ダストキャップ

一昨日昨日で書こうと思っていた記事が何度も消えたので

もしかして神様が書かなくていいって言っているのかも?

とも思いましたが

めげずに書きます。


もう一回消えたら・・・もう書かない:涙




まずはこの写真を


c0211615_16412437.jpg

ダイバーならわかりますよね。コレ

なんとダストキャップが真っ二つです。



長いダイビング人生の中でこんな状態はあまり見たことがありません。

しかも、


c0211615_16501698.jpg

オーバーホールは今年の5月に終わったばかり


ここに来て1日(1回閉めただけ)で翌日には半分になってしまいました。


古い器材とは言え、オーバーホール出したばかりだそうです。



もしかして馬鹿力で締めたの?とも思いましたが

それにしてもびっくりな現象:汗



もともと製品にヒビが入っていたか
かなり劣化していないとこんなこと起きない気が・・・



オーバーホールしたからと言って安心する前に
目視で確認できるものは自分で確認したほうがいいと思いました。



ダイビング1日目の夕方、多少ヒビ割れているのにスタッフが気が付いたらしいのですが
ダストキャップの表面に少しヒビが入っているゲスト様は結構いらっしゃるのもあって
そのまま壊さないように保管したらしいのですが

ダイビング2日目が運の悪いことにシークレットベイ
最後タンクからはずした時には真っ二つになっていたそうです。
ガイドは気を付けてレギュレーターを水につけないように処理したのだけど
これを知らない他のスタッフが
水槽にドボンとつけてしまいました。


翌日、もっと注意をして器材を洗えば防げたかもしれないと
今後の対応策を皆で考えた後
ダイビングスタッフ全員でゲスト様にお詫びをし
オーバーホールを弁償することに決めました。

ご理解のあるゲスト様で
ダストキャップのこの壊れ方は
サリダイブのスタッフの取り扱いが悪いわけではないと
弁償を許していただけました。

スタッフには
「ミスは隠さず正直に誠意をもって謝れば
ゲスト様はきっと理解して頂けるし、
自分達も今後後ろめたさ無く仕事を続けられる」
という勉強になりました。

ありがとうございます。

Sari Diveのスタッフたちは良いゲスト様に恵まれているおかげで
まっすぐ育っていける気がします。

本当にありがたいです。


間違えながらですが少しづつ成長を続けているSari Diveスタッフの応援

今後ともよろしくお願い致します。







今日の水中写真は・・・・


めっちゃ綺麗:笑





c0211615_14403339.jpg

青い海に

白いポリプが美しい真っ赤なイソバナ




そんな所にガラスハゼ

ポジションもバッチリです。




なんだかドキドキしちゃいますよね。














[PR]
by sari_dive | 2017-07-20 15:09 | Sariメーキング話 | Comments(0)