皆を笑顔にしたいです(長文)

今日は朝から曇り空

午前中風がすごく吹いて近くのヤシの木が倒れて電線が切れて停電でした。


木が倒れたと言えば・・・

昨日の昼過ぎもすごい風でしたが
裏庭で土いじりをして座っていた私、ミリミリ・・と言う音を聞いて横を見たら木が倒れるところでした

「ウォ~!すごい!」

立ち上がって一歩下がったら手にドンとぶつかるものが:汗

なんと倒れたのは1本ではなくて2本だった

まさに私が座っていた場所にでっかい木がもう一本倒れていたのでした。

帽子のつばで倒れてくる木が全く見えていなかった私
立ち上がって一歩下がっていなかったら下敷きになっていました:汗

手にかすり傷で済んだのが我ながら運がいいというか・・・いつも危機一髪で救われる私。

神様ありがとう!


・・・なんてのんきなブログを書こうと思っていたんじゃなかった


実は今年に入ってツアーエイジェントから新しい料金の確認が次々と入っているのですが
このまま据え置きにしようかと思っていたのですが
一応確認をしといた方がいいかなと思い立ち利益を確認したのですが
年末年始ほぼフルブックに近かったのですがなぜかあまり儲かってない。

なぜだ?っとヘリに確認すると
(入金が私、出金がヘリの担当)

年末少し前から企業は安いガソリンが購入できなくなっていて6割増しのガソリン代を払っているらしい

6%じゃなくて6割増しですよ:汗

食材費も軒並みアップで今の料金を決めた時から比べると卵の値段が3割増し
野菜も1~2割増しで値上がりしているらしい。

それに加え
地域で決まっている最低賃金がもうすぐ5%ほどアップするようなので給与もそれなりに上げるらしい。
(物の値上げに給与の値上げが追い付いていないのがちょっと心配)


そりゃ~・・儲からないし無理でしょ:汗

・・・ていうか、早く教えてよ。そう言うこと。




・・・で、


よそのプライスはどんなものかと比べてみると・・・


5年ほど前
クウォリティを売るから安売りはしないと言って
ダイビング代
Sari Dive: Rp.1,200,000の時に
ミンピ: Rp.600,000
隣村平均:Rp.500,000
隣村最低:Rp. 350,000
だったのが・・・


現在
Sari Dive:Rp.1,500,000(ナイトロックス無料、税込み)
ミンピ :Rp. 1,600,000(2018年からナイトロックス無料になりRp. 1,920,000)(税別)
隣村平均:Rp. 1,450,000(税別)
隣村最低:Rp. 1,340,000(税別)
(これにピークシーズンチャージが加わるらしい。)

と言う感じ。

値上げをしない努力を頑張り過ぎたのか・・
あっという間に最低レベルの料金に近づいている:汗
いや、ナイトロックス料金考えたら・・すでに最低料金。チ~ン!


どうりでつらいわけだ:汗


ちなみにRp.1,500,000って日本円にしたら12800円、USDなら114ドル

それでナイトロックス料金も,3エンジンのボート代、ボートクルー2名、ガイド1~2名、
ランチ、おやつ、温かい麦茶、バスタオル、水・・・さらに言うと条件付きですが夕食代も入っています。


3本目のボートダイビングはRp.150,000
よそなら$30はとるから
それを考えたら最低料金の王様!確定です:汗


いつのまにか料金だけ安売りショップに成り下がっていました。




ここらで初心に帰って


「Sari Diveはクウォリティを売りたいのです。」


ですから

私たちスタッフが幸せじゃないとクウォリティは売れない。

と言うことでヘリと相談して値上げをすることに決めました。


・・・と言っても

もともと良心的なので!?他のショップの値上げ幅ほど上げられませんが

ダイビングパック:Rp. 1,600,000~Rp. 1,700,000(仮)

円にすると・・・13700円~14500円
ドルにすると・・・USD121~USD128

ドル建てにするとめっちゃ安く見えるよね。
ドル建てにしちゃおうかな:涙


宿泊代は据え置きで頑張ろうかと思っています。(考え中)

(潜らない時のランチ代、夕食代は若干上がるかも)


*後日料金決定したら発表します。



今日のブログはゲスト様に読んでもらうためと言うよりは

私の頭を整理して決意するためのブログでした。

読んで頂いた方ありがとうございます。




今日の水中写真は・・・・



いつも笑っている子



c0211615_15294523.jpg
ミナミギンポ




ゲスト様も


スタッフ達も


皆を笑顔にしたいです。







[PR]
by sari_dive | 2018-01-12 15:38 | Sariメーキング話 | Comments(0)