カテゴリ:おとなしいお魚達( 188 )

昨日からなんだか天候がすぐれません


北東からのうねりも入ってきているし。

雨も降っちゃうし


せっかくドライシーズンの青い海、青い空を狙ってきていただいたゲスト様達に申し訳ない感じ。





今日の水中写真は・・・


カエルウオ達


西部バリ島ではカエルウオがわんさかいます。
種類自体はそれほど多くないのですが

個体数が半端ないです


ですから背景も選び放題!



そんなカエルウオ達をご紹介!




まずは結構どのポイントでも見られる


セグメントブレニー

c0211615_14244842.jpg
レッドスポットブレニーと書いてある図鑑もあります。

尻尾側の模様が特徴で赤い点のような区分けされた模様が特徴です。
ただ、個人的には尻尾まで見えるより頭だけ見えたほうがかわいらしいかな?と思ったりします。







とにかく個体数が多いのがこちら


c0211615_14260547.jpg

バンダブレニー
バンダというよりバンドなんだと思います。(背中のラインが)
ホヤの近くにいることが多いので
バンダブレニーONホヤ
の写真も結構撮れたりします。
(ヘリはハンドパワーを使うようですが、自然に乗っていることも多いです)






そしてそして意外と絵になる子がこちら


c0211615_14254214.jpg

スリーラインブレニー
細いラインが3本・・・なのかな?
目の周りの模様がまつ毛みたくて目力の強いカエルウオです。
シンプルな背景でも意外といい感じに撮れる子ですが、もちろんONホヤならいうことなしですね。







こちらは少し個体数少なめ

c0211615_14251784.jpg
少な目って言っても他のカエルウオに比べてってことなので

他のダイブサイトに比べたらそれほど少なくはないかも知れません。

黒いボディに細い白いラインが高級感あり!?
しかも尾びれの付け根は黄色です。





最後にこのエリアに来たならば押さえておきたいのがこの子



c0211615_14265473.jpg

イエローアイコームトゥース

他のダイブサイトではほとんど見られません(バリの他のエリアには居るのだろうか)
バリに働きに来たときに最初この子を見て興奮したのを覚えています。

しかも、時期によると写真のように群れているんです。

ヘリはハンドパワーを使うようですが
使わなくても群れている時期はぐっちゃりです。


群れるカエルウオってかなり珍しいですよね。

(時々他のカエルウオも群れていることはありますが)


今のところ

60㎜でワンフレーム12匹

105㎜でワンフレーム8匹

というのが最高記録です:笑






カエルウオ好きな皆様


お待ちしてます!!








[PR]
珍しくゲスト様が多いです。

多いって言ったって7名
これでほぼフルブックに近い機動です:汗

Sari Diveは少人数制
一人のゲスト様へのサービスの重さが違うと思って頂けると嬉しいです。



今日はボートも2艇出るので
私も青いムンジャンガンに行ってきます!



今日の水中写真は・・・・



ヘビギンポ達




ミラクルトリプルフィン


c0211615_08263506.jpg

青ぬきが美しい:笑

なんというか独特の世界観?



ミラクルトリプルフィンはなかなか絵になりにくいので皆さん苦労している魚です

背びれが3つあるのがこの魚の特徴ですからしっかり横から撮ってくださいね。

背景の処理が悪いと背びれが見えなくて
何の魚だかわからなくなっちゃいますから




そして


ジャイアントトリプルフィンことカスリヘビギンポ
口がでっかいのでラージマウストリプルフィンとなっている図鑑もあります

c0211615_08334491.jpg
背景にブルーのホヤがいい感じ


一つ目の背びれがチビっちゃいからかミラクルに比べると人気がありませんが
ハゼ的なかわいさでいろんなところに居るので絵になりますよ。




やっぱり写真は背景だ!



プムトランコンテストには背景は黒だけど

(しつこい?)



では海に行ってきま~す!





[PR]
ただの噂だと思うんですが

国立公園のチケットが10月1日から変わるそうです。


噂だけだと思うんですが

国立公園フィーが150%になるとか

(そしたら恐怖のRp.300,000越え)


一昨年まで無許可のショップさんだけど$45でムンジャンガン2Dive売っていたことを思うと
何もせずに入場料だけでRp.300,000って狂気の沙汰としか思えない


地元産業をなんとも思ってないって感じ?


