2017年 06月 29日 ( 2 )

まずは今日の水中写真


背景がケヤリシリーズ:笑


c0211615_13125965.jpg

ヤノウキホシハゼ・・・かな?

こっちを向いていてとってもかわいいですよね。




そして



ちょうど真ん中!

c0211615_13142976.jpg
ベラの仲間のYgでしょうね・・

ケヤリに食べられている感じがしなくもない??

こんなところに居てもケヤリが閉じないのはほんと・・不思議。







さて、話は変わって



エアアジアのレポートだったので
昨日のブログにはふれなかったのですが
今日は私にとって大仕事!?だったイミグレでのアクシデント(と言って良いのか?)を書きます。


インドネシアに遊びでいらっしゃるゲスト様にももしかしたらあり得る話なので
私の経験を加えて書きたいと思います。



先日、バリ島に戻ってきた際に

入国手続きでちょっとしたミスがありました。



私は昔からビザなどを自分で手配しながらインドネシアで仕事をしていたので
イミグレ&ビザ手配では結構痛い目にあっています。
(マレーシアの時はリゾートがやってくれてましたがそれでも苦労した:汗)

なので、多分他の人よりもかなりセンシティブかもしれません。
その辺を少し多めに見ながらこれを読んでください。



先日の入国審査
私はKITAS(在住許可)を持っているので
皆さんが並ぶレーンではなくほとんど誰も並んでいない
インドネシア人が並ぶレーンで入国手続きをしました。

イミグレーションスタッフにパスポートとKITASを渡すと

いつもだといろいろ質問されたりごねられたり時間がかかるのに
ちょっと下を向いて何かをした後すぐにスタンプを押して

「OK」

とパスポートを返してくれました。


結構身構えていたのになんか拍子抜け~!

・・・とちょっとハッピーな気分になり
いつもだとスタンプと日付をしっかり確認するのですが
こんなにすんなりだし老眼鏡出してまで確認しなくて大丈夫だろうと油断して
スタンプが押してあることだけを確認して終了

それが甘かった:涙



帰途について半分くらい来た時に

なんとなくパスポートを確認すると・・・・



な!?ナニコレ!?


c0211615_12410400.jpg


なんと私の入国日は 2018年6月26日:汗

来年になっている:汗


どう考えてもイミグレのミスですし
常識的に間違えも明らかだしあちらが見つけた時点で訂正してくれそうなもんですが
結構そうじゃないのがインドネシア。

観光客なら一時的なものなので笑って済ませても

KITASを持っている私的には不都合があるとなると
ビザの更新でまたなんだかんだとイチャモンつけられそうだし
来年も同じような時期に帰国が重なったりすると
面倒なことが起こらないこともない予感

(そういう危機回避能力だけは異常に発達してます:笑)




・・・と言うのも


以前、デラワンで働いている頃

タラカンでの入国手続きの際イミグレーションスタッフに


「働いているのか?インドネシアは好きか?結婚しているのか?もう結婚しなくちゃだめじゃない?」


とひとしきり粘られた後(なかなかスタンプを押してくれない)


