しっかり守ってね

今日も都会からアップです。

Sari Diveの辺りは昨日は一日快晴で工事日和だったそうです。

バリの神様ありがとう!

なんだかんだと言いながらバリの神様には守られている気がします。
ヘリはモスリムですけれど同意見。
バリに住む以上バリの神様にも感謝をしなくちゃね:笑

昨日今回の工事予定の80%を終え今日完成の予定です。
私も今日の夜には戻る予定ですが車は入れないので、裏の村人の庭に車を停めて
徒歩でSari Diveに帰ります。

あと2~3日降らないといいなあ・・・。

いや、ゲストのためには・・洪水はずーっと来ないほうがいい!



今日の写真は守っているこの子

c0211615_10152748.jpg


バンガイカーディナルフィッシュの口内保育
産みたての卵はまるでイクラのように大きいです
普通のイシモチと比べるとかなり大きな卵

イシモチ系は卵を口内保育をするのが普通ですが
このバンガイカーディナルフィッシュは幼魚になってからも
ある程度の大きさになるまで口の中で大切に育てます。

そういったこともあり、
卵の数は少なくてもしっかりと次の世代を増やしていける珍しい生態の魚です。

昔はここに住まない魚でしたが
人為的な理由で(近所のガイドたちが20匹連れて来ちゃったらしい:汗)ここに来てから
子育て上手なこの魚はしっかりと個体数を増やしています。
一時期よりも個体数が減った気がするので、ようやくこの辺りの生態連鎖の中に
取り入れられてきたのかな?という感じもします。

勘違いする方もいるようなので・・・
人為的な行為を肯定しているわけではありませんので。

でもまあ、大きな自然から言えば人間もある意味自然の中の一つの生き物ですけどね。


・・・と話が難しくなってきたのでこの辺で:笑
[PR]
by sari_dive | 2013-11-28 10:29 | おとなしいお魚達 | Comments(0)