れるので(雨の重さで)手入れが大変です。

バリに来た頃は雨で木が折れるなんてありえないって思ったけど
(自然って賢いからそんな自爆するほどの馬鹿な成長はしないと思ってた)

しっかり折れます:汗

折れて短くなってから成長すると太くて強い木になるってことみたい。
自然の森の中ならそれでOKですけど、
庭木は他の木をなぎ倒しちゃうからあらかじめ切らなくちゃいけないから大変。


なんだか会社のマネージメントに似ている気がします。

賢い社員はそのまま成長するより失敗して成長したほうが
より大きくて丈夫な器になれるのだけど、
会社の中では失敗の損害を最小限に抑えるために誰かがしっかりコントロールしながら
失敗させてやらなくちゃいけない。

そんなイメージ?


自然の法則にもあるんだからきっとこれは普遍的な法則。

やっぱりヘリには失敗させないとね:苦笑 ←結局ここ

ゲスト様が笑って許していただける程度に
コントロールするのが私の仕事ってことだな。





今日の水中写真は・・・・


日本にもいる子達


c0211615_10371361.jpg

ヤシャハゼ

実は海外勤務になってからマクロ系ガイドになった私は
バリで初めてこのハゼを見たので感動したのですが

沖縄辺りで良く潜っている方にとっては
さして珍しくもないハゼのようで・・・

ヘリもここで初めて見たので10年前は見せまくってましたが
今ではリクエストがなければ探しもしないハゼとなっています。
(いっぱいいるわけではなく、探さないといけないちょっと面倒な感じなので)
見たい方はリクエストして下さいね。
(見つけられないこともありますけど)



そして



c0211615_10365154.jpg

ヒレナガネジリンボウ

この辺りでは普通のネジリンボウはほとんど居なくて
ヒレナガの方が沢山います。
日本で見るサイズよりかなり小さめでシャイです。

個体数はいっぱいいますので
撮れるかどうかはゲスト様がいかに自分の殺気を消せるかが勝負です。


PS.

HPちょっと更新しました。
http://satomimantarey.com/

リンクのページでここに来たことあるゲスト様のブログを載せているのですが
こまめにやっていないので忘れちゃいました:汗 すみません
リンク張ってもいいよと言う方ご連絡お願い致します。

ソフトの事情であと23日しかHP更新できません:汗

お早めにご連絡お願いします。





[PR]
なんだかはっきりしない空模様となっています。

私としては当然と思っているのですが
ヘリが昨晩発熱。
いくら講習とは言え、半袖短パンで海に1時間以上と言うのは自殺行為でしょう・・・アホチン

昨日葛根湯を飲ませて寝かせたら
今日の朝にはとりあえず復活していました。


・・・で、


日本で作った新しいウェットスーツが届いていたので


風邪ひいているんだし早速着なさい


と言ってみたけど

かの場所(リピーター様はご存知ですね)にファスナーがないから嫌。
工場でつけてもらってから着る

と言って言うことを聞かない


ヘリが着ないからコマンも着れない


これじゃあまた二人して風邪をひいてしまうので


「ゲスト様に持って来ていただいたのに着た姿見せないの?見たいですよね?」


と、ゲストを巻き込んで!?説得すると



じゃあ・・・着る


やっと観念しました:苦笑




おニューのウェットです:笑



c0211615_16030558.jpg

ちょっと思っていたデザインと違うところもありますが

とりあえず

足と腕は透明度が悪いところでも目立つように蛍光イエロー
と言うのは守られているのでOK!


(コマンはこれを着るとデブが引き立つなあ・・・汗)


今日からは暖かいダイビングとなるでしょう。






今日の水中写真は


メタリックシュリンプゴビー


c0211615_16103116.jpg

ムンジャンガンの砂地で見る子は色が濃くて良くわからないのですが

この辺りで見られる子は色が薄目でしっかりダテハゼなのがわかります。


色が濃い子も美しいと思うんですが

私はこっちの方が味があって好きです:笑



もっと小さい子はもっと色が薄い子もいて

あれはさすがに新種のダテハゼじゃないかと思うほど別物に見えました・・・汗


魚は色じゃ見分けられないなあって思いました。








[PR]
今日も朝からいいお天気:笑

午後3時くらいから雷雨になるのが玉に瑕・・・


今日も降るのかなあ?