「たばこ代くれ」


と言われ


「なんで?必要ないと思う。じゃあ、お金をあげるから領収書くれ」


・・・と言う押し問答がしばらくつつき


最後に
イミグレーションスタッフが


「チっ」


と言いながら


トン、トンをスタンプを押す音の後
パスポートを渡してくれた


私も押し問答で頭に来ていたし
すぐにそこから出たくてパスポートの中身を確認しないままリゾートへ

結局次の帰国までパスポートを確認しませんでした。





入国はタラカンと言う場所でしたが

数か月後の出国はバリ


バリで出国手続きをしようとすると

ギッとにらまれ

「こっちへ来い」

と言って別室に連れて行かれました。


しばらく待たされて

数人が私のパスポートとともにやってきて


「いつ入国した?」

「どこから入国した?」

「不法滞在か?」

と質問攻めに合い

その時初めてあの時あのイミグレスタッフがスタンプを押す音だけさせて
押していなかったことに気が付いた


一か八か


「タラカンで入国した。その時にたばこ代をくれと言われて
 かなりもめてなかなか手続してもらえなかった
 顔も覚えている。そいつが押さなかったんだ」


そして同日に出国したマレーシアの出国スタンプと
その当時は入国カードがあったのでその日付があっていたのでそれを見せた
 



「何の仕事をしている?」


「日本のツアーエイジェントからの派遣で日本人向けのガイドをしている」


と答えると


イミグレのスタッフ同士で
ひとしきり話し合った後



「バリ島に沢山ゲストを送ってください」


と言って開放してもらえました。


当時はバリボム(バリで起こったテロ)の後で
観光客が滅茶苦茶減っていた頃

そんなことでゲストを失う方が怖かったのでしょうね。


でも、タラカンでもし出国していたら
こんなに楽には済まなかったと思います。

不幸中の幸いでした。



・・・話を戻して


そんな経験があったのでどう考えても間違えでしかないし大丈夫かなと思いながらも

やっぱり早いとこ綺麗にしておくべきかなと思いつつ

イミグレに近い知り合いに相談してみると

「昨日の今日だったらすぐに訂正してもらえるからすぐに訂正しに空港へ行くべき」

(近くのイミグレじゃないところがミソ:汗)

とのアドバイスを受け


ゲスト様と朝ごはんを食べた後
昨日運転してもらったドライバーを呼びつけ急遽空港へ

(ドライバー可哀想だった・・・汗)


知り合いに空港職員口からのイミグレへの行き方を教えてもらって
入国審査のブースへ


暇そうな入国手続きデスクの後ろから


「すみません、このスタンプの訂正をしてもらいたいのですが」


と声をかけると


「お前はいつ入国したんだ?」


「昨日。スタンプを見て!来年になっている」


「年を直せってことか?」


「そう。来年もめたくないから」


・・・と言うと、ちょっと偉そうな人が来て


「横に新しいスタンプを押せばいいか?」


と言ってオフィスに入った

すぐに済むかなと思ったけどその後20分位待たされました。


きっと入国記録やらビザやらすべてを確認したのでしょうね。


そして訂正してもらえたのがコレ

c0211615_12564406.jpg
サインも入っているし多分・・・完璧。


当たり前ですが謝罪も何もないですよ。

直してもらえただけで万々歳です。



このブログを読んでいる皆さんは観光なので私ほどセンシティブになる必要はないと思いますが
入国手続きが終わったら必ずスタンプを確認する癖を付けて下さいね。
スタンプがないと不法入国を疑われたりします。

入国カードがある国の場合は入国カードも必ずチェックを(スタンプも)
そして無くさないように気を付けて下さい。
(入国カードを無くしてなかなか出国させてもらえなかったゲストを見たことがあります)

近頃はインドネシアのイミグレもだいぶ真面目になってきましたが
以前はおこずかい欲しさで結構やんちゃな奴が多かったですから
(今でもいると思います)
隙を見せないようにしましょうね。
(日本人って素直だからカモなんですよ)




その日スタンプを直してもらった後
夕食の約束をしているゲスト様のもとへまた4時間車を飛ばして帰りました。


振り返ると・・・

前日は朝4時起きで飛行機に乗り、
飛行機内は酔っぱらいに睡眠を邪魔され
4時間かけて20時半にはSari Diveに到着したものの
ゲスト様のチェックイン待ちで23時半までスタンバイ

翌朝朝焼け撮影、スタッフの顔を見た後
往復8時間かけてスタンプの訂正
ゲスト様と夕食
その後ゲスト様チェックイン待ちで23時半スタンバイ

かなりハードだったのでクタクタで
荷物も開けられないほどでした。


おかげで帰国で3㎏増えた体重がたった一日で2㎏も減りました:苦笑



ヘリも7日までお休みでいないので
しばらくは仕事もダブル:汗

日本での暴飲暴食はすぐに取り戻せそうです:笑


さあ、頑張るぞ!





