カテゴリ:おとなしいお魚達( 183 )

今日は午前中とても良い天気でしたが
午後からちょっと雨模様・・・・

明日からゲスト多くなるのになあ・・・


数日前
トイレが詰まって配管掘り出して工事してやっと直したのですが
雨が入らないようにカバーをかけていたら・・・

その穴に落っこちちゃった私:汗

1mくらい深さがあったのでマジでやっちゃった感あったのですが
運よくかすり傷で済みました

でも傷なんて久しぶりなんで痛いです:汗

(昔はよく流血系の怪我して平気で潜ってたなあ・・)


ある意味調子が良くなった証拠かな:苦笑




今日の水中写真は・・・


オレンジが綺麗なこの子


c0211615_19105074.jpg

スパインチークアネモネフィッシュ


大きくなっちゃうと黒っぽくなって可愛く無くなっちゃうことが多いのですが
この子はメスになっても美しい子でした:笑


結構挑戦的な子でカメラに向かってきます


c0211615_19111514.jpg



ドアップ~!!


c0211615_19113125.jpg


チャームポイントのほっぺの棘もまだ初々しい感じですね。












[PR]
今日はムンジャンガンに行ってきました。

ジャワ島の方で雨が続いていたらしく透明度は良いような・・悪いような・・

でも、早朝セルフダイブをしたゲスト様には
滅茶苦茶青い海に見えたそうです:笑


えらいぞ!ハウスリーフ!


ガイドの募集締め切ったのですが
まだまだ希望者がやってきます:汗
本当に一体何が起こったのだろう?

あんなにガイド候補生が集まらなくてヘリといつも頭を悩ませていたのに・・・




もう一つ

スタッフ同士の社内結婚がひとつ成立するらしい:汗
12月に結婚するそうです。

誰と誰が結婚するかは・・・ご想像ください:笑



めでたいことがなんだか続きます。

恩ちゃんのおかげかな。

泣いてる暇なんてないです:苦笑





今日の水中写真は


人気者のこの子


c0211615_18570795.jpg

ピクチャードラゴネット



観察の仕方をしっかり守ると出っぱなしになります:笑



二匹でグルグルしちゃったり・・・


c0211615_18582546.jpg


なんと贅沢にも・・・・



c0211615_18590166.jpg



これってピンが思いっきりシマギンポですよね:苦笑




Sari Diveでは潮を選んで観察するようにしていますので
行かない場合も多いです。



潮が悪くてもどうしても行きたいという方は
強くリクエストして下さいね。







[PR]
ここ数日大荒れなお天気

昨日も大風が吹いたり止んだりの大荒れで
遠出するのが怖かった:汗


今日は昨日よりも雲が複雑じゃないので回復・・するかな?



昨日の夜、ヘリと今日のスケジュールを組んでいる時に

「明日はラストだし2本だけでもムンジャンガンに行こう」

と話していたのですが

「あしたは・・・日曜日」

とのヘリの言葉に



えええええ??マジ?


ああああ・・!!やっちゃった:涙

休日にはムンジャンガン行かないってあれだけ誓ったのに:涙




*日曜日は国立公園フィーが100,000ルピア(約800円)アップになる





お互いに慰めようとして

天気悪かったし、セーフティファーストだし仕方がないよ
ゲスト様に申し訳ないから差額もSari Diveで払うしかないかな?
いや、きっと話せば払ってくれるよ

あああ・・私たち馬鹿



と自己嫌悪のままひと晩眠れず・・・




今日の朝、スタッフに

今日は日曜日だけどムンジャンガンに行きます

・・って言ったら



「ボス!今日は月曜日!」


と言われてカレンダーチェックして

ヘリと二人で大笑い




ほんと、2人ともこんなにそそっかしくて
よくここまでやってこれたもんだ:苦笑




そんな私たちですが
これからも応援よろしくお願い致します。





今日の水中写真は


タツノハトコ


c0211615_09410396.jpg

ネットで調べたところでは

背びれ?の付け根が盛り上がっているのがイトコで
この写真のように盛り上がってないのがハトコだそうです。

コマンにイトコって教えちゃったかも・・・汗



この個体はお腹が大きいオス
・・・タツノハトコの場合はオスで良かったかな?



