ケヤリがらみ

先程ゲスト様がお帰りになりのんびりムードのサリダイブです。



リックが辞めてどうなるのかとヤキモキした10月初めでしたが
開けてみればどうってことなかった

スタッフ全体の雰囲気は以前より良くなったし


何よりもコマンが変わった。

リピーター様もびっくりするくらいに明るくなった。



今、一人ガイド研修(続くだろうか:汗)がいるのだけど
コマンがとてもよく面倒を見ている。


リックとコマンの時には全く見られなかった
先輩と後輩の図

勤務時間過ぎてからも2人で図鑑を広げて
あーでもないこーでもないとログ付け

年下のくせにコマンの方が親分肌なオーラがあったから
気の小さいリックは教えるのが嫌だったのかなと改めて考えてしまう

新しい子はコマンより7つも年上
プライドに押しつぶされずものになってくれますように・・






今日の水中写真は・・・



ケヤリがらみ


このエリアはなぜか日本でよくみられるクリスマスツリーのようなケヤリは
ほとんど見られません。
見られたとしても2㎝程度で細々と生きていますという感じ

その代わりこの茶色のケヤリが結構たくさんあります。

その特大ケヤリをよ~く見ると


いろいろいますよ。




c0211615_16575597.jpg

アカスジカクレエビの仲間

大人の目ではちょっと見逃がしそうな被写体ですね。






ケヤリの下にも


c0211615_17000614.jpg
シリウスベニハゼ

日本だと珍しいそうですが
この辺りだと下手すると水深5mくらいから見られちゃう超普通種です。




日本のダイバーの一部ではケヤリを触る〇〇〇タッチなるものが流行っているそうですが

このケヤリも触れるのかな?



〇〇〇様

実際できるものなのか見てみたいなあ・・。


久しぶりいらしていただくなんていかがでしょう?



(ちょっとだけ営業してみる)









[PR]
by sari_dive | 2016-10-14 17:12 | おとなしいお魚達 | Comments(0)