老後の楽しみにブログ書いているので
今日も超長文になってしまいました:汗

最後まで読んで頂いた皆様
お付き合いありがとうございました。





[PR]
一昨日帰国しました。

いろいろあってヘトヘト:苦笑

その詳細はまた後日ブログに書くとして
忘れないうちにエアアジアのレポートを書いてしまおうと思います。


エアアジアのデンパサール直行便のフライトは成田発8:25

・・・と言うことは、2時間前の6:25にはチェックインしたいところ
一般的には成田に前泊する方の方が多いかな?と思ったので
前泊する気でいたのですが、うちは千葉県市川なのですが
スカイアクセス線の特急始発に乗れば6:12には成田空港に到着できるらしく
家族に家から出発しなさいと説得され、朝5:10に家から出発しました。


早朝なのでもしかして荷物を送って受け取れないと嫌だなと
すべて持って移動に挑戦したので(大きなバッグが2つと機内持ち込み用の大きなリュックが一つ)
混んでたら地獄だなあ・・・と覚悟していたのですが
意外と空いていて余裕で座れます。

しかも乗っている時間が滅茶苦茶短いので(通常の京成線の半分くらい)
立っていても苦痛じゃないです。

次回もこれにします。

スカイアクセス線はこちらを参考にしてください
結構利用できる方いるんじゃないかな?


ちなみに・・・
荷物の宅配窓口ですがABCがアアジアのチェックインカウンターのすぐ横にあり
私が到着した時間にはもう開いていました。
送るならABCが便利ですね。
次回は送ろう・・・。



空港に到着して大荷物を持ったままチェックイン(6:20)

ネットで見るとカウンターNと言う事だったのでNに行ってチェックインしようとすると
係員の方が、「このチケットはここじゃありません。こちらへどうぞ」
とかなり丁寧に誘導してくれました。
この日は特別なのか?それともいつもなのか分かりませんが
カウンターSがデンパサール便のカウンターでした。



カウンターに行くと結構並んでいました:汗

よく見ると3つ列が分かれていて

1)フラットベットと優先チェックイン
2)Webチェックイン&荷物預けのみ
3)普通のチェックイン

(ちなみに全部英語で書いてあった気がします)

私はWebチェックインしてあったので短い列(前に5組くらい)でした。

それでも結構一組一組荷物預けに時間がかかって15分くらいは並んだと思います。
Webチェックインしてない列はすごーく長くて気の遠くなるような時間がかかりそうでした。
必ずWebチェックインしたほうがいいですね。



チェックインでは・・・

前の方たちを見てなんで時間がかかるのか観察していたのですが
荷物を結構しっかりチェックしているようです。

中に危険物がないかとか
重さがオーバーしていないかとか
持ち込み荷物もしっかり計っていました。
(重さも大きさも)
多分一つも荷物を預ける気がなかった方が
その荷物測らせてくださいって受付の方に言われて
結局ひと悶着後、その荷物を預けていたようです:汗
厳し~!!

オーバーチャージで儲けたいのかな?
ってちょっと思いました。


私の時はまず最初に
帰りのチケットがないのでインドネシア在住であるという証明を求められたのと
荷物をスポーツ用品で予約してあったので

「このバックの中身を確認してもいいですか」

とたどたどしい日本語で聞かれました(多分・・中国人?)

「いいですよ」

・・・と開けようとしたけど
何か違う感じがしたので

「ダイビング器材なんですけど」

と言うと、「はい、わかりました」で済みました。


もう一つのバックも

「このバックの中身は・・・」


「この中にも器材が入っています」

と言うと「はい、わかりました」

で終了。


荷物が結局27㎏しかなかったからか
持ち込み荷物も全く測る気が無かったみたいで
かなり短いチェックインでした。

少し余裕をもって荷物の重さを予約したほうが良さそうですね。



チェックイン終了が6:45くらい



いつもだとすぐに入国審査を済ませて中でゆっくりするのですが

朝が早いってこういうことなのね・・・

まだ入り口が開いていません:汗



エアアジアがある方の南入り口は7:30にオープン

反対側の北入り口が7:15にオープン

当然皆北入り口に並ぶわけですけど北側って中国人の団体客とかがいっぱい:汗
南には1人しか並んでいません。


どうしようかな?