桟橋で研修生2人のオープンウォーター講習2回目をやっています。

昨日、スノーケルで滅茶苦茶泳がせて
水への対応能力と大体のスキルを把握したので
ヘリの講習練習台でも大丈夫と判断:苦笑

様子を見に行ったら・・・

c0211615_11273007.jpg

ムム?

鼻水がまた出だしたとズルズル鼻をかんでいたヘリ君
君?なんでウェットスーツ着てないの?

(・・・と聞いても無視されちゃった:苦笑)

きっと都会のIDCスタッフがこういう格好で教えていたの見て
イントラってこうなんだ・・カッコいい!って思っちゃったんでしょうね。

ま、また具合が悪くなったりクラゲに差されたりして苦しめば

「やっぱりどんな時でもダイバーはフルスーツが必要」

・・・って自分で学ぶことでしょう:苦笑


・・この後もゲスト様続くのになあ・・・・

(コマンが復活したのでどうにかなるでしょう)



なんか

研修生のための講習じゃなくて
ヘリの人生経験のための講習となっています:笑



研修生も頑張れ~!!





今日の水中写真は


後ろに誰かいる・・・・写真



c0211615_17265353.jpg

ピンクダートゴビーの一種
なかなかヒレ全開の写真って撮れないみたい・・・。


後ろにいるのは・・・ヤノウキホシハゼかな?






次も後ろに何かいるんだけど・・・


ちょっとホラー系


c0211615_17260459.jpg

イレズミハゼの一種ことリボンリーフゴビー
この子は背びれが短いメスですね。



う~ん・・・絶対狙われているよね。

視線がこっちだもの。






[PR]
今日も朝からいいお天気になっています!


・・・雨季が明けちゃったんじゃないの?

(そんなことないか:汗)



昨日から新しいガイド候補生の研修が始まりました。

いや、研修はすでに2か月前から始まっていて
ボートアシスタントとして仕事っぷりを観察させていただいてたので
今日からは海の研修。
OW講習です。

イントラになったヘリにすべてお任せしているのですが
まあ、厳しい:苦笑
私より厳しいかも!?
OWと言えども後々はガイドになってもらう子達だからだと思いますが

もう水面系だけで一人が弱音を吐いていました。

今まで本気で泳いだこともなかった2人
泳ぎ方も教えずに突然200m泳げ!と言われて
一人は休みながらも200m泳ぎましたが一人は20mでほぼギブアップ


「もう辞めたい・・・」

なんて弱音を吐いてました。

「辞めたい・・」の弱音は初めて会った頃のヘリも何度も吐いてましたから
続けられるかどうかが勝負でしょうね。


頑張れ!


この子たちがこの後どう育っていくかが楽しみです。


(とりあえず今日はちゃんと出勤してました:笑)







今日の水中写真は・・・・


シークレットベイより


まるで新星Sari Diveガイド研修生の2人のようなカエルアンコウ

(・・・黄色くって若いっていう意味:笑)



正月のゲスト様に

ちょっとジャニーズ系?じゃないとささやかれていた根性君

c0211615_11465573.jpg

クマドリカエルアンコウの黄色のチビ

見た目だけで人気者になりそう
持ち前の根性を発揮して綺麗なだけで収まらないでほしい。





そして


18歳にして専門学校まで卒業したぽっちゃり君な秀才


c0211615_11490285.jpg

ボンボリカエルアンコウのチビ

頭が良いと親や先生から可愛がられて育ったので
今は世間知らずでぽよよ~んとしているけど
これから苦労しながら大きくなれば味のある人気者になれるはず!




2人とも頑張って生き残るんだよ!!









[PR]