カテゴリ:イソ・ベニ・ウミタケハゼ( 97 )

北西の風が強めに吹き始めました。

また海が荒れてくるのかな・・・やだなあ・・・・

早くドライシーズンの風に落ち着いてほしいです。



今日の水中写真は


Sari Dive通称 シマシマベニちゃん

(パジャマピグミーゴビーって英名が付いたらしいです。)



つい数年前までは新種だ~!レア種だ~!なんて大騒ぎしてたのですが


今や普通種

色々なポイントで観察出来てお株が下がりまくり


c0211615_12551199.jpg
こちらは虹彩が白いタイプ



そして



c0211615_12575271.jpg
こちらは虹彩が黄色いタイプ


ホバーリング中

c0211615_12571694.jpg



撮りにくい場所にいることは否定できませんので

希望があったらガイドさせていただく感じです。

(リクエストがないと素通りしちゃう感じ)




最初に見つけるのは難しいけど
見つけちゃったら結構簡単に観察できる典型的なベニハゼ
水深は5~15mくらいとお手頃です。




はあ、最初は感動ものだったのになあ・・・









[PR]
今日は朝の気温が21.5度

多分日本での21.5度に比べるとかなり涼しく感じます。

朝はフリースに靴下が必要アイテム(私だけ)

日が差してくると一気に気温も上がって暑くなります。



なんというか・・・トマトが真っ赤になるシーズンです:笑

(トマトって気温差があるほど赤くなるそうです)




先週はドロドロのポイントばかりを攻めるメンバーだったのですが

やはり青い海も恋しくなり2度ほどムンジャンガンに行きました。


青いムンジャンガンで何を撮るのかと言えば・・・・


壁に張り付きチビハゼたちを撮るわけです。


c0211615_08233436.jpg
ブラックスポットピグミーゴビー
背びれに黒い点があるハゼ
黒い点を縁取る青白い模様が目立ちます。
ほっぺに赤いラインがあるのもかわいらしいハゼ





c0211615_08235974.jpg
ホテイベニハゼ
体高が高くてちょっと丸っこいハゼ
体は一色の場合が多いけど写真のように模様らしき体色になっていることもあります。





c0211615_08275838.jpg
背びれちゃんことオオゴチョウイソハゼSP
背びれはほぼ開きっぱなしで人気のハゼ





c0211615_08225891.jpg
フォークテールドワーフゴビー?
尻尾がフォークのように二つに割れ・・・う~ん微妙
オヨギベニハゼとのハイブリットかしら?




・・・・という感じのチビハゼにかぶりつきのマニアックゲスト様達




青い海でこんなものが通り過ぎて合図をしても
全く無視だったそうです。

c0211615_08314975.jpg

105㎜レンズで無理やり撮ったマダラトビエイ


結構大きかったしぐるっと旋回までしてくれたらしいのですが:苦笑




見たい人の前には現れず・・・・


ダイビングあるある









[PR]
昨日は南風ビュービューな一日でしたが

今日はもう北西風に変わっています。


ドライシーズンよ・・・また帰ってしまったのか?


よく考えたらこの時期は例年だと庭の木も葉を落としていて
ムンジャンガンにおいては冬枯れのように茶色い島になっているのに

今年はまだまだ緑が青々していてきれいなので
毎年同じ時期にいらっしゃるゲスト様には新鮮なんじゃないかなと思いました。

水温はやっと28度まで落ちてきたので
生き残った珊瑚も喜んでいるはずです。




今日の水中写真は


お初見の魚



c0211615_11153685.jpg

イレズミハゼの仲間でしょうか



ゲスト様とネットでいろいろ調べてみましたが

ここまでヒレが黄色くて黒くて白い!?のは見つけられませんでした。
c0211615_11172538.jpg


体長1~2㎝でとても小さかったそうです。


2回観察出来ていますが




今もいるだろうか?

いや、他にも個体がいるといいなあ・・・









[PR]
今日も北東の風

なかなか風向きが変わりません。


もう8月なのになあ・・・


でもでもよく考えたら
毎年同じ時期にいらっしゃるリピーター様には
(同じ時期にしか来られない方もいるし)
もしかしたら違う季節を楽しんでいただけるチャンスかもしれない


そう考えると神様からのすごいスケールのプレゼントだ:汗



・・・と書いてみたものの


やっぱりちょっと地球が心配かも





今日の水中写真は


お花畑にいるオレンジヘッドドワーフゴビー



c0211615_1515825.jpg



白いお花畑のままの場所もありますが

だんだんと褐虫藻が戻ってきている場所もチラホラ見られるようになりました。





こちらはシロオビイソハゼ


c0211615_15174947.jpg



白いお花畑から新芽の草原に変わっています。


だんだん海が元気を取り戻してきたみたいです。



ハードコーラルはまだまだ回復までに時間がかかりそうですが・・・




海よもうちょっとだ!

