ストロボとライト

今日からサリダイブ始動です。

天候は朝が晴天。
午後から曇り・・・雨が降りそう
夜は降る日と降らない日と
と言う典型的な雨季の天気になって来ています。


都会に出ている間に少しは進めると言っていた道路工事

予想の通りに全くひとつも進んでおらず:笑
そして今日から始めると言っていたけど今日も何もありませんでした。

まあ、今年中に終わってくれれば良いかな?
(工事自体は多分4日もあれば終わる量)




今日の水中写真はピグミーシーホース


c0211615_171477.jpg


昔はツルリンピグミーと呼んでいたけど
しっかりHippocampus deniseと言う名前がつきました。

他の場所でも見られるのでそれほどリクエストのない魚でしたが
リクエストされれば見に行くこともあります。

ライトを当てると後ろを向いちゃうので
できるだけ当てずに撮るのが理想なんですが・・・・


ここでちょっと豆知識

ストロボ光は魚の脳では時間が短すぎて眩しく感じない子たちも多いそうなのです。

まぶたのない魚達 + 眩しく感じない = 強い光をもろに目に受け続ける

という事になり白内障になってしまうこともあるそうです。

特に大人しくて小さな魚はストロボ光を間近で受け続ける訳ですから
白内障率高そうですよね・・・。


そう考えると眩しいとわかって避けることのできるライト光の方が実は優しいのかな?



海にお邪魔する私達人間は

そういった事も少し考えて優しい撮影をしてあげたいものです。
[PR]
by sari_dive | 2014-12-19 17:15 | おとなしいお魚達 | Comments(0)