2011年 11月 03日 ( 1 )

サリダイブに戻って来ました。

パスポートのことをゆっくり思い出してみたら・・・
やっぱり落としている線が濃くなってしまいました。
送迎車を待って居る時にウェストバックが全開になっていたのを思い出しました。
その時
『今日はさっきパスポートも落としたし、
知らないうちにバックも全開だし
一体私どうしちゃったんだろう・・気をつけなくちゃ:汗』
と反省したことまで思い出した。

そう思いながらパスポートをチェックしなかった時点で
やはり私はどうかしてたんだと思います。

今日一日探してみますが多分・・・ないだろうなあ・・・。


気分を変えて昨日のチャンバーの話。
『写真撮ってもいいよ~』と言ってくれたので
皆さんの知らない世界?
『これがバリのチャンバーだ!』をリポートします。

まずはバリで減圧症になった場合の話。

バリでチャンバーはたった一つだけです。
サンラー病院にしかありませんので
皆さんは絶対にここに来ることになります。

ちなみに・・・
外人でここに来るような緊急な減圧症の場合
目玉が飛び出るほどの料金がかかります。

1回:US$4500ドル

今でこそ円が高いのでお得感はありますが
それにしても日本円にしたら35~6万円です。

そしてもっと驚いてしまうのが
その支払い義務が果たせると言う証明がない限り
どんなに重症でも入れてもらえません。
カードは駄目なので現金、または保険のみ!
どんなお金持ちでも現金で$4500は持ってないでしょう?
・・・ということは保険が頼りとなります。

ちなみに・・・

私はDAN JAPANに入っていました。
日本人は私が初めてだったらしく同じDANでもDAN JAPANは
前例がないとのことで確認に結構時間をとられました。
今まで日本人で減圧症になった方はこのシステム?にビビって
帰国を選んでいたらしいです。
でも・・飛行機に乗って帰るなんて・・・勇気がありますねえ:汗

そしてそして・・・1度で治療が終わらない場合
2度目は$3500、3度目は$2500・・・とかかるらしく

いや~・・かからないに越したことありませんが・・
無理なダイビングがお好きな方はこんなことも
覚悟してダイビングしないとですね:汗

念のために大丈夫だと勘違いされている無理なダイビングの例を出しておきますね。
・DECOを消して浮上するダイビング
(消さないダイビングは勿論駄目です)
・DECOギリギリのダイビングを何度も続ける
・No DECOでも同じ深度に長く居るダイビング(浅場も同じ)
・浮上速度が速かったり水面休息中にスキンダイビングをする
・深場からDECOを出さないために一気に浅場に移動する
・山道利用(特にバリは山道が近道なので・・・)
・・・と書きだすといろいろありますが
この辺りはイントラの方でも勘違いされている所ですので
ご自身のダイビングを自ら振り返ってみたほうがよいです。
もし、心当たりがあるようでしたら正直いつなってもおかしくはありません。
なっていないのは正直、運が良いからなのです。
$4500の覚悟が必要なのだと心に留めたほうがいいかも。


話がそれてしまいましたが・・・
なるべくしてなってしまった減圧症。
バリではここサンラー病院でチャンバー治療を受けることになります。

チャンバーを見たことがないと言う方の為に・・・

c0211615_15314985.jpg

これがチャンバーです。
ライトなどの発火する可能性のある物はチャンバーの外についています。
(丸い窓の外に丸い蛍光灯がついている)
中には飲料水と本以外は持ち込み不可能。



c0211615_15332964.jpg

こちらが装置のついている面。
再圧員が圧力の調整や空気の入れ替えなどを行います。
小さな小部屋付きの丸いドアがついていてここからチャンバー内に
飲み物や本などの小さな物が受け取りができるようになっています。



c0211615_15355658.jpg

正面から見たところ
外ドアとチャンバー部屋の間に別室があり、
緊急時にこの部屋の圧力を調整して
人の出入りができるようになっています。



c0211615_15403769.jpg

入口はこんなに小さい。
ちゃんと歩けない人だと入れるのに一苦労だと思います。
腰痛の時も正直大変だったもん:汗
チャンバーに入る人は皆こう言う服を着させられます。



c0211615_15432397.jpg

チャンバー内
寝ると・・2名分。
座ると6名くらいが1度に入れるようになっています。
正直座って寄りかかると壁が丸いので態勢がつらいです。



ちなみに・・・
バリクパパンにあるチャンバーも同じタイプでした。
東京医科歯科大はこれの何倍も大きくて快適です:笑

快適とは言えど・・・
入らないに越したことはないですね:汗


話が長くなってしまったので・・・
チャンバーのリポートは昔のブログ
サトミメモの方をご参照ください。

http://satomimantarey.blog.so-net.ne.jp/2006-03-08

http://satomimantarey.blog.so-net.ne.jp/2006-03-12-2

http://satomimantarey.blog.so-net.ne.jp/2006-03-13

(自分で言うのもなんですが・・サトミメモは読むと止まらなくなります:汗)




・・・と言うことで

これからもゲストに怒りキャラと言われようが
安全ダイビングを続けようと思います!!
[PR]