Babyちゃんたち元気に育ってますように!!







[PR]
先程ゲスト様がお帰りになりのんびりムードのサリダイブです。



リックが辞めてどうなるのかとヤキモキした10月初めでしたが
開けてみればどうってことなかった

スタッフ全体の雰囲気は以前より良くなったし


何よりもコマンが変わった。

リピーター様もびっくりするくらいに明るくなった。



今、一人ガイド研修(続くだろうか:汗)がいるのだけど
コマンがとてもよく面倒を見ている。


リックとコマンの時には全く見られなかった
先輩と後輩の図

勤務時間過ぎてからも2人で図鑑を広げて
あーでもないこーでもないとログ付け

年下のくせにコマンの方が親分肌なオーラがあったから
気の小さいリックは教えるのが嫌だったのかなと改めて考えてしまう

新しい子はコマンより7つも年上
プライドに押しつぶされずものになってくれますように・・






今日の水中写真は・・・



ケヤリがらみ


このエリアはなぜか日本でよくみられるクリスマスツリーのようなケヤリは
ほとんど見られません。
見られたとしても2㎝程度で細々と生きていますという感じ

その代わりこの茶色のケヤリが結構たくさんあります。

その特大ケヤリをよ~く見ると


いろいろいますよ。




c0211615_16575597.jpg

アカスジカクレエビの仲間

大人の目ではちょっと見逃がしそうな被写体ですね。






ケヤリの下にも


c0211615_17000614.jpg
シリウスベニハゼ

日本だと珍しいそうですが
この辺りだと下手すると水深5mくらいから見られちゃう超普通種です。




日本のダイバーの一部ではケヤリを触る〇〇〇タッチなるものが流行っているそうですが

このケヤリも触れるのかな?



〇〇〇様

実際できるものなのか見てみたいなあ・・。


久しぶりいらしていただくなんていかがでしょう?



(ちょっとだけ営業してみる)









[PR]
昨日はスコールのような雨が降ったり晴れ間が出たりを繰り返す
忙しいお天気でした:汗

今日の朝まで雲が多くて波の音がしていましたが

出航時には青空も:笑



・・・しかし

昨晩うねりがひどかったらしく近くのポイントは真っ白:涙

午前中1本で戻ってきて

午後は潮が上がってくるのを待つことに


(こんな天気って2月~5月なんですけどね。普通)




季節が全然狂っていて読めません。





今日の水中写真は



ポリプ全開だとグッと価値が上がります:笑

c0211615_14300343.jpg

デニスピグミーシーホース

このウミウチワはポリプが閉じていることも多いのですが
開いていたらチャンスです!

ウミウチワに触れないように優しく撮影すると
こんなに自然っぽい美しい写真になります。

初心者さんにはわからないかも知れませんが
このポリプが全開というのはとっても価値がある写真なんですよ。





コンデジじゃ撮れない?


そんなことありませんよ。




はい、この通り

c0211615_14343113.jpg


恥ずかしそうな伏し目がちな表情もいい感じです。


カメラが小さい分被写体にストレスが少なくて良いかも知れませんね。




ピグミーシーホースはポリプが命




・・・なんちゃって:笑









[PR]
昨日からなんだか天候がすぐれません


北東からのうねりも入ってきているし。

雨も降っちゃうし


せっかくドライシーズンの青い海、青い空を狙ってきていただいたゲスト様達に申し訳ない感じ。





今日の水中写真は・・・


カエルウオ達


西部バリ島ではカエルウオがわんさかいます。
種類自体はそれほど多くないのですが

個体数が半端ないです


ですから背景も選び放題!



そんなカエルウオ達をご紹介!