頑張れ!





[PR]
昨日の夜・・というよりは今日の早朝?にサリダイブに戻ってきました。

いつも都会に出ると帰る間際に用事を思い出したりで
帰りが遅くなっちゃう:汗

しかも今回は飲料水だのビールだのコーラゼロだの・・・
重たいものが多かったので山道から帰ることが出来ず
ビーチ沿いの道を帰ってきたので時間がかかりました。


大昔、Sari Dive & Cottageを作ったときに
重たい資材(トイレだとかタイルだとかこの辺りには品質の良いのがなかった)を
都会で買って週に何度も車で運んでいた頃を思い出しました。

あの時は疲れちゃって道端で車停めて寝てたなあ・・・
タイヤがすぐ擦り減っちゃってパンクしたし
オーバーヒートで車が動かなくなったり
ファンベルトが切れて助けを求めに行ったりしたっけ:苦笑

予算が限られていたので全部自分達でやらなくちゃいけなくて
体力的にも精神的にも大変だった。
(特に運転手のヘリ)

今ではいい思い出です。
あの頃の苦労を忘れずに頑張りたいと思います!






今日の水中写真は・・・


ここを始めたころに人気だった魚のひとつ

(今でもリクエストは多いですよ)



セビレハゼ(オオゴチョウイソハゼのSP)

c0211615_1256407.jpg



11年前バリに来たとたんに足を負傷してしまいガイドが出来なくて
その時にいらっしゃったゲストI様に自由に!?潜っていただいて見つけて頂いた魚です。


写真を見せられた時は衝撃的でした~!!
黒い背景に赤いハゼ、その背びれはすごく長くてそしてブルーと黄色に輝いている
(今もその写真を超える写真は見たことがないかも!?)
早く潜れるようになって探したいと思いました:笑

それまでムンジャンガンと言えば
綺麗な珊瑚とガーデンイールのイメージばかりでしたし
浅場で面白い魚が見つかって本当にうれしかった:笑



探してみるとそれまでなんで見つからなかったの?ていうくらいに沢山いました。


特に昔居たリゾートのハウスリーフとラブアンララン

(最初の発見はムンジャンガンです)



今では懐かしい思い出。







中には枝毛になっている子も結構いますよ。


c0211615_1311738.jpg





背びれはほぼいつでも開いていますが
やはり第一背びれがより前に傾いているほうが格好いい
そしてチビの方が背びれが強調されるのでいい感じです。




何度も挑戦したくなるイソハゼです。






[PR]
ここ数日雲が多いながらも今日の朝まで雨が降っていなかったのに

出航時間から周りが見えない位の大雨:汗


今日はムンジャンガンなのに・・・


ただ、風とか波とかはそれほどないのでちょっと安心。



ヘリの友達情報だと昨日アメッドの方でボートが2艇ひっくり返ってしまったとか

あちらは波があるのかな?

もしかしてその大荒れのお天気がこちらにやってくるのかな?


今日ガイドのリックとコマンには

とにかくセーフティファーストで最悪はリクエストクリアしてなくても
ダイビングキャンセルしても良いので帰ってくるようにと念を押しました。


…と書いていううちに雨音が止まった:笑





今日の水中写真は


水温がまだ高めなので産卵もやってます


c0211615_12175637.jpg



左側のがメス

右側のがオス

どちらも産卵管(オスはどういうのだろうか?)が出ているのがわかります。

見たことある人にしかわからないかもしれないけど
オスの腰つきってなんともユニークですよね:笑

ビデオで見せたい:笑


この辺りだと2日目くらいでハッチアウト

元気に育ってね~!!




[PR]
昨日までのうねりが今日はちょっと低くなった気がする


多分。


・・・・Sari Diveの桟橋は湾内なのでなかなか外の海況がわかりにくい:汗



昨日の夕焼け雲なしでグラデーション系でした。


c0211615_12183088.jpg



その後少し雲が出ましたが
ナイトダイブから戻るころには満天の星空:笑

星の写真撮りたかったけど・・寝てしまいました。




今日の水中写真は


たまには登場させないとということで


通称:背びれハゼ(背びれちゃん)


オオゴチョウイソハゼSP

c0211615_12242470.jpg



アップに撮る方が多いですが
こうやって引いて撮るとその小ささがわかりますね。


ちびっ子に背びれが長い子が多いのですが
ちびっ子でも背びれが長くない個体ばかりの場所もあり・・・
毎年多く出るエリアが変化します。

なぜだろう?