と思ったのですが、今回は北に並んでみました。
列が長くてトイレの方まで続いています。


7:15 オープン

さすが日本。On timeです:笑

結局順番待ちして中にはいれたのが・・・7:45


・・と言うことで

列が長い時は迷わず南口の方をお勧めします。
絶対あっちの方が早く入れます:笑



出国手続きを終え、免税店でお土産買おうとウロウロしているとすでに8時

出発は8:25だからもう搭乗が始まってしまっている


なんだか息つく間もなく飛行機に乗り込みました




今回は普通席(一番安い席)

狭いだろうと思って覚悟していたけど結構広め
昔よく乗っていたシンガポール航空よりは広いんじゃないかな?
足も組めました。

でも、やっぱり往路(皆さんで言う復路)で座った席がいいかな。


隣に中国人並みにやたらとうるさいグループが座ってきて
ビールをじゃんじゃん飲んで宴会状態
そんなに若いわけでもないのだけど
まわりの迷惑とかって全然考えない様子

まわりの白人もおもむろに嫌な顔してましたが
ご本人たちいい気分の大酔っ払いで大騒ぎ
寝て行こうと思ってたのに全く寝られず:汗
安いエアーだとこういった輩が普通に乗ってくるようになるのか?
と、ちょっと後悔。
昼間のフライトではクワイエットゾーンもありかもなあと思いました。

まあ、めぐりあわせの運もあるでしょうけど。

到着前の2時間くらいは宴会組たちも気分が悪くなったのか
うつぶせで水ばっかり飲んでたりで
静かになりました。

(吐くなよ・・・って心の中で祈りました:汗)


いくら仲のいい友達同士とは言え
海外旅行が嬉しいとは言え
そんな風にはなりたくないなあ。と冷めて見てしまいました。



機内食ですが
ナシレマを頼みました。

マレーシア便ではめっちゃ美味しかったのですが
正直インドネシアエアアジアではお勧めできません:汗

私は意外と何でもおいしく食べられる方ですが
このナシレマは美味しくなかった。

他の物を頼んだ方がいいと思いました。

次は他の物を頼んでみます。




定刻通りにバリに到着

入国手続きはすんなり終わり!? ← 後日これについてはブログ書きます。

荷物受取


早めに入国手続きが終わったので掲示板を見て荷物が出てくるのを待ったのですが
一向に出てこない。

なんか変な予感?

と思ってもう一回掲示板を見に行くと・・・
受け取りレーンが変わってました。


全くもう!


レーンに行くとすでに私の荷物が回っていました
ガルーダは一度スキャンしてから荷物を出すせいか
すごく荷物が出るのが遅いですが
エアアジアはそういうのがないのか??荷物が出るのがめっちゃ早いです。
変なインシュロックが付いているような荷物もありませんでした。


荷物を受け取り税関へ
税関申告書をしっかり見て人数とバックの数をチェックしますが
その後はスキャンをしないでそのまま出られるので早かったです。



・・・・と言う感じで


慣れないと大変なことはあるけど
まあ、値段からすれば・・そしてお隣さんがいい人ならば
全く問題のない感じです。

次回はもっとうまく立ち回れる気がします。
知っておくと得かな?と思う事はとりあえずブログに書いておきました。
参考にしてくださいね。



そして次回の帰国はプレミアムフラットベットを是非試してみたいです。

プレミアムフラットベット利用でいらしたゲスト様が今いらっしゃるんですが
無駄に広いけどやっぱり3万6千円であれはお得だって言ってました。

今度の帰国はいつだろう・・・。




予想通り長文になってしまいましたが

皆様のお役に立てればと思います。







追記ですが


ユーツアーさんではエアアジア利用のツアーも増設したそうです。

成田発エアアジア利用5日間↓



★メリット★

個人でエアアジアのウェブでチケットを購入すると、

即購入、その後の取消一切不可ですが、弊社ツアーで利用している航空券は

ツアー造成用の航空券で、キャンセル料は30日前(ピーク時期は40日)から対象となります。

31日前(ピークは41日)まではキャンセル料は発生しないので

これはお客様にとっては大きなメリットになります。

たまにエアアジアが販売する激安運賃と比較されると

かないませんが、通常の料金でしたら、このメリットを鑑みると利用する価値はあると思います





自分で予約するのはちょっと不安な方は
ユーツアーさんで予約と言うのもありかもしれませんね。







最後に今日の水中写真は・・・・



シリウスベニハゼ


Anyone can fly !!


シリウスベニハゼだって飛んじゃう!





c0211615_23485858.jpg






そして、惑星!?に降り立ったシリウスベニハゼ



c0211615_23523950.jpg


シリウスベニハゼは
いっぱいいるのでいろんな場面を撮りましょう!












[PR]