ジョコウイ大統領~!

早くこの滅茶苦茶な事態に気が付いて!
(ビザ代無料にしてもこれじゃ地域産業発達しないよ~!!)




はあ~・・・

本当に噂だけでありますように。








今日の水中写真は


噂じゃなくて本当にあること




モエギハゼSPの群れ



実際見たゲスト様達によるとかなりの群れのようです。

c0211615_11210201.jpg


105㎜レンズで7匹

(最高は・・・8匹:同じゲスト様が前回撮ってます)






そして



イエローアイコームトゥースの群れ

c0211615_11244123.jpg
ワンカットで12匹

今までの最高がやはり60㎜レンズで12匹。

最高記録と一緒ですね。


あとはいかにきれいな群れで撮るかが勝負です。









[PR]
今日は朝からいいお天気:笑

ムンジャンガンもなかなかの透明度だし

水面穏やかだし


ちょっと寝不足のままついて行って1本分は休もうと思ってたのに
あまりにも青い海が気持ちよさげで

結局3本分びっちりスノーケル&ダイビングしちゃいました:汗


今日はよく寝られそうだ。






今日の水中写真は


4月にガイド達がポイント作りをした場所から



ビール瓶の中には



あ!ハゼが!!



c0211615_18581251.jpg


残念ながらミジンベニハゼじゃなかった:汗

一体何ハゼ?



少ししてまた見てみると・・・・



おお!


c0211615_19002760.jpg

ライティングで黄色く見えるけど

こりゃ~・・・

ホシハゼのSPかな?



なかなか思ったものは入ってきませんが
こういったハゼでも入ってくれるとちょっとうれしいですね。





他にも珊瑚養殖用の鉄組を入れたそうなのですが

そこにはホヤが満開だそうです:笑


上にも
c0211615_19031290.jpg

下にも

c0211615_19033026.jpg

背びれのところに点があるからセボシウミタケハゼですね:笑




そしてそのホヤの根元には

かわいらしいケヤリのお花が咲いているらしい:笑


c0211615_19055595.jpg

半年経たずにこれだけ根付いちゃうっていうのは
ちょっと驚異的ですね:汗



ムンジャンガンの国立公園フィーの値上げから
ゲストの数が大幅に減り

この辺りのダイブセンターたちは生き残りをかけて頑張っています。

もちろんSari Diveも同じです。



皆様、これからも応援をよろしくお願い致しますm(_ _)m





[PR]
ゲストはいっぱいじゃなくて

静かでまったりくつろげるSari Dive & Cottage


この頃いらっしゃるゲスト様にそう言って頂けてうれしいような・・・

ちょっと考えちゃうような・・・・



ま、いいか:笑




リピーター様や初めてのゲスト様と話をしているうちに
なんとなくSari Dive & Cottageの進む道が見えてきた気がします:笑


道が見えたら今度は目標に向かって進むべし!!



(すみません、独り言でした:汗)






今日の水中写真は


この頃のタコ事情


このエリア、フィッシャーマンがタコ獲っちゃってるからか

タコ率低し:汗


それでも先日のゲスト様の写真を見ていたら・・・こんなの撮ってらっしゃいました:汗



c0211615_14241822.jpg


ミミックオクトパス

他の場所で結構見ているとかで特に珍しいと思わなかったらしいのですが

うちでは滅茶苦茶珍しいです!

ヘリが巣穴があるのを確認したそうですが
巣穴を壊す輩(主にガイド)も多いのでそう長い間は観察できないかも。

残念です。

自然に観察するには
居るのがわかっていても巣から出てきている時にしか観察できないので
ある意味観察できるのは運にもよります。





もう一つ




c0211615_14290981.jpg
オオマルモンダコ

コマンが何気なくゲスト様に見せていたようなのですが
全く報告なし。
彼にとってはレアなのか何なのかわからんけど見せたって感じでしょうか。

日本にいるヒョウモンダコよりも丸の模様が大きいのが特徴
もちろん口の部分に猛毒を持っています。

マブールの頃に村の子供たちが良く捕まえていて冷や冷やしましたが
とりあえず噛まれなければ毒はありません。

*いたずらしなければ襲ってきて噛むなんてこともありません



リックの時もそうだったけど
レアものがなんであるか?というのを教えるのは苦労します:汗

とりあえず・・・・

レアものを素通りさせないように
「ちょっとでも変だなと思ったものは気にせずにゲストに見せるように」
と教えていますので

レアものじゃなくてもとりあえず見てあげてください:笑

コマンはリックと違って精神的に強いので
拒否されても気にしはしないと思いますが・・・・
いい気分でガイドさせた方が面白いものを見つけるかもしれません:笑










[PR]
昨日から雲が多めです。

朝焼け夕焼けマニアの私としてはそれはそれで有りがたい感じになってます。


今日の朝焼けはめちゃ焼けでした。

c0211615_11442792.jpg

ドライシーズンの焼け方じゃないです。

ドライシーズンとレインシーズンの間にこんな焼け方するんですよね。

昨日は大雨だった地域もあるようですし

ドライシーズンになり切らないままレインシーズンになっちゃうのかな?


草木には優しくていいけど。




今日の水中写真は


背びれ系



背びれがかっこいいお魚さん達



まずは近場から

c0211615_11494822.jpg
レイドシュリンプゴビー

ご機嫌にもよるのですが滅茶苦茶寄れる時があります。


最短で撮れちゃうとこんな感じ



c0211615_11540914.jpg

ちょっとわかりづらいですが
背びれの後ろの方に青い点
そして胸鰭に青いラインが入っているのも分かります。


背びれかっこいいですよね。



次に


ヒレナガネジリンボウ

c0211615_11561033.jpg

名前の通りに立派なヒレ:笑
日本にいるものよりも小型らしいです。
しかも・・・シャイ

遠くから慣らしながらゆっくり近づいてシャッターを!





そして

最後はオオゴチョウイソハゼSPこと背びれちゃん

c0211615_11580765.jpg
ヒレナガネジリンボウに負けない立派な背びれ

背びれはほぼ開きっぱなしです!




横から見るより前から見る方がその長さを実感できます


c0211615_11591270.jpg
傾いているんですけど~・・・・


背びれが邪魔じゃないのか心配になってしまう:汗



時々事故?でポッキリ折れている子もいます・・







背びれに特徴がある魚はダイバーに人気があるものが多いですね。




明日はKing of 背びれ!









[PR]
朝暗いうちはあまり風がないのですが

陽が昇って出航の時間になって来ると風が吹いてきます。


今日は・・・北東風だったり南西風だったり
風向きが安定しません。

嫌な感じではありますが波が出ないなら許す!

(許すも何もないですけどね:苦笑)





今日の水中写真は


ヤツトゲテンジクダイ

c0211615_12513880.jpg
口の部分が大きく膨らんでいるので卵を持っているようです。


しかし見え隠れしているので写真はとっても撮りづらいわけで

なかなか「お!」という写真を撮るのは難しいです。




そんな状況でこの写真は結構「お!」感ありました。





おおおお・・・・・



c0211615_12555957.jpg





オバQ!!




え!? 知らない?



そんなあ~


このブログ見ている人だったら大半知っているはず!?






若い人だったらドラえもんまでか:汗


















[PR]
今日はボート出航の時間になったら結構風が強く吹き始めました

風向きは・・・南西

ドライシーズンの風です


でも、生暖かい風なんですよね。


本当のドライシーズンはいつ来るのやら



昨日までの話なんですが


一昨日の出張中に突然、井戸のポンプが動かなくなったと電話がありました。


Sari Diveにはポンプが故障しても大きなタンクが2つあるので
しばらくは大丈夫なはずだし、明日修理してもらおう
今日、私がシャワー浴びる分くらいはあるでしょ?


と聞くと


全く空っぽでトイレの水も出ないと思う:汗


とのこと


ひえ~・・・
どうしてタンク2つとも空なの?


・・・と聞くと


「ゲスト様が来る前に貯水タンクの掃除をしようと思って今日全部水を抜いて掃除した
  掃除が終わって水を入れようとしたらポンプが動かなくなった・・・」


とのこと。



う~ん・・・・自ら掃除するなんて 滅茶苦茶えらい!