c0211615_12271572.jpg


顔を背びれだけにフォーカスを

いろんな撮り方するのも面白いですよね。



数年前は証拠写真撮るのも難しかった被写体だったのに
皆様いろいろ工夫されていて面白いです。


久々にヘリに貸しているS5pro奪って潜ってみようかしら??苦笑





[PR]
昨日の夕方は断食明けで喜びの歌が響き渡っていました

c0211615_125239.jpg



夜には大通りでモスリムのパレードがありました。


実は、何年もマレーシアやインドネシアに住んでいますがパレードを見るのは初めてでした。


マブールやデラワンなどではリゾート住まい&小さな島だったので
そういった催し?には縁がなく

バリ島に来てからもなぜかしら断食明けの日にはゲスト様が複数いて
見に行くことが出来なかったのです。

昨日はゲスト様おひとりだったので誘って一緒に見に行きました:笑



ヒンドゥのオゴオゴチックなものかと思っていましたが
なんというか雰囲気がおどろおどろしい感じでした。

良く言えば厳かっていうのかな?


c0211615_1433814.jpg


c0211615_1444415.jpg



これが終わった後もしばらく喜びの歌は続き・・・

今日の朝も4時ごろから喜びの歌でした。


今日からは少し静かな夜を過ごせるかな:苦笑




今日の水中写真は


レッドラインピグミーゴビー

もとい

ストライプヘッドピグミーゴビー



c0211615_1485126.jpg



この辺りではすごく多めのベニハゼの仲間です。


普通に撮っても顔の赤いラインがかわいいです:笑

こんな風にホヤの上に乗ってたらドキドキしちゃうくらいうれしいですね。


昨日に引き続き・・・・


めっちゃラッキーですね!





[PR]
久しぶりに潜ってきました。

潜るんなら青いムンジャンガンがいいなあって思ってたのですが


一番ドロドロのポイントでした:苦笑



人生そんなもんだ。



今日は深いほうも透明度が良かったらしくて
ブリーフィングで出たものはすべてクリアして来たそうです。

昨日ブログに出たキリンちゃんも撮りたい放題だったそうです。



私は浅場のリサーチとスノーケリングでマングローブ撮影
マングローブにカーディナルフィッシュがぐっちゃりいていい感じでした。
後日アップしますね(たぶん・・・)




今日の水中写真は


キリンちゃんの次にアップしなくちゃいけない子


背びれちゃん


c0211615_18381649.jpg


日本のオオゴチョウイソハゼにとても似ているので
同種か?
いや、SPか?
とはっきりしないので

Sari Diveではいまだに背びれちゃんと呼んでいます。

絞りや背景によって映り方が違うので
カメラ派ダイバーには人気があるようですが

普通にいろんなポイントにいるし
8年もお見せしているのでガイドもあまり新鮮味を感じなくなってしまってます。


見つかったときは衝撃的だったのに。



慣れはイケナイ・・・・


Sari Diveの初代2大レア種のキリンちゃんと背びれちゃん

今もちゃんとお見せしていますので
まだ見ていない方は是非見に来てくださいね。

見れる確率90%ですよ。

(海に100%はないですからね:笑)




[PR]
毎日晴天!ダイビング日和が続いています。


なのに・・・今日も丘番中

浅場しか潜れない私なんてどうせ戦力外よね~・・・

以前はボート上のことが心配で乗船していましたが
ボート上もどうにかガイド陣が気を使えるようになってきたし
左団扇に磨きがかかった感じです。

もう少しゲスト様の人数が少なくなったら乗船させていただこうかな。



このGWいろいろ出ているみたいです。

この辺りでは珍しいコンシボリガイとか
1㎝のヘアリーオクトパスとか
常連ではありますがシムランスとか


いいなあ・・・


あとでゲスト様にブログ用に写真もらお~っと!


それとそれと

ハウスリーフがこれで4日連続Good 透明度です。


c0211615_113838100.jpg



今年はGW大当たりですね。


お正月もなかなか良かったしいい年だ!






今日の水中写真は


白化した珊瑚に住んでいるコバンハゼ達


c0211615_1146236.jpg


アワイロサンゴハゼかな?
それともフタイロサンゴハゼのSP Babyかな?





こちらは薄紫に白化した珊瑚に住むレモンコーラルゴビー

c0211615_11491185.jpg

肉眼で見ると薄紫というよりはきれいなブルーなんです。

サンゴには可哀想ですがすごく美しい・・・





黄色に白化した珊瑚ででピンク色の部分を場所取りで喧嘩をしていた子達

c0211615_11512423.jpg

レモンコーラルゴビーX2
同じ大きさだけど個体差で色が違いますね。

大人になるとこの辺では黒くなっちゃうので
赤っぽいほうがある意味早熟なのかも?



浅専ご希望の方にはこんな子を私がご紹介できるんですけど・・・

リクエストしてくださいね。



いずれの写真も
Fujifilm XQ2 使用

1枚目:INONワイドレンズ 
2枚目以降:INONマクロレンズ





[PR]