まずは結構どのポイントでも見られる


セグメントブレニー

c0211615_14244842.jpg
レッドスポットブレニーと書いてある図鑑もあります。

尻尾側の模様が特徴で赤い点のような区分けされた模様が特徴です。
ただ、個人的には尻尾まで見えるより頭だけ見えたほうがかわいらしいかな?と思ったりします。







とにかく個体数が多いのがこちら


c0211615_14260547.jpg

バンダブレニー
バンダというよりバンドなんだと思います。(背中のラインが)
ホヤの近くにいることが多いので
バンダブレニーONホヤ
の写真も結構撮れたりします。
(ヘリはハンドパワーを使うようですが、自然に乗っていることも多いです)






そしてそして意外と絵になる子がこちら


c0211615_14254214.jpg

スリーラインブレニー
細いラインが3本・・・なのかな?
目の周りの模様がまつ毛みたくて目力の強いカエルウオです。
シンプルな背景でも意外といい感じに撮れる子ですが、もちろんONホヤならいうことなしですね。







こちらは少し個体数少なめ

c0211615_14251784.jpg
少な目って言っても他のカエルウオに比べてってことなので

他のダイブサイトに比べたらそれほど少なくはないかも知れません。

黒いボディに細い白いラインが高級感あり!?
しかも尾びれの付け根は黄色です。





最後にこのエリアに来たならば押さえておきたいのがこの子



c0211615_14265473.jpg

イエローアイコームトゥース

他のダイブサイトではほとんど見られません(バリの他のエリアには居るのだろうか)
バリに働きに来たときに最初この子を見て興奮したのを覚えています。

しかも、時期によると写真のように群れているんです。

ヘリはハンドパワーを使うようですが
使わなくても群れている時期はぐっちゃりです。


群れるカエルウオってかなり珍しいですよね。

(時々他のカエルウオも群れていることはありますが)


今のところ

60㎜でワンフレーム12匹

105㎜でワンフレーム8匹

というのが最高記録です:笑






カエルウオ好きな皆様


お待ちしてます!!








[PR]
珍しくゲスト様が多いです。

多いって言ったって7名
これでほぼフルブックに近い機動です:汗

Sari Diveは少人数制
一人のゲスト様へのサービスの重さが違うと思って頂けると嬉しいです。



今日はボートも2艇出るので
私も青いムンジャンガンに行ってきます!



今日の水中写真は・・・・



ヘビギンポ達




ミラクルトリプルフィン


c0211615_08263506.jpg

青ぬきが美しい:笑

なんというか独特の世界観?



ミラクルトリプルフィンはなかなか絵になりにくいので皆さん苦労している魚です

背びれが3つあるのがこの魚の特徴ですからしっかり横から撮ってくださいね。

背景の処理が悪いと背びれが見えなくて
何の魚だかわからなくなっちゃいますから




そして


ジャイアントトリプルフィンことカスリヘビギンポ
口がでっかいのでラージマウストリプルフィンとなっている図鑑もあります

c0211615_08334491.jpg
背景にブルーのホヤがいい感じ


一つ目の背びれがチビっちゃいからかミラクルに比べると人気がありませんが
ハゼ的なかわいさでいろんなところに居るので絵になりますよ。




やっぱり写真は背景だ!



プムトランコンテストには背景は黒だけど

(しつこい?)



では海に行ってきま~す!





[PR]
ただの噂だと思うんですが

国立公園のチケットが10月1日から変わるそうです。


噂だけだと思うんですが

国立公園フィーが150%になるとか

(そしたら恐怖のRp.300,000越え)


一昨年まで無許可のショップさんだけど$45でムンジャンガン2Dive売っていたことを思うと
何もせずに入場料だけでRp.300,000って狂気の沙汰としか思えない


地元産業をなんとも思ってないって感じ?


ジョコウイ大統領~!

早くこの滅茶苦茶な事態に気が付いて!
(ビザ代無料にしてもこれじゃ地域産業発達しないよ~!!)




はあ~・・・

本当に噂だけでありますように。








今日の水中写真は


噂じゃなくて本当にあること




モエギハゼSPの群れ



実際見たゲスト様達によるとかなりの群れのようです。

c0211615_11210201.jpg


105㎜レンズで7匹

(最高は・・・8匹:同じゲスト様が前回撮ってます)






そして



イエローアイコームトゥースの群れ

c0211615_11244123.jpg
ワンカットで12匹

今までの最高がやはり60㎜レンズで12匹。

最高記録と一緒ですね。


あとはいかにきれいな群れで撮るかが勝負です。









[PR]
今日は朝からいいお天気:笑

ムンジャンガンもなかなかの透明度だし

水面穏やかだし


ちょっと寝不足のままついて行って1本分は休もうと思ってたのに
あまりにも青い海が気持ちよさげで

結局3本分びっちりスノーケル&ダイビングしちゃいました:汗


今日はよく寝られそうだ。






今日の水中写真は


4月にガイド達がポイント作りをした場所から



ビール瓶の中には



あ!ハゼが!!



c0211615_18581251.jpg


残念ながらミジンベニハゼじゃなかった:汗

一体何ハゼ?



少ししてまた見てみると・・・・



おお!


c0211615_19002760.jpg

ライティングで黄色く見えるけど

こりゃ~・・・

ホシハゼのSPかな?



なかなか思ったものは入ってきませんが
こういったハゼでも入ってくれるとちょっとうれしいですね。





他にも珊瑚養殖用の鉄組を入れたそうなのですが

そこにはホヤが満開だそうです:笑


上にも
c0211615_19031290.jpg

下にも

c0211615_19033026.jpg

背びれのところに点があるからセボシウミタケハゼですね:笑




そしてそのホヤの根元には

かわいらしいケヤリのお花が咲いているらしい:笑


c0211615_19055595.jpg

半年経たずにこれだけ根付いちゃうっていうのは
ちょっと驚異的ですね:汗



ムンジャンガンの国立公園フィーの値上げから
ゲストの数が大幅に減り

この辺りのダイブセンターたちは生き残りをかけて頑張っています。

もちろんSari Diveも同じです。



皆様、これからも応援をよろしくお願い致しますm(_ _)m





[PR]
ゲストはいっぱいじゃなくて

静かでまったりくつろげるSari Dive & Cottage


この頃いらっしゃるゲスト様にそう言って頂けてうれしいような・・・

ちょっと考えちゃうような・・・・



ま、いいか:笑




リピーター様や初めてのゲスト様と話をしているうちに
なんとなくSari Dive & Cottageの進む道が見えてきた気がします:笑


道が見えたら今度は目標に向かって進むべし!!



(すみません、独り言でした:汗)






今日の水中写真は


この頃のタコ事情


このエリア、フィッシャーマンがタコ獲っちゃってるからか

タコ率低し:汗


それでも先日のゲスト様の写真を見ていたら・・・こんなの撮ってらっしゃいました:汗



c0211615_14241822.jpg


ミミックオクトパス

他の場所で結構見ているとかで特に珍しいと思わなかったらしいのですが

うちでは滅茶苦茶珍しいです!

ヘリが巣穴があるのを確認したそうですが
巣穴を壊す輩(主にガイド)も多いのでそう長い間は観察できないかも。

残念です。

自然に観察するには
居るのがわかっていても巣から出てきている時にしか観察できないので
ある意味観察できるのは運にもよります。





もう一つ




c0211615_14290981.jpg
オオマルモンダコ

コマンが何気なくゲスト様に見せていたようなのですが
全く報告なし。
彼にとってはレアなのか何なのかわからんけど見せたって感じでしょうか。

日本にいるヒョウモンダコよりも丸の模様が大きいのが特徴
もちろん口の部分に猛毒を持っています。

マブールの頃に村の子供たちが良く捕まえていて冷や冷やしましたが
とりあえず噛まれなければ毒はありません。

*いたずらしなければ襲ってきて噛むなんてこともありません



リックの時もそうだったけど
レアものがなんであるか?というのを教えるのは苦労します:汗

とりあえず・・・・

レアものを素通りさせないように
「ちょっとでも変だなと思ったものは気にせずにゲストに見せるように」
と教えていますので

レアものじゃなくてもとりあえず見てあげてください:笑

コマンはリックと違って精神的に強いので
拒否されても気にしはしないと思いますが・・・・
いい気分でガイドさせた方が面白いものを見つけるかもしれません:笑










[PR]