しかし


そんなことがあるのだから1個ずつやってくれ~汗



・・・と思ったけど
潔癖症のハウスキーピング達にしたら
タンクは2つ一緒につながっているから1つづつじゃ汚れが残っている気がするらしく
いつも私たちがいない時に一気にやっているらしいのです。

普通はポンプも壊れないし



・・・と言うことで


一昨日深夜に帰って来てから昨日の夕方まで水無し生活

水がないというのは本当に不便なものでトイレだって困っちゃう

(昔、パラオでKBブリッジが落ちたことを思い出しました)


運が良いことに
ゲスト様がチェックインされるまでにはどうにか回復

ある意味、タンク内もすっかり乾燥出来て
抜群にきれいなタンクになっているんじゃないかと:笑

今週のゲスト様
飛び切りきれいな水でお待ちしてます!?



今日の水中写真は・・・・・


昨日に引き続き


可愛いツーショット2



今日は異種のツーショットです

c0211615_12041014.jpg

ニジギンポとサザナミフグ

後姿から想像するに・・・・

ニジギンポのお家の前に居座ってちょっとお邪魔なサザナミフグ?




正面から見てみると・・・・


c0211615_12081356.jpg

あら。

2匹ともスマイル:笑



仲良しなお友達のようです。




ほのぼの気分:笑








[PR]
今日の朝ゲスト様がチェックアウトされて

久しぶりにゲスト様がいないSari Diveです。


スタッフの半分がお休み

静まり返っていて久しぶりに昼寝が出来そうです:笑



今月はゲスト様から写真を沢山いただけたし
出張もないので(ゲスト様がいらっしゃるときは緊急時以外外出しません)
ブログがパーフェクト更新達成できそうな予感:笑

今日を入れてあと5日間

気合を入れて更新だ!!





今日の水中写真


個人的にとっても大好きなのでいっぱい写真もらっちゃった子


リトルファイルフィッシュ

自分の体色に似たソルトコーラルに擬態してふらふらと泳いでいる姿がなんとも言えません:笑



複数のゲスト様に撮っていただきました。

生物好きなゲスト様と綺麗な写真が好きなゲスト様

撮り方の違いがくっきり見えてきて

ホォー・・・・って感じです。



まずは生物が好きなゲスト様


c0211615_12435456.jpg
c0211615_12445315.jpg



そして



綺麗な写真が好きなゲスト様


c0211615_12474720.jpg

c0211615_12482474.jpg

ね、全然違うでしょ?


生物好きな方はなるべく大きく近づいて生物の細部が見えるように撮るし

綺麗な写真が好きな方は引き気味にして周りの様子や背景に気を使い
小さいものは小さく撮り・・・魚の表情にもこだわっています。


好みの問題なのでどちらがいいとかはないのです。

鑑定に出そうっていうなら迷わず前者だし
写真としていろいろなものに使うのなら後者かも。



皆さんはどっちのタイプですか?



う~ん・・・私はベーシックがワイドなので水中風景が感じられる後者かな。

いや、老眼で細部まで見えないから大写しで見たいような気がする:汗




同じ被写体でもいろんな撮り方があって水中写真は奥が深いですね。












[PR]
とうとう南西の強い風が吹くようになりました。

本格的なドライシーズンって感じです。

朝はフリースが手放せません(私は)


今日からゲスト様が一組になり
いつものSari Diveに戻ってきた感じです。


そして

ルピア安が続いています。

1円=130ルピアだって:汗

ゲスト様にとっては超お得な感じのお盆でしたね。

(これからのゲスト様もお得な感じが続きそうです)

お支払いでいただいた日本円、レートが下がる前に交換しなくては:汗
というとで、ヘリが急きょデンパサールへ
もうちょっと両替所や銀行が近かったらなあ・・・・




今日の水中写真は


やっぱりいました:汗

黄色くてモシャモシャしてたっていうから怪しいなあと思ってたんです

c0211615_12444383.jpg

ボンボリカエルアンコウ

灯台下暗し・・・・ハウスリーフです。


目撃例が2個体

写真のものと、もう少し小さなもの




チビですがしっかりボンボリあります

c0211615_12473307.jpg
泥まみれですけど:汗

リクエストのゲスト様居たのに・・・・

見たい人の前にはあまり現れず・・・

どうでもいい人の時に現れる


「生物あるある」ですね。


またリベンジにいらしてください:笑





ついでに


ボートで3分のカピングベイポイントではこの子

c0211615_12530355.jpg
可愛いピンクのオオモンカエルアンコウ Yg

5㎝くらいだったそうです。

腕!?がびょ~んって伸びてます:笑






フィッシャーマンに捕られないでしっかり子孫を残してほしいなあ。